ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:ハングル ( 94 ) タグの人気記事

2017水墨カリグラフィー韓日交流展 オープニングイベント①

2017年水墨カリグラフィー韓日交流展のオープニングイベントでは、作品出品者達による花の寄せ描きもひとつメインのパフォーマンスでした。

会場の壁面に7メートルの画仙紙を貼って、そこに順番で花の絵や文字を書いて完成させます。自分だけの花を咲かせよう!というテーマでした。


会場準備のようす。
d0090959_00570141.jpeg



紙の前には道具も用意してもらって……。こんな準備はとても大変なのがわかるだけに、中心になって展示会の準備にあたったソウルのメンバーの方々には心から感謝します。

日本の美奈子チームは遠くから出品するばかりで、オープニングイベントもその時間だけ参加、会場の様子が分からず言葉も不自由で……。なんの戦力にもならずごめんなさいm(_ _)m

招待作家ならいざ知らず、外国からの参加であっても主宰側として他のお客様を迎えることを含め作品発表をするということが本来の姿なはずです。今後もこのような機会を持つなら、そんな自覚を持つチームとして成長しなくては〜。
d0090959_00575528.jpeg



花の寄せ描きが始まりました^ ^
d0090959_01152435.jpeg



牡丹(上)、蓮の花、木蓮など様々ななお花を描いてます。
d0090959_01050353.jpeg


美奈子チームの順番も回ってきました。普段から水墨で花を描いているわけではない私の生徒さん達……。そして、遠く地方にお住まいの方々もおりました。

この日のためにあれこれ駆使しながら絵の指導までしましたが、こんなパフォーマンスでサササッと描くまでにはなかなか道は遠い…。でも!皆さん行くまでに練習した通りに当日も楽しく描けました( ^ω^ )

まぁ、記念ですから難しく考える必要はないですよね〜。心よりおつかれさま、そして参加ありがとう♡
d0090959_00584674.jpeg

d0090959_15043270.jpeg


皆が自分だけのお花を植え終わって、ヘグムの演奏の中、今度は主宰の최先生による揮毫パフォーマンスが始まりました。私たちの寄せ描きは前座(*≧∀≦*)
d0090959_00591638.jpeg



최先生がパフォーマンス前に精神統一!
d0090959_01060902.jpeg


おもむろに筆をとり揮毫スタート。
d0090959_01062496.jpeg



カリグラフィーだからかな、縦書きなのに左から書くことも最近よく見かけますが、この日の최先生のパフォーマンスもそんなスタイルでした。

晴れ舞台のパフォーマンスを否定的に見るつもりは一切ありませんが、私は個人的には左から右に行替えして縦に書くことは、若干、流れに無理があるように思います。

印の位置もおかしくなってくるし…。そのように書くメリットが今ひとつ理解できません。でも何か効果があってみんな書いているのかもしれません。その辺りのこと今度よく聞いてみようと思います。

d0090959_01064152.jpeg


余白に梅の枝も描いて爽やかに仕上げていらっしゃいました^ ^
d0090959_01133969.jpeg


揮毫の後にも様々なイベントが予定されていました。夜は会員の皆さまと会食の席も用意されて楽しい一日でした。その様子はまた次の投稿で!




by narinya | 2017-12-25 15:03 | Comments(0)

「ハングルカリグラフィー」5回連続講座の開講初日


国立のKim’s韓国語・韓国料理教室の文化講座に私も講師してお手伝いしてます。ハングルカリグラフィーの5回連続講座。11月に開講して来年3月まで、ひと月に一回のレッスンです。

ワークショップのような一回で終わるものは体験ならいいけれど、体系的に道具のことを知ったり、多様な字の書き方に触れたりするにはあまりにも時間が足りません。

5回講座でも何かをできるようにするところまではできませんが、それでも1日講座よりは深く取り組むことができます。この講座は、もう11月に1回目が終わっていてます。

今回、受講された方々には、特典としてキム先生の2000円割引券と、担当講師である私からそれぞれの方にハングルの名前ハンコを差し上げました。ハンコは1センチ角で講座内ですぐに使うことができます。

d0090959_16581259.jpg


夜な夜な彫る…。
d0090959_16575453.jpg


講座のチラシです。ワークショップではなかなかできない画仙紙に墨と筆を使う講座内容です。墨彩画は絵心とかデッサンとか、そういうものとはあまり関係なく、視覚的なデザインを重視してどなたでも楽しめる形で進めます。

d0090959_17000180.jpg

ハングルカリグラフィーを書きたいのに墨や絵の具でデザインまですると思わなかったと思うかもしれませんね。でも字だけで紙面を完成するのはもっと難しいです。そもそも韓国では書道をるす人たちが紙を絵の具で染めて作品制作したりと、伝統の中でもデザイン性が豊かな表現がよく見られます。書芸というだけあると感じることも^ ^

ハングル自体が持つ造形のモダンさというか、グラフィックデザインに通じる軽やかさがあるから、そのような作品表現をするようになったのではないかと思っています。

11月7日の第1回目では、小さな降り色紙に一様に좋은 날(よき日)と書くお題を出しました。最後、さっそくハンコも押して完成しました。皆で批評会もしましたよ(^^)

d0090959_16582456.jpg


カリグラフィーをするということは、要するにデザイン文字を書くということ。ロゴデザインをするようなものです。書道で学ぶ伝統的な型や様式とは直接の関係はありません。できたに越したことはないけれど、順番として必ず書道ができないといけないわけではなく…ということです。

そういう観点からデザインして字を書くということは、変化をつけて演出した字を書くということにほかなりません。ところが我々は日常で字を書く際、変化をつけて演出などして書かず固定観念で文字を見て書いています。

おしゃれな字を書く前に、その固定観念の存在に気づかないと、そこから出て自由に書くことはできませんね。まずはその作業として「変化をつけること」に挑戦してもらいました。

d0090959_01142342.jpeg


線の長さ角度のほかに、筆を使っていることで太い細いといった変化も可能です。筆に圧力を加える加減と書く速度、墨の潤滑も加わって複雑な表現に繋がります。

皆さん普段の殻を破って果敢にトライ。変化をつけて、それが美しいかどうかはまた別の話…。こんなことであっという間に一回のレッスンが終わり。5回連続講座にしてよかった。まだあと4回あるので少し余裕があります。

d0090959_01144151.jpeg

さて、明日は2回目のレッスン日です。デザインの絵も描いて、ハングルももう少し長い言葉を書きます。破った殻を保つことも難しいことです。芸術活動は締めたり緩めたり… スリリングでエキサイティングなものなのです(^^)

大事なことはのびのびと素直にすること。出来ることとがあれば、一方で必ず出来ないこともあります。それぞれの方に感性がありますから、出来ることを伸ばしつつ、できなかったことにも少しずつ挑戦しましょうね。それには素直な心が一番(≧∀≦)

筆がこわい〜とか、美奈子先生って厳しいのかな?とか、そんな要らぬ心配がすでに邪魔なのです。自己表現と学ぶ場ですからね^ ^ 化学反応するように受講生の皆様の協力も必要です。あと4回!楽しくやりましょう〜。



by narinya | 2017-12-04 21:32 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

ハングルのカリグラフィー ペン・筆ペン通信講座

2017年9月〜12月クールの「ハングルのペン・筆ペン通信講座」では、詩人ヨンへウォンの강물という詩を扱いましたよ^ ^

어디서 만나도
한 마음으로 흘러간다
쉼도 없이 머물지 않고
바다로 흘러간다

クール前半2ヶ月ではペン字でコツコツ練習!美文字講座ではないので、ハングルのペン習字とはちょっと違います。デザイン文字の「カリグラフィー」にも展開するのに適したフォントを参考にして教材を作っています。

講座の詳細はこちらからご覧ください。

11月〜12月のクール後半では、同じ詩を筆ペンで書きます。お清書用紙は毎回美奈子オリジナルデザインです。この講座のために毎回新しくデザインしていますよ〜。

今回は、こんなリース風のデザイン。上下左右、どの向きにしても使えるようにしました。毎回、A4サイズに限定しています。フレームがひとつあれば、クール毎に入れ替えて楽しめるということです♪


d0090959_21351842.jpeg

クリスマスもありますしね〜 お部屋を華やかにしていただこうかと思って描きました。



郵便にはこんな感じであれこれ入っています。お手紙とお手本、解説、練習用紙、清書用紙、アレンジのサンプル、ペンの補足教材…。

与えられた事をするだけでも、お忙しい皆さんには大変かと思います。でも、また一歩進んで自らアレンジして書いたものがあれば、どうぞ見せてください。私なりのアドバイスはできますよ^ ^


d0090959_21222380.jpg
2018年1月〜4月のクールでは、レンギョウ(ケナリ)の詩を使います。

次回クールではどんなデザインでどんな教材が届くでしょうか(^^) 全て手元に届いてからのお楽しみなので、見てから選ぶとか、やるかどうか決めるとか、そういうタイプの講座ではないのであしからず( ^ω^ )

今年最後の教材を受け取った方々が気に入ってくれたらいいけど。私自身は気に入っていて、このデザインを利用して小作品を作ることを検討中〜。展開があったらまたお見せしま〜す。



by narinya | 2017-11-19 22:18 | レッスン内容(手本の例) | Comments(0)

ハングルの日イベントの様子

祝日の月曜日、市ヶ谷でハングルの日のイベントをお手伝いして来ました。

d0090959_03402252.png

当日のプログラムは写真のポスターの通り。以前、韓国で身につけたハングルのポップを活用してポスター作りました。


最初の時間はKポップで学ぶ韓国語ですって。講師は、ひろば語学院のユジェユン先生。とっても爽やかな方でした。

私は参加していないので講義の内容はわかりませんが、感想では皆さん楽しかったと。身近なことや好きなことを教材に学ぶと上達につながりますよね!

d0090959_03253278.jpg

会場の様子はこんな感じでお部屋は満員です。

d0090959_03260030.jpg
引き続き二つ目の講義、私の担当はここです。書道は出張ではなかなか難しいので、最近、韓国で流行りのハングルカリグラフィーを紹介してみました。

書き方があるわけではないデザイン文字がカリグラフィーです。ということはスタイルも多様で正解もないという全くのフリースタイルなジャンルですから、これが極意!みたいなものは伝えられません。でも、楽しく字を書く、バランス考えながら書く、オシャレに書く、そういうことって語学の勉強にも通じます。

カリグラフィーが何か皆さんにとって学習の一助になればそんな嬉しい事はありません。

d0090959_03301079.png

そんな中、文字がお好きな方の参加もあり楽しい出会いになりました。その方のブログで詳しくリポてくださいました〜。そして実は↑お写真を…お借りしましたm(_ _)m そのほかの何枚かの写真はひろばさんからも拝借m(_ _)m 事後報告ですみません。


消しゴムハンコで作ったハングルの子音とカリグラフィーと合わせてカードを完成させるのに、その資料として子音の名前を羅列したプリントもお配りしました。

d0090959_18540804.jpg

自分がはじめにハングルを覚えた時、子音の名前と発音が密接に関係していることに感心しました。興味深くて子音の名前も発音もすぐに覚えられた経験から用意してみました^ ^

d0090959_03260916.jpg
カリグラフィーの時間には20名で満員御礼。小さなお友達も家族で参加!

d0090959_03255172.jpg

3時間目はゲーム感覚で楽しむオール韓国語会話の講義でした。担当は日本語全く話すことができないカンソヨン先生。右側の方です。

国立のキムウニョン先生の所と、このひろば語学院で講師をされています。いつ見てもお美しい♡

そして左のこれまたお美しい方は、ひろば語学院の裕美先生です。いつも仲良くしてくれてありがとうございます^ ^


d0090959_03275296.jpg

今からもう7年も前になりますが、ソウルで習ったハングルのポップは簡単なようでこれも反復練習が必要なジャンルです。ポスターカラーを使って筆で書くことが基本なので道具もそれなりに必要です。

36時間の課程を5日間で修了できるようにカリキュラムを組み直してもらって、先生のご自宅で朝から晩まで教えてもらいました。宿泊先に戻っても容赦ない宿題の山をこなす日々〜。またその先を習いに行きたいなぁ。

今思い返しても本当にお世話になりました。連日、終電まで先生のご自宅に入り浸り、ご飯も出していただいて…。先生とは今でも連絡をとって字のことや看板のことなど情報交換をする仲です。

その時の様子はブログ内の「ポップ看板カテゴリ」から見ることができます。ずいぶん昔の話だけど楽しかった思い出。言葉ができることで視野と活動範囲が開かれる体験をまた一つすることになったそんな思い出です^ ^

*****

ちょっと12月に向けて準備する事があって忙しいのですが、それもまたブログで書きます^ - ^ では皆さまご機嫌よう〜。


by narinya | 2017-10-11 22:30 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

ハングルのペン字・筆ペン通信講座」

少し前からハングルの「ペン字・筆ペン通信講座」をしています。筆で書道はしたいけれど、時間やスペース問題が支障になることがあります。その点、ペンならできる!という方も多くて教材を作ることになりました。

季節ごとに韓国語の詩を一編選んで教材を作っています。反復練習もしますが、練習の後には応用ができるように準備してあります。

d0090959_19434005.jpg


手本を見て練習した後には、習った書体(フォントです)をもとにして小作品や小物作りに挑戦します。

最新のクール(2017年9月〜)ではコースター作りをしています。下の写真を参照してください。ハングル子音のハンコはついていませんが、事前におしたものを数枚セットにしてあります。


d0090959_19440612.jpg

悪筆を矯正して、いわゆる美文字といったものを身につける講座ではありません。もちろん練習したら、ノートに書く字などが改善されるかとは思います。

書写教育のペン習字というよりは、デザイン文字も提案して楽しんで書いていただけるような手本も入っています^ ^ 今、韓国でも流行りのカリグラフィーの要素も少しありますね。

d0090959_19435433.jpg

字を書くことが好きな方、反復練習も楽しんでできる方、一緒にお勉強しませんか?9月スタートのクールはまだ受け付けられます。11月になったら次回開講(1月)の受付を早めにしてもスムーズです。

早くに始めるときはペンの基本練習を勉強しながら開講月を待ちます。詳細はこちらの案内から確認してください。


アレンジの例として↓
d0090959_05103367.jpg
ハンコでおしてあるハングルにペンなどで飾りをつけてみました。受講してくださる皆さんも好きにいろいろしてみてくださいね!


by narinya | 2017-09-30 05:13 | レッスン内容(手本の例) | Comments(0)

Kim's 韓国語・韓国料理教室で「ハングルカリグラフィー」の講師します〜

最近、本当にハングルのカリグラフィーって流行ってますよね。私がそう感じるだけ?いやいや、明らかに韓国で、特に若い人達の間でブームですね。数年前の韓国の書店になかったカリグラフィーの本が、今は平積みで次から次へと出ています。

私自身は、漢字、仮名、ハングルのどれも伝統書道として学んできているので、特にデザイン文字だけを取り出して学習したという経験はありません。ですが、一応、大学はデザイン科を出ていますし、伝統だけではつまらないと思っていることも事実です。

もともと字の作りからしてハングルの造形はデザインとして優れていると思っているので、カリグラフィーと言われるジャンルにも興味がありますし、書けるようになりたいと思ってあれこれと研究を重ねてきました。

そしてこの度、一緒に国立の部屋を借りているキムウニョン先生が主宰するKim's韓国語・韓国料理教室の講師として「ハングルカリグラフィー」の講座を担当することになりました。

本格開講は今年の秋、10月です。開講したら4ヶ月コースという形で、年に2回(春と秋)開講する予定です。そこで、秋からの新規開講に向けてワークショップを開催することになりました。カリグラフィーってどんなもの?と思う方はこの機会にご参加ください。そして是非、秋以降も!
(※秋以降の講座に参加される方は、年末にソウルで開催予定の展示会に出品することも可能です)



【ワークショップのお知らせ】

6月・7月・8月の3ヶ月に渡って月代わりのメニューです。3ヶ月間、連続受講の方にはKim's韓国語・韓国料理教室から嬉しい特典があるそうですよ!もちろん1回からの参加も可能です。

ウニョン先生のブログで募集内容をご覧ください。興味があれば、先生のブログ内からホームページの申し込みフォームにお進みください。



6月
(ハガキ大のフレームに入れて完成。消しゴムハンコも使用)
d0090959_22264803.jpg



7月
(ウチワの制作)
d0090959_22270365.jpg



8月
(コースターの制作 角形・丸形)
d0090959_22272600.jpg


※写真は参考作品です
※Atelier MINAKOでは、現在ハングルカリグラフィーのみの指導はしていません



by narinya | 2017-05-11 22:16 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

「ハングルのペン字・筆ペン通信講座」2017年3〜4月の課題

d0090959_22342335.jpg

これは1月が開講月だった「ハングルのペン字・筆ペン講座」(通信講座)の課題です。開講月から4ヵ月が1クール^ ^ 前半2ヵ月はひたすらペン字の反復練習〜。後半2ヵ月は筆ペンで作品に〜。

ペン字も筆ペンも私が独断でデザインしたものが手本として届きます〜。で、上の写真が1月開講のクール後半2ヵ月のお手本。お手本であり完成作品サンプルということです。

もっと自由に紙の柄をつけたり字体のアレンジをしたい方は果敢に挑戦してください。

この通信講座に関して興味ある方はこちらから確認してくださいね〜。ペン字と筆ペンなら場所もとらないし、クールごとに何か出来上がる構成になっていて、言ってみればキットみたいな感じでできます。あ、でもお稽古ですから受講費には添削料が含まれてます、モチロン。
※キットとして課題だけを購入することはできません

よかったら5月の開講月から一緒に勉強する方はいませんか?募集中です^_^



by narinya | 2017-03-13 22:41 | レッスン内容(手本の例) | Comments(0)

「ハングルのペン字・筆ペン通信講座」2017年1〜2月の課題

去年の春から地味〜に作っていたハングルペン字の教材。多くの日本人韓国語学習者はノートに書くハングルをもう少しこなれた感じに書きたいと思っているようです。そんなペン字の勉強はできないかとよく問い合わせがあったことが教材開発のきっかけでした。

ちなみに韓国にもいわゆる「美文字」を目的としたペン習字文化はあります。教材も少し売っています。でもそれは日本同様、筆書道の勉強をペンに応用したものが多いのでふつう縦書きです。文字は筆でいうところの宮体という書体を応用しています。流麗で綺麗なのですが日常で外国人がノートやメモなどに書く時のニーズに合うのかというとそうでもなさそうです。

それでも字はある程度パターンにそって練習しなくては書けるようになりません。変化よりも統一された形を身につけた方が早いですしね。そこで私が選んだのはハングルフォントのうちのひとつです。フォントもいくつもありますが、大人が書くならこのくらいの雰囲気がいいでしょう(^_^)


d0090959_01312292.jpg

選んだ短めの詩をこのフォントでマスの中に反復練習!


d0090959_01301497.jpg
マスで練習して添削受けてまた練習したあとは横書きで行の中に書く練習(^^) 一つ一つの文字の形を覚えることも大切ですが、かたまりとしてどのように書かれるかを理解して訓練しなくては日常で使うことはできません。



d0090959_01304910.jpg
書体はそのまま、横にまっすぐ、文字の配列だけ少し変化をつけてハガキに書いてみます。余白にはペンと黄色いマーカーで単純な絵を…^_^ 詩の内容に合わせてオリジナルにデザインしました。これをお手本にして見ながら誰でも描ける絵です。


d0090959_01310544.jpg
横向きのハガキの字には3箇所少し大胆に書いて動きを出しました。余白のデザインにはただの渦巻き…。詩の内容は「人より先に心に火を灯す」というものです。

ある情報から連想してそのエッセンスを表現することをデザインといいますね。または意匠といったりもします。デザインは、一度自分の中で理論を立ててそれを再構成する作業です。

思考して決定してそれを表現する。慣れるとデザインはとても楽しい世界です。そんな世界にも触れてもらえたらと思って作った教材です。

2ヶ月間でペンの勉強をするところをお見せしてみました。次の2ヶ月では同じ詩を筆ペンで書きます。全体で見ると『ペン2ヶ月+筆ペン2ヶ月=1クール』の作りになってます。

ハングルで書くペン字や筆ペン(カリグラフィー)に興味のある方がいたらメールください(^^) 詳しくご説明します。

2insaneko@gmail.com(渡邊)


by narinya | 2017-02-10 10:16 | レッスン内容(手本の例) | Comments(0)

ハングルカリグラフィーでカレンダー

昨年12月に買ってあった色紙のカレンダー。一年分のカレンダーの上に字や絵をかきこめるようになって売っていました。

年末までに使い切れず、ちょっと遅れましたが、旧正月に合わせてハングルで書いてみました。重厚感ある書もいいけれど、日常の雑貨ですからデザイン重視でハングルのカリグラフィーで書くことにしました。

d0090959_01411040.jpg

通信の(正規課程)方々に一つずつお送りして^ ^ それでも残った色紙は国立のお教室でディスプレイして販売の形をとりました。

お部屋を一緒に使うキムウニョン先生の教室にはハングルに興味を持つ方が集まります。もしお気に召した方がいたらお分けしたいと思って販売コーナー作ったのでした^ ^

これからも気軽にお買い求めいただけるものは教室で販売していきたいと思います


d0090959_01412599.jpg
d0090959_01413944.jpg
d0090959_01415043.jpg

by narinya | 2017-02-07 15:58 | 書道 calligraphy | Comments(0)

お品書き作りました

23日は、一緒にお部屋を使っているキムウニョン先生が器の専門家であるIVORY代表、菊池元子さんと特別コラボをされました^^
なんとタイトルが「韓国料理でおせちテーブルコーディレッスン」です。

「おせち」×「韓国料理」×「IVORYプロデュースの器とコーディ」

もう聞くだけでワクワクしますよね。この二人のコラボなのに友人として勝手に絡む私・・・。お品書きを作るから使ってくださ〜い♡と勝手に参戦を表明して快く受け入れてもらいました〜。

テーブルの様子とお品書き制作過程は写真を見て下さい^^ ウニョン先生のブログはこちら


d0090959_1055340.jpg
美味しそうなお料理!事前に使う器や料理を見ていたので、その雰囲気を壊さないデザインでお品書きを作りました。でもテーブルの上でどのように置いてもらえるかは写真を見るまでわかりませんでした。こんな風にお皿に乗せてくれたんですね〜。立派に飾ってもらえて嬉しいです。



d0090959_1245075.jpg
予算もあったので紙はシンプルなものを用いました。あとはデザインとアイデアで勝負!おせちがテーマとはいえ、韓国料理の教室なのでデザインにもハングルをいかしました。篆刻のはんこを薔薇の花に見立ててシーリングワックスでおして、金属の感じがある色のペンでハングルのカリグラフィーをそえました。器の中に金属っぽい風合いの焼き物がいくつかあったので、そのイメージで選んだペンです。

表紙の名前はんこは、今年、知り合った韓国の篆刻家であるパク先生にいただいたものです。韓国篆刻協会に属するちゃんとした篆刻の先生なのに、いつもお友達のように接してくれてありがたいです。パク先生、いただいたはんこ使ってますよ〜。




d0090959_1041545.jpg
今回のメニューは盛りだくさんなので手で書いたのでは大変。ということで印刷しました。絵も花の部分以外はプリントアウトしました。また別の機会に同じデザインで使えるように・・・。



d0090959_10122971.jpg
全てにシーリングワックスを施したところです。



d0090959_105360.jpg
はんこのアップはこんな感じ。花の部分にしつこく「花」って彫ってある・・・笑



d0090959_1052444.jpg
最後にあらかじめ作っておいたメニューを内側に貼り、表紙には一つずつカリグラフィーを書き入れました。「毎日いい日になるように」みたいな意味です。

今回、頼まれていないのに(あ、前回お品書きを作ったときも頼まれてませんでしたが)作りたくて作りました。無くてもいいものだけど、あれば確実にグレードがアップするものって世の中にありますよね。そういう部分を大切にするかどうかで仕事が成功するかしないかが分かれると聞いたことがあります。

提案したときに二つ返事で是非してちょうだいと言ってくれるこのお二人と価値観が合うことがよかった^^ またこんな機会があったら声かけてください。よろしくお願いします。



by narinya | 2016-12-25 01:09 | 刻 seal carving | Comments(0)


最新のコメント
★Housuiさま そ..
by narinya at 20:11
これいいですね! 字の..
by Housui at 00:17
★ハーちゃんさま 明け..
by narinya at 16:24
まだ東京ではないですね(..
by hachan7609 at 12:04
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
管理人からおねがい
フォロー中のブログ