ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:ハングル書道 ( 229 ) タグの人気記事

年賀状のワークショップ


筆ペンで書く年賀状ワークショップお知らせ



一年があっというまですね。今年も年賀状の指導をする季節がやってきました。ハガキや宛名がスラスラ筆で書けるようになりたい、芳名帳の名前やのしを綺麗に書きたいと思う方は多いですよね。でも実は書道の先生でもこれらが上手いとは限りません…^^;

上達のためには書道のコツコツたくさん練習に加えて、実用的なピンポイントの効率よい練習と実践を絶えずくりかえす必要があります。ところが、そんな実践は年に数回しかないのが現実。綺麗に書くことが望ましいし皆の憧れですが、現代では日々の生活に密着というほど頻繁に書く機会がなくて残念。


d0090959_9231245.jpg
写真は今回のお手本です。開いている二行には参加者の住所と名前の手本を書いてさしあげます


ということで、貴重なハガキ書きの季節ですから有効に使いましょう。国立のお教室は今は毎月第2、第4の月曜日に開いています。年明けから曜日も増やしますし、講座の内容ももっと増やします。これまでやりたかった色んな講座を試しながら開設していく予定なので是非きてください〜。内容は追い追いお知らせいたします。


ハングル書道も習える普通の書道教室ですから、漢字もペン字もします。今回の年賀状授業でも、ハングルのサンプルあり、漢字のサンプルあり、平仮名のサンプルありとバラエティに富むように準備しました。サンプルはあくまでもサンプルなので、ちょっと真似して書いてみた後には自分でどうぞアレンジしてください。デザインの観点からその都度アドバイスをしますから、安心して果敢に挑戦しましょうね。



2015年11月23日(月)
10:00〜13:00
ギャラリービブリオ(国立駅南口2分)
募集定員 6名
参加費 3500円
(手本、材料、道具レンタル、指導料、場所代など含む)
住所と名前のお手本付き

申し込みは直接講師(渡邊)まで 
090−8729−9623
2insaneko@gmail.com
このコメント欄でもOK



d0090959_9242233.jpg
ハングルと「申」の象形文字



d0090959_9244558.jpg
漢字、ハングル、平仮名



d0090959_9251021.jpg
漢字と平仮名と竹の絵(筆ペンで描きました)



d0090959_9254154.jpg
顔彩で「申」の象形文字背景に仮名


3時間ありますから、前半ではきちんと文字の練習をして添削を受ける時間を設けます。後半では創作を楽しみましょう。判子などもお貸ししますので、この機会に数枚でも特別なハガキを作って大事な方に送ってみませんか?




11月15日配布の読売タウン誌にも載せてもらいました。
d0090959_8133585.jpg

by narinya | 2015-11-16 07:50 | 一日・短期レッスン募集 | Comments(0)

大阪に遊びに行きます

前々から秋くらいに関西に遊びに行きたいな〜と思っていました。そこに、たまたまいい方をご紹介いただける運びになったり、素敵な展示会がいくつも開催されていたり、会いたい人達が何人もいるので行くことにしました。

そこで、せっかく行くなら(*^^*) 関西にいる通信の生徒さん達に声かけてスクーリングを企画しました〜。急な展開だったのに都合をつけてくださって皆さまありがとう♡

そして、またまたせっかくなら(*^^*) 生徒さん以外の方にも遊びに来てもらえるように場所を長時間借りましたので、よかったら事前に連絡の上、ぜひ寄ってください。上記の通り、生徒さん達が添削などを受けに出入りしているかもしれませんが気にしないでくださいね(^^) 皆で仲良くやりましょう。

11月15日(日) 13:00〜17:00
東横イン 新大阪中央口新館 会議室
参加費 2500円
持ち物 特になし

準備している内容は
①私のデモンストレーション随時
②ハングル書道入門 基本線の練習
③ハングルで年賀状



d0090959_16175451.jpg


※ 時間とスペースの関係で、②または③のうち片方しかできなくてもご理解ください。その場で余裕があればゆっくりどうぞ(^-^)

※ 参加ご希望の方は人数とだいたいの時間を事前に渡邊まで連絡ください。このコメント欄、または、2insaneko@gmail.com にメール、もしくは、090-8729-9623まで気軽にお願いします。



会議室がね、すご〜く狭いみたいなのです。ですから雰囲気としては半日限定で私の作業ブースが出現して、そこに皆さまが遊びに来てくださる感じですかね? きちんと企画して立派な講習会や展示会ができるように、よくリサーチして帰ります。今回はアットホームにしま〜す。

もうすでに何名かの方が来てくださるということで嬉しいです。当日、よろしくお願いいたしますm(._.)m
by narinya | 2015-11-07 16:35 | 一日・短期レッスン募集 | Comments(0)

広島の韓国語の先生とオフ会

ご縁ができてからちょうど一年くらいでしょうか(^^) でも前から知っているようなノリというか笑いのツボというか、すぐにしっくりくる方って時々いますよね〜。広島のこの方はアメブロでdocomodakeさんとして人気の韓国語の先生です。

所用で東京にいらっしゃるということで、去る10月17日(土)オフ会が企画されました。韓国語学習者にはよく知られる前田先生や講師の先生方との研究会でもご活躍です。韓国語の楽しい授業、私も受けてみたい〜♡


d0090959_2572747.jpg
この日、そう韓国語能力試験トピックの前夜に(^◇^;) オフ会をするツワモノな我々…笑 会場はこれまたご存知の神保町チェッコリです。結局はオフ会とお茶会の間のような感じになりましたが、少人数でお話できたのは私は密着感があってよかったです。

知り合いやツイッターを通じて集まった数人と韓国語や在日の話などに花が咲きました。ご本人のブログでもオフ会のことが書いてあります。


d0090959_2574888.jpg
今はネットで韓国語をすぐに目にすることができるようになりました〜。毎日配信されるコラム? オススメの文章課題を先生に紹介してもらっているところです。


d0090959_2581628.jpg
私とツーショットで記念撮影♡ 韓国語の講師でいらっしゃるこの方と私の関係は…? ハングル書道を習ってくださる私の生徒さんです〜。 ご自身の韓国語の生徒さんたちや他の方々にハングル書道を教えたいという明確な目標を持って連絡してきてくださいました。

はたから見ていても本当にお忙しいのに課題はコツコツこなされて、やはり長年ハングルを使っていらっしゃるのもあるのでしょう、上達も早いし注意点もすぐに消化して順調にお勉強を進めていらっしゃいます。

そしてこのたび!広島で単発ですがカルチャーセンターでハングル書道入門の講座を開講されました! 自分が勉強しながら教えたらいいと思っているので、ご本人がやれると判断した以上、私は全面的に賛成します!

他の生徒さんにも言うのですが、近所とかでどんどん教えたらいいのですよね。教えると本当に勉強になります。というか、自分が習うときに一つも曖昧にできないという刺激があります。するとよく質問も出てくるし、わかる説明をもらうまで食いさがるようになるし、責任感が生まれるので自分でも研究をするようになります。要するに学ぶ姿勢が変わるのですよね。だから機会があったら教えることをしたらいいのです(^^)

でも、私は手伝いませんけど。私はあくまでフリーで活動していてこれからもそうしたいと思っているので、お弟子さんにも自由にやってもらいたい。習いに来る人は目の前の先生を見ているのですから(^^) 自分の生徒さんにオンリーワンの先生になってあげなくてはいけませんね。手伝わないといっても知らんぷりはしませんけど、もちろん♡ でもチェーン店ではないからね〜、結局は自己運営しないといけないのです〜。


d0090959_258344.jpg
お土産にお豆のお菓子いただきました! 美味しかったです。ごちそうさまでした。私は何も用意せず失礼しました。来年は広島で会いましょう!コラボ企画も実現させたいな(^-^) よろしくです。
by narinya | 2015-10-29 07:44 | レッスンのようす | Comments(2)

CHEKCCORIで看板担当しまーす

神保町のブックカフェCHEKCCORIには昨年からお世話になってます。今年に入ってブックカフェを始めると聞きつけてメニューや看板書かせてほしい〜♡とアピールしていたら実現しました。

ブックカフェを経営する出版会社クオンはもちろん本を出版しますし、カフェでは月ごとのテーマがあったり、各種イベントなども頻繁に行われています。このたび、そんな情報を盛り込んだ看板制作を担当することになりました。

このお仕事のこだわりとしては、あくまでも消耗品としての看板制作をすることです。たとえば、昨日9月9日は韓国では「猫の日」だそうで、ラジオ講座でもお馴染みの皆の憧れ阪堂千津子先生による猫トークショーが開催されました。ブックカフェでも猫にまつわる本を揃えてお客様をお待ちしてます。

で、看板がどう消耗品かというと、ブックカフェでテーマが変わるごとにそれまでの絵は塗りつぶされるということ。ですから、この猫ちゃんと黄花コスモスの絵も今だけのもので、10月にはこの上に塗料が塗られて別の絵が上描きされるのです〜。


d0090959_21184360.jpg


写真はブックカフェの入り口に飾ってもらったところです。板の大きさは約73×103㎝。ドア半分くらいかな?次のテーマにいってしまう前にぜひ見てください。

そしてお茶にお餅にマッコリも楽しんで本も買って…(*^^*) そろそろ読書の秋ですしね〜。私は秋の遠足計画があって、今はそれが楽しみです。

今日はマイ作業場にて篆刻のお教室しました。お仲間が増えたのでさらに和気あいあい、楽しい時間を過ごしました。第二、第四の木曜日、1時から3時までです。この時間はまだ生徒さんの募集をしてます。篆刻教室の様子はまた今度、載せますね(^-^)
by narinya | 2015-09-10 20:19 | ポップ/パステル POP/pastel | Comments(2)

ひろば語学院で8〜9月の文化講座を担当してます

お友達、厳密にいうとブロ友さんの紹介で春にご挨拶に伺ったひろば語学院。市ヶ谷のお教室に伺いました(^^) 何かあってというよりは本当にご挨拶…の気持ちで遊びに行ったのですが、話がトントン進んでこのような短期講座まで開くことに!紹介してくれたお友達にはもちろんですが、語学院の先生方や実際に受講してくださる皆さまには心から感謝していますm(._.)m

5月に個展を開催したことで色んな方に積極的にご挨拶することができました。直接、作品を見ていただいて仕事のオファーに繋がること、これは一つ正しい展示会のあり方ですよね。いくら名刺を配ってもサイトをみてくれと言ってもポートフォリオを見せても、やはり展示会を見てもらう以上の力はありませんからね〜。


さて!8月の3週間に渡る講座が無事に終了しました(^^) ハングル書道入門とハングルで彫る篆刻の講座を準備しましたが、まだ暑い気候の中、皆さん皆勤賞で参加してくださいました(o^^o) お疲れさまでした!

d0090959_02264080.jpg
コンパクトなお部屋で生徒さんと近づいてできると私も安心します。


d0090959_02264949.jpg
一回目は専門用語と表現の確認して、課題の詩の発表。文法は難しくないものを選んだのでさらりと終えて宿題を出しました。写真は板本体の基本練習しているところです。


d0090959_02270378.jpg
二回目のクラスの様子。紙の折り方を覚えること、行の幅と字の幅の関係をよく理解すること、漢字書道の感覚で字を配置させることはしませんから要注意です。これが簡単そうでなかなか難しいのです^^; でも二回目なのに長い紙に二回も練習しました!できなかったところの練習は宿題でできるように筆の貸し出しをしました。


d0090959_02271503.jpg
三回目。最後の授業です。書道で初めての文字を書いて三回目で何かに仕上げるなんて…。もちろん満足するほどのものは無理ですが、生徒さんたちの協力と積極性のおかげで最終形にすることができました!


d0090959_02272534.jpg
私がお題で出した詩の部分は皆さん共通して書きますが、自分のお清書ですからね〜記念になるように自分だけの言葉を考えてもらって書きました(^^) この写真の方は나의 마음と書きました。字のデザインもほぼご自身でされました!素敵♡


d0090959_02273644.jpg
書体とはフォームですから、フォームにそって筆の動かし方にもルールがあります。私はこう書きたいのに何で決まっているの?などということは通じません〜。笑 素直に己を捨て何かに近づこうと模倣することで自分自身が見えてくる…。ふふふ^^ そんな世界が好きです、私は(^^)

楽しみにも色んな形がありますよね。書道などはフォームがあることである種の制約がついて回ります。でもそれは決して堅苦しくはないんですよ^^


d0090959_02274814.jpg
篆刻の時間まで参加された方々は自分のお清書作品に自分で彫った印までおしました!短い時間で作り方は全て伝統的なやり方を紹介しました。2〜3時間のワークショップではできないことです。

今回、私が理想とする一連の流れで講座を開くことができました。自由に講座の内容決めさせてくれたひろば語学院には私自身が貴重な体験をさせていただいて本当にありがとうございます。


9月も書道をしたいという方々が来てくださって嬉しい♡ もともと字を書くことが好きでされている方、正しいハングルを書きたいという希望をお持ちの方…。お一人はハングル講座テキストの広告を見て来てくださったとのこと!

最後までお手伝いしますから何でも訊いてくださいね。いいものを仕上げましょう!


by narinya | 2015-09-03 18:01 | レッスンの風景 | Comments(2)

5月Tama Cafeでの作品


d0090959_00342299.jpg


パネルを二枚重ねてみた作品です。このピンクの地は美術館である絵を見て影響受けて描きました。こういう事はよくあることです。色んな作品を見ていいと思ったものは取り入れて自分で再構成して作品に生かすことは珍しいことではありません。

最近騒がれているパクリとか…。確かにまるっきり拝借したらどうかと思いますが、でも実際、受け取る側の人たちが抱くイメージほど新しいものなんて無いということは知ってほしいかな。

日々100%新しい発想も材料も色も形も生まれません。今あるもので再構成しながらどこまでオリジナリティーを出せるか。その辺を知ってクリエイティブなものを見ていただきたい。

ちなみに上の作品で私が他に影響を受けた部分ですが、消化しきれず、影響を受けたというのも失礼な仕上がり^^; 一つ発表するたびにこうして反省して成長がありますね。また次の作品で理想に近づくようやりましょう( ^ω^ )


by narinya | 2015-09-02 01:00 | 個展 201505国立 | Comments(0)

第14回ほねねっと企画「ハングル書道を楽しもう」

ちょっとブログの更新が追いつかず…。ワークショップやイベントなどはフレッシュなうちに載せないといけないのに〜 >_<

8月22日(土)には、最近なにかとお世話になっている「ほねねっと」の月例イベントの日でした。韓国にまつわる色んなことをしましょう!というのが目的です。8月のイベントは私がハングル書道、それも色んな書体を書いてみよう!という内容で企画しました。


d0090959_03031801.jpg

数種類の書体があることを漢字書道の書体と比較しながら、筆の使い方の共通点をお見せしました。漢字の書道とハングルの書道で筆の使い方に大きな違いはありません。「逆筆」「中鋒」「露鋒」という基本的な筆の使い方を知ったら全て共通していることが分かると思います。

ただ、違う字形を書くのですからそれぞれに適したように動かしますが、筆づかいは別に新しいことでもありません。それが私がハングル書道を習ってわかったことです。反対にそのおかげで漢字書道が上達しました!要するにハングル書道をすることで書道全体の底上げにつながると実感したのです。



d0090959_03033954.jpg

もし、ハングルを書くときの書き方が新しく感じるという方は、日本で漢字書道はしたことがない方ではないかな…? 先生によって違いがあることなので一概には言えませんが、義務教育の国語や美術の時間にした書写教育しか経験がない方だと思います。もしくは書道教室に通っても競書誌の課題だけで段をとった方とか…かな。中国の古典臨書を各書体しっかりしてはいない方かと。学校の書写と比べたらおそらくハングル書道の書き方は違うところが多いのは事実です。

仮名は学校ではきっとやらないし…。日本人は書道をやっているようで本当にやっているのかよくわかりません〜。もうちょっと本来のというかもっと古典的な書道の方に関心を持ってもらうためには、私はハングル書道から入るのもありだと思っています。だからこうしたイベントの講師も引き受けているのです(^^)



d0090959_03092442.jpg

書く文字がとっつきやすい方がいいので、今回のお題は焼酎の「チャミスル」という言葉を選びました。4種類の書体でチャミスルを黙々と練習する皆さん!


d0090959_03172505.jpg

練習もたくさんしてお疲れでしょう。そして後半は少しデザイン的なことをしていただくので暫しのお休憩^^ そこで私が墨絵とハングルを書いてハンコを押すところまでデモンストレーションしました。

少し解説をしながら約15〜20分ほどです。この間忙しくて日々、絵を描くということができていなくて久しぶりの竹の絵でしたが一度身についたものは出てくるものです。もちろん100%のものはお見せできなかったけれど、皆さんに楽しく見ていただくくらいにはできました。


d0090959_03195548.jpg

こんな感じで出来上がり。これは水墨画ですが、私は長崎で「長崎南画」として習ったので、長崎南画の竹の絵ということになりますね。



d0090959_03101291.jpg

デモンストレーションのあとは、受講生の皆さんがデザイナーになる番です(≧∇≦) 先ほどまでは書道の一環として練習したチャミスル。今度はデザイン文字に挑戦です!韓国ではそんなデザイン筆文字のことを「カリグラフィ」と呼んでいます。日本ではアート書とかインテリア書道とか…そんな風に呼びますね。

写真は最後に出来上がった各人のチャミスル♪ これだけで何か月も指導できるくらい、まだまだ伝授したいことはたくさんありましたが時間切れ。

書体にそって練習する前にも一枚ずつチャミスルと書いてもらいましたが、それは普段の自分の字ですよね。そのあと書体ごとに練習して、その後、デザインしましょう!というと、今度は崩せなくなるんですよね。自由に変化をつけることがいけないことのように感じるのか、固定観念が刷り込まれるのかどうしても真面目な字になってしまいます。

この現象を、まるで型にはめて自由を奪ったように思いがちですが反対です。何もかも最初から自由なことはかえって可能性を狭めます。書道には自己表現をする芸術的側面はもちろんありますが、教育的な側面が多くあります。理屈やパターンを知識として知り、反復練習で体に入れて、心を柔らかくして表現するわけですね。それのミニチュア版がこの企画だったのです。

そして筆で文字を書くときには、形や配置にばかりに気がいきますが大切なのは筆力!いくらデザインがよくても線がフニョフニョでは…魅力半減。見るものに気持ちなんて伝わりません。気持ち込めましたといってもそう見えないものはそうではないと見なされるのが表現の現実ですから。厳しいけれどやり甲斐のある世界です。

筆力ってなに⁉︎ それは普段の反復練習に隠されております。あとは精神力!笑 そんなお話はまた別の機会に〜。もういい加減ながくなってきたので。笑


d0090959_03115885.jpg

チャミスルのデザインのあとは何にも気にせず雑貨作り(^^) コースターとハガキ制作です。私は皆さんのお土産になるように思いついたハングルを書いております。



d0090959_03102527.jpg

こんな感じにできました。お好きなのを持って行っていただきました。ハンコをポチッと押すとグッとお洒落になるのは本当に不思議!ハンコマジックです。

遊びなら何でも自由でもちろんOKだと思います^^ でもそれなら私の出番は…ない(´・_・`) やっぱりどうしても教育的なことがしたいんですよね〜。そうでないならボランティアならいいんだけど、お金もらうなら遊びはできない性分なのね〜。

それが私の融通がきかないところでもあり、長所でもあり。お勉強したい方々〜❤︎ 習いに来て。通信でもいいです、連絡ください。出張もしますし^^ 少しずつ講座も細かく考えて募集していこうと思います。今後もちらちらチェックしてください( ´ ▽ ` )ノ

ほねねっとではお世話になりました。また9月は楽しそうな企画みたいですよ!旅に関するお話が聴けるみたいです〜。よかったらお申込みください。

ほねねっと第15回企画
「ひとり気ままな韓国地方の旅」


by narinya | 2015-09-01 01:03 | 一日・短期レッスン募集 | Comments(0)

通信の生徒さんたちありがとう〜

月末に近づくと全国の生徒さんたちから郵便が届きます。練習した文字の添削を受けるため送ってくるのです^^ 添削は365日受け付けてますが、やはり月ごとにペースを作ってされているみたいで月末に集中しますね。それを待って次のお手本を用意したりするので私も月末は忙しいです(≧∇≦)

ハングル書道をコツコツされる方々、季節の韓国語の詩を書くことに挑戦中の方々、主にペンで日本の字とハングルを練習する方、中には絵をされる方も〜。

通信でどうやって書道を習うの?教えるの?とよく聞かれますが…うーん、やっぱり生徒さん本人のやる気なのかな〜と思います。私はお手本あげてちょっと基本のアドバイスをするくらいです。分からないことは人それぞれ異なるのでまずは生徒さんがしてみて質問をしていただかないと私もアプローチのしようがないからです。自ら道具を買いに行き、家で一人でも書く準備して筆を持って繰り返し書く。上手くいかなくたって私を信頼してどんどん送って添削を受ける。その中で質問に応えたりの手紙のやり取り、たまに小さなプレゼント交換なんかもしたりして交流を楽しみます。とっても濃くて愛情の溢れる関係です(^^)

通信とか通いとかは結局は関係ないのです。お互い近づきたいという気持ちを表現して行動できるかどうかなのだと思います❤︎



d0090959_00183494.jpg
d0090959_00184384.jpg



普段生徒さんに渡すお手本や添削に送られてくるものは公にしないようにしているのですが、今回は私も嬉しいし、その気持ちをお伝えしたいので掲載させていただきました。ご理解くださいm(._.)m

私はやっぱり技術を伝達して、それがその人の身体に入っていくのを見ることにやり甲斐に感じるんだなーと改めて思います。皆さん、熱心にしてくれて本当にありがとう〜。

上の二枚目の写真は、ながーい基本練習も投げ出さずにしてくれた生徒さんから昨日とどいた郵便。夏の息抜き課題として出したものですが、お手本見ながら立派に書き上げました!これまでの私の指導が入ったんだ!と実感した瞬間でした〜。

この方は以前、字の練習より韓国語の勉強の方が少し遅れていることを正直に話してくれました。こんなに熱心で上手なのにもったいない!私はそういう時にお手伝いする為に韓国語を教えられるくらいキッチリ理解しながら勉強したんじゃない〜。出番がやってきたと思いました(≧∇≦) それでこの方には課題ごとに韓国語の解説プリントを作っています。その成果も少しずつ出ていると思います。

ハングル書道をするのに韓国語がペラペラになる必要は私はないと思っています。ハングルが読めて書けて辞書が調べられて初級程度の文法を理解していれば、あとは課題ごとに適切な資料や解説があればそれでいいのではないかと思うのです。たとえば日本人なら漢字は書けて見た目に意味が理解できます。でも書道人口のどれだけの人が中国語をペラペラ話せて漢文の書道をしているでしょうか?そこまで知識がなくても漢字書道を可能にさせている理由は、おそらく資料が豊富だからだと思うのです。一方、ハングル書道には日本国内でまだまだそれが足りない。というか無い。。。これはハングル書道人口が増えない理由の一つだと思います。

私一人ができるのはほんの数人を直にお手伝いしてあげることくらい…。日本人のためのもっといい教材、いい教本が作られないといけないですね。私が本を出したいけど売れないから難しいって…(´・_・`) 書籍の販売はやっぱり売れるもの優先なのね。でも諦めないよ〜(^-^)

書く字は漢字でもハングルでも仮名でも何でもいいの。書道で心と体が緊張して解放されて癒される…。そこにデザインも応用して、さらに個性が乗ったら本当のオリジナルの世界が待っていますね(*^^*) 通信の方々には心から感謝しています。これからも楽しみ。私の至らない点は率直にご指摘下さいね。そしてこれからもよろしくお願いしますm(._.)m


by narinya | 2015-08-30 00:45 | レッスンのようす | Comments(2)

日韓大学生交流書展が8月16日〜18日で開催されました


ブログで先日からお伝えしていた日韓国交正常化50周年記念事業として、日本と韓国の大学生と大学院生による交流書道展が文京シビックセンターで開催されました。


d0090959_23512512.jpg
日本の国際書画芸術協会の先生、釜山の国際交流書道協会の先生、この事業を委託した公益財団法人日韓文化交流基金の理事、日本側と韓国側の学生代表それぞれ2名ずつがテープカットをして開会しました。



d0090959_19162263.jpg
d0090959_19163136.jpg
d0090959_19163841.jpg

会場はギャラリーシビック。広くてきれいでいい会場でした。写真は出品された両国学生たちの力作です。ハングルあり漢字創作、臨書あり。会場の写真はブロ友のTさんより提供。



d0090959_12021633.jpg

上の5点が先日私の作業室で指導した作品です。イムチュヒ先生の教え子たち早稲田の5名です。可愛いさが前面に出ていましたが評判はそこそこ^^ 悪くはなかったです。特に話題騒然⁈ まさかの「ともだ친구」が注目を集めてました。



d0090959_12020832.jpg

5月のTama Cafe個展に来てくれた武蔵野大学の学生さんとそのお友達2人も参加してくれました。

d0090959_02003254.jpg
場所を懇親会の会場に移して皆んなでお食事〜。前在釜山日本国総領事で現日韓文化交流基金の理事でいらっしゃる余田幸夫氏の挨拶がとてもよかったです。

今回、書道を通じての交流をしたけれど、字がうまく書けたとか書けないとかいうことではでく、若い皆さんがあるがままの姿を見せ合って親睦を図ることが一番の目的だということを強調されてました。困難もあるけれど明るい未来が期待できるというご挨拶でした。

日本語と韓国語の挨拶を聞いていて、韓国語だからこそいいなぁという表現があったり^^ やっぱり外国語はその言葉ごとに魅力があって翻訳じゃ完璧には伝わらない感情ってあるなぁ…なんて思いながら聞き入ってしまいました。



d0090959_19161117.jpg

食事後はまた展示会場に戻って揮毫がありました(揮毫とは皆の前で書くこと)。20人くらいが揮毫したのではないかな。こんなにたくさんの人が揮毫する会は初めて見ました〜。通常は先生が一人でデモンストレーションしたり学生代表で数人…ということが多いかと。でも今回は両国の学生がたくさん参加した書道展だったから揮毫を披露し合うことが行事の一つ演出となってとてもよかったです(*^^*)



d0090959_01575331.jpg

まずは日本側の国際芸術書画協会から先生が揮毫されました。飛白体という恐らく平筆を用いて書いたであろうと言われている書体で書かれました。飛白体は確かに平筆や刷毛で書かれたもののようであるけれど、私には加えて板状のものも用いたようにも見えます。わかりやすいところでいうと、中華圏にある花文字の道具や筆法に影響が残っているような…。



d0090959_01580132.jpg

釜山の国際交流書道協会の先生の揮毫です。恵風と大きく書いて両脇に画賛と落款も書き入れての完璧な構成。歐陽詢の宮成九禮泉名の中に出てくる言葉です。こちらの先生は、この言葉を葉書サイズに書いて額に入れた作品を日本の学生全員に記念にプレゼントしてくださいました!



d0090959_12022495.jpg

学生たちの揮毫風景です。半切1/2ですから大きさは約35㎝×70㎝で縦横自由です。自分の判子もおしてその場で一枚で仕上げます。もちろんこの日のために練習して来ていますが、オーディエンスがいて慣れない場所で書くことがどれだけ大変か〜。挑戦する姿勢に拍手を送ります〜。



d0090959_19272468.jpg

日本側の学生代表の一人でテープカットをした学生の作品。大学院生です。「知足」と書かれてあります。書体でいったら隷書体です。素晴らしいですね!



d0090959_19273312.jpg

こちらも日本側の学生の代表でテープカットした学生のものです。「行き合いの空」と読めますよね。このように漢字と平仮名で読める言葉を書くジャンルがあります。夏から秋に変わる空が好きで、行き合いには出会うという意味もあるからこの行事に合わせて選んだとお話してました。しっかりとしたコンセプトがあって良いですね^^


******************


上の読める作品のことは漢字仮名交じり文、近代詩文、調和体などと呼ばれていて、ジャンルとして認識されてからまだ新しいものです。このジャンルを書くための書体というものはありません。それまで勉強した様々な書体と筆法をもとにして書くので、考えてみれば型がない分、究極な表現世界と言えます。

ただのデザイン筆文字の次元なのか、自己表現として作者の哲学や生きざまが盛り込まれたものか。それが見る人に視覚的に訴える力を持っているか感動が伝わるかが課題です。

気持ちがあることは当然の前提ですが、気持ちがこもっていればいい字だと言えるかといえば言えないと私は思います。精神面の修練とそれを表現して伝達するための技術鍛錬は車の両輪のような関係で、どちらか一つだけを取り出しても意味をなさないのですよね。

書写だけ真面目にしていても不十分だし、技術の向上をせずに表現だけしていても不十分なのが書道の一つの側面です。何が書道なのかは私の中で答えが全然でませんが、練習と創作は切っても切れないものだということは多分そうだと思います。語学と同じでインプットしたものしかアウトプットできないということでなないかな。

それでもアウトプットだけやるんだ!という人は、それはもう現代アートの領域に近くて、墨色がいいとか偶然出てきた線がいい感じに見えるとか、自分自身がアート作品として存在するとか…そんなことになってきますかね。ジャクソンポロックとかの世界観?

アーティスティックな雰囲気は一般の人が憧れるし、今の時代はそんなことがますます流行るのだと思います。でもそれは何だか薄っぺらい感じがして私はちょっと気持ち悪い。。。作る側も見る側もナンチャッテでいいなんてお手軽すぎる〜みたいな。

お手軽で気楽なことは悪いことではないけれど、成長というものに欠けるように思います。こんなことを言い始めると批判めいたカタイことをいう人という印象になるんですよね^^; 全て受け入れて軽やかに生きる境地にいってみたいとも思います。でも性格だからね〜。あ、教える時には優しいと評判ですから怖がらないでね〜。笑

学生さんたちの姿を見て、書道がんばれ!と思ったわけです。皆さんも書道は漢字も仮名も読めないから分からないと嫌がらずに、お願いできるなら勉強して興味をもって展覧会を観に行ってください。専門家はより分かりやすく提供しましょう。互いに協力があってこそ質の高いものが保たれるのだと思います。よろしくお願いします。


******************


書道というからには型があることを忘れない!というのが持論なのですが、今度の土曜日(8月22日)にはハングル書道のこぢんまりワークショップをします。筆でハングルが書けるの?という人から、ハングル筆文字でオリジナルカードをデザインしてみたいという人まで色んな方がいます。もっと情報が氾濫する前に、やはり書道としての面は意識して伝えていきたいと考えています。

で、土曜日のワークショップは私が好きな内容にしてもいいということで講師役を依頼されたので「ハングル書道の書体」にスポットを当てて紹介することにしました。まだ数人参加していただけるようです。よかったらどうぞ。ほねねっと14回目の企画です。


https://www.facebook.com/events/1180263578665727/

d0090959_13203000.jpg



by narinya | 2015-08-20 12:51 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(4)

キムウニョン先生とのコラボ企画 第二弾が終了

5月に話がふわ〜っと持ち上がってから7月に実現したキムウニョン先生とのコラボ企画。ハングル書道をいかしたランチョンマットの制作と韓国伝統茶試飲と韓国のテーブルマナーのお話を企画しました。

おかげさまで2回に分けて開催するほどの参加者があって、7月30日に第二回目が無事に終了しました。暑い中いらしてくださった皆さま、本当にありがとうございました。

d0090959_23321716.jpg

こんな感じで一人一人のキットをセッティング。


d0090959_23331488.jpg

おお!かっこいいデザインに文字!堂々とした筆遣いです。早速のせたウニョン先生特性のアイスオミジャファチェの赤とよく合う仕上がりですね〜。


d0090959_23325009.jpg

とっても元気よく、でも細部にまでこだわってデザインされていました。あまりにも上手でついつい書道教室にきませんか?とスカウトしてしまったほどでした〜^^


d0090959_23335244.jpg

書道経験者の方ははじめての文字だとしても安定の運筆〜。縦画も表情があってとってもいい雰囲気が出てます。また遊びにいらしてください。


d0090959_23333721.jpg

キム先生が本物のスッカラとチョッカラを持ってきてくださいました。演出ってやっぱりとても大事!コースターも敷いてムードもばっちりです。中央に配した文字も立派です。


d0090959_23340920.jpg

ブロ友さんも参加してくれました。何かの仲間に指導するのはちょっと照れちゃうけど頑張ってしました〜。とても慎重派のIさん。来る前から書く文字を決めていたという^^ お手本の中におそらくサランはあるだろうと読んでいたそうです。その通りでした!


d0090959_23342195.jpg

とっても楽しそうに写真撮影をされる皆さん。楽しかったようで、提供した側の私もホッとしました。参加してくださって本当にありがとうございました。

全員の作品を撮ることができませんでしたが、楽しいデザインの方もいましたし、とても素直に注意をきいて字を書いてご自身オリジナルの技で演出された方も!始める前は上手くできるか心配されてた皆さまも、いちど作業が始まってしまえば楽しそうでした。よかった〜。


d0090959_23343699.jpg

キム先生がテーブルマナー講座をされてる最中の様子です。クイズ形式にしてくれて参加者の興味をググッと引いておりましたよ〜。


皆さまのおかげで2回とも大成功に終了することができました。また何か企画しますので、そのときに遊びにいらしてください。本当にありがとうございました!!!



by narinya | 2015-08-03 23:35 | 一日・短期レッスン募集 | Comments(2)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ