ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

長崎で

先日、カルチャーセンター韓国語講座で受講生の方が 「先生~。こんなの新聞に載ってましたよ!」 と、わざわざ記事を切り抜いてきてくださいました。我が家で購読している新聞ではなかったのでありがたく頂戴しました。以下、その新聞記事を韓国語に要約してみました。名前は一部省略。(2008/9/14長崎新聞文化面より)

 
「日韓の書作家共演」  20日から 長崎で初の交流展
'일한 서예작가가 공연' 20일부터 나가사키에서 첫 교류전

日韓両国の書作家による「第1回日韓親善交流書展」が20-25日、長崎市茂里町の長崎新聞文化ホール一階画廊、展示ホールで開かれる。
일한 양국의 서예작가들이 공동으로 개최하는 '제1회 일한친선교류서예전'이 20-25일까지 나가사키신문 문화홀에서 열린다.

長崎県美術協会書部と韓国の社団法人、釜山書芸BIENNALE主催。
이것은 나가사키현 미술협회 서예부와 부산서예BIENNALE(사단법인)가 공동으로 개최하는 것이다.

同協会書部による第17回代表作家展と合わせ開く。長崎新聞社など後援。
나가사키 미술협회가 여는 '제17회 대표작가전'과 아울러 하게 된 것이며 나가사키 신문사 등이 후원을 한다.

同交流展は、書道文化を共有する両国の親善を図る目的で開く。今後、毎年一回、両国相互に開催する予定。
이번 교류전은 서예문화를 공유하는 양국간의 친목을 더욱 도모하는 것을 목적으로 한 것이다. 앞으로 1년에 한 번씩 상호로 개최할 계획이라고 한다.

釜山書芸BIENNALEは韓国最大の書道団体で、朴理事長ら計30人が漢字や篆刻、刻字などを出品。
부산서예BIENNALE는 한국내 최대한 서예단체이며 이번 전시회에서는 박이사장을 비롯한 30 여 명이 한문, 전각, 서각 등의 작품을 선보인다.

県美協書部は大浦同協会名誉会長をはじめ、県展書部審査会員137人のうち、100人が参加する。
일본 측에서는 미술협회 영예회장을 비롯해 나가사키현전의 서예부 심사회원 100 명이 참여한다.

20日午後3時からは、両国の出品者が集い、テープカットで開場を祝う。
20일 오후 3시부터는 양국의 작가들이 모여 테이프 컷으로 개막식을 진행할 예정이다.

本県出品者の一人、立野さんは「文字文化を国際的な視野でとらえ、かつ次世代に伝える意義ある展覧会だと思う」と話している。
한 일본인 작가는 '글씨 문화를 국제적인 시야로 보고 다음 세대에 전달하는 데 뜻이 있는 전람회일 것이다'라고 말한다.


県美術協会といったら、長崎南画のカルチャーで何度も何度も加入を勧めていただいたところじゃないの。でも地域密着型で既存の大きな団体に所属しない決心なので、これまた何度も何度も丁重にお断りしました。

そういう意味から考えても、この交流展で私に刺激になるものがあるとはあまり思わないのですが、近いしちょっと覗くだけ覗いてみようと思います。韓国の書道事情にさぐり入れてきます。韓国語の練習にもなるかもしれないし。

上の訳では、文の構造をガラッと変えたところもあります。日本語をそのまま訳すと変になりそうなので思い切ったのですが、「これはおかしいよー。narinyaさん!」っていうところがあったら教えてください。春に向けて皆いっしょにがんばろー。にゃー。
by narinya | 2008-09-23 13:30 | 書道 calligraphy | Comments(2)

おつかれにゃんこー

日曜日に韓国語の試験受けてきました。福岡まで出るのでちょっと疲れたけど、その分、靴も買えたし、お気に入りのお店で一人ごはん食べて、久ぶりにw口紅買って~。試験後にはネットで知り合ったちーたろうさんと、そのお友達の3人で5時間も!おしゃべり。楽しかったにゃー。最後、帰る直前にはべらぼーに安くワンピースも買えたし(1000円!ありえーん。超かわいいのに!水玉プリントが一カ所おかしいんだと。でも見つからないw)。まるで試験が「ついで」みたいでした。

※「ついで」とは、決して試験に余裕があったという意味ではなく・・・。でも春よりはできたような気がする。ま、結果みるまでよくわからないですが。

試験の対策は何もしない派(?)なので、皆さんのように分析もなにもないんですけど、語彙・文法だけは過去問や対策本でやっておく必要がありますね。(私はやってないから全然できなかったです)あとは普段から好きなように、アレコレまんべんなく勉強していればいいのではないでしょうか。試験の形式だけ直前に確認するくらいで。
d0090959_18552641.jpg

お泊まりの荷物もあるので、試験とはいっても筆記用具と電子辞書程度しか持って行きません。でも、会場で他の受験者の方々って、いろいろ!お勉強道具持ってきてたりするんですよね。実はそれをみるのが楽しみ。なんかスゴイ束でヨレヨレの単語が書いてある(らしい)ものを見ている人、あなたいったい単語帳いくつ作ってんの?という人、その場で過去問解いてる人、ほぇー!って感じです。

荷物の量どうこうではなく、私にはそんな風にして持っていくものがないと改めて確認したりして。ははは。でも、そんな光景を見ても、焦るでもなく自信をなくすでもなく、ただただ感心するというノンビリした性格はありがたいです。これが自信からくるものなら尚いいのですが、あくまでも普段からノンビリですから^^

でも、試験受けたら急にモチベーションあがって(やっぱりノンビリなんですってば)、春には各分野でいい点とることを目標にしよう!な~んて超前向きなんですけど(笑)。やっとエンジンかかりました。
by narinya | 2008-09-22 18:55 | 韓国(語) Korean | Comments(6)

石がやわらかすぎるぞ

趣味は?って聞かれたら篆刻の印材に飾り彫りすることっていうかも。しかし、この石はナゼニ?こんなにやわらかいのでしょうか・・・。爪でも削れそうな感触。。。白くてかわいいのになぁ。残念-。

d0090959_20585912.jpg


ハングルで4文字彫りました。またそのうちお披露目させていただきます~。ハングルで作品作ると、そこにおす印もハングルのものが必要になります。これは遊印のつもりで作りました。

d0090959_14402186.jpg

by narinya | 2008-09-19 20:44 | 刻 seal carving | Comments(4)

드리다 の衝撃

昨日は久しぶりに韓国語の個人授業~。本当は2時間の約束で契約してるのに、例によって延々とやってしまった。。。おしゃべりしてコーヒー飲んで、怒濤の作文添削とその他いろいろで結局5時間も-。先生、ごめんなさいよ。追加料金も差し上げず、その上コーヒーにドーナツまでおごってもらって・・・。ちなみに彼女は私よりも12歳も!年下でございます。ほほほ。

で、何が衝撃なのかというとですね、ナント、감사드리다, 축하드리다, 부탁드리다... これらは 드리다 の使い方として間違いですからね~って言われたこと。マジでー?

d0090959_2217359.gif

まね、確かに変だなぁとは思ってたんですよ。~하다 ならみんな 드리다 に変えられるのかな?でも 설명드리다 とか微妙に変だし、それはやっぱり 설명해 드리다 だよなぁと。その辺のところを質問した途端に上の衝撃発言が!韓国人、あんなに皆して 감사드려요, 축하드립니다, 부탁드리겠습니다... って言ってるじゃないのよ。。。

あぁ~、こんなに衝撃だと思うのは私だけでしょうか~。


*****9月19日追記*****

韓国で言葉の話といえば出てくる「国立国語院」ですが、私の先生が言ってる↑のはこのことだな、というのが出てるのでリンクしておきますね。興味のある方はこちらからごらんになってください。

私としては、先生に言われた時点ですっきり納得したので、リンク先の説明もすんなりでしたが、皆さんはどうお感じになるかしら?
by narinya | 2008-09-16 22:17 | 韓国(語) Korean | Comments(7)

ミニの和歌

d0090959_22431625.jpg

ハングル書道を真面目に習っておりますが、やってみれば漢字書や仮名書をすることと何ら変わりないことがよくわかりました。

韓国にも書道ってあるの?ときかれることが本当に多いのですが、仮名書よりも、よっぽど漢字の影響を受けているんだなぁと感じることばかりです。ハングル自体が「束ね書き」という特徴を持っているため、漢字とよく調和することもあるんだと思います。

仮名で篆刻はちょっと苦しいですよね。空間を埋める力がないというか・・・。それが仮名の流麗な線を生んでいるのですが、個人的にはハングルのデザイン性にはかなわない分野だと感じます。

書体も言語も選り好みすることなくやればいいと思うと同時に、ハングル書道を真剣にやればやるほど、日本人として仮名をやっていなければ、それはやっぱり恥ずかしいことと思わずにはいられません。それは誠心誠意教えてくださる韓国の先生に接するたびに感じることでもあります。

ということで、ちゃんと仮名やらなきゃ。こんな自分じゃ次に先生に会えないし。がんばるべ-。

「ふくかぜに よそのもみじはちりぬれど きみがときはの かげぞのどけき」
(よその紅葉は散ってしまうけれど、あなたは松の青さのように不変に栄えている)

簡単にいうとこんな意味です。一応お祝いの歌として選んで書いてみました。ただ、あまりにも小さくて墨量の変化までは出す余裕ありませんでした~。

More これは実は小さいのだ
by narinya | 2008-09-15 00:20 | 書道 calligraphy | Comments(0)

石が好きです

4回目の韓国語カルチャーへは、ハングルの篆刻作品を持っていきました。基本文字練習の合間で練習した、とある文章、'매순간을소중히여기며후회없이살자'から'매순간을후회없이'と抜き出して8文字彫りました。写真にもチラリと見えてますね^^ ぐふふ。

d0090959_1439649.jpg

字を彫るのは修行してるかどうかスグにばれるので、まだ彫ってて楽しいとか、思い通りにできたとか、サクサクと側歓(印材の横面に為書きなどを入れることデスネ)まで入れられるとかではないんです。実際、何度も彫り直してるし。

でも、印材をかわいく彫刻するなら私が勝手にやってるだけだもんね♪ それに彫りながらデザインもどんどん変わっていったりするので気が楽っていうか~、要は楽しいのです。でも結構大きい石で、ちょっぴり硬めなのに根つめてやったら・・・アゴの下が筋肉痛!やっぱり体力必要だわ。全然、優雅じゃないのにゃ-。
by narinya | 2008-09-08 00:04 | 刻 seal carving | Comments(4)

竹にあわせて

毎回の韓国語カルチャーに新しい作品、それも私ならではの目新しいもの!を持っていこうと思うと結構時間がかかります。構想は決まっても、あ・・・これに合わせてつく印がないや!と思えば、そこから印を作り始めたり。で、おしてみたらうまく泥(印の赤いやつネ)がのらなくて、また振り出しに戻って字と絵から。。。

3作目は、南画とハングル書道を融合させてみました。その竹の部分の写真です。半切を横にして3/4の大きさにしました。でも、もう一度かこうかなぁ、と思っています。今回、この韓国語講師を口実にして作品を持って行くという作戦は、実験も兼ねているものの、自分を創作モードにするのにたいへん役に立っています。

d0090959_17151727.jpg

長崎南画で習った描き方で竹を描きました。いま、N○Kで水墨画の講座を放送してますが、やっぱり私は断然「南画」です。一般受けするのは・・・きっと水墨画なんでしょうけど。側筆(筆自体を傾けて穂先は線の一方の端を通る)で竹幹を描いても竹っぽくなりますが、写真の長崎南画では、中鋒(筆は垂直、穂先が線の真ん中を通る)で描きます。

筆の直径以上の線は出ないので、太さでみたボリュームはありませんが、骨のある線は力強く、生き生きとした空気が空間を埋めます。その点、水墨画の筆遣いはやさしくて繊細です。でも、その分、線が浅いのは否定できないと思います。

d0090959_17165138.jpg

どちらがいい、悪いではなく、違う分野なのだと思えばいいのですが、もっと南画や文人画が一般に広まるといいな。これは私の印象ですが、やっぱり韓国は中国の影響でしょうか、日本よりも文人画などが盛んのように思います。さすがに中国までは手を出す気はないけど、興味のあることを韓国を通じて味わえるのも、私が韓国に惹かれる理由です。

もっと完成度の高い作品にして、ささやかでも発表できたらいいなぁ。そうしたら、ここでも皆さんに見ていただけるのに。ま、そんな夢みたいなことを言っているので、生意気にも未発表作品扱いにしてるのです。挫折したら一気にブログに載せます。。。
by narinya | 2008-09-05 22:00 | 画 picture | Comments(4)

カルチャー韓国語のはもっとスゴイのよ

d0090959_17541971.jpg8月と9月だけですが、カルチャーセンターで韓国語を教えちゃったりなんかして。その都度、ハングルにちなんだ作品を作って行き、受講生の方々に見ていただいております。

←写真はブログ用に書いたもの、半切1/4です。文句は同じですが、実際に講座でお披露目したのは半切の縦3/4と、なかなか大ぶりです。消しゴムはんこで華麗に装飾した紙に字を書いて、narinyaワールド炸裂の作品になりました。

なんか、そこそこよい出来なのでここではお見せせず(ケチでしょう?ふふふ)、ちゃんと表装しようかな、と^^ それに、未熟な私の韓国語講座にお金を出して通ってくださる方々ですもの、感謝の気持ちも込めて、毎回特別に作って行っているわけなのです。

ハングル書道。基本の字の練習の合間に、先生が言葉や文もちょこっと書かせてくれていました。'믿음 소망 사랑 행복' '하루 물림 열흘 간다' '열린 마음 환한 세상' ・・・と勉強したので、それをいかして作品にしてみました。

やっぱり勉強したものでないと余裕を持って書くことは出来ませんね。これからも背伸びすることなく、習ったものから順次、作品化していけたらと思います。

なんと、ワタクシ、この間ずいぶんと進級しまして、今では詩を書くまでになりました。それにつれて言葉もどんどん難しくなってきました。でも詩はとっても美しくて、頑張って勉強する甲斐があります。また練習過程のものでもお見せできたらと思いまする♪
by narinya | 2008-09-01 21:11 | 書道 calligraphy | Comments(4)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ