ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2014年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

紙バッグにコラージュ

通信でハングル書道をしてくれている方々を対象に、2月は韓紙を使った楽しいコラージュをしてもらうことを提案しました。貼り付ける先は何でもいいのですが、春も近いので何かとプレゼントをあげたりするかな?と思いまして、紙袋にコラージュしてもらうことにしたのです(^^)

同じアイデアで佐世保のサークルの方々にも挑戦していただきました。通信の方々より簡易バージョンですが、お稽古の前にウォーミングアップ?そんな感じです^ - ^


それぞれが違う色合い、違うレイアウトです。やっぱり個性ってでますね〜。私だったら選ばない色の組み合わせを見たりして、提供しているつもりの私が反対に刺激を受けたりします。



d0090959_19364514.jpg
d0090959_19365742.jpg
筆でハングルも書いて貼り付けましたよ。今度はもう少し本格的な手作りの回ができたらいいな…と思いつつ、この日はお習字のお稽古を〜。

ひと月に一度のサークルなので、出来ることは多くはないのですが、楽しみな時間だと思ってもらえるよう私も日々お勉強しないとね!




d0090959_19370762.jpg
帰り、電車からみたハウステンボス。何の偶然か日本のこんなに西に来て、ハウステンボスの近くで講師するなんて思いもよらない展開でした。でも、長崎にいる間(引っ越す予定は今のところないみたいよ…)は、こちらで出来ることはどんどん挑戦していきたいと思います。




d0090959_19371825.jpg
お休みの方々がいたので、作品は4点にとどまりましたが、並ぶと、また見事ですね。カワユイ❤︎ 皆さん、また来月お会いしましょう〜(^-^)/


by narinya | 2014-03-30 18:30 | レッスンの風景 | Comments(0)

某社入社式挨拶文を清書しました



書道をちゃんと勉強して、それで筆で何ができるか…。それほどオプションはないというのが私の考えです。大会場の展覧会出品、講師として教育者、筆耕業、商業デザイン、記録、芸術作品の制作と販売。そのくらいなものだと思います。

究極は、やっぱり作家として作品制作をして販売することでしょうね。そのために個人展をするわけです。この域を目指さない限り、書は芸術と言いつつも、本当に芸術をしているとは言えないというのが私の見方。

書写は情操教育になると思うし、ライブパフォーマンスも昔からされてきた揮毫という流れで見れば自然発生なのかなと思います。

何を目指すかはもちろん個人の自由です。でも書道人口に比べて作家志望の人があまりにも少ないように思います。社中展は年中うなるほどあるのにね…。少し残念なことだと思います。



d0090959_11033872.jpg



次に私が価値を見出す筆の活用方法は記録です。本来、文字は伝達や記録をするもので、筆だって少し前までは実用筆記具でした。今みたいな筆文字アートやら、筆文字は味があるとか、筆で書けば書だと錯覚したり、あげく墨の香りで癒しがどうとか。。。そういうのは現代社会の産物でしょうね。私が何か批評するわけではありませんけど〜。

記録としての書は、作品でもないし、多くの人のための商業デザインでもありません。いたって地味な世界ですが、誰かの大切な文章を長く保管するために、私がキレイに書いて差し上げることができるなら、技術の向上に地道に勉強して来た者にとっては、この上ない幸せです。

そんなことを提案したくて、手紙文で作品を作ったりしてきました。最初に挑戦したのは2001年の社中展で銀座の鳩居堂画廊でお披露目しました。手紙にまつわる花も描きたくて中国工筆画もその頃に始めました。

今回、そんな私のコンセプトをご存知ないにも関わらず、会社入社式の挨拶文を清書する依頼をして下さった方がいました^ ^  実用でありながらも保管してくださるのですって。思いのこもった大切な言葉を扱わせて下さったことは、本当に光栄なことです。

依頼から5日しかなかったけど16面すべて書き上げることができました〜(^^) 写真はその一部です。私の字を書くけれど、美しく目障りでなく品があるものを目指しました。いい仕事です。これからも技術向上 + 芸術性のバランスをとりながら精進していきたいです(*^^*)



by narinya | 2014-03-28 16:35 | 書道 calligraphy | Comments(4)

チョークアート。パンもりもりで完成。

今日、パン屋さんにチョークアートの絵を納めてきました。

思えば、昨年の秋に突撃でオーダーしてもらって、スケッチ用のパンまで頂くという嬉しい展開でした。おかげさまでパンらしく描くことができました!



d0090959_09441881.jpg


依頼が先で練習が後という普通ではない順序ではありましたが、これを描いたことで一気に成長したと思います。オイルパステルにも慣れました。

そんなこんなで、お待たせしてしまいましたが、年度内に届けることができて本当によかったです〜(^^)


by narinya | 2014-03-24 23:26 | ポップ/パステル POP/pastel | Comments(10)

春の絵でお手紙を…


d0090959_13385014.jpg


お手紙を書くのに和紙に絵を描いて線もひきました。絵のところだけ集めて写真撮りましたが、紙は横長のデザインです。全部つながった巻き紙みたいにしようかと思ったけど、今回は便箋にしました。スミレがうまく描けました(^^)


by narinya | 2014-03-22 14:19 | 画 picture | Comments(10)

石のはんこ「열린 마음」(個人蔵)

d0090959_143647.jpg


2013年の春にカフェギャラリーで開催した「石のはんこ・鈕(ちゅう)展」のために作りました。はんこ自体はもっと前に作ったものでしたが、水色の紙におして少し装飾も加えました。大きさはハガキ大です。展示会のたびに来てくださる方が新しいママになってくださいました^ - ^



by narinya | 2014-03-21 01:53 | 展示会 exhibition8 | Comments(4)

チョークアート。コーヒー豆とエスプレッソ。

持っている本からコーヒー豆とカップを取り出して組み合わせてみました。カップの色と模様も変えてみたりして。やっぱり性格なのかな…。サラッとした感じに仕上がりません^^;  これでは時間がかかって看板の仕事としては難しいのでは?インテリアとかの飾る絵としては単価が高くてもいいだろうから描き込むのはいいと思うけど。


お世話になっているRさんに差し上げました。オリジナル感を出そうとカップにR字を…。ちょっと字が大きすぎたかな? 練習を兼ねた絵なので押し付けたようなものですが、しばらく楽しんでくれたらと思います。


d0090959_22573377.jpg


これはお手製のボードに描きました。なかなか描き心地いいです。これから始めるかたには、ボードは高いのでぜひ手作りをおススメします。


ところで、オイルパステルのチョークアート。簡単とか楽しいとか… 決まったモチーフやイラストで描き方を教われば、そうですね、簡単で楽しいと思います。でも、実際に描いてみて思ったのは、この画材で好きな絵が描けるようになるには画才がないと厳しいということ。


色を置いて指で混ぜたりするだけなので、筆を操るなどの難しさはありません。が、そういう技巧できるツールをなくせばなくすほど描くのに的確なアプローチをしなければならなくなります。巷ではインストラクターコースとかいっぱいあるようですが、デッサンやデザインなどの絵の基本も訓練してくれるのだろうか?そこを習得しなかったら、修了した後の方がいろいろ大変だろうな…というのが描いてみた私の率直な感想〜。


正直、私の苦手な分野です。南画に似てます。描き込まずしてインパクトを与えるあたり。オイル画材もまだ慣れなくて…。それでもボチボチ練習してます。今はパンを描いてます〜(^^)



by narinya | 2014-03-15 12:46 | ポップ/パステル POP/pastel | Comments(2)

宮体正字の練習

2008年の3月からハングル書道のレッスンを始めたので、丸6年が過ぎて7年目に入りました。通信とは思えないほど、というか、通信だからこそできたことがとても多いです。

書く時に分からない筆づかいなどは、今は動画でも見ることができるし、本当に困ったら直接行って見ればいいし、先生に頼んで来ていただくことだって可能です。


本当にやりたい事しか行動にうつせないのが人間なんですって〜(ここでは環境や条件に限りがあることは置いておきます)。だから、気持ちはあるのに結局できないことがあっても私はあまり気にしないです。あ〜これは必要ないんだな…と思って執着しないようにしてます。だって仕方ないから^ ^



d0090959_1622204.jpg


おかげさまでハングル書道のお稽古は続いています。いまちょっと提出すべき課題がたまってしまっていますが(半切で8枚も!本当は見て書く+自分で構成変えて書くなんだけど…)やりますよ〜。ちょうど受講費も送金する時期ですから、課題が未提出では格好がつかないし。そんな理由の時もありますよね〜。だから何かやる時にはある程度の金額を出した方がいいんです。


写真の半切は1月に提出した課題の一枚。この間、フルリム体ばっかりだから正字のお手本も欲しいと言って出してもらった課題です。正字は楷書のようなものですね。規則も多いし、少しでもズレるとおかしいことがすぐにわかってしまいます。でも正字をきちんとすれば後のフルリム体が書けます。フルリムが書けると書簡体が随分と楽になります。書簡体が楽になれば、書道とはちょっと違うけどカリグラフィーの領域もハードルが低くなります。


書道からやって筆力のあるデザイン文字が書けたらデザイナーさんにもひけをとらないよね。ハングルのカリグラフィーの分野もちょこちょこリサーチ、研究してます。アルファベットもアラビア文字も^ ^ 仮名書道も真面目にお稽古行ってるし!勉強代がハンパないけど今は仕方ない。希望を持ってやりましょう〜!




by narinya | 2014-03-14 16:02 | 書道 calligraphy | Comments(0)

装飾写経

月に4回開けている書画教室。教室というよりは自習室?そこに私が居るから、やりたいことあれば課題は出すし、分からないことは聞いてね!みたいな空間です。継続させる外的な強制力になるものは存在しません。


ですから、時にデザインや作品展開するアイデアになることを提供して士気を高めながらやってます。なので、この贅沢な空間に他の書道会に通う人達などに出入りしてもらいたいのですが…。私が熱心に宣伝してないし営業妨害になってもいけないしね^^;  まぁ、何か探している人ならそのうちたどりついてくれるでしょう^^  


その間、私は変わらず研究と実験と創作に邁進していこうと思います。お教室で3ヶ月ひと続きで「装飾写経」の短期講座を提案してみましたが、残念ながら参加者がいませんでしたので今回は開講しません。


でも、私の勉強も兼ねた教室ですから、企画はそのまま私個人の研究課題に移行しまーす。講座ではソフトパステルを用いて簡単に彩色することにしていましたが、私は中国工筆画で♪ 既成の写経用紙では塗りにくいので、工筆画用の紙に描くことにしました。そして、その上に自分で罫線を引いて写経用紙に作ります。これがやりたかったのです。むふふ( ^ω^ )



d0090959_13430301.jpg
線描きしたところ。上海で買ったスイレンの下絵集を少しアレンジして描きました。




d0090959_23532666.jpg
d0090959_12053274.jpg



いつもより薄く彩色しました。このくらいの優しい感じにして文字と組み合わせる方がやっぱり良さそうですね〜。特に絵の上に字が書かれるわけなので、このくらいにしないとね!ふふふ。



この後、金色で罫線引きます。溝引きするの久しぶり!一回練習してからやります〜。写経用紙になった姿はまた載せますね。きっと綺麗だと思います。お楽しみに〜(*^^*)



by narinya | 2014-03-12 14:17 | 画 picture | Comments(2)

板に韓国民画を模写してみました

先日、神奈川から工筆画を習いに来てくれた方と板にも描いてみようと思って用意して、下処理まで一緒にしました。時間切れで絵を描くところまではできなかったので、それぞれの宿題になりました。その方は帰宅して、すぐに絵にとりかかっていましたよ。途中まで出来たところの写真を見せてくれました(^^)

d0090959_22132587.jpg
まだ買って来たばかりの板たち。文房具屋さんで木版用に売られている普通の木です。大きさは15cm×20cm。ハガキに木版するためのオーソドックスな商品でしょう^ ^




d0090959_16294993.jpg
韓国民画の図録から、この板に描くのに良さそうな構図の絵を選んで「模写」をすることにしました〜。




d0090959_20330298.jpg
もとの絵は紙に描かれたと思われますが、私は木に描くので下地を塗った方が良さそうな部分もありました。塗り方は、工筆画に比べて手がこんではいないのですが、この民画は丁寧に描かれているので、いくらかは慎重に塗る必要がありました。


ここまで塗ってみて分かったこと。木に描くのって楽しい(≧∇≦) それに、同じ絵でも紙と木では、それだけで雰囲気がずいぶん変わるということも発見。以前にも幾つか板に描いたことがありましたが、今回は模写でやりがいがあるからかな? ことのほか楽しいです〜^ - ^



d0090959_01233308.jpg
d0090959_13565425.jpg


そして出来上がり。紙と木の違いもあるし、地の色も異なるのでそっくりそのままというわけにはいきませんが、模写としては頑張って描いた方ではないかと(^^)  だいたい、もとの絵がこの版木の大きさだとは思えないので、この大きさに蝶々の羽根の模様を描き込んだワタシにお疲れ様と言いたい。


花びらの色づけの仕方とか、とても勉強になりました。こんな描き方もあるんだ〜!と思うこといっぱいでした。今度、工筆画を描く時など応用してみたいな。ではまた次のお勉強報告までご機嫌よう〜(*^^*)


by narinya | 2014-03-08 01:45 | 画 picture | Comments(4)

Launa。3月の集まり。

月に一度のペースで集まっているLaunaの活動( ^ω^ ) 
Launaとは、ハワイアンで「出会い」という意味です^___^
リボンレイのyasuko先生
ハワイアンキルトのshiho先生
と一緒にしてます。





d0090959_13172156.jpg
今月はブリックホールの和室でまったりと過ごしました^ ^  shiho先生はご自身の勉強課題を進めて、私は韓国民画を木の板に模写。半分しか描けなかった(^^;;  喋りすぎ?でも家で一人でやっていても進まない時は全く進まないから、こうして集まるのはいいことです。


昨日は、yasuko先生が途中までしかご一緒できなくて残念でした。なぜなら、サークル後のお茶の時間に大いに盛り上がったから(^^) 楽しかったよ〜。


一人ではイメージはあっても整理されなかったり、他の人と話してる中でパッとひらめいたりするものです。昨日の楽しいお話は、将来、本当に実現する絵が手に取るように見えて…。妄想しすぎて幻覚を見たのでしょうか?笑  そうだとしても前向きな話をすることはいいことですよね!(*^^*)  


楽しい一日でした。そして炭水化物の摂りすぎの一日でもありました。今日はその借金を返すよう、少し控えめなお食事を心がけましょう。よーし♪ 私もモリモリ描いて書いて作って過ごしまーすo(^▽^)o  


by narinya | 2014-03-07 13:43 | Launa | Comments(2)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ