ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ひそかに遊んでいました 몰래 놀고 있었어요 

しばらく更新が滞っていました。実はフラフラと遊び回っておりました。長崎に越してきたときから一度はやってみたいと思っていた、博多から船での釜山入り!ついに決行しました。それも一人旅で~~~。

まず長崎から博多まで2時間ほど電車に乗らなくちゃいけないとはいえ、船はチェックインが1時間前だし、釜山港に着けばスグに市内なので、なかなか快適な道中でした。ソウルに行くなら長崎空港からが便利だけど、釜山なら船旅も楽しいですね。

現地では、恐れも知らずチープな旅館に泊まりました。宿泊が安く上がる分、長くいないと損をするという考えから、なんと(ムダに?)5泊もしてみました。何の計画もせずフラ~っと行ったわりには、予想以上に楽しい旅になっちゃって^^ あ~、ワタシ悪いものを覚えてしまったようです(^^;)

この旅のお話もしつつ、またボチボチ更新していこうと思います。お時間がありましたら、皆さまお付き合い下さいませ。

今回、知り合った方々が見てくれることを期待しつつ、記事には概略だけでもハングルを添えるようにがんばろー。左の翻訳機能、評判よくなかったんだもの。。。
d0090959_16551040.jpg
나가사키에 이사온지 언젠간 해 보고 싶었던 배로 가는 부산여행. 드디어 갔다 왔어요. 그것도 혼자서! 먼저 나가사키에서 하카타까지 2시간 정도 전차를 타야 하지만 배 체크인 시간은 출발 1시간 전이라도 괜찮고 부산에 도착하면 그곳이 바로 시내라서 생각보다 편리했어요. 서울이라면 비행기가 좋을 것 같지만 그게 아니면 배로 가는 여행도 좋네요.

부산에선 정말로 싼 여관에서 묵었어요. 숙박비가 싸니까 좀 길게 묵을 수 있다는 욕심도 생겨서 5박이나! 아무 계획없이 간 여행이었는데 저렇게 만끽할 수 있을 줄 몰랐어요.

이번 여행 이야기도 하면서 앞으로도 기사를 올려 갈 테니 여러분들이 놀러 오신다면 좋겠어요. 부산에서 만나게 됐던 사람들도 이 블로그를 찾아올지도 모르니까 앞으로는 한국어로도 쓰도록 해요. 왜냐면… 왼쪽에 있는 번역 기능이 좀 그렇다구요~.
by narinya | 2007-08-30 17:24 | 韓国関連 Korea | Comments(10)

ハングル書道の書体

昨年、韓国で買ったハングル書道の本を解読してみて、すこしですが体系的にわかりました。ただ、私が買った2冊の本を読んでみただけなので、実際にハングル書道を習ったり教えたりしている方が見たら、ん?という部分もあるかもしれませんがお許し下さい。

そうは言っても、ハングル書道って日本の仮名書道ほど教材も多くないようだし、韓国の書道用品専門店で店主にいろいろ聞いてみても、なんか今ひとつの認識っていうか・・・。やっぱり、よく聞くように、韓国では書道と言えば漢字書なのでしょうかねぇ。

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

板本体-----(木版。古体、正音体ともいう)
 古体書 ①方筆(始筆終筆が角張る) →「月印千江之曲」「龍飛御天歌」
       ②円筆(   〃   丸い) →「訓民正音」(正音体という呼び方はここから)
 女四書

宮体-----(宮女たちが用いた書体)
 正字(楷書的な整った書体)
 古文正字(  〃  ) →小説「玉鴛重會縁」
 (行書のように流れがある書体)
 古文フ(  〃  ) →小説「洛城飛龍」
 半フ(  〃  ) →身分の高い女性が嫁ぐ際、整えた品物の品目記録。各種封書。
 진フ(  〃  진が?ですがフ体の中で連綿が一番多い) →様々な封書など

  フとは「流れ」という意味です。


❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

本を元に書体別に並べてみました。「わーハングル書道って色々あるんだー」というほどでもないです。厳密にいうと↑のようになるけど、見た目で書体ごと大まかに分けたら板本体・正字・フの3種類という感じです。

連綿(線がつながること)がより強いフもあれば、正字でもちょっと柔らかい感じのもあると思ってもらえればいいかしら。だから漢字書のように篆書・隷書・楷書・行書・草書と見た目にハッキリわかる違いは多くないです。

でも仮名を考えてみると・・・こんな風に「書体」として分かれないですよね。高野切れ風とか麗花集風とか、古典ごとの風合いで区別するくらいではないかなぁ。漢字だけをあてて書いたものからどんどん平仮名が洗練されていって、変体仮名もある程度決まってきて・・・。時代ごとにでも見ていったら「書体」として位置づけることもできたのでしょうか?

なーんて、最近は全然、仮名の勉強をしていなので何ともいえません~。諸先輩方、お気づきのことがあれば教えて下さい^^ ハングル書道は乗りかかった船(というか、乗ろうと思って韓国語始めたんだったったけ・・・)なので書体ごとに書いてみます。またご報告できたらと思います~。


d0090959_19112442.gifお盆ですねぇ。暑いですねぇ。長崎は人がいっぱいです。帰省中の人やらお盆休みで旅行に来た人やら。長崎のお盆は激しいから(爆竹!)外には出ません、ワタシ。怖いもん。もうすでにお墓で花火を上げる音がすごいんですケド~。
by narinya | 2007-08-13 19:16 | 書道 calligraphy | Comments(8)

スケッチ  アヤメ(鉛筆・色鉛筆)

d0090959_1939825.jpg

なんか、過去のモノばっかりですいませ~んという感じですが。それに季節はずれですね。でもお構いなし。描いているときからイマイチだなぁと思っていたんですけど・・・。見せちゃっていいかな?
by narinya | 2007-08-12 22:32 | スケッチ drawing | Comments(4)

たのしい袴づくり

d0090959_20265773.jpg韓国語のお教室では、毎週、交代で作文を書いて行って発表します。先生が添削をしながら文法の説明をして下さりつつ、私たちが質問をしたり。最後は、そのテーマでフリートーキングの時間もあります。

前回、私が作文する番でした。実は語学堂での発表とテーマは重なるのですが、少しバージョンアップ版です。自分の好きなことしか外国語で説明なんてできないので、「篆刻」について書きました。

説明も不十分だろうから実物も持って行こうと思い、以前彫ったものを選んだのですが、袴(印面のカバー)がついていなくてカッコ悪かったので出かける間際にチャクチャクっと作りました。

継ぎ目が角にきた方が、見た目がきれいかしら?でも、角で上手にきつくつなぐのはチョット難しいのです・・・。外の布には、初めてこんな明るい色を用いました。あっさりと汚れました。実は白い布もあるんですよね~。明るい色は実用的ではないかも。。。でも使いたい^^

※この記事に頂いたコメントは、こっちの記事にも関連したものです。ややこしくしてスイマセン。
by narinya | 2007-08-10 20:43 | 刻 seal carving | Comments(8)

ハングルの消しゴムはんこ

d0090959_1672024.jpg
韓流関連のCDなどを貸して下さった方に(頼まれもしない)消しゴムはんこでお礼を~♪ やっぱり100均の消しゴムは彫りやすい!しかも安い!でも小さいのっきゃ売ってない!

※この記事にいただいたコメントは、こっちの記事のコメント欄にあります。ややこしくてスイマセン。
by narinya | 2007-08-10 20:40 | 消しゴム eraser | Comments(0)

8月9日@長崎

このブログでは、あまり政治的なことには触れないことにしてるのですが、そこは長崎に住む以上、そして「長崎」のカテゴリもある以上、やっぱりね。でも韓国語なのです。エキサイトのトップページに翻訳ツールがあるので、興味のあるかたはコピペしてお読み下さいませ^^ではでは。

2007년8월9일. 작고 아름다운 이 거리, 나가사키에 원폭이 투하된지 62년째인 여름이 왔어요. 오늘도 날씨가 참 좋네요. 매미가 시끄럽게 울고 푸른 하늘에 나가사키를 상징하는 이나사산(稲佐山)이 뚜렷하게 보여요. 62년 전의 8월9일도 오늘처럼 흔한 여름 하루였던 것 같아요. 오전 11시02분이 되면 사이렌 소리가 울고 모두가 고개를 숙여 기도해요. 날씨 좋은 나가사키가 너무나도 예뻐서인지 맑은 하늘 향해 기도할 때 더 많은 슬픔을 느껴져요.

오래 살았던 도쿄나 요코하마와는 크게 다른 점이 뭐냐면 역시 원폭에 대한 인식이라고 할 수 있어요. 제가 단지 잘 모르고 살아왔던 뿐인가요? 그게 아닌 것 같아요. 여기서는 거의 다 학생들이 히로시마와 나가사키에 원폭이 투하된 날짜는 물론, 그 시간까지 정확히 기억하고 있어요.

그리고 여름 방학 동안에 한번 학교에 가야 하는 일이 있죠? 나가사키에서는 이게 당연히 8월 9일이래요. 그것 뿐이 아니에요. 우리 집 근처에 있는 교회에서는 일요일마다 예배가 시작되는 시간이 바로 11시02분이라고 해요. 그리고 거리에서는 원폭 수첩을 갖고 계신 분 모습도 많이 보고 뉴스에서도 원폭에 관련된 화제가 자주 나와요.솔직히 말하면 기념식전(祈念式典) 때만이 아니라 생활 속에서 이만큼 원폭 사실을 의식하고 있을 줄 몰랐어요.

“나가사키 고등학생 1만인 서명”이란 활동에서 그 맴버 하나이고 지금 고등학교 3학년인 페루에서 온 소녀가 있는데요. 어제 본 뉴스 속에서 그 소녀가 “제가 나가사키에 오게 된 것은 우연일지도 모르겠지만 그걸 운명으로 바꾸고 싶어요.”하고 말했어요. 저도 우연히 나가사키에 이사오게 됐지만 여기 살아야만 느낄 수 있는 걸 느끼고 많은 걸 얻을 수 있으면 좋겠어요.
by narinya | 2007-08-09 11:02 | Comments(0)

ソウルで

ソウルで地下鉄の連絡通路にいくつか飾ってあったうちの一枚です。

ハングル書道の書体でいうなら 「板本体」 (판본체) というものだと思います。でも作家が力を抜いて自由に書いた感じが線に出ていて、あえて、~書体というのも何だなぁという感じもします。
d0090959_15531479.jpg
添えられている絵は、南画風で描かれた花です。詩の題名が 「ともに花を見つつ」(함께 꽃을 보며) なので。何の花かは、よくわかりません。

絵と字を同画面上に置くときって 「字が絵の説明になってはいけない。絵が単なる挿絵になるのはよくない」 なんてよく聞きます。

それもよくわかるんだけど、じゃあ↑の作品はダメなわけ?好き嫌いは別にしても、私はアリだと思うんですよー。絵なんて完璧に挿絵で、字だけもよかったのに・・・という作品だけど、絵も字もできるようになると、融合させたくなるのが人情ってもの。書道や南画系は精神論が多くて、時々うるさいなーΨ(`◇´)Ψ と感じますね。

この方、落款部分の漢字書も上手いし、全般的に学んだ方だったのでしょうね。自分の表現を押し通せる実力を持ちたいものですなー。
by narinya | 2007-08-05 16:30 | 書道 calligraphy | Comments(6)


最新のコメント
★えびぞうさま  あちら..
by narinya at 22:09
★mint-lavend..
by narinya at 22:07
こんにちは、お久しぶりで..
by mint-lavender at 11:51
★橋田葉子さま  こちら..
by narinya at 00:14
装飾写経を教えて頂けない..
by 橋田葉子 at 13:45
★ハーちゃんさま いつも..
by narinya at 05:36
管理人からおねがい
フォロー中のブログ