ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:料紙 ( 92 ) タグの人気記事

根津美術館に古筆と料紙を観に

これまた6月まで遡った投稿ですが、とてもいい展覧会だったので載せておきたいと思います。

根津美術館はどの企画展も魅力的。いつか近くに住んで同じ展覧会を会期中に何度も観に行くような生活をしてみたいものです。
d0090959_03485137.jpg

この時の展覧会は仮名の古筆と料紙の展示でした。これまでも似たような仮名古筆、料紙の展示は数知れず観てきましたが、今回、この展覧会で初めてみるものもあって貴重な時間を過ごしました。
d0090959_03490667.jpg


根津美術館のいいところは、適度な広さ、展示数、解説の丁寧さ、わかりやすいテーマなどだと思います。初めて観る人でも理解しやすいように工夫されています。
d0090959_03573061.png


この本は古筆がよくまとめてあったのと、これまで資料として手元にないものも載っていたので購入しました。
d0090959_03580402.jpg

とにかく昔だから古いとか未熟とか、それは大きな間違いで、ある技術の絶頂期で徹底した美の追求は圧巻です。

今の生活には必要なくなったものもあるけれど、もう少し仮名や日本固有のものに対する意識が深く広がるといいなと思います。

かといって古典をそのまま扱ってもうまくいかないですよね。受け入れられてこそ残っていくものでしょうから。品格は保ちつつも多くの人にわかりやすく触れやすいように…。私の模索はまだ続きそうです^^;


by narinya | 2017-09-27 01:27 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

国立うちわ市 出品うちわご紹介

先週開幕した「国立うちわ市」。初日にはお目当のうちわを購入するためにオープンのずっと前から列ができたそうですよ!静かな街の一角でそんな… ふふふ

毎年ここでしか出会えないうちわがあることを皆さんよくご存知なのですね〜。ワークショップをしに大阪に行く直前、滑り込みで納品した作品4点がこんなに立派に飾っていただけて幸せ♡

d0090959_10400737.jpg

6月15日に開幕して無事に前半が終了しました。生徒さんたちに、お稽古事の先生方、家族も見に来てくれました。後半もお客様をちゃんとお迎えしたいです。常時、会場にはおりませんが、声をかけてくれれば可能な限り会場でお待ちします。

以下は出品作品です。ありがたいことに会期前半で完売しました\(^o^)/ 感謝しております〜。※作品は最終日まで展示してあります


d0090959_10381097.jpg
d0090959_10384071.jpg
d0090959_10390631.jpg
d0090959_10385360.jpg



会場のようす。
d0090959_11381035.png



これまで取り上げてもらった記事や展覧会作品が載った図録などの資料も設置しました。ちゃぶ台で眺めてもらえたら嬉しいです。
d0090959_10412661.jpg




来週27日までです。
d0090959_22070391.png



by narinya | 2017-06-21 23:23 | 画 painting | Comments(2)

国立うちわ市に2度目の参加です(^^)

家族の仕事の都合で10年を過ごした長崎にサヨナラして、東京は多摩地区の国立市に住むことに決めて越して来ました。この土地ではまだまだ新参者なのですが、知り合いもでき、教室兼作業場としての部屋も整え楽しくやってます。

作家活動をしている人が多く、この小さな町に対して驚異的な数のギャラリーが存在する一種独特な町ですが、とても居心地がいいです。やはり自分が住んでいて気分がいいということは制作活動をするのにはとっても大事。実感しました。

そんな国立で今年2回目のお誘いを受けて下記の通り「国立うちわ市」に参加します!会場は、昨年12月に「長崎南画展」を開催したギャラリービブリオさん。



d0090959_22070391.png
国立ゆかりのアーティスト、デザイナー、クリエイターって本当にたくさんいるんですね〜。都心から少しだけ離れて緑の多い中で落ち着いてお仕事ができるからですね、きっと(^^) 私の名前も末尾に乗せてもらってます。



d0090959_22062536.png
これはギャラリーの企画展ですから、作家達はギャラリーから支給されるこのうちわに何か描いて出品する事になります。

もちろん販売もしています。希望する方はギャラリーを通してご購入ください。どの作家の作品も一律の金額です。ここでしか手に入らない作品も多く、毎年楽しみにしている方もおられるようです。



d0090959_22064397.jpg
ギャラリーから受け取ったうちわは紙質が洋紙なので、普段、画仙紙などに絵を描く私にはなんとなく本領発揮できない部分もあり…。今年は支給されたうちわに自分の画仙紙を貼りました。

その後、二枚は少し趣を変えようと茶色に染めて、柄の部分も少し殺風景なので濃い色に加工しました。写真でビフォーアフターがわかりますか?



d0090959_22090095.jpg
「牡丹と蝶」
「葡萄」
「蓮」
「海老」


昨年は四君子を顔彩で描きました。今年はもう少し絵画作品に近い仕上りです。約2週間、開催されてますから、ぜひ遊びに来てください。



by narinya | 2017-06-15 11:26 | 画 painting | Comments(0)

「ハングルのペン字・筆ペン通信講座」2017年3〜4月の課題

d0090959_22342335.jpg

これは1月が開講月だった「ハングルのペン字・筆ペン講座」(通信講座)の課題です。開講月から4ヵ月が1クール^ ^ 前半2ヵ月はひたすらペン字の反復練習〜。後半2ヵ月は筆ペンで作品に〜。

ペン字も筆ペンも私が独断でデザインしたものが手本として届きます〜。で、上の写真が1月開講のクール後半2ヵ月のお手本。お手本であり完成作品サンプルということです。

もっと自由に紙の柄をつけたり字体のアレンジをしたい方は果敢に挑戦してください。

この通信講座に関して興味ある方はこちらから確認してくださいね〜。ペン字と筆ペンなら場所もとらないし、クールごとに何か出来上がる構成になっていて、言ってみればキットみたいな感じでできます。あ、でもお稽古ですから受講費には添削料が含まれてます、モチロン。
※キットとして課題だけを購入することはできません

よかったら5月の開講月から一緒に勉強する方はいませんか?募集中です^_^



by narinya | 2017-03-13 22:41 | レッスン内容(手本の例) | Comments(0)

韓国アリランTVの撮影 in東京

韓国のケーブルテレビの衛星放送局アリランTVで撮影の依頼が入りまして…。ちょっと急な日程でしたが受けることにして教室に作品を増やしました^^

d0090959_23353933.jpg

d0090959_23465764.jpg
大人数のお稽古はそもそも想定していないのでこのくらいの部屋でちょうどいいです。ハングル書道、漢字、仮名、篆刻、水墨画など習いたいかたがいたら是非どうぞ。



d0090959_0121620.jpg
ソウルからPDが機材抱えてやって来ました。10月23日、教室で生徒さんに指導をする場面をカメラにおさめましたよ。その日に来てくれた皆さま、どうもありがとうございます。どんな風に編集されるのか…。わからないからなおさら楽しみですね^^



d0090959_23455761.jpg
翌日は文房四宝を買いにお外へ〜。その様子も撮りました。



d0090959_23484786.jpg
去年の夏、財団法人日韓文化交流基金が助成して開催された日韓大学生交流書道展。国際書画芸術協会が委託されて開かれましたが、その芸術協会の皆さまが暖かく迎えてくれて一緒に取材を受けてくださいました。

お食事も用意してくださって、それに、歓迎の意味を込めたお餅まで…。本当にありがとうございます。また改めてご挨拶に伺います!



d0090959_2349453.jpg
怒涛の二日目。PDと私、夜の11:30にその日の撮影が終わり、お互いあまりに疲れて最後にコンビニコーヒーを買いに出たはずが…。「ビールにするか!」となり、夜中の2時まで飲み(≧∇≦) 政治、歴史、皇室、文化、人生観に諸外国の話、よくわからないけど野球とサッカーと韓国歌謡の話まで。ははは

とっても楽しい夜でした。言葉が通じるってやっぱり心が通じるのよね。もう少し韓国語がんばってみようかな〜。5年ぶりにそんな気持ちが蘇る出会いでした。いい方、こちらのプロデューサー^^



d0090959_23525616.jpg
国立での撮影も最後の日。この日はPDの提案で、ハングルや韓国の書道にこれまで関心のない方に対して私が何かお書きしてプレゼントしてみるという企画。聞いた時は「なんだそりゃ〜」と思ったけれど、気持ちよく場所提供をしてくれた私の行きつけTama Cafeのおかげで開催できちゃいました。

前から少し試してみたかったのは仮名の料紙にハングルを書くこと。写真の右側は市販のプリント料紙だけど、字が書いてある紙は私が継いで作った紙^^ 手前のハングルは詩人ナテジュ氏の有名な詩です。紙は少しモダンを意識して継いで作り、消しゴムハンコで文様を散らしました。伝統の継紙の技法も、もう少し新しい表現ができそうな手応えあり♡ 撮影のお陰でいい発見しました〜。



d0090959_23505754.jpg
カフェのお客さまが数人作品をもらってくれました♡ 中には妊婦さんもいらして「元気な子が生まれますように」とハングルでお願いしますって。とっても嬉しそうに持って帰ってくれて…。PDに最初この企画を打診された時には心底どうなることやらと思ったけれど、してみれば楽しいものですね。


さて、ここまで3日間の撮影を終えて、翌日からは私が韓国に飛ばなくてはなりません〜。頑張れわたし!(笑)でもこの渡韓で師匠にも会えることになったので楽しみ。疲れは移動でとります・・・。


by narinya | 2016-10-31 21:34 | メディア Media | Comments(2)

根津美術館

お仕事の半休をとってくれたお姉ちゃんと午後から根津美術館に行きました。この展覧会は絶対に行かねば!と思っていたので会期中に行けてよかったです。


d0090959_033279.jpg

d0090959_23592189.jpg
料亭か何かみたい。



d0090959_0122271.jpg
所蔵作品を例に絵画技法の説明ごとに分けて展示してあってとてもわかりやすい展示でした。紹介されていた技法の中で今まで知らなかった技法がありました。行ってよかったです。

彩色の際にグラデーションをつくる技法ですが、その時代がちょうど仮名書道の料紙装飾技術が頂点に達した頃と重なっていたこと、料紙の重ね継技法と類似していることをみると、両者はきっと関係があるのではないかと思いました。調べてみたいところです^^

作品はそれぞれ素晴らしかったです(勉強不足でよくわからない作品もありましたが)。ところで、鑑賞する時に作品本体のほか表装にも注目すると楽しいです。表具に関しては何も説明ありませんでしたが、珍しい「和紙表装」も2点ほどあったと思います。ひとつは揉み和紙で茶室関連の展示室にありました。茶掛に和紙表装の作品を選ぶあたり、茶会にピッタリで、そういうところも含めた展示作品キャプションだといいのにな。

今習っている黄金背景テンペラ画にも役立つ作品も見たし、文房四宝は笑っちゃうほど優雅で綺麗で、欲しいけど無理で(笑) でもそういう工芸品を楽しんだり道具のことをよく知ったり文字の歴史を学んだり…。そういうことを通して生徒さんや仲間が増えたらいいと改めて思いました。

型に沿った手習いには意味があると思うので、今後もきちんとしたもの流麗なもの正しいものを基礎に指導をしたいとは思うけれど、資格とか位とか賞とか…、私は興ざめ。その中で成長することもあるけれど全ては手に入りません。それなら文化的なことにフォーカスしてやっていきたいな。そんなことを思わせる空間でした、根津美術館^^



d0090959_004640.jpg
d0090959_0141874.jpg
d0090959_014062.jpg
庭園も広い〜。散策をしない手はないです。とはいっても閉館時間近くだったから少し気温も下がってお散歩ができたのであって、炎天下では無理だったでしょう。お散歩にいい季節にもまた行ってみたいと思います。



d0090959_20561.jpg
庭園の中にあるカフェにてお茶。お皿に燕子花のモチーフがありました。尾形光琳の燕子花図から来ているのですよね、もちろん。燕子花図が印刷されたグッズはミュージアムショップにたくさん!人気なんですね、やっぱり。



d0090959_211710.jpg
ミュージアムショップでは書籍と根津美術館オリジナル香を購入しました。実は先日、釜山にある梵魚寺で香立てを買ってきていたのです。自分へのお土産^^ それに使えるお香が欲しいなぁと思っていたのでちょうどよかったです。

この香立ては根津美術館で見たような調度品には足元にも及ばないけれど、夏の楽しい思い出と一緒に持って帰って来たので大事にします。これを買った時にお店の人が暑いからとお水を出してくれたり、帰り際には、日本なら「ありがとうございます」になるところを「좋은 일 있으세요(いいことがありますように、といったこころでしょうか)」と言ってくれました。ほっこり。

実はこの日、美術館の後には夕飯をいただいてから最終上映時間で映画を観ました。韓国映画の「ヒマラヤ」。見応えたっぷりで、内容も内容ですから観終わって全身がぐったり。俳優さんたちの演技がスゴイですね〜。

まだまだ残暑で暑いです。皆様お気をつけくださいね。


by narinya | 2016-08-26 00:04 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

2016年6月26月 朝日新聞全国版

なかなか更新が追いつきませんが、皆さまこんにちは( ´ ▽ ` )ノ この前の日曜日、朝日新聞に書道に関する記事がありました。ご覧になった方もいるかと思います。

記事ではハングル書道にも触れています。その取材協力の要請があり、幾つか質問に答えましたが、なんだか伝えきれない!!!と思って朝日新聞東京本社まで記者さんを訪ねてきました。

おかげさまで、直接お目にかかって伝えた内容で文の再考をしていただけました(^-^) そしてついでに(いや、こっちが本命か?)ハングル書道についてのさらなる取材と、私自身についても取り上げてほしい〜❤️とアピールして参りました(^^) うふ


d0090959_22322529.jpeg

記事の中では小さいけれど、以前書いた作品とともに名前も載せていただきました。全国版で紹介してもらえてよかったです〜。最近、相変わらずお疲れな私にとってモチベーションアップになりました!


d0090959_22325700.jpeg

d0090959_22331597.jpeg

記事ではトリミングされて載っています。扱っていただいた作品の全貌をお見せします。

ターニングポイントになった個展で展示した作品で、デザインも思い通りに出来て、今見ても思い出深いです。

これからまたもう少し頑張って目標に近づくようにしたいと思います。


by narinya | 2016-06-30 17:20 | メディア Media | Comments(0)

長崎からゲスト講師が来てくれます♥

先日からお伝えしていましたが
「チェジュ島の言葉・文化・歴史・食にふれる」と題して
チェジュ島出身のコヘミ先生を長崎から招いて一日講座を開催します〜。
プロデュースは書道・絵画・篆刻教室のAtelier MINAKO(渡邊美奈子)です^^

チェジュ島の方言や郷土料理を知る機会はなかなかありませんよね。
この機会に是非ご参加ください♥
参加ご希望の方は渡邊まで。以下、詳細です。



「チェジュ島の言葉・文化・歴史・食にふれる」

日時  
2016年4月17日(日) 
①10:00〜12:30 ②14:00〜16:30
(どちらも内容は同じです)

場所  
国立市中1-9-43-503
(Atelier MINAKO)

定員  
各回とも6名

連絡先 
090-8729-9628
2insaneko@gmail.com

参加費 
4000円

内容  
・チェジュ島の紹介
・チェジュ方言で簡単な挨拶など
・方言で書かれた詩(1〜2編)を読む
・郷土料理ピントックを試食(写真参考)
・チェジュ方言でミニカードなどの制作(写真参考)

d0090959_16491423.jpeg

講師紹介
コヘミ先生
済州道 済州市出身

・国立済州大学生活科学学部 卒
・韓国外国語大学 韓国語講師養成課程修了
・サイバー韓国外国語大学韓国語学科卒
・韓国語教員資格2級収得
・キョンヒサイバー大学校 大学院 修士課程在学

・長崎西日本新聞文化サークル 韓国語講座 講師
・長崎外国語大学 非常勤講師
・長崎活水大学 非常勤講師

・2014年 長崎・韓国交流会ATTI開設




d0090959_16492984.jpeg
チェジュ方言でミニカードなど作ってみましょう^^
펜안핸마씨, 폭삭속아수다, 어떵지냄수꽈?, 고맙수다


d0090959_16494598.jpeg
そば粉のクレープに大根を巻いていただく素朴な郷土料理、ピントック。



当日はチェジュ島の見所についても教えてもらう予定です。
観光をはじめ、チェジュ島での悲しい歴史にも少し触れましょう。
先生が資料を準備してくださいます。

d0090959_16503644.jpeg
牛島の風景

d0090959_16511153.jpeg
ハルラボン

d0090959_16513520.jpeg
ハルラ山の頂上、ペンノクタム。


皆さまのご参加をお待ちしてま〜す。


by narinya | 2016-04-01 16:48 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

お教室オープン記念 コラボ講座しました

今日は桃の節句ですね〜。国立駅からすぐのお部屋でオープンしたお教室の今日の様子です。キム先生と共同使用の部屋ですが、二人で仲良くやってます。このお花のアレンジは先生がお部屋にプレゼントしてくれました^^

d0090959_16271977.jpg

昨日、3月2日には教室オープン記念のコラボ講座として、キム先生にも手伝ってもらって韓国語の勉強+小作品の制作のイベントをしました。おかげさまでアットホームな空間で素敵な方々と楽しい3時間を過ごしました。

韓国語の詩を書きましょう!という企画ですから、まずは韓国語の理解をする必要がありますね。久しぶりに人前で(それも専門家のキム先生の前で!笑)韓国語の説明をするもブランクがありすぎてオタオタです〜。まぁ、そこは笑顔でカバー。

韓国語のレベルは問わず参加していただく講座ですから、どの方にも何か有意義で、でも緊張せずに受けられる授業が目標です。散漫といえば散漫ですが、普通の語学クラスではありませんから受講したみなさんと作り上げる感じですね。終始、笑いの絶えない気楽な韓国語授業となりました。

気楽なんだけどマニアックな発音の話、分かち書きの話などにも触れました。私が韓国語がほぼ独学なので自分がわかりやすいように解釈したものが、時々、他の方の役に立つ時があります。発想の転換をするだけで、これまで勉強だから覚えなきゃ>_< と思っていたものから解放されたりもしますよね。

その様子はキムウニョン先生のブログ、それから参加してくださった方のブログでご覧ください〜。




d0090959_16284375.jpg
鮮やかな絵の具を見るだけでワクワク。



d0090959_16292250.jpg
白い紙に字だけ書くなんて…、短い時間では緊張しちゃうし華がないです。ですから紙の装飾からしてみましたよ。自由に絵の具を垂らしたりにじませたり…。難しいことはありません。でも少し慣れも必要かもね^^ 



d0090959_20333334.jpg

皆さん黙々と練習〜。



d0090959_1634282.jpg

字の練習を経て、ジャーン。ハンコもおしてフレームに入ると世界で一点の素敵な作品になりました。



d0090959_16343433.jpg

集中して疲れた私たちのお楽しみはいい匂いのしていたキム先生お手製のホットクとトゥングルレ茶。イチゴとクリームも乗せてくれました。カフェが開ける…。



d0090959_16392840.jpg

作品制作にはキム先生も参加されましたが、途中でホットクの作業が〜。紙の装飾までされたので、その先の字を書き入れるのは私が…。これぞ本当のコラボですね。先生の春らしい紙の柄が竜みたいだなぁなんて。見えませんか?



d0090959_1640181.jpg

そのほか余った紙があったのでもう数枚ほど書いてみました。楽しい。

ちょっと時間がかかる内容だったので、少しだけ工夫してスリムにしてみましょう。毎月一度、定期クラスにしました。第一水曜日です。またサンプルを作ってお知らせしますね〜。週末などにワークショップとしてもできるようにしようかな。お仕事されている方々もできるように。

では皆様も楽しい桃の節句を〜。



by narinya | 2016-03-03 16:40 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

書道用品屋をめぐる遠足(^^)

書道の生徒さんたちを誘って書道用品店を見て歩く遠足に行きました。スタート大久保のキョー和から。

d0090959_13365338.jpg

いろんなめでたい柄がこれまたいろんな色の紙に擦ってある紙を買いました。量が少し多かったので半分に切って生徒さんと分けました。


d0090959_13371251.jpg

それから硯を新しく購入する生徒さんに砥石をお勧め。これも一人では使い切れない量なので3人で分け分け( ^ω^ )

キョー和(新宿)
http://www.kywa.jp/shop-info/shop-sinjyuku.htm


d0090959_1339052.jpg

メインの道具屋さんのつもりで予定に入れた日本橋の小津和紙。なんと!入店しようとしたら… 年に一度の棚卸しの日ということが判明して泣く泣く諦めました。

小津和紙(日本橋)
http://www.ozuwashi.net


d0090959_073354.jpg

d0090959_13511621.jpg

d0090959_13523851.jpg

銀座に向かう途中で有便堂に寄ってお買い物(^^) 小さなお店ですが、品揃えの質が良くて満足度の高いお店です。

日本画の岩絵の具も豊富です。他ではあまり見ない顔彩の色も取り揃えていたりして、たまに寄るといいお買い物ができます。


d0090959_13433086.jpg

そして私は衝動買いでこんな可愛らしいものに手を伸ばしてしまいました(*^^*)


d0090959_13435888.jpg

これは墨をする時に水をすくって硯に落としたり、絵皿の絵の具を溶くときなどに使います。水滴のと同じ事ですが一滴だけ欲しいような繊細な作業の時には、この匙タイプが適しているかと思います。

文化大革命の頃によく製造されていたものらしく、今ではなかなか手に入らないという背景もきいてしまったら買いたくなりますよね。

有便堂(日本橋)
http://www.yubendo.co.jp/index.html


d0090959_13562355.jpg

東京駅と京橋の間にある仮名の紙や筆の専門店。以前と違う場所に移ったので探すのに少しモタつきました。


d0090959_1353437.jpg

仮名はなんといっても紙(料紙)が美しい!きらびやかでゴテゴテキラキラの装飾美も魅力のひとつです。

仮名文字を書くための紙ですが、装飾性の高さから料紙の技術だけでもひとつ立派な伝統工芸です。平安時代にすでに絶頂期を迎えて、王朝や仏教などの場面で発展したわけですが、今となっては仮名書道をしなければ、日本人でさえ料紙の存在さえ知る人は少ないです。

仮名文字のこともその周辺のことも興味を引かないのかしら…。あんなに綺麗で繊細で日本にしかないものなのに、すごく残念です。

新しいものや外国のものはワクワクして楽しいけれど、実は自分のすぐそばにあるものがすごく価値のあるものだった…と、きっといつか皆が気づくのではないかと期待しつつ(^^) まずは自分の生徒さんから普及活動しています。

こきん(八重洲)ー仮名専門
http://www.kokinkana.jp


d0090959_13464972.jpg

最後は銀座につきました。クリスマスに合わせて街中がきらびやかです。


d0090959_13593391.jpg

最後は銀座の慶花堂へ。そこで印の朱肉、すなわち印泥(いんでい)の中身だけ見つけたので買ってみました。

手持ちの印泥がどうしてもゆるくて…。この固めの中身だけ練りこんで混ぜてみようと思って買ってみました〜。

慶花堂(銀座)
http://keikadou.com/sp/index.html


この界隈の遠足は第二弾、三弾と続く予感。まず、小津和紙からリベンジ遠足をしなくては!


by narinya | 2015-12-26 13:54 | お出かけ・手作業 | Comments(0)


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ