ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

アリランTV韓国での撮影2日目は全州

ソウルに着いて1日目は師匠が勤める大学にお邪魔しました。翌日は全州に行って韓国の紙(韓紙)を漉くところを見学しました。韓屋村という所がありますが、その中に紙漉きの工房があります。そこでは紙漉き体験などもできるそうです。

実際、私がはじめに聞いていた予定ではそこで紙漉きの体験する場面をカメラに収めるということだったのですが…。それはなくなってただ見学することになったのです。その理由はまた後ほど。



d0090959_239166.jpg
この韓屋村も昔の面影は無くなりつつあるみたいです。仁寺洞と同じですね。私が初めて仁寺洞に行ったのは2002年だったのですが、あの時はまだ雰囲気よかったのにな。

写真はカフェかお店か…。こんなデザインの工房がいつかどこかで持てたら最高だ〜と思って、後々の参考のために写真に撮りました^^



d0090959_1514286.jpg
d0090959_2293860.jpg
d0090959_15145226.jpg
d0090959_2342222.jpg
紙漉きの職人さんたちが黙々とお仕事をされていました。楮紙닥나무だそうです。原料の楮は栽培からするのかきいたら山に行けばあるじゃんって言われた。そうよね。ふふふ。

そしてこの日、漉いていた紙は死装束수의でした。

工場の中には紙を乾かすセクションもあって、おばさま方がプロの手さばきで乾燥させて重ねていって、それはそれは見事なチームプレーです。



d0090959_3293781.jpg
紙を漉く工場の横にはお店があって、社長がいろいろ説明してくださいました。



d0090959_331467.jpg
その中で珍しく画仙紙があって思わず購入。5000円とお値段もリーズナブルでした。

ここで紙のことですが…。日本の紙だから「和紙」、韓国の紙だから「韓紙」。それは正しくてそのどちらにも字を書くことはできます。でも字を書けるというだけで書道の際に書く紙として適しているかといえばそうではなく…。

和紙はやはり工芸的な材料として使うことが多くて風合いのある厚手のものが主流ですよね。日本画を描くために漉かれたものは和紙の中にありますし、薄く漉いたものもありますが、いったん書道となると和紙からは離れます。

それは韓国で書道をする人たちにとってもほぼ同じで、韓紙に書道するか言われたら普通しないというはず。韓紙は工芸用に作られているものが大半なので、韓紙工芸などに用いることはあっても、書道する人が韓紙を使ってますとはならないのです。韓国の民画となると民画用に漉かれた韓紙を使いますから、和紙の日本画と同じことです。

書道をする時にはとにかく「画仙紙」と呼ばれる紙を使うことが一般なのです。それの大半は中国産です。もちろん日本で漉いた日本の画仙紙もあるし、韓国で漉いた韓国の画仙紙もあります。でもその画仙紙は普通は和紙とも韓紙とも呼ばず、ただ画仙紙といいます。詳しくいうならどこどこで漉かれた画仙紙という感じですかね。

基本何でも日本産のものは品質も良くて値段も高いのが常です。でも画仙紙は、中国の最高級の画仙紙は本当にいいものです。そしてすごく高い!私たちが普段使いで買う画仙紙は中国産のそこそこのもの。それに比べたら日本産の画仙紙がいいんですけど、その上を行くのは中国の最高級の画仙紙。

そのあたりの紙に対する認識が当事者でないとなかなか通じなくてですね、撮影しながら実は最後までなんとなく私の中では不完全燃焼な部分が残りました。和紙と韓紙を比較してここでこんな質問をしてみて!との指示が何度となくあったのですが、その質問すると話がどうにも的外れになってしまうのよ。でもまぁいいかと思って質問しても、訊かれた韓紙の社長も答えに困る…みたいな(笑)私も「ですよね…」と心の中では思うのだけど。その辺の場面、どう編集されたんだろう。気になるわ〜。

私からスタッフさんに説明を試みましたよ、もちろん!でもイマイチ通じないの。やっぱりそれをしていない人には細かなことはよくわからないみたい。紙ならみんな字を書けるでしょ、日本は和紙で韓国は韓紙でしょ、みたいな〜。そうじゃないんだよ〜。字は画仙紙なんだってば〜。もうイタチごっこでした。ははは

あ、それで、この工場の横のお店で韓国産の画仙紙があったから珍しいと思って買ってみました。社長いわく日本にも韓紙は輸出してるらしいのですが、画仙紙はしてないと。作る数も少ないし中国産が主流だからって。だから今回の全州訪問での戦利品は、この韓国の画仙紙を手に入れたことではないかな。どんな書き味なのか楽しみだわ^^



d0090959_2493687.jpg
瓦にの先を瓦当といいますが(瓦当好き)ムクゲの柄は今まであまりみたことなかったので記録に撮りました。



d0090959_2502446.jpg
その後、ソンビ館で場所をお借りしてそこで私が字を書く!その姿を撮影する!の流れでした。



d0090959_2505585.jpg
車で全州に連れて行かれ、場所を確保してもらって、書く机も道具も用意してもらって、照明をあててもらって…。全ての時間、関わる人たちの労力、何もかもがどれだけ私がよく見えるかということにフォーカスされてるという。。。恐ろしくもありありがたくもあり。ここで私が怖気付いたら皆を失望させるんだと思うと、ありったけの力で臨まなくちゃと自然と思うものですね。

チャンスを得て現場で全力でこなしてこそ人間って成長するんだなぁと実感した日々でした。だからやっぱり失敗を恐れたり頭で考えすぎたりしては前進しないということですね。こんな私でも自分なりに頑張りましたから、ブログを見てくれる皆さんもチャンスは逃さずにどんどんトライしてくださいねぇ。



d0090959_2571444.jpg
全州の後は師匠のお教室に寄って撮影しました。久しぶりに先生のお教室。広くていかにも書道教室という感じで落ち着くわ。子供の頃から書道教室にはいつも出入りしていたからそういう空間が好きなんですね、やっぱり。下敷きが敷いてあって硯があって筆がぶら下がってて、汚れた流しがあって^^ 今の国立の教室は綺麗すぎる!そのうちもっとガサガサしたアトリエにしたいわ〜(笑)。

お師匠さまは先日、篆刻の本を出されました。お忙しいのに写経をせっせと彫りためて出版されました。そしてまだ次の何か彫っておられるようです。尊敬〜。



d0090959_1515164.jpg
この日も遅くまで撮影しました。朝の出発がアナタ…4時50分、宿泊先に着いたのは夜中の12時半。さすがに疲れてきましたが、翌日はちょっと打ち合わせがあるだけで自由時間♪ 



そして、はじめに言っていた韓紙の手漉き体験がなくなった理由が…。横で聞いていて私なんだか感動しました。ありがたくて(T ^ T)

プロデューサーと車移動中、番組の作家と打ち合わせの通話をスピーカーでしてた時です。国立からずっと一緒のプロデューサーが「全州の手漉き体験場面は無くそう」と作家に言います。作家は絵的に何か私が作業している姿もいいと思うと答えました。そしたらプロデューサーがこんな風にたとえてくれたのです。

「韓国のプロ野球選手が日本に視察に行ったとする。その人をバッティングセンターに連れて行って球を打たせる。それをカメラに収めるなんてしないでしょ。美奈子さんが全州でちょっと紙漉き体験する場面はまさにそれだよ。意味がないからやめよう」

私、横で聞いてて誰の話してんの?と思いました。でも同時にすご〜くありがたかったです。そんな風に評価してくれる人がいるんだと思うと本当にありがたくて、この気持ちは一生忘れたらいけないと思いました。ドロドロに疲れた日々でしたが、キラキラした数日間でもありました。もう放送はあまり興味ないくらい現場が楽しかったし感謝でいっぱいでした。

そんなことを書き残しておこうと思ったら案の定、長くなりました。ま、いつものことです。撮影中も「美奈子シ、話が長いよ。編集大変になるじゃん」って。ここは私のブログだからいいんだ。好きに長く書くの。ふふふ

また翌日の様子に続きます〜。


# by narinya | 2016-11-02 22:51 | メディア Media | Comments(0)

アリランTVの撮影に乗じて師匠に会えました!

韓国のお師匠さまのお誘いで出品することになった韓・中書画国際交流展。10月いっぱい忠清南道の瑞山というところに展示してもらいました。軸に仕立てたものは新設される旅客船ターミナルの室内に、布にプリントしたものは野外に展示されました。

図録も届き、展示の様子も写真で見せてもらって満足していたところ…。なんと〜、韓国のテレビ撮影のために急に韓国に行くことになりました。おかげさまでたまたま展示してあったこの作品も見に行くことができました^^

d0090959_23233124.jpg
d0090959_2324511.jpg
今回の出品作品。漢字とハングルと仮名の共演^^ 



d0090959_23244935.jpg
写真はネットからお借りしましたm(._.)m 
瑞山の市長ご挨拶。真後ろのいいところに飾ってもらってます〜。師匠が開幕式の司会をされてますね。


d0090959_23243240.jpg

d0090959_23453056.jpg
お師匠さまと一緒に記念撮影しました。



今回の渡韓では、師匠がお勤めする牙山の順天郷大学にもお邪魔しました。ここは先生のお仕事場でもあり母校でもあります。

実は光栄なことに師匠の書道の授業にゲストとして呼ばれる機会をいただきました。学生さんたちの前で揮毫したり、これまでのことやこれからの計画についてお話をしたり…。ああ、韓国語を勉強しておいて本当によかった。
d0090959_1984818.jpg


師匠の学校の授業はぜひ一度、見学か受講をさせて欲しいとお願いしていたけれど、まさか前に立つことになるとは…。人生って思いもよらないことが起きますね。


d0090959_1991823.jpg

フェニックスが学校のシンボル。紅葉が綺麗!


d0090959_23341655.jpg
蓮の葉っぱに包んだご飯たべさせてもらいました。ご馳走さまです。ダイエットはまた帰国してからですねー。
d0090959_18521179.jpg

別の日には師匠も一緒に韓紙で有名な全州も行きました。それはまた別の投稿で^^



d0090959_23561312.jpg
順天郷大学では先生にもインタビュー♪ 先生、たくさん褒めてくれてカムサハムニダ。

朝から晩まで共に過ごして4日目のPD。だんだん情がわいてくるわ^^


# by narinya | 2016-10-31 23:24 | メディア Media | Comments(3)

韓国アリランTVの撮影 in東京

韓国のケーブルテレビの衛星放送局アリランTVで撮影の依頼が入りまして…。ちょっと急な日程でしたが受けることにして教室に作品を増やしました^^

d0090959_23353933.jpg

d0090959_23465764.jpg
大人数のお稽古はそもそも想定していないのでこのくらいの部屋でちょうどいいです。ハングル書道、漢字、仮名、篆刻、水墨画など習いたいかたがいたら是非どうぞ。



d0090959_0121620.jpg
ソウルからPDが機材抱えてやって来ました。10月23日、教室で生徒さんに指導をする場面をカメラにおさめましたよ。その日に来てくれた皆さま、どうもありがとうございます。どんな風に編集されるのか…。わからないからなおさら楽しみですね^^



d0090959_23455761.jpg
翌日は文房四宝を買いにお外へ〜。その様子も撮りました。



d0090959_23484786.jpg
去年の夏、財団法人日韓文化交流基金が助成して開催された日韓大学生交流書道展。国際書画芸術協会が委託されて開かれましたが、その芸術協会の皆さまが暖かく迎えてくれて一緒に取材を受けてくださいました。

お食事も用意してくださって、それに、歓迎の意味を込めたお餅まで…。本当にありがとうございます。また改めてご挨拶に伺います!



d0090959_2349453.jpg
怒涛の二日目。PDと私、夜の11:30にその日の撮影が終わり、お互いあまりに疲れて最後にコンビニコーヒーを買いに出たはずが…。「ビールにするか!」となり、夜中の2時まで飲み(≧∇≦) 政治、歴史、皇室、文化、人生観に諸外国の話、よくわからないけど野球とサッカーと韓国歌謡の話まで。ははは

とっても楽しい夜でした。言葉が通じるってやっぱり心が通じるのよね。もう少し韓国語がんばってみようかな〜。5年ぶりにそんな気持ちが蘇る出会いでした。いい方、こちらのプロデューサー^^



d0090959_23525616.jpg
国立での撮影も最後の日。この日はPDの提案で、ハングルや韓国の書道にこれまで関心のない方に対して私が何かお書きしてプレゼントしてみるという企画。聞いた時は「なんだそりゃ〜」と思ったけれど、気持ちよく場所提供をしてくれた私の行きつけTama Cafeのおかげで開催できちゃいました。

前から少し試してみたかったのは仮名の料紙にハングルを書くこと。写真の右側は市販のプリント料紙だけど、字が書いてある紙は私が継いで作った紙^^ 手前のハングルは詩人ナテジュ氏の有名な詩です。紙は少しモダンを意識して継いで作り、消しゴムハンコで文様を散らしました。伝統の継紙の技法も、もう少し新しい表現ができそうな手応えあり♡ 撮影のお陰でいい発見しました〜。



d0090959_23505754.jpg
カフェのお客さまが数人作品をもらってくれました♡ 中には妊婦さんもいらして「元気な子が生まれますように」とハングルでお願いしますって。とっても嬉しそうに持って帰ってくれて…。PDに最初この企画を打診された時には心底どうなることやらと思ったけれど、してみれば楽しいものですね。


さて、ここまで3日間の撮影を終えて、翌日からは私が韓国に飛ばなくてはなりません〜。頑張れわたし!(笑)でもこの渡韓で師匠にも会えることになったので楽しみ。疲れは移動でとります・・・。


# by narinya | 2016-10-31 21:34 | メディア Media | Comments(2)

「朝鮮通信使の行列と人形」トークイベントお誘い

祝!満員御礼!
短い告知期間にも関わらずおかげさまで定員に達しました。10月18をもって募集を締め切りました。ありがとうございます〜!


今年春に続いて歴史に触れるトークイベント第2弾です!前回はキムウニョン先生とコラボでしたが、今回はAtelier MINAKOの主催でお届けしまーす(^^)


魏聖銓先生の「朝鮮通信使の行列と人形」トークイベント
と き:2016年11月5日(土)17:00〜18:30
場 所:国立市中1-9-4-503(国立駅南口徒歩3分 大学通りの白十字と同じビル)
参加費:2000円
問合せ・申込み: 2insaneko@gmail.com(渡邊)

d0090959_223190.jpg

# by narinya | 2016-10-15 22:12 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

モールディングから砥の粉塗りまで

前回の授業で石膏を流した板はサンドペーパーで磨いて平らにします。ひたすら磨いてレッスンひとコマ使いました。ここに絵を描いていくのですが、今回は「カンピョーネ」というものを作ることになりました。

カンピョーネとは技法の見本帳のことだそうです。中世イタリアの工房では弟子がそういうものを作っていたそうです。

カンピョーネを作るために模写(部分模写)をすることで各種技法の勉強になるのだと先生が勧めてくれました。画集からどの絵のどの部分を選ぶか、それらをどのように画面に配置するか、全てが私の選択です。こうして模写でありながらも最後には私の小作品として完成するのですね(^^)



d0090959_2359131.jpg
模写をしたい部分を取り出して好きに配置して一つの画面にするのですが、几帳面に並べすぎて面白味がない(-。-;



d0090959_23532538.jpg
最後、カンピョーネが出来上がったらこれになるはず。本当になるのか?今はまだ各セクションの絵の進め方などよくわかりません。

ただ、先生いわく、いろんな技法が程よく混ざったものを模写に選んだらしく、これ一つ仕上げるだけでも相当な学習ができるそうです。楽しみですね〜。



d0090959_14352585.jpg
絵の左上にはモールディング(盛り上げ)の技法がありました。原画を見てそうかな〜と思って選んだので読みが当たっていました(^^)

絵を見てどんな順番でどんな技法を用いて描かれたのかはまだわからないのです。先生に言われるがまま…。自分がしている作業が後で何になるのかもいまいちつかめません(^◇^;) とりあえず素直に質問もしながら作業は丁寧に…。それで精一杯。

でも、何かを学ぶ時のそういう段階が「花」だと書道の先生に言われました。言われた時は私はまだ20代でよくわからなかったけど、今ならよくわかります。先生に頼って何かを習っているうちが楽チンでお気楽だという意味。

習得してきたら嫌でも徐々に自分で考えて自分で責任をとらなくてはいけなくなります。先生に従って真面目にやってきた自分を自分自身で卒業するということ〜。

それって語学もまさにそうだと思います。どんどんアウトプットしていかなきゃ。あ、語学といえばトルコ語してみたくて(アラビア語は挫折中)トルコ語を始める心構えみたいな本読んでます。



d0090959_23294395.jpg
図案を写しただけでは薄くて見えないので、その上から墨で線を引いたところ。



d0090959_23303448.jpg
墨線で描き終わったらその上からニードルで溝をつけていきます。こういう単調な仕事好きだわ〜〜〜。



d0090959_2331936.jpg
ニードルの作業が終わったら金を貼っていく部分に砥の粉(とのこ)を塗っていきます。これまた膠と水の配分から砥の粉の濃度、そして砥の粉の塗り方にもやり方があるのですよ〜。

作業の手順一つ一つを忘れないようにしたい。だけど毎日しているわけではないので次回のお稽古までに記憶が怪しくなっていきます。テンペラ画の詳しい本があるので、その中の説明を見ながら復習〜。本だけ読んでいてもイメージできなかったくらい複雑なので、思い切って習いに行ったのはいい選択でした。

砥の粉が乾くまで待たないといけないのでこの日のレッスンはここまで。次回は楽しみ金箔を貼る工程です!うまく貼れるのかしら^^ またお見せしま〜す。


# by narinya | 2016-10-08 17:35 | テンペラ画 Tempera | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ