ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

やっと!

年賀状、かろうじて年内に投函完了~!やり始めると、これが楽しい。他のことが立ち行かなくなるから取りかかるのを躊躇する…という説もあります。出す枚数が少ないからできる(あと暇人だから)ことだけど、デザインを全部変えて楽しんでしまった(*^_^*)
d0090959_1953377.jpg

写真は書体別、いや言語べつ?に一枚ずつ代表選手を並べてみました。縁飾りみたいなのはキレイなので使わずに手元保存用。へへへ

一番簡単なのは右の仮名のです。色違いで多く登場でした。個人的にお気に入りは、やっぱり~、ハングルのかな♪図柄は釜山で買った韓紙工芸の本から拝借。持ち手の金具をデザインにしたものみたいです。でも最後におした雅印が合わなかったわ。反省反省。また次回にいかしましょう。

今年もブログを励みにしながら無事に過ごせました。ネット上での出会いはもちろん、実生活でも皆によくしてもらいました。ありがとうございました!また来年もよろしくお願いします!それでは皆さん、よいお年をお迎えくださいませ。(^^)/
by narinya | 2007-12-30 18:37 | 消しゴム eraser | Comments(10)

消しはんで料紙風はがき

d0090959_9283987.jpg消しゴムはんこで葉書を綺麗に作っても、そこに筆で書こうとした場合、ちょっと不具合が出るときがあります。

もともと、仮名書道の紙は表面がなめらかに加工されていることもあって、葉書もツルツルしてるのは問題ないです。が、さすがに市販のスタンプパッドのインクには墨がうまく乗らないことも。

そこで・・・ ちょっと濃いめにおした柄の上に仮名加工紙を貼ってみました。この微妙な透け感もまたいいではないですか^^ 

それにやっぱり書き心地もこの方がいいっちゃぁいいですし(実力ないからね、少し筆に引っかかりがある方が書きやすいということね)。
d0090959_930873.jpg貼った紙の上には、去年の今頃作った描文様をおして。この描文様はんこは優れものです。超お気に入り。違う柄でもっと作ろうかなぁ。

→は大枚はたいた、はん消しくん葉書サイズ。もったいないから両面使いました。もう片面はまた後日のお披露目に。

柄は伝統的な仮名料紙を参考にしました。
by narinya | 2007-12-21 10:00 | 消しゴム eraser | Comments(6)

使役受動 いろいろ考えさせられますね

韓国語を勉強していて楽しいのは、普段なにげなく話している日本語にも関心を持つようになることかしら。韓国語と似ているからこそ、違いがあると際立って、へぇ~、日本語って名詞的な言語なんだ、受身形が多いんだ・・・こんな感じで新たな発見があります。
d0090959_12152719.gif
今はインターネットを通じて、いろんな方法で勉強することができる時代ですね。私のお気に入りは、中央日報のインターネット版新聞というものの中にある、「おはよう日本語」(カワユイ^^)というコーナーです。韓国人が、一日ひとつ日本語の短いフレーズを覚えましょう、というコーナーですが、反対に考えれば韓国語を勉強している日本人にとっても勉強になる内容です。

16日の記事は日本語の 「いろいろ考えさせられますね」 がテーマでした。普段よく使うこれを韓国語で話すときにも言いたい・・・でも直訳すると本当にワケのわからない韓国語になりますが、記事を読んで納得です。日本語の受け身的発想は脇に置く!やっぱり、これに尽きます。韓国語は。


여러가지를 생각하게 하네요 
考えさせられる는 깊이 생각하게 하는 어떤 계기를 접했을 때 쓰는 말로, '사역수동(使役
受動)'이라는 독특한 일본어 어법이 쓰인 말입니다. 누구에게 무엇인가를 시킨다는 의미의 '사역'과 '누군가로 인해서 내가 해를 입다, 혹은 당하다'라는 의미를 갖는 '수동'이 합쳐진 형태인 '사역수동'은 '내가 꼭 원한 일은 아니지만 그렇게 할 수밖에 없다'는 뜻을 나타냅니다.

(あることが)いろいろなことを考えさせますね
「考えさせられるは」 深く考えさせるような、ある事柄に接したときに使う言葉で、【使役受動】という日本語特有の語法による言葉です。誰かに何かをさせるという意味の【使役】と、誰かによって自分が被害を被る、という意味を持つ【受動】が合わさった形の【使役受動】は、「必ずしも、自分が望んだことではないけれど、そうするほかない」という意味を表します。


d0090959_11583035.gif

日本語の「(ある事柄によって自分が)いろいろ考えさせられますね」なのではなく、「(ある事柄が私に)いろいろ(を)考えさせますね」 となるんですねぇ。日本語は自分が主語になることが本当に多い。外国語は相手を主語にすることが多いみたいです。

なんて、このブログをのぞいて下さった方々には、こんな話されても・・・と感じられるかもしれませんが・・・。でも、こんなことあーでもない、こーでもないって言ってるのすごく楽しい^^
by narinya | 2007-12-19 17:45 | 韓国関連 Korea | Comments(2)

作品っぽく

ハングル書道の板本体に関しては、別にもう一冊もっているんです。その本には板本体とハングルの篆刻が少し載っています。
d0090959_23122649.jpg
書き方の他に、著者の作品も数多く載っているので、板本体のハングル書道作品ってこんな感じかぁ~と勉強になります。その中のひとつを真似て書いてみました(半紙×2)。でも線はフニャフニャだし、全体の統一感もないし・・・。アラを隠すために写真を少し加工しちゃいました。

書道となると、だいたいが分かち書きされないし、漢詩(韓詩?)で単語もわからない箇所があったりで、正確な訳は書けませんが、「亡くした妻を思い出し、空を見上げていると、鳥が斜めに飛んでいくのが見える」 とか何とかの詩(だと思う)。いい加減でスミマセン。。。
by narinya | 2007-12-18 23:13 | 書道 calligraphy | Comments(2)

しおり

消しゴムはんこ。細心の注意を払っておしていたのに、一瞬の気のゆるみ(ってそんな真剣になることもないんだけどサ)で、かすれたりズレちゃったり。。。で、きれいにおせたところだけでも何とか利用しようと考えた結果、しおりなんて作ってみたりして。でも、こんなにたくさん要らないんですよね・・・。
d0090959_169304.jpg
ところで・・・
12月も半ばを過ぎましたねぇ。どなたも「年賀状がー!」っておっしゃってますが、私も例に漏れずデス。年賀ハガキなんて、街の郵便局の出店?で売ってるからスグに買えるというのに、いつも素通りです。。書くつもりなら、さすがに、そろそろ買わないといけないですねぇ。
by narinya | 2007-12-17 10:45 | 消しゴム eraser | Comments(6)

スケッチ  キク(鉛筆・色鉛筆)

先日、練習で描いた蟹を載せました。蟹の図はキクと描かれることが多いとも。それで今日はキクのスケッチを載せてみます。지난 번엔 연습으로 그린 게 그림을 올려 봤어요. 그리고 게 그림엔 국화를 같이 그리는 경우가 많다 그랬는데 오늘은 국화 스케치를 보여 드릴까 합니다.

d0090959_953299.jpg

ま、スケッチをブログに載せたところで別にどうだっていうこともないんだけど。カテゴリー別に記録になるのと、写真が整理されるということで・・・。なんかビミョーに後ろ向き?w 사실은 자기가 그린 스케치를 여기에다 올려 봐도 별 거 아니지, 뭐. 이게 그냥 장르별로 기록이 되고 사진들이 정리도 될 뿐이지... 나, 오늘 조끔 쓸쓸한 모드인가? ㅋㅋ

d0090959_9165219.jpg

こんなですけど見て下さる方はヨロシクお付き合い下さい。にゃは^^ 이런 나리냐지만 지켜 주시기 바랍니다. 냐핫!^^
by narinya | 2007-12-14 09:26 | スケッチ drawing | Comments(4)

はがき

消しゴムはんこで模様を刷って切って継いで裏打ちの技法でハガキに貼って・・・。
ハガキにそんな手間をかける必要があるのか?というところですが(-_-;) でも結局、ハガキやカード、ポチ袋・・・そんな感じのものしか、はんこおすとこないっていうか~。ま、楽しいからいいか。

d0090959_117930.jpg

by narinya | 2007-12-13 11:08 | 消しゴム eraser | Comments(0)

食べたい。上海蟹を食べてみたい。そんで豫園も行ってショーロンポーもぜったい食べたい。
d0090959_11364193.jpg
これは斎白石の絵(の一部。たぶん)を模写したものです。横浜で習っていた時は、先生が描いたお手本もあれば、有名な絵をお手本とすることもありました。

先日、長崎南画の教室で教えてもらったのですが、蟹を描くときに一緒に描くのは菊が多いそうです。蟹は身も肥えて美味しくなる秋に描かれることが多いから、花も秋のものを描くということなんですね。この絵に描いてあるのは・・・ススキ?やっぱり蟹は秋の美味しそうな姿を描くということで間違いないみたいですね。

いきいきとした蟹を描くためにも、やっぱりー、食べなくちゃー。

そうそう、ひとつ疑問が・・・。斎白石で合ってると思うんですが、彼自身は落款に 「歳白石」と書いているんです。なんでなの?どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えて下さいますか~?
by narinya | 2007-12-11 12:18 | 画 painting | Comments(2)

トプカプ宮殿の至宝展

d0090959_13562355.jpgしばらく更新もせず、頂いたコメントにもお返事できずにおりました。実は、ちょっとお出かけしてましたの^^

東京に行く途中で京都に立ち寄って、気になっていた展覧会を見ました。東京、京都での展示は終わって、今は名古屋を巡回中の 「トプカプ宮殿の至宝展」 です。

東京へ行く日にちは決まっているし、韓国語のカルチャーは休みたくないし。でも、京都での展示も終わりそう・・・時間を有効に使える手だては・・・ありましたー。ふふふ、長崎から京都まで寝台特急あかつきに乗って行ったんですよ~。

いいですねぇ。あれ。夜の8時くらいに長崎を出て、さっさと寝て、朝起きたら京都です。宿泊代も浮くし、なんか楽しいし、目的地で丸一日過ごせるし。また乗りたいなぁ。でも来年には廃止が決まってるんですよね、あかつき。お~ん、残念ダス。

トプカプ宮殿の至宝展は、アラビア書道と文字の装飾、細密画を見たくて行ったんですけど、すごくきれいでした。絵の具も金がピッカピカだし、虫眼鏡で見た方がいいくらいの細い線で描かれたコーランの縁飾りとか、すごーく繊細で美しかったです~。

開館と同時に入ったから、一巡目はゆったりと見ることができました。気になったものをもう一回見ようと順路とは逆に進むと、もう溢れんばかりのおばさま方で、展示物を見るどころじゃなかったです。早めに行ってよかったー。図録は高くて買えませんでした。2300円。普通かな?アラビア書道は少ししか展示がなかったから、図録も高く感じたのかもしれませんねぇ。
by narinya | 2007-12-10 14:27 | お出かけ・手作業 | Comments(6)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ