ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2016年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

宮崎は都城で個人レッスンして来ました

敬老の日もありまして9月は15日から10日間ほど鹿児島へ行っていました。今回は長崎には行けなかったのですが、そのかわりに一泊で宮崎にお出かけしました。以前、長崎で知り合った可愛らしい方のお家に泊めてもらいました。翌日は、同じ宮崎にいる私の生徒さんからの依頼で個人レッスンをしました〜。

生徒さんはハングル書道はコンスタントにされていて、前回のレッスンで出した詩前半の宿題をしてありましたのでその添削をし、後半部分の詩で手本を書いて渡しました。その他、金魚の工筆画を描いて作品にするお手伝いをしましたよ。ハングル書道で時間が押して金魚さんの説明は50分くらいしかできなかった…。

d0090959_1844862.jpg
でもこの一匹を目の前で描いてお見せしたので手順などは伝わったと思います。ちなみにこの図案で私も以前に作品にしています。長崎で工筆画の展示会をした時でした。懐かしいです。

d0090959_1828589.jpg


d0090959_1837514.jpg
旧後藤家商家交流資料館


d0090959_18291941.jpg

d0090959_18294164.jpg
資料館の横には蔵をリノベーションしたカフェがあります。

d0090959_1832102.jpg
お皿からはみ出るフライのお肉…。ごちそうさまでしたm(._.)m

d0090959_1443239.jpg
生徒さんとのツーショット。私より少しお姉さんですが、あらゆることに全力投球する書道の先生です。周りの方々を大切にするところ私も見習わないとな。。。


10月8日〜10日に都城オーバルパティオで石原書画教室作品展と石原真子個展、お弟子さんの有馬圭太朗さん作品展も同時開催だそうです。児童達による書道パフォーマンスや竹筒のランタンでライトアップとか、楽しそうなことたくさん企画してるみたいです。よかったらお出かけしてみてね。
d0090959_1335928.jpg

d0090959_12544442.jpg



お弟子さんの有馬圭太朗さんは11月4日〜6日に東京でも個展を開催予定だそうです!
d0090959_1331164.jpg

by narinya | 2016-09-30 12:56 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

りっぱなハンコですね〜

先週から少し長めに鹿児島におります(^^)

鹿児島では地元の大学のキャンパスを見学しました。大学図書館で開催されていた玉里文庫善本展で貴重な所蔵品を観て、歴史資料館では遺跡や昔の教科書や写真の印鑑などを鑑賞しました。

大学には美術館が結構あるんですよ。東京の大学の所蔵品を観る遠足などもそのうち企画したいです。

d0090959_1322584.jpg

d0090959_13224316.jpg


第七高等学校造士館長印
d0090959_112611.jpg

by narinya | 2016-09-25 00:05 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

玉里文庫善本展

鹿児島大学の図書館で玉里文庫善本展という展示会がありました。大学にはお宝がたくさん眠っていますね〜。

展示品は写真撮影が禁止でここでお伝えできないことが残念です。素晴らしい蒔絵の箱、古今和歌集の写本、外国語の文献、植物画、蔵書印まで、まだまだ見どころたくさんの展示でした。


d0090959_172643.jpg


通信でお勉強してくださる方々に無料でいただけたパンフレットをお手本と一緒にお送りしました。中には送れていない方もいますが、次の郵便の際には同封したいと思っています。

国立のお教室にも置いておくのでよかったら手にとって見てください(^^)
by narinya | 2016-09-24 19:23 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

違う菊の描き方(^^)

これは手本として書いたもので、添えてある絵は前回の菊の描き方とは異なります。わかりますか?花を中心から描いていくことは同じなのですが、一枚一枚の花びらを輪郭線で描くのではなくて、線だけで花びらを表現して花全体を形作っていきます。

まず、グラデーション(墨の濃淡)になるように筆を作らないといけません。穂先には濃墨をつけ、根元にいくにつれ限りなく水に違い濃度にします。すると、花の中心から描き始めれば、外側に行くに従ってだんだんと薄い色が出てくるという仕組みです。


d0090959_15493756.jpg

なるべく手前のものを濃く目立つように最初に描いてしまうのが水墨画の特徴ともいえます。一度、濃い色が浸透した紙の繊維にはそれ以上濃い色でない限り上書きはできません。先に置いた色が残るのです。手前から描くので常に逆算して描かなくてはなりません。

下に順を追ってカットをコラージュしてみました。動画をご覧になる方はインスタグラムツイッターからどうぞ〜。


d0090959_15503218.jpg

サラサラと、いとも簡単そうに描いているように見えるけれど全然描けません…とよく言われます(笑) それは量をするしかないの〜。やる気とか頑張るとかそういうことではなく、物理的な練習時間確保の問題だと思います〜。センスでもないと思います。手習いの域のことなので練習したら皆さんある程度できるようになると思います^^

東京でも「長崎南画」をちゃんと習える空間を作りたいですね〜。家族の仕事の都合とはいえ、せっかく長〜い時間を長崎で過ごしたのですから。

はじめに長崎に行った時から何かを持って東京に戻りたかったのです。越した翌月から長崎南画の教室に通ったという入れ込みようでしたから。やっぱりそれは生かさないといけませんよね。東京でもレベルを下げずに普及させたいな。頑張るよ〜^^


by narinya | 2016-09-22 15:51 | 画 painting | Comments(0)

葡萄のイメージで…

d0090959_251487.jpg


7月に大阪でワークショップやらスクーリングした時に久しぶりに会った通信の生徒さん(^^) その後、とってもりっぱな葡萄を送ってくださいました〜。緑のと紫の。私個人が葡萄を贈っていただくなんて…初めてでした〜。

粒の大きなキラキラ綺麗な色をした葡萄に感動。贈ってくださった気持ちにも感動。それを絵にして送りました。葡萄をイメージして紙面構成、余白に軽い感じでハングルをそえて…(^^)


d0090959_13304473.jpg

d0090959_1331780.jpg


生徒さん、喜んで受け取ってくれたみたいで額に入れてくれるとのこと〜。でも余った紙に描いたからちょうどいいフレームあるかな…。


通信とか通いのお稽古もそうだけど、講座だけ事務的に進んでいくのは私はあまり好きではないの。そんなことなら本でも買って自分でやればいいのであって、やはりね〜書道ってすぐにはできるようにはならないし、長い人生いろんな時期があって、でもその中でこそ継続するものなのでね〜。

親密な人間関係があってこそ成果が出ると思っています。そこがベタベタして嫌だと思う人は、たぶん私の講座や教室には向かないとはじめに言っておきます(笑)。かといって訓練が二の次なのではないです。強い心で訓練続けるためには、やっぱりお互い心を開いて近くに感じないことには無理だと思うということ(^^)

通信の方々は心優しい皆さまが多いので私のオアシスです♡ 11月にはまた大阪に行けることになったので、美術鑑賞の遠足を提案しています。なかなか会えない通信の生徒さん、ぜひ参加してください〜。ポゴシッポヨ♡
by narinya | 2016-09-21 14:47 | Comments(2)

菊の絵

このところ少し心の余裕が出てきました(^^) もともとそれほどバリバリお仕事するタイプではないワタシ。。。

追われている気持ちだと絵とか描こうという気持ちにならないもので、この間、頼まれること以外にあまり絵を描いてませんでした。でもそれではいけないのです〜。ゆとりの心が巡り巡って仕事に繋がるのですしね〜。

d0090959_2381625.jpg
ハガキに菊の花です。サイズが小さいので小筆で描きました。ハンコが少し大きすぎますかね…f^_^;

d0090959_2393390.jpg
こちらは半切に描いたので大きめ。花の部分がこぶし大ほどです。これはお手本の中に添えた絵で、試しに絵も描いてみようと思った生徒さんはどうぞトライしてみてくださいという意味合いです。

d0090959_240850.jpg
季節の詩を書く講座のお手本です。今回は詩はすごく短いものにしたので余力があれば絵にも関心を持っていただいたらいいと思います。道具は字を書くものと同じですからついでというか、遊び心ですよね。

書道をしようと思われる方々のなんと真面目なこと。ありがたいことです。積み上げ式の手本をお渡ししているので順番通りにクリアするのがベストではあります。ですが、皆さん真面目だからこそ、先月の課題ができていないと今月のものに手を出してはいけないと考えたり、さらには、翌月の課題が加わり溜まってしまったといって身動きがとれなくなってしまう方もいるようです。

書道を始めてみたけれど何か違う…、生活リズムの中で書道の時間が優先順位の上位に来ない…などという時は、そうですねやめた方がいいかと思います。でも頑張りたいのに「キチンと」頑張れない自分に悶々として迷う時には相談してくださいね。いくらでも解決策はあると思うのです(^^)

締め切りとか競争などの圧力がなくても挑戦する心、継続する忍耐力、その時の自分を認める潔さ、そして愉しむ心を育てることも書画のお稽古が持つ力なのではないかなぁ〜と思っています^^

あまり目の前のことにこだわらず、 絵でも描くとそんな気分になるものです。型の訓練と自分らしさが追求できればそれでいいですよ。書道や水墨画や篆刻にゴールないですから。江戸時代にタイムスリップしたかのように風雅な気分でやりましょうね〜。

私も忙しいとか疲れたとか、そういうことを少なくして楽しく絵や字ができる環境をもっと整えていきます(^-^) 通信の方はお教室が開いている日ならいつでも来てね。連絡お待ちしてるわ♡
by narinya | 2016-09-17 14:01 | 画 painting | Comments(2)

奈良の生徒さんがお稽古に来ましたよ(^^)

8月〜9月は通常のお稽古日を半分にして暑い夏を乗り切ります。なんちゃって、私が遊ぶためにお仕事をセーブしただけとも言えますが〜。

そんな余裕のある時だったから本当ちょうどよかった❤️ 奈良の生徒さんが個人レッスンを受けに来てくださいました。

普段の通信教育の課題を添削して次のお手本を渡しました。ハングル書道の宮体正字をしています。それから、7月に行った大阪での扇子ワークショップがきっかけで興味を持ってくれた工筆画。どんなものなのか基礎を勉強して行かれましたよ。


d0090959_2250371.jpg
蓮の絵をご希望でしたので、短い時間でできそうな図案を一緒に選びました。



d0090959_22503081.jpg
比較的に簡単な図案といっても、初学者が数時間で絵全体を塗り上げることは無理なんです。時間がかかる工筆画です。ですから、写真でわかるように一部分のみで塗りの工程をお教えして、残った部分は復習も兼ねて家でしてもらうことに…。



d0090959_22505123.jpg
工筆画の描き方といって一種類ではありませんし、同じ蓮の花を塗るにしても塗る人によって異なります。今回、参考にした本の先生は少し高度な塗り方でした。その分、とても繊細な表現になったと思います。



d0090959_22511271.jpg
黄色の蓮の花です。ビンクに塗ることが多い蓮ですが、黄色も可愛いですね。私も今度、黄色で描いてみようと思います。

朝から晩まで一日お稽古をしてお疲れさまでした。何か成果があったなら嬉しいです。またあいましょうね〜。


by narinya | 2016-09-13 11:42 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

2016年 韓・中 書画 国際交流展 招待展の出品作

師匠にこのお話をいただいてから締め切りまでにあまり時間がありませんでした。韓国と中国の作家たちが交流する国際展で、せっかく日本人で出品するなら漢字・ハングル・仮名で構成した作品がいいと思うと師匠にはアドバイスされ…。

時間の余裕のない中でどこまでできるか不安でしたが、いまできることしかできないのだから開き直って出たとこ勝負!あまり大げさな紙面作りはうまくないので、もうこれまで通り淡々と文字の配置をよく考えてバランスよくまとめてみました。

それで書いたものがこれです。師匠に届いて出品OKだと言ってもらえました。ちょっとホッとしました^^


d0090959_18411320.jpg

この国際交流展の展示方法が少し変わっています。作品をデータに取り込んで、大きな布に出力して野外展示にするそうです。

よくあるような額に入れて室内の壁面に展示するだけではなくて、公園に設置すると聞いています。また実際の展示がされた様子を見るのが楽しみですね。写真で見せてもらえるように師匠に頼んでいます。


2016 韓・中 書画国際交流展
期間:2016年10月1日〜10月30日
展示場:忠南瑞山市大山港 国際旅客ターミナル室内及び瑞山湖水公園野外
主催:忠南書芸家協会


10月に入ったらブログでもまた様子をお見せできるかと思います。また覗いてください。よろしくお願いいたします。



by narinya | 2016-09-11 11:48 | 書道 calligraphy | Comments(0)

石膏で下地づくり

黄金背景テンペラ画のレッスン!見よう見まねでできることもあるけれど、これは道具の使い方からして難しい。ということで思い切って習いに行っています。月に一回、先生のアトリエで朝から夕方まで。作家としての活動に関して熱いお喋りしながら過ごすのは、私自身の今後のモチベーションアップと維持にもなる大切な時間です♡

2015年の後半3ヶ月で基礎の講座を受けて2016年春からは正規の受講生として勉強を始めました。今後、一通りの技法を知りたいということと、作品に応用する時に疑問点などを先生に質問したくてお世話になっています。


d0090959_0183599.jpg
何にでも描くことができるらしいのですが、まずは木の板に石膏を流してそこに描く勉強。


d0090959_0193129.jpg
膠液に石膏の粉を入れていきます。それぞれの配合や扱い方を先生が丁寧に指導してくださいます。


d0090959_0332289.jpg
膠いっぱいまで石膏の粉が入ったことろ。上手と褒められ嬉しい^^


d0090959_021463.jpg
泡が立たないように上下を混ぜ混ぜ。なんか美味しそうな質感〜。


d0090959_0302038.jpg
刷毛で塗り塗り。最後はダーっと流して乗せます。これは広い場所が必要だわ〜。私の自宅でできるかなぁ…。早く広いアトリエを持ちたいものです。


d0090959_0305537.jpg
こうして周りに垂れてもいいのです。もちろん綺麗にならしてもいいのですが、これはこれで雰囲気ある仕上がりになります。先生のアトリエには先生の作品がいくつかあるのですが、拝見するとこうして垂れたままの石膏がなんともいい感じになっています。

ここまで終えたら乾燥させないと次の工程には移れません。次はヤスリをかけて平らな面に仕上げていきます。こういう作業だけでも楽しいです。本来、あまりクリエイティブな方ではないので、こういう職人的なお仕事だけでも満足です。

でも、頑張って何か作れる人になりたいな〜。作らずにはいられない!というような爆発的なエネルギーを持っては生まれなかったので、私は淡々としていくスタイルで…。若いころは突き動かされる衝動がある人だけが芸術家になる資格があるのかと思っていたけど、そんな人はほんの一握りなのだとわかりました。

みんな努力して積み重ねてしている人ばかり。私もなにか積み上がっていつか結果が出るといいな。しばらくお勉強がんばります。この技法と字と絵とハンコと色々使って、これまでしてきたことでこれまでなかったことしてみたい♡


by narinya | 2016-09-10 22:36 | テンペラ画 Tempera | Comments(0)

中国工筆画のマンツーマンレッスン

月に一度のレッスン×5回で完成度のとても高い作品に仕上げたAさん!Kim's教室のウニョン先生がご縁で知り合った素敵な方〜。春からこの山茶花の色塗りをされていました。

私と二人だけで進めるレッスンなので…、いいのか悪いのか私のおしゃべりも漏れなく付いてくるの〜。それによく耐えてここまで仕上げてくれました(笑)

Aさんもブログで報告してくださいました^^ 


d0090959_18434358.jpg

もうここまで塗れば手を加えるところはそれほどありません。とはいっても塗ろうと思えばどれだけでも描き込めるのが絵の罠。引き際はこのあたりと判断して完成と相成りました。



d0090959_18495516.jpg

丁寧な方、細かな作業でイライラしない方なら工筆画向きだと思います。下絵の本もあるので実物を見てデッサンができなくても始めることができます。

筆で細く輪郭線を描いた後、限りなく薄く溶いた絵の具で幾重にも塗り重ねていきます。失敗とかもほぼありません。画材もリーズナブルだし小さなスペースでもできるし、いい趣味になると思って皆さんにオススメしてます。



d0090959_18441943.jpg

最後の仕上げに花芯の部分を塗るところ。丁寧ですね〜。



d0090959_18443754.jpg

アップではこんな感じです。白でつけたハイライトの絵の具のきわを水の筆でぼかしています。もう超小さな世界なので、こんな工程に意味があるの?チャチャッと塗ったらダメなのか?と思ったら、この工筆画は向きません〜。

せっかく塗ったのにまた上から塗っての繰り返しです。でもそれが全て生きて完成に至るので無駄なことなんて一つもないです♡

このAさんの山茶花、塗り始め初期の頃の様子はこちらの投稿から。


***************


初めての人には簡単な図案からこの塗り方に慣れていってもらえるようにお手本用意しています。しばらくそういう課題をした後ににだんだんと複雑な絵に取り組んでいけるようになりますね^^

お稽古はクラスや時間で分けてはいません。教室開放日に来てください。月謝制ですから、その分の勉強時間を自分で組んで消化してください。どんなお稽古が出来るのかは「レッスン案内」のカテゴリで確認してくださいませ。

教室を開けている日については、このブログ内のカテゴリ「国立教室スケジュール」を参照してください。できるだけ予約の連絡を入れてください。一度に少人数しか入れないアットームな空間なので^^ よろしくお願いします〜。



by narinya | 2016-09-07 23:30 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)


最新のコメント
★えびぞうさま  あちら..
by narinya at 22:09
★mint-lavend..
by narinya at 22:07
こんにちは、お久しぶりで..
by mint-lavender at 11:51
★橋田葉子さま  こちら..
by narinya at 00:14
装飾写経を教えて頂けない..
by 橋田葉子 at 13:45
★ハーちゃんさま いつも..
by narinya at 05:36
管理人からおねがい
フォロー中のブログ