ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2013年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

紅葉と消しゴムはんこ

郵便物を出すことの多い私です。手間がかかっても可能な限り可愛らしく演出したいと思ってます。封筒は普通の茶封筒で便箋も無地ですが、季節のモチーフや伝統文様をあしらうなどしています。


d0090959_0441483.jpg
封をする時は、100円ショップで買ったシールにオリジナルの消しゴムはんこをおして。結局はヒマなんですかね?そうなのかもね〜^ ^ この秋の最新作はモミジです。


d0090959_044411.jpg
d0090959_0503480.jpg
先日、お友達と大分の耶馬渓に行きました。綺麗な紅葉を見て、お食事して、柿狩りまでして来ました。こんな風に紅葉を見にお出かけなんて初めてかも!とっても楽しかったです。また行きたい(^^)


d0090959_0434523.jpg
そんなお出かけの影響を受けて作ったモミジはんこで、ハガキサイズの一筆箋に装飾を。シールに使ったはんこを連続しておしただけです。


d0090959_042745.jpg
d0090959_13131273.jpg
それとは別に、大きな封筒におせるように大きめのモミジはんこも作りました。こんな一筆箋もいいし、便箋の装飾に使えそうです。消しゴムはんこはオリジナルが数分後にできるので本当に重宝します。


今度、楽しい消しゴムはんこの回でもしたいものです。筆文字と組み合わせてかっこいいのしよ〜(^^)
by narinya | 2013-11-29 12:57 | 消しゴム eraser | Comments(0)

書画教室の中で一回講座します 〜年賀状編〜


Minako's書画教室「午年の年賀状を書こう」


d0090959_1111852.jpg
d0090959_1114788.jpg
馬!ってカラフルにど〜んと書いてから字を書きます。サンプルは縦構図が二枚、横構図が二枚。色は赤、青、黄の顔料絵の具を使いますよ〜。


d0090959_0362989.jpg
字はもちろん練習してから書き入れます。お習字教室の講座ですから、まずは、きちんと綺麗な文字を書くことを目標にしましょう。練習と添削をします。ちなみに、この手本は筆ペンを使用。


2013年11月24日(日) 13:00〜15:00
受講費 3300円



※ 定員6人
※ 前日までに予約してください
※ 絵の具、筆、ペン、絵の具皿、下敷きなどはこちらで用意します
※ 資料、練習用紙などは受講費に含みます
※ 清書用の画仙紙葉書は一枚から別途料金をいただきます(自身の年賀はがき持参可)
※ 葉書に適したサイズの名前印があれば持って来てください
※ ゴム印でよければ、その場で名前印を彫って差し上げます(有料)
※ 宛名書きの指導や手本書きはしません
※ 場所や連絡先などは、左カテゴリのお教室スケジュールで確認ください

★年内なら同じ内容で出張講座もします!(交通費は別途いただきます)★
by narinya | 2013-11-23 01:41 | 一日・短期レッスン募集 | Comments(2)

Launa展 〜韓国民画の模写⑤〜

額にリボンレイをかけた第二弾です。yasukoさんが選んでかけてくれたのですが、これを選んだ理由は後から聞いて知りました。


d0090959_2542590.jpg



絵の中に鳥さんが何羽かいます。そこから、鳥にまつわるリボンレイを選んだのだそうです。Birds of Paradise というタイトルで、ブルーの部分が鳥の口ばしをあらわしています。私の絵の色が全体に暖色系でしたから、このリボンレイの青色が絶妙な差し色になりましたね。


d0090959_2542726.jpg


マットを小さめにして実際に描いた絵をトリミングして展示しましたが。実は見えないところに、もう二羽の鳥さんがいましたよ〜(^^) この絵は彩色が難しかったです。。。
by narinya | 2013-11-22 23:26 | Launa | Comments(2)

Launa展  ~韓国民画の模写④~

これは民画のイメージに近いのではないでしょうか^^ 色合いといい、構図といい、なんかいい雰囲気に仕上がりました。蓮の花のピンクも華やかです。


d0090959_251316.jpg



長崎には桃カステラなる食べ物があって、ひな祭りの頃には街中に桃カステラが出現します。各カステラ屋さんはもちろん、コンビニやスーパーにも当然あります。桃カマボコまであるんですから!こうして、桃がおめでたいことの象徴で、生活に浸透しているのも、やっぱり中国の影響なのでしょうか。


d0090959_2513392.jpg



この絵を見た皆さんがすぐに「桃みたい~」とおっしゃるのが印象的でした。見た瞬間に「桃」と東京の人も言うかな?どうかな?自分では蓮の花と思い込んで描いてたので感覚がよくわからなくなりました^^;
by narinya | 2013-11-21 22:54 | Launa | Comments(0)

Launa展 〜韓国民画の模写③〜

今回、初めて他の方、それも他分野の方々と展示をご一緒していろいろと発見がありました。一人の時より心強く感じて気楽にできたこと、その分すこし集中力に欠けたこと、コラボ作品を作って楽しかったこと、なぜか個展の方が知人に観覧のお誘いがしやすい性格だと自分でわかったこと(笑)、その他いろいろ…でした。


d0090959_303683.jpg


良かった点は、自分では考えも及ばない表現に発展したことです。こんな風に額に何かひっかけるなんて今まで思いもしませんでした。しかも、決して計画していたことではなく、飾り付けの時に「かけてみる?」なんて偶然したことでした。


マットの大きさに対して絵の構図が縦長で左右の余白が多い絵でした。レボンレイを飾ることでその部分が引き締まって、さらに何だかお洒落に変身!額の色と同系で落ち着いた雰囲気になりました。


d0090959_303898.jpg


今回の民画の模写には、韓国画用の絵の具と韓国民画用の紙を用いました。生宣紙だったみたいで思ったより滲みました。描く前の紙の扱い方など、やっぱり先生について習わないと難しいのかな…と感じました。


独学しようにも民画の技法書って全然みつかりません。歴史など民画にまつわる話の書籍はあるのだけど、いわゆる技法書は現地で聞いてもなかなか手に入らないのです。もちろん研究はされているはずでしょうが、手引きの類いがないみたい。民画が何か描き方があって描くものではないのでしょうね。その辺りの解明は今後の課題としていきましょう。
by narinya | 2013-11-21 00:16 | Launa | Comments(0)

Launa展 〜韓国民画の模写②〜

会期中、仮名書道の先生が来てくださいました^ - ^ お忙しい中、時間を割いてくださって感謝しています。仮名の勉強法、それも確実に実力をのばすお話をしてくださって、お教室では聞けない番外授業を受けることができました。


d0090959_25758.jpg


今回の絵は全て模写でしたので、特に構図については私の考えが入る余地は無かったのですが、そこがうまく先生に通じず、今回の絵に関して感想とダメ出しをいただきました。ふふ


具体的にはシンメトリーを避けて、大小の変化と角度の変化をつけるべきだという内容です。そうですね^ ^ おっしゃること、よくわかります〜。


d0090959_25775.jpg


「表現すること」=「変化をつけること」と捉えるとわかりやすいですね。お行儀がいいものは自己表現をした芸術とは言いにくいと理解してもよさそうです。線と空間を筆で作り出す世界の方の見方です。変化をつけようとすれば、作者の迷いのない考えがなければいけないし、それを裏打ちする知識と技術が求められます。やっぱり芸術はこわい世界ですね。でもやりがいあります。


表現をしようとして変化とつけたところで、それが的外れで調和を欠いては美しくないわけです。果たして調和とは?韓国の師匠に「自然に見えること、見る人が楽に見れることが大切だ」とよく言われます。漠然としているし、センスの領域に入ってくることだから答えがありません。そして人を魅了することはまた別の次元の話ですしね…^^;


堂々巡りで終わりがありません。でも考えてしないとね。仮名の先生もきっとそういうことをお話しされていたのでしょう^_^ 次の表現に役立てるようにしたいと思います。
by narinya | 2013-11-18 13:18 | Launa | Comments(0)

Launa展 〜韓国民画の模写①〜

蓮の花が描かれた民画を探すのは簡単でした。たくさんありすぎてどれにしようか迷うほどなので、趣きが少しずつ異なるのもを選んで5点を額装にして出品しました。


d0090959_31553.jpg


マットをつけて額に入れるとグッと作品らしく見えるから不思議ですね。なかなか自分ではこうした大胆なデフォルメはできないです。絵でも字でも、まずは手本に忠実に倣うことが大切だと改めて感じました。


d0090959_31768.jpg


自分の引き出しは湧いて増えるものではないし、新しいものなんて世の中そうそう無いと思います。「創造力」は古典に学んでこそですよね。ここにそんな線で?とか、この角度は私だったらないな…とか。描いたから実感しました。やっぱり実際に手を動かさなければ結局はしてないことと同じ。模写してみて本当にそう思いました。練習たくさんしよう^^
by narinya | 2013-11-17 19:36 | Launa | Comments(2)

キルト、リボンレイ、ハングル書のコラボレーション!

前に私が作った作品で、水墨で花輪を描いて、ハングルで詩を書いて遊印をついたものがありました。表装はタペストリーに見える軸装です。

その作品を気に入ってくれた二人が、3人で同じ作品を作ってみよう(^^) と提案してくれてこの子が誕生しました!


d0090959_2304620.jpg


表具部分はキルトでshihoさんが、花輪はリボンレイの要領でyasukoさんが、私は宮体正字だった字を書簡体にかえて書きました。土台の布が50×50cm、紙が30×30cmです。どうですか?かわいいでしょう?(o^^o) 詩の内容が好きなので、また書けて嬉しかったです。


나누어 가지는 향기(이해인)

기쁨은
날마다 내가 새로 만들어
끼고 다니는 풀꽃 반지

누가 눈여겨보지 않아도
소중히 간직하다가
어느 날 누가 내게 달라고 하면
이내 내어주고
다시 만들어 끼지

크고 눈부시지 않아
더욱 아름다워라

내가 살아 있는 동안
많이 나누어 가질수록
그 향기를 더하네
기쁨이란 반지는


初めの作品を書いた時には、後にこんな日が来るとは思いませんでした。一部が立体になっている作品はしてみたいことの一つだったので、ここから何かヒントを得て発展していくかも⁈ うふふっ^ ^
by narinya | 2013-11-16 11:24 | Launa | Comments(0)

Launa〜出逢い〜展 2013年11月5日〜17日

ひょんなことから月例で集まる3人組み。会の名前をLaunaにしました。ハワイアンで「出逢い」を意味します。地域に還元するということが活動目的のひとつなのですが、展示会をしながらワークショップなどをすることで実現することができました(^^)

メンバーはリボンレイの鐘ケ江泰子さんハワイアンキルトの末永志穂子さんです。「ロータス」をテーマにして制作しました。

会場の長期間使用とワークショップをするスペース確保が可能ということで、長崎市鍛冶屋町の茜カフェギャラリーをお借りしました。リボンレイのワークショップはまだ間に合います。最後、土曜日と日曜日にも行っていますから是非お出かけしてみてください!


d0090959_0284386.jpg
入り口を入って正面。3人の合作がお出迎えです(≧∇≦)


d0090959_0265759.jpg
紫の段染めが美しいタペストリー。


d0090959_0272793.jpg
Xmasレイたち^ ^ 横のXmasタペストリーはお二人の合作です〜。


d0090959_0275034.jpg
ニードルワークに惚れぼれ!光沢のある布がキルティングによってさらに浮かび上がって、上品ながらも迫力のある作品です。


d0090959_0282195.jpg
お食事スペースの壁には私が描いた韓国民画の模写が飾られています。キルトとレイのハワイワールドの中でアジアの伝統絵画がどのように見えるか少し不安でした。でも自然をモチーフに格式ばらない点が共通したのか、雰囲気よく溶け込みました!

3人で作ったメイン作品と、私の韓国民画はまた次回以降のリポートで詳しくお披露目いたします(*^^*)
by narinya | 2013-11-16 01:02 | Launa | Comments(2)

朝活!文房具マルシェ 〜洋紙編〜

「朝活」ってこのところ流行ってるのですか?朝に何かするというと、アメリカのPower Breakfastあたりが思い浮かんだりするのですが。それも一昔前の話なのかな?出勤前にクライアントとミーティングするとか、スポーツジム行くとかのイメージです。

アメリカじゃなくても韓国なんかも人々は朝から活動するって前から聞くことありました。とにかくソウルなど速く回転し続ける都市では生き残りもタイヘンなんでしょうねぇ。語学を早く身につけて人より抜きん出るため、語学学校も早朝から大盛況だとかいう話も随分前に聞きました。


d0090959_10194115.jpg


ここに来て日本でも朝に活動するのが定着してるの?長崎では最近になってからよく聞くけど、いいことですよね。私は全くの夜型なので、なかなか習慣にはなりませんが〜(・・;) でも今日は紙のお話が聞けるとあって珍しく朝から動きました。以前、和紙の回のときにもお世話になった長崎市内の石丸文行堂さんでの文房具マルシェに参加するためです。マルマン株式会社から専門の方が3人も来てくださって有意義なお話をしてくださいました(*^^*)

石丸文行堂さんではオープン前の店内を特別に設営してくださいました。様々な洋紙サンプルを試しながら、お話は紙の製造工程などに及び、普段は見たり触れたりすることのない道具類も見せてくださいました。マルシェの様子は石丸文行堂さんがポストしたFacebook投稿 ↓ でご覧ください。私もちょこんと座ってます^_^ わかる?

https://www.facebook.com/ishimarut/posts/580215665359331

朝起きした甲斐が欲しい!図々しいかなと思ったけどたくさん質問しました。東京の書道教室で可愛がってくださった今は亡き先生が、半紙のひと締の良し悪しは目方である程度決まると教えてくれたのですが(技術が進歩したからもう一概には言えないかもしれないけど)、今日の紙の重さの話も関連して面白かったです。

紙の表面の肌目や、目の方向にまつわるお話、サイジングに関しては企業秘密?あまり詳しく聞けなかったけど、結論はメーカーや値段は問わず、自分に合ったものを見つけることが一番!ということで締めくくられました。本当にそうですね。マルマンのスケッチブックとエスキス帳、クロッキー帳などは愛用していますが、なんと以前100円ショップで買ったスケッチブックがなかなかの描き心地なんだものね^ ^

今日は朝から楽しかったです。今後も何かいい企画の時にはお邪魔させてください。
by narinya | 2013-11-14 10:43 | Comments(0)


最新のコメント
★りょーこさま ありがと..
by narinya at 01:29
嬉しいですね! 自分の..
by りょーこ at 22:03
★kazukoさま こち..
by narinya at 20:49
昨日コメントアップしよう..
by kazuko at 19:51
★housuiさま  こ..
by narinya at 02:07
こんばんは〜〜 充実し..
by housui303 at 22:47
管理人からおねがい
フォロー中のブログ