ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「谷間を流れるときは」 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

d0090959_0442523.jpg

ブログを見てくださる皆さん 暑中お見舞い申し上げます!

去年の夏の個展からもう一年・・・。早いなぁ。明日から8月ですね。今年はあと何ができるでしょうか。来年以降の展開も考えたいところです^^ それにしても暑いですよね。表具師の方が「長崎ブルー」と呼ぶ布で軸に仕立てた作品です。皆様、気分だけでも涼しくなればと思います。この詩のように、どこを流れても悠然とした河のような人生だったらいいですね~。


 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
by narinya | 2010-07-31 08:23 | 展示会 exhibition2 | Comments(6)

Pen

近ごろ、書が注目されているのでしょうかね?デジタル化につれ、筆文字の需要は反対に増えるだろうという声は聞いていましたが。ここにきて若者が書道するテーマでドラマが作られたり、こうして雑誌で特集が組まれたりして。なにげにブームなの?

d0090959_22193239.jpg話は少し飛ぶけど、絵手紙も墨と筆で字を書くということでいえば、このメールが便利なご時世にここまで支持される現象には見るべきものがあります。デジタル化で手書きが減らないというのは、あながち間違ってないのでしょうねぇ。

好きな字に想いを込めて書いて作品として仕上げたり、近代詩文などの教室は人気があるようです。一方、少子化の影響もあって従来からの書塾や、大規模展覧会を維持するほどの会員数は減っているとか。

個人的には、純粋に伝統的な書法重視で教える先生が減っているからじゃないかとも思います。会が大きくなれば維持が最優先になるし、カラーも出さないといけないだろうし。寺子屋だったころがよかったような気も・・・。

私なんかは古典だけ指導してもらえれば十分なのよね。あとは先生の人間性ですわ。行き着くところステイタスではないですね。弟子も先生一人が直接触れあえる数が理想かな。孫弟子とか支部とかいい始めたら、それはもうある種ビジネスよね。。。

離れていても外国語でもちゃんと聞こえてくる声がある一方、同じ日本語なのに本人の言葉で情熱が一切伝わってこない例もあります。そりゃ、前者に軍配が上がるでしょう。師と名乗るなら常に発信者でいる責任があるのヨ。ま、どんな先生がいいかは人それぞれですが。私は前者のような先生と出会えたからよかった。その上両思いだし^^幸せです♪
by narinya | 2010-07-20 01:27 | 書道 calligraphy | Comments(10)

「きらきら40代」

挑戦しない理由をあげれば数限りなく出てきます。でも、やっぱり前進しないと自信もつかないし、成長もないのだと改めて思います。私も来年は40歳ですよ。。。そろそろやりたいことやってもいいんじゃない?

肯定されることを、私が以前に比べて素直に受け止められるようになってきたからそう感じるのかしら?ここ数年、実力のある人格者達が私を肯定的に見てくれることが増えました。

d0090959_1422339.jpg先日、紹介して頂いた方は、「見返したい、正したい、批判されぬように、などと考えず、今後は自分だけの世界を追求していけばいい」と背中を押してくれました。受ける評はいいものばかりではないだろうけれど、それが今後の自分を育てるのだとも。

正直、ここまで無理もたくさんしました。最近の展開を思えば無駄ではなかったけれど。未来には無理せず頑張る人になりたいものです。きらきら40代にも悩みはつきものでしょうけどね^^ 

あ、写真は私風の絵手紙(去年作)です。いわゆる絵手紙じゃ私は物足りないし、水墨画は重すぎるから。こんなのためて売り込み開始しよ~。
by narinya | 2010-07-14 22:39 | Comments(8)

ペンギンさん

我が家からバスに乗って少し行くと長崎ペンギン水族館というところがあります。3年前の夏に初めて行きました。ペンギンがたくさんいて癒される場所です。普段は動物園とかってどうなの?と思う方なのですが、ここではペンギンの魅力にイチコロ♪

全国的に見ても、ペンギンの飼育といえば長崎ペンギン水族館だと言われてるらしいです。イベントも多くて、「ペンギンに餌をあげるツアー」とか「バックヤード体験」とかあります。一番興味をそそるのは、ときどき広報に載っている「ペンギン水族館にお泊まり」という企画です。でもオコサマ限定。私だってお泊まりしたいのに・・・。

あと、ここの入場券を持って行くと釜山水族館が割引になるって聞きました!ご参考までに^^

d0090959_20194127.jpg

ペンギンって地上にいるときは全然動かないんですよ。ひたすら斜め上を見上げているか、首掻いてるか寝てるかで微動だにしません。ずーーーっと同じ位置に立ってるんですよね。まるで悟りの境地にいたった仙人のようです。

ペンギンさんの骨ってすごく重いんですよね。一片がアレイかと思うくらい!だから安定して立ちやすいのかな~?その代わりその重さのために弾丸のように泳げるんですよね。その性質といい、形といい、無我の境地に到達した(ように見える)姿といい・・・、とても不思議で魅力的です。

********************

More 欲 → 楽
by narinya | 2010-07-12 14:52 | Comments(6)

楽しい課外授業

下のMoreから宴の様子が小さくでます

d0090959_19475358.jpg前回の「旅を楽しむ韓国語」では、教室を飛び出して課外授業を行いました。韓国料理のお店で実践&親睦会をしたのです。

集合も解散も現地ですが、授業の一環なのでもちろん出席扱いになります。この日、受講生にはそれぞれ3つのミッションが与えられました。それを各自が全て消化することが出席の条件です。ウシシ^^

1番のカードでミッション遂行開始。最初は注文です。「○○を○個ください」または「○人分ください」から始まり、固有数詞と漢数詞をいい具合に間違えながら、そして言い直しながらチヂミにカルビにチゲ・・・と、一人が一品ずつ注文して豪華なメニューになりました。

乾杯して、次々と運ばれてくる料理を楽しみながら話に花が咲きました。皆さんが油断し始めたところで、「みなさ~ん!ふたつ目のミッションは食事中に遂行してくださいね~♪」という私のかけ声に、え?そうなの?と封筒から2番のカードを取り出す姿が可愛らしくて*^^*

1番は注文だから皆さん同じ文ですが、2番と3番は各人ことなる言葉が書いてあります。さて、クラスに入って間もない方はハングルが読めるかな?短い文だから頑張ればできますね^^ 内容はというと、「お水1杯ください」、「取り皿ください」、「これ、もう一つください」、「これ本当においしいです」などなど。

はっきり言って簡単な文です。カードまで用意してこれを実践させに行ったの?と思う方もいるかもしれませんね。でも、こんなフレーズでも絶妙なタイミングで店の人に伝えるって勇気がいることです。それと、それがロールプレイではないということが一番重要。自分が頼んだ代物は本当に出てくるのです。言葉に魂が吹き込まれる、そんな瞬間を経験するために行ったのです。

********************

More 私デビューしました!
by narinya | 2010-07-11 00:10 | レッスン風景いろいろ | Comments(8)

宮体練習

下のMoreから大きな写真でます

d0090959_20361821.jpgハングルの書道の書体中、この宮体正字の練習がメインになってから約1年半。最初に勉強した板本体も平行してやっているし、最近、加わり始めた書簡体もあるので今は3つの書体を同時に練習しています。

ハングル書道の各書体で、この宮体の中の正字が一番難しいらしいです。漢字書でも結局は楷書が一番難しいと言われることと同じだと思われます。正しい形と正しい筆法を守った上で美しさを盛り込むのですから難しいはずです。でも、私の性格にはこの宮体正字は合っているので練習も楽しい。漢字も楷書が一番好きだし。

字や線で何か表現するのはあまり得意ではありません。字を書くことで自己を解放できれば楽しいでしょうね。私はいろいろ克服しないとそうはできないので・・・。でも無理に頑張って克服しようとか、変わろうとか、そういうのもう嫌なんですよね。自分のできる範囲でちょっと頑張るだけでいいという考えに変えたから今があるわけだし^^

お稽古に通わずに一人外国でハングル書道習っていて、私ってどのくらいの進度なのかしら?と思って、この間の宮体正字でもらった手本を数えてみました。そしたら週に一枚は新しい手本を消化している計算でした。1人でやってるわりには多いと思います。(ちなみに一枚というのは半紙ではなく半切です)

この宮体正字の練習も、字が徐々に小さくなるにつれ一枚に書く字数も増えてきました。でも週に一枚ペースが保てているということは私が成長してるってこと?難易度を上げながらも私が満足する量の課題を出してくれる先生はすごいなぁ。尊敬~。

2010年も半分が過ぎました。あと半年の間で、私の宮体正字はどこまで上達するでしょうか?前回たくさん質問したから指摘もいっぱいしてもらえました。次の練習から注意して書こう。変なクセも直していかなくちゃ!頑張るにゃ~!

More 半切に2行はこれで卒業みたい
by narinya | 2010-07-03 23:58 | 書道 calligraphy | Comments(6)


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ