ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

仮名書道のお稽古と先生の個展

自信をもって仮名書を作品にいかせるようになりたいですねぇ。古典の香りがして、力強く、メロディが聞こえてきそうな……、それを生かした新しい平面構成ができるようになりたいです。一般的な仮名書の先のことをしたいのですから、最低限でもすべきことはしていないとと思います。そこが私の考えのカタイところなのですが、性分だから仕方がないですね。

かといって、大手展覧会などに出品することは目的ではないし、人との競争も嫌いです。自分自身の士気を高めるためにシステム化された学習形態に乗ることはあっても、いつでも降りられるようにしておかないと。結局は自分の右腕しか頼りにならないんだから^^

私を知る人は、ここにきて私が長崎で会に属して毎月の課題を出していることを知るとビックリします。笑 でも目的はぶれていませんから。いつまで長崎に居るのかも分からないし、日本に居ないかもしれないし、自分も成長すれば必ず考えは変わるし^^

入会するのに編入制度もあったけど、あえて一番下の級からやってます。まだ2級。かわいいね。そんな時期が花だとも言えるので、この時間を有効に使いたいと思います〜。



〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜



教えてくださっている先生が先週、長崎市内で個展を開催されました。写真で右側の松尾先生です。79歳という年齢とは思えないご活躍です。



d0090959_2214371.jpg
そして、兵庫から先生の師匠である榎倉先生がお祝いにいらっしゃいました。榎倉先生は91歳になられますが、シャキシャキでツヤツヤ…。お二人とも本当に素晴らしいです。




d0090959_2213661.jpg
d0090959_2213961.jpg
d0090959_2214056.jpg
会場の様子です。伝統美と先生の世界観が溢れる作品群でした。私はまだ造詣が深くないので分からないことも多いです。でも、新しさを求めて乱れるのは好きではないので、松尾先生の品のある作風は勉強になるところが多いです。




d0090959_00013150.jpg
書作品のほかに、趣味でされている写真作品も同時に展示されました。探究心を枯らさない努力に頭が下がります。



〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜



人はそれぞれ専門が異なりますよね。好きなことも得意分野も希望することも違うし。選択した役割と与えられた役割もあるしさ。好奇心と探究心をもって自分の居場所で最大限のことをすればいいのよね〜。

結果は先の先にあると思ってひたむきにやりましょう。疑問や迷いの中で書道している人や独学の人もいると思いますが、一緒にがんばりましょうね♪



by narinya | 2014-05-27 02:11 | 書道 calligraphy | Comments(6)

ポイントカードのデザインとスタンプ

知人から依頼されてポイントカードのデザインと、それにおす消しゴムはんこを作りました。消しゴムの正面が分かるように柄も彫りました。


この手のお仕事を引き受けると、性能のいい周辺機器が欲しくなります。でもまだないので地味な手作業で原画を描き、サンプルを作りました^^;



d0090959_16395759.jpg


デザインのお仕事をするのは好きです。このデザインにも私なりのコンセプトが盛り込まれてますよ。デザインは気分や感覚だけでするものではないし、でも、知識だけでもダメよね。たぶん、そこがデザインすることの楽しさなのかな〜。

あとは、依頼側が気に入ってくれることが大切です。ビジネスが成功するように明るい色合いにしました。お客様も気に入ってくださると嬉しいな(*^^*)


by narinya | 2014-05-26 10:15 | Comments(0)

伊藤若冲と京の美術展に行きました

長崎奉行所があった場所にある長崎歴史文化博物館。大きくはないけど、なかなか独特な趣のある施設です。外観からしてこうですし^^ 奉行所のお白砂を再現していたり、貴重な犯科帳の収蔵もされてるらしいです。

いつも企画展と常設展をしていて、長崎ならではのものや中国に関係の深いもの、朝鮮半島に関するものなど…この土地ならではの企画も多くて毎回チェックしています。

前回の企画展は日にちが合わなくて行けなかったのですが、今回は好きな琳派に関するものなので、最終日、滑り込みセーフで観覧してきました〜。


d0090959_12031844.jpg
全体の様子が分かるようにパノラマで撮ってみましたよ。



d0090959_11500231.jpg
「伊藤若冲と京の美術」と題した展示会でした。京都の細見コレクションから展示されましたが、以前、細見美術館で見た作品、何点かと再会しました。これまでに行った琳派関連の他展覧会で購入した図録と中身が重なっていたので、この企画展の図録はお買い上げせず。



d0090959_11501232.jpg



私個人の感想としては、まぁ毎回おもうことですか、展示品が少な目なので見応えに欠けたことがひとつ。それから、いうほど若冲の作品は多くなくてがっかりしたことです。

内容は、京の美術の作品展示がメインだったように感じましたから、タイトルを逆にすればガッカリしなかったのになぁ…なんて。

それでも、すっごく私好みの掛け軸がありました。表具と本紙のマッチ具合が私の目標とする辺りに近い…。でも図録の写真は表具部分がカットしてあるので(-。-; それも図録を買わなかった理由なんですね〜。

やっぱり仮名文字をもう少し頑張って勉強して、作品世界にいかせるようにしないとね〜。雅な日本文化を再構成して作品発表したいな〜。展覧会に行くことも、お仕事と思って、どんどん行こうと思います。ふふふ。次のお出かけも計画中♪

by narinya | 2014-05-21 23:53 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

ハングル書道。宮体正字の練習。

前回、提出したうちの一枚。忙しくしてたら課題が溜まってしまって^^; いっぺんに8枚も仕上げて韓国まで送付しました。それが4後半月の話。そしてゴールデンウィーク明けにはすでに次のお手本が7枚も来た(*_*)

お手本がある課題だけではなくて、その他モロモロ、モロモロ、モロモロ……指導していただいているので、それらも合わせると大変な量の勉強〜。自分が望んだことなので何かの時間を割いてでもしないと。

でも、案外こんな状況は好きなんです(^^) やっぱり約束してないことは、どんどん後回しにして結局はやらないという性格ですから。本格的に夏になる前には、今回の宿題を終えるようにしたいですね〜。



d0090959_18592140.jpg


提出して、私が書いたものをそのまま先生がキープすることがたまにあります。だいたいは添削とともに返送されてくるのですが。この一枚は戻ってこなかったので、上手く書けてて先生が手元に置いてくれたのかなぁ、なんて思ってます(*^^*)

宮体正字は難しくて、ついつい筆致が慎重になりすぎて全体が重い感じになってしまいます〜。そして下部の三行が揃わなかった。。。字形をしっかり身につけて、余裕を持って自然なリズムで抑揚のある爽やかな字を目指しますp(^_^)q


by narinya | 2014-05-20 19:43 | 書道 calligraphy | Comments(0)

Launa。5月の集まり。

月に一度のペースで集まっているLaunaの活動( ^ω^ ) 
Launaとは、ハワイアンで「出会い」という意味です^___^
リボンレイのyasuko先生
ハワイアンキルトのshiho先生
と一緒にしてます。




d0090959_12534182.jpg


yasuko先生の作業を写真に撮り忘れ^^;  ご飯はしっかり撮ったのにね。リボンで何やら細かな作業をされてました(≧∇≦)shiho先生は幾つもの作業をこなしながら合間にかわいいアクセサリーまで作っちゃいましたよ〜。

それぞれ、お仕事の他にスキルアップのための勉強を継続していますから、その課題を消化する時間に当てることもあります。家で一人で進めるべき事でも、たまには、お喋りしながらの方が効率が上がったりするものです(^^)


d0090959_14110532.jpg
今回の集まりのために借りした施設に咲いていたオリーブの花。満開で花粉もこぼれて…。これがオリーブの実になる頃には私達も何か生み出せているでしょうか。特別なものでなくていいけど、全力は尽くした自分たちでいたいものです〜。




さて、この集まりは今年度も無事に審査に通りまして、助成金を受けることができました。地域に還元する目的で今年度も何か発表の場と、楽しい体験コーナーかなにか出来たら…と企画中です。

個人の作品展ではなく、他のジャンルの方々と時間と場所を共有して、その上、地域に還元。。。すごくハードルが高い条件です。

普段していることや目標としていることを中途半端な形で出すことはやっぱりしたくないな…。これはこの活動として一つスタンスをしっかり持って、それに合わせたものを作って提供するべきなのかな、と今回集まって思いました。

2年後の個展の目標もあるから(*^^*) 負担にならずにモチベーションアップにつながる何か…考えましょうp(^_^)q  目標を必要以上に高く設定する癖があるので気をつける練習?気楽に活動する面も身につけないとね!


by narinya | 2014-05-18 13:55 | Launa | Comments(0)

熊本にお出かけ


ゴールデンウイークが終わってすぐに熊本までお出かけしました。以前から知っている友人が初の個展を開催したので、お祝いの意味もあって行ってきたのです。長崎からお友達と二人、JRに揺られながらの旅でした。

展示会はポジャギの作品展で、清楚な色合いに丁寧な針仕事を見て心が洗われるようでした(^^) 独学で制作して個展まで開けるってすごい〜!何事も探究心と練習が大切だということが改めて分かりました。そして時期が来たら少しの勇気ですね!


d0090959_11482105.jpg
明るい素敵なギャラリーでした。飾り方も上手で、お部屋の中は爽やかな異空間。布を使った作品には素材が放つ力がありますね〜。絵や書の平面作品でも、そういうところを表現することを目指したいな〜。


お昼ご飯は可愛らしいカフェでいただきました。カフェも洋服屋さんも、いい感じのお店がたくさんあって、今度はショッピング目的で熊本に行きたいと思いました(≧∇≦)



d0090959_16251752.jpg


一緒に行ったお友達が調べてくれた古本屋さんで上の図録買いました。開催してた時に行きたかったけど行けなかった展示会。中に気になる掛け軸があって、今後の参考になりそう。


その他、シブい文房具屋さんにも寄って、以前宮崎で買ったのと同じ、因州和紙の便箋で色違いを購入。これは工筆画が描ける珍しい紙。いい紙です。普通の大きさの便箋ですが、一冊1000円以上しますから、そりゃ違いますよね〜。


帰りにカモメが揺れすぎて酔っちゃったよ^^;  もう!でも、天気にも恵まれて楽しいお出かけでした。


by narinya | 2014-05-14 21:26 | お出かけ・手作業 | Comments(6)

憧れの左官。土壁編。

去年の11月ですが、ずっとやりたかった左官の真似事をさせてもらえました!以前、一緒に猫展をした知り合いの陶芸家さんが家を建てるということで、お手伝いをしに行ったのです。

「土壁を塗りに来ませんか?」なんてラブリーなお誘い❤︎ 朝から夕方までお手伝いして来ました。左官のお仕事に憧れて、いつか体験してみたいと思っていましたが、デビューが土壁だなんて〜。 私はラッキーですね。

一枚目の写真の右下が私の左官デビュー壁♪



d0090959_20090518.jpg
まず、道具の使い方と塗り方を指導していただきました。そして、すでに仕込んで寝かせてあった土を壁に塗っていきます。ですが、土は想像以上に重くて粘り気もなく慣れるまで難しかった^^; 

厚さを均一にしたくても、土が思うように壁に粘着しないので、押し付ける力が必要です。押しながらのばすという感じですね。



d0090959_20092721.jpg
その日の終盤にはこんなに広範囲を仕上げられるようになりました。自分の成長がコワイ(≧∇≦) 脚立に乗って作業するのも得意です。私、一見おとなしそうならしいんですけど、結構おてんばですのよ!笑



d0090959_20091855.jpg
最初にした壁のビフォーアフターです。この後、乾いてどうなったか伺ったところ、問題なくいい感じだそうです。またお手伝いがてら見に行かないと!でもちょっと遠くにお住まいなので、なかなか行けなくてザンネン…。

by narinya | 2014-05-10 11:02 | お出かけ・手作業 | Comments(2)

石に絵を描いてみよう


お友達が石に絵を描いてて、いいねぇ〜と思って。よく聞いたら、プロのイラストレーターで「石画」と名付けて素敵な絵を描いている方がいらっしゃると知りました。その方のサイトをリンクしてみます。ぜひ、ご覧ください。

木にも絵を描いたり飾り彫りしたりして字とコラボとかできたらなぁ…と思って、紙以外の素材を使うことに関心があったので、石に描くということにモロ反応してしまいました。

石に描くといったら、下地剤ぬってアクリル絵の具で描くイメージしかありませんでした。私は、アクリルやオイル系の画材より、水彩系が好きなのです。だから、素材として石と自分が繋がらなかったのですが、水彩絵の具でこんなに素敵に描けるなんて〜。感動しました!



d0090959_16142907.jpg
そこで、昨年のアメリカ旅のとき、ミシガン湖の浜辺で記念として拾った小石のことを思い出しました。さっそく描いてみようと思います。



d0090959_00534001.jpg
石が小さいので、以前、自分でスケッチした紫陽花をひとつだけ描こうと思って、押入れからスケッチを引っ張り出しました。そして、もうひとつの少し大きめの石には、紫陽花の葉っぱを描こうかと^^  

画仙紙だってそうなんだけど、特に、この手の自然の素材を用いる時は、気持ちと素材が合うことが大切なような気がします。木に絵を描くにしても、木の板なら何でもいいわけではないのかな、と思ったりして。

木には木目があるし、石は長い年月をかけてその形になっているもので、直接に自然を切り取っているんだものね。画材として使用する時も、根底には自然賛歌の気持ちが必要なのではないかな。だから、できるだけ理由のある素材を使いたいな。な〜んて^_^ そんなことを考えるお年頃なのかしらね〜。ふふっ

石を拾ったミシガン湖は本当にきれい。昨年の夏に撮った写真をMoreに載せてみます。よかったらクリックして美しい湖の姿をご覧ください(^o^)/  絵は描けたらまたアップしまーす。




More ミシガン湖のいろんな写真載せました。
by narinya | 2014-05-05 11:45 | 画 painting | Comments(8)


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ