ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2011年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

猫カフェで花文字

今日は韓国人の知り合いと猫カフェへ。先日、私が他の人に連れて行ってもらった、長崎初の猫カフェです。カフェスペースで過ごした後のみ、猫スペースの利用が可能です。時間制ですが、名残惜しければ延長もできます。カラオケボックスみたい(^^)

d0090959_1937584.jpg
とうとうこの子は私たちがいる間、一度も起きず。ひたすら寝てました。

d0090959_19421932.jpg
この子はずーっとテンション高くて、膝に乗ってきたり遊んだり…かなり活動的です。あんなにサービスしてもらったら客としては大満足♡

d0090959_19453864.jpg
前回は猫たちに釘付けで気づかなかったのですが、壁に花文字の額が二つ飾ってあったんですね~。これはお店の名前です。読めますか?って横に書いてあるね。

d0090959_19474424.jpg
もう片方はこちら。オーソドックスな言葉です。読めました?ふふ^^

韓国の仁寺洞にも路上とか駅とかで書いてる人いますよね?何度か見かけたことあります。好きな言葉とか書いてくれるんじゃないかな。

以前、長崎の人で習って書いてる人がいると聞いたことがあって、この額もきっとその方によるものではないかと思います。

文字ということでブログにアップしてみましたが、私個人、花文字はあまり興味がある世界ではなくて…。でも深く知ったら素晴らしいものなのかしら。こうしてお店に飾ってあると華やかですね。

韓国の民画にある文字絵には興味があります。絵を描くように字を書く作品があったらどうだろうと思って、大学の卒業制作はそんな作品を作りました。でも、その世界の完成はまだ先の話になりそうです…。

では最後もニャンコで。みなさんごきげんよう~。
d0090959_2072396.jpg

by narinya | 2011-11-17 19:32 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(19)

秋の美術鑑賞

長崎県美術館で開催中の企画展「近代日本画 夢の競演展」に行ってきました。知り合いがチケットをくださいまして、ありがたくタダで鑑賞させてもらいました(^^) 芸術の秋を満喫。

秋は少しもの悲しいけど、そんなエッセンスも芸術には大事ですよね…。でも、絵の注文も入ったし、前回の展示会後、何か教室主宰の話もちらほら持ち上がったりしてやる気は満々です。

d0090959_20174295.jpg


先月、長崎市内で終えたカフェ展示会は、実はまだ完成ではありません。中国工筆画とデザインした仮名作品が追加される予定です。その仮名作品をメインにしたミニ展示会は、来春、長崎市内で開催するつもりです。

その二つの展示会から選抜した作品たちを持って東京へ行くつもり。でも、日本国内だから、やっぱりハングル書道が中心になると思います。

d0090959_20281876.jpg


仮名、ハングル、水墨画、工筆画…。別のものとして考えたくはありません。大きな輪で繋がっているはずだからね。それはシルクロードともきっと繋がっていると思う。そして遡ればアラブの世界まで行くんだと思う。ライフワークとして行けるところまで行ってみたい。

環境もちょっと変わったのですが、いい方向に考えよう。そして、しばらくはアラビア語を真剣にやろうと思います。いつかもっともっと広い世界に行くんだ!

あ、話が大きくなりすぎました(^^;) ということで、しばらくは工筆画と仮名作品に集中するつもり。で、今回の美術館はとても勉強になったし、参考にもなりました。モチベーションをあげるのにも良かった!
by narinya | 2011-11-12 20:00 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(2)

板本体練習



最近、ハングル書道の記事が少ないんじゃない?とは家族のせりふ。そうかな?でも、このブログはハングル書道専門というわけではないんだけど・・・。

そう言われたので(笑)、ずいぶん前に書いたものですけど、お披露目。過去に練習したものなどは記録しています。板本体が見たいという方がいまして、参考になればと思い載せてみます。

d0090959_35335.jpg手本は書簡体でしたが自主的に板本体でも書いたものです。課題として自分の考えを込めるということだったので、筆使いを工夫したつもり。自分の考えをこめて書くとなると、ただツラツラと字を書けばいいというものではなく。

手本通りに書けるようになってきたら、こんな練習を積極的にしていかないとね。「どうやって書こう?」 「自分の考えを込めるってどういう意味?」 「なぜ自分は字を書いてるんだろう?」 そういうことを、そこではじめて考えるようになるものです。

紙に対しての構成は目新しくないですが、その分、線の雰囲気に変化を持たせました。とはいえ、なかなかこれ!という出来はないですねぇ。まだまだ修練していかなくては。

ハングル書道に少し余裕が出てきたところで、今春、仮名書道の勉強を再開しました。でも、新しい先生と場所で、ペースがなかなかつかめずにいます。

それでも、海外へ出て発表したければ、やはり日本人として仮名作品が書けないと・・・。日本ではハングル書道が注目されますが、作品集などを韓国人に見せると、工筆画と構成した仮名書道に目がいくようです。自国にないものに自然と興味がいくということなのでしょうか。

話題性や注目度の面からみれば、他の人がしないことをするというのは一つの手段です。でも、だからといって作品がいいとは限らないし、美とは本来はそういうことではないはず。

ハングルだろうと、仮名だろうと、アラビア文字だろうと、それは目に見える現象に過ぎません。そういうものを超越した芸術の世界がどこかにあるはずなんだけど、私にはまだよく見えなくて。。。ひとまず20年後くらいにはハングル書道が珍しくない時代になっているといいなぁ。



d0090959_18331315.jpg

by narinya | 2011-11-05 22:13 | 書道 calligraphy | Comments(2)

名前はんこ チョウチョの紐

約1㎝角の青田石。展示会に来てくれた方が、飾ってあったハンコを見て注文してくれたものです。まず上を斜めに削り、チョウチョが大きく乗るようにしました。といっても、石の大きさ1㎝より外に大きくは絶対になりません。あまり細かいことはしない方がいいと思って、このデザインになりました。
d0090959_21325199.jpg

前回の個展をしたカフェで、今後、ハンコやら宣伝やら小作品などを常時!置かせてもらえることになりました。この飾り彫り、印紐の世界もどんどん進化させていきたい!そのいただけるスペースを利用して小作品がたまったら、またそのカフェでハンコだけの展示会とかもしていけたらと思ってます。秋の風が爽やかなこの頃。止まらず楽しみながらやっていこうと思います。

d0090959_21332263.jpg

納品はこんな感じで。この韓国で買った袋も残りあとわずか。何か袋を考えないといけないのですが、いいアイデアもなく…。ハンコの保護ができて、値段がリーズナブルで、かわいい袋。ないかなぁ。
by narinya | 2011-11-01 22:44 | 刻 seal carving | Comments(4)

徒然1111

このブログは基本、勉強の途中経過や習作、または作品にしたものなどを中心に載せるものとしています。記事の更新は毎日でもできるくらいに日々の練習はしているのです。ただ、それもある意味凹むときがあり・・・。 いつまでこんなことしてるんだろう^^;みたいなものです。

d0090959_2393088.jpg

気分転換に、徒然もたまには載せてもいいかも~という心境になりました(ツイッターするほどまめじゃないw)。季節ごとに花はきれいに咲くし、人々はやさしくしてくれるし、食べ物もこの上なく美味しいし。お勉強の記事を書く力がないときには私も癒されることでしょう^^


by narinya | 2011-11-01 00:00 | 徒然 Life


最新のコメント
★りょーこさま ありがと..
by narinya at 01:29
嬉しいですね! 自分の..
by りょーこ at 22:03
★kazukoさま こち..
by narinya at 20:49
昨日コメントアップしよう..
by kazuko at 19:51
★housuiさま  こ..
by narinya at 02:07
こんばんは〜〜 充実し..
by housui303 at 22:47
管理人からおねがい
フォロー中のブログ