ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ランとキヨク 난초와 기역

d0090959_2253314.jpg

字書いて、絵描いて、石彫って、外国語やって・・・それでは結局、何にもなれないって言われたことは一度や二度ではありません。全部完璧にしたいなんて思ってないのに。っていうか、なぜジャンル分けするのかよくわかりません。どう見たって全部つながってるのにサ。

글씨 쓰고, 그림 그리고, 돌 조각하고, 외국어 배우고... 그러다가 결국은 아무 일도 이루어지지 못할 거라고 지적받은 적도 적지 않다. 모든 걸 다 완벽하게 하고자는 생각은 없는데. 근데 왜 그렇게 구별해서 말하는 건지 이해가 안 가다. 다 연결되어 있는 건데...

私にとっては語学も同じ土俵です。地道な日々の訓練と、納めなくてはならない範囲内での勝負、表現に個性を盛り込めるところなんかも物づくりとよく似ているからです。今、ハングル書道の宮体の基本画を練習中ですが、南画やってて本当よかった。蘭の花びらとキヨク(ㄱ)の筆法がめちゃくちゃリンクしてます。スイっと入ってポテっとしてキュってするところ~。やっぱり無駄なんて何もないのにゃ。

나한텐 어학도 다를 데 없다. 평소에 하는 훈련과 제한 있는 범위에서 열심을 다 하는 것
그리고 자유롭게 표현할 수 있는 점 등이 뭔가를 만들어 내는 과정과 비슷하기 때문이다. 지금 한글서예 정자 글씨체 기본획을 연습하면서 수묵화 경험이 도움이 되는 것 같다. 난초 꽃잎을 그리는 법과 기역의 붓 움직임에 많은 공통점을 발견할 수가 있는 거다. 가볍게 시작하고 약간 누르다가 붓을 세워 나아가는 데... 역시 쓸때 없는 건 아무 것도 없다고 생각한다.
by narinya | 2009-01-30 12:05 | 画 painting | Comments(16)

ちっこい葉っぱが~!

d0090959_1237727.jpg他のブロガーの方々が、ブログパーツで木を育てているのをみて私も真似して苗を植えました。

まだ小さい芽なのに、本当、育ち方がそれぞれ違うんですね。芸がこまかい!

植えてから6日。やっと目に見える変化がありました。ピョコッと横にもう一枚葉っぱが出ました。うれしいものですね~。

記念して画像を載せてみたいと思います。画像編集までしちゃった。すっかり親ばかです。
by narinya | 2009-01-24 12:11 | Comments(8)

スケッチ  クリスマスローズ(鉛筆・色鉛筆)

d0090959_23214254.jpg

開ききったクリスマスローズ。あんまりかわいくないかな?でもお花もいろんな表情で描くといいと思って。こうしてガバーっと開いたクリスマスローズって、下を向いて咲いているかわいい姿とはうってかわって妙にたくましいにゃー。
by narinya | 2009-01-23 23:22 | スケッチ drawing | Comments(2)

ハングル名前印

印材に篆刻をするときの手順として、まず印稿というものを作ります。字形やデザインなどのアイデアは別のノートにして、印稿は出来上がり完成図として作ります。印稿には黒い紙を使用。そこに墨と朱墨を用いてかきあげます。印稿の黒色は、実際におされたときに白く見える部分をあらわします。

字が白く(余白が朱)見える白文の時は、まず朱墨で印面の大きさに塗りつぶします。その中に墨で字を書いていきます。そして、字が赤く(余白が白)見える朱文では、朱墨で印面の大きさに枠をかき、その中に朱墨で字をかいていくのです。修正はどちらも、もう一方の色で消せるので、じっくり丁寧にできる作業です。

そうして出来上がった印稿を鏡に映し、左右逆に見える字を実際の印面に墨と朱墨でかきうつします。鏡の中も手の中の石も逆字なので段々バランスがくずれがちですが、そんなときには印面を鏡に映して見てみましょう。今度は実際に紙におされるであろう、通常の向きで見えるはずです。それと印稿を比べてみると・・・結構ハデにずれてるはず(笑)。この段階で修正です。

d0090959_1846724.jpg

でも、なんで黒地の紙に墨なのさ?とおもいませんか。最終的には白い紙におすんだから、白地の紙に朱墨と胡粉(白色)でやれば限りなく完成図に近いんでは?と。やってみましたとも。で、なぜこの方法ではないのかわかりました。私なりに出した答えは、彫りにくいから!です。石を刀で彫った箇所は白く見えるので線がよく見えんのです。あー、やっぱり何でも理由ってあるんだなって思ったものです。

と、ここまでさぞ研究熱心のようなことを書いておいてですよ、写真にはなぜ石が2本写っているのでしょうか?それは横着して印稿を作らずに印に直にかいて彫ったからであります。熟練の彫り師がやるならいいのですが、私がやったもんで1本は字が左右反対。。。写真はやり直した「みな」です。

失敗作は、「なみ」さんという方がいたら差し上げるのに。ま、そんな友達もなし、削って再利用だわ。
by narinya | 2009-01-21 23:00 | 刻 seal carving | Comments(0)

ハングル書道本ガッツリ翻訳

d0090959_0141999.jpgハングル書道。一生懸命やっているだけあって、今年からは2つめの書体に突入です。

最初に勉強したのは板本体という書体でした。文字が全体的に正方形で線質は篆書と同じものです。書いていたのはハングルなのに、めぐりめぐって篆書も上達したのが嬉しいおまけ♪

そして、このたびは正字を、その中でも宮体と呼ばれる一番気品ある書体を始めました。横画も縦画も日本のお習字の筆遣いとは全然違います。筆のどの面も自由に使える筆力が要ります。露鋒で素直に線を引くことに慣れている日本人には相当難しいと思う。

先生がくださるお手本の他、この書体の本も手元にあるのでガッツリ翻訳をしてみました。ビニールを挟んでやったから原本はきれいなまま。ビニールなら字形の注意点など油性ペンで書き込みもできるので、いいアイデアだなぁと我ながらほれぼれ(笑)。

この宮体、規則がすごーーーく多いので、書きながら韓国語で読んでいてはまどろっこしいのです。それに、一度この作業をすることによって自分自身、理解が深まります。

この手の作業はできるだけ自分でやるべきだと思います。古典などから字を集める集字作業もそう。時々、コピーさせてほしいという方がいるのですが、それでは何の意味もないですよって笑顔ではっきり言いますの。

やり方を知りたいとか、協力してほしいとか、そういうことならいくらでもして差し上げるけれど。決してケチで貸さないのではなくて・・・ なんていうの?人にはそれぞれ譲れない何かってありますでしょう?何が理想かっていうことですわにゃ。私にはこんなことが大事なんですよね。
by narinya | 2009-01-20 11:35 | 書道 calligraphy | Comments(6)

あやおよカード 아야어여 카드

人生、何があるかわかりません。昨年夏に、カルチャーセンターで韓国語中級クラスの代理講師を頼まれて、それだけでも光栄なことだったのに・・・。ななななんと!2009年1月からは自分のクラスができてしまいました。旅行韓国語と題して開講したのですが、この海のものとも山のものともつかぬ私の講座に、5名も申し込んでくださいました。

年齢、性別も様々でいいメンバーです。偶然にも、5人全員が韓国語初心者とのこと。発音を中心とした、たくさん声を出す楽しいクラスを目指してます。ハングル書道もたまに見せて差し上げる予定です。はっきり言って、それしか私に習うメリットはないですからね^^

カルチャーセンターで発音重視といっても限界があります。でも、発音練習を頑張ること、声を出すことに抵抗を少なくすることだけでも、ググッと自信につながると信じて・・・。こんな「あやおよ」カードから手作りしてやってます。私も勉強になることばっかり。幸せにゃんこです。

毎週木曜 19:00~ NHK文化センター長崎 「旅を楽しむ韓国語」 よかったらいらして♪

d0090959_12274619.jpg


인생이란 참 재미있는 것 같다. 작년에 대리로 한국어 강사를 맡게 된 곳에서 저의 반이 생긴 것이다. 여행한국어에 초점을 둔 강좌인데 한국어를 가르치느라 아무 공식적 자격도 경험도 없는 나의 반에 5 명이나 신청해 주셨다.

이 반은 연령대와 성별이 다양하게 구성되며 모두가 한국어 초학자라는 것으로 조건이 맞아떨어져 다행이다. 발음에 신경쓰면서 소리내어 말하는 기회를 많이 만들어 드리고 싶다. 내가 지금 심혈을 쏟고 배우는 한글서예도 가끔씩 소개를 할 생각이다. 어떻게 보면 저에게 한국어를 배우는 장점이 무엇이냐면 그것밖에 없기 때문이다.

문화센터에서 발음을 중시하는 것은 한계도 있을 것이다. 하지만 영어, 한국어를 배워 왔던 제 경험에서 말하면 발음 연습을 열심히 하고 소리내는 것에 대한 저항을 적게 하는 것으로 절로 자신감이 생기게 마련이다. 수강생들이 힘든 발음 연습을 재미있게 할 수 있도록 '아야어여' 카드부터 만들어 봤다. 가르친다고 내가 되레 공부가 되는 것이 많아 정말로 고맙다.
by narinya | 2009-01-15 12:27 | 韓国関連 Korea | Comments(12)

松とツルさん

新春なのでめでたくツルさんを。思い出せないほど前に練習したものです。大きさは半紙だから大作でもなんでもないです。これを横浜で練習していた頃には、まさか長崎へ引っ越して、そこで長崎南画をやることになるとは思っていませんでした。

絵が稚拙に見えるかもしれませんね。ツルさんの顔も漫画っぽいし、松の幹だって平面的で、ゴツゴツした感じを出す丸い模様もテキトーな筆致に見えますでしょう?^^ でもそれでいいのです。どこか拍子抜けしたような余裕を持たせるわけです。

いい加減に描くこととは違うけど、こだわらずに描くということかしら、と私なりには理解してます。ただ、人間、それがなかなかできないんですね。。。特にワタクシ・・・。

d0090959_11431545.jpg

by narinya | 2009-01-08 11:43 | 画 painting | Comments(10)

2009年になりました

d0090959_14441875.jpg

by narinya | 2009-01-03 21:09 | 消しゴム eraser | Comments(12)


最新のコメント
★えびぞうさま  あちら..
by narinya at 22:09
★mint-lavend..
by narinya at 22:07
こんにちは、お久しぶりで..
by mint-lavender at 11:51
★橋田葉子さま  こちら..
by narinya at 00:14
装飾写経を教えて頂けない..
by 橋田葉子 at 13:45
★ハーちゃんさま いつも..
by narinya at 05:36
管理人からおねがい
フォロー中のブログ