ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:料紙 ( 91 ) タグの人気記事

描き表具 + 貼り混ぜ (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

d0090959_1832560.jpg

narinyaさんって、ハンコ彫りたいの?絵を描きたいの?細密画と水墨どっち?あれ?字を書きたいのかな?漢字?仮名?ハングル???って思いますでしょ?実際、そう聞かれることも多いです。それで、そんなことでは駄目だと暗に言われることも・・・。

はっきり言って放っておいてほしいと思う。けど小心者だから、そういうことを言われると心が乱れます。何かの専門家になりたいわけではないの。ただ、思い描く作品を作れるようになりたいから、それに必要になるものそれぞれが出来るようになりたいだけなのです。

欲張りだけど、そんな私を理解してくれる懐の広い先生も見つけたし頑張れそう^^そうやっているうちに、これ!と感じるものがあるでしょう~。


d0090959_17562731.jpg

by narinya | 2009-10-04 14:47 | 展示会 exhibition2 | Comments(14)

四君子とハングル (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

日本の大学生に水墨画の話をチラッとしたとしてですよ、「あ~、詳しくはわからないですけど、四君子とかですよね^^」なんていう言葉が返ってくることって期待できるでしょうか・・・。

韓国人で私が過去に接した学生さんたちが優秀なのか、文化や教育の違いなのかわからないですが韓国の学生さんと上のような会話が成り立つってすごくない?

ネット上でも水墨画とか東洋画がデザインに使われているのも韓国の方が多いような気がします。日本には仮名があるからその分、機会が減るのかな~。
d0090959_18253238.jpg

これは軸ですが作品の周りには裂はありません。白いところが本紙で周りのグレーが表具・・・というわけでもありません。全部が本紙なのです。要するに一枚の紙です。

紙を染めてから絵を描いて、最後に字を書いたわけですが、ということは使える紙は一枚しかないという。ストレスと後悔が満載の作品といえますw。でも実験を兼ねていたので、ま、いいね。前向きに考えようと思います。
by narinya | 2009-10-01 00:01 | 展示会 exhibition2 | Comments(18)

「手紙文」 (長崎コクラヤギャラリー090710-14) 

d0090959_157395.jpg

萩の花を描いた紙に、亡くなった母からの手紙文を書いて作品化。きっと、誰にでも残しておきたい大事な手紙とか言葉とかあると思うんですよね。詩を書くのももちろんいいし、名言も座右の銘もいいんんだけど、こんな手紙文を書くときこそ書道をいかすことができてるな、と感じます。

一枚しかない紙に書くから慎重に・・・。また数年後、同じ作品を作ってみようと思います。
by narinya | 2009-08-20 08:53 | 展示会 exhibition2 | Comments(10)

「百人一首」 (長崎コクラヤギャラリー090710-14) 

白露に風の吹きしく秋の野はつらぬきとめぬ玉ぞ散りける

(意味:秋の野に(葉に)たまった白露が風に吹かれて落ちる様子がまるで糸でつなぎとめない玉が落ちていくようだ)
 美しい情景が目に浮かぶし、風と光が感じられる歌ですねぇ。

d0090959_161111100.jpg


継紙の技法でパネル仕立てにしたものをアートフレームに入れて立体感を持たせました。継紙に字を書いてもよし、こんな風に別の紙のバックにしてもよしです。これは黄色の紙が取り外せますので、また違う作品を書いて入れてもいいわけです~。

案外、寒色系の紙に歌を書いて合わせてもいいと思う。そしたら枠(黄色)と奥の台紙(オレンジ)は変えた方がいいですね。作家さんが100%完成させない作品もあったらいいと思う。季節に、歌に、気分に合わせて着せ替えてどんどん楽しまなくちゃ^^と言いたいわけです。
by narinya | 2009-08-12 17:06 | 展示会 exhibition2 | Comments(2)

再挑戦したやつ

今日さえ過ぎれば、あとは表具の締め切りがなくなるので気持ち的に楽になります。でも今日も限りなく徹夜に近い状態で朝を迎え・・・フラフラだにゃ。こんなことはいけません。死んでしまうかもしれないと真剣に思った日々でした。。。計画性なのか技術なのか?とにかく何でもサラッとできるようになりたい。でもどうやったらそうなれるんでせうか・・・。一生修行なの?つらいよぅ。

d0090959_1811130.jpg

写真は数年前に作ったものと同じデザイン。色合いと紙の大きさをちょっと変えました。字は同じものを書きました。学生時代に母からもらった手紙文です。前のは前のでいいみたい。そのとき全力を尽くした感じが出てます。今回のはちょっと成長して器用にできるようになった姿が見えます。また数年後、同じの作ったら面白いかもしれませんねぇ。
by narinya | 2009-06-22 09:00 | 画 painting | Comments(4)

講師も順番で

いやぁ、7月の個展に向けて、ホント寝る間も食べる間も惜しんで作業の日々です。実力があればサクサクサクサクと制作も順調なんでしょうけど・・・。そんなことは夢のまた夢。試行錯誤の連続です。でもきっと成長するはずです。普段がどれだけ楽ちんだったかがよくわかりました。。。

そんな中、実は4月からカルチャーセンターの中級韓国語クラスまで引き継ぐことになって~。昨年、代理講師をしたクラスです。クーデター!?でもないけど、去年春までは私も受講生で通ってたクラスだから微妙に複雑よね・・・。
d0090959_1874573.jpg
交代で発表する作文は、講師といえども順番がまわってきます(笑)。皆さん、私が書く文も見たいっていうから。結局は一緒に勉強しながら、私がわかる範囲のことならお教えします、というクラスです。でも前のネイティブ先生より内容は厳しいけどね。

でもね、作品に忙しすぎて作文なんて用意して行けないのにゃ~。だから簡単な文でその場で書いたら感動された。。。受講生の皆さんもそのくらいできるレベルなんだけどなぁ。うかうかしてると本当にボロが出るので早くちゃんと勉強を再開させないと。でも作業が~。とにかくその日一日、目の前のものから片付ける日々はまだ続くのです・・・。



d0090959_188247.jpgさっくり字だけ書けばいいものを、一番手間のかかる工筆画やっちゃったりしてるから大変なんですぅ。でも出品したいからがんばってます。

写真は線描までやったところです。これに彩色していきます。ここからが楽しいのだ。ウシシ^^

萩の絵は以前つくった作品に再度挑戦したものです。紙から染めてみました。さて、何で染めたでしょう?飲み物だよ。
by narinya | 2009-06-13 21:38 | レッスン風景いろいろ | Comments(7)

5枚目って・・・泣

d0090959_1283141.jpg

画仙紙買ってきて字を書いて表具すれば立派な書作品になる、というほど字だけで勝負できる実力がないってことはよくわかっているの。だから絵とか紙を装飾したりとか・・・もう総合的なことで点数かせぐしかないという道を選んでいるんですよね。

これは詩の内容から色をイメージして消しゴムはんこで模様つけたもの。で、そこに字を書くことになるわけなんですけど・・・あぁ、なぜに?そう何回も失敗しちゃうのー?ってなことでこの紙は5枚目。。。字は失敗してるのにはんこは徐々に上手に押せるようになって~。でも無事にこの写真の一枚で完成させました!わーい^^

表装は額にしようか軸にしようか迷ったのですが、軸でいくことにしました。この紙の模様と詩の内容に合うようにって表具師さんが出してくれた布がとっても素敵なブルー!「長崎ブルー」っていう布なんですってよ~。長崎の海と空をイメージしたもので全国的にも通じる名前って言ってたけど本当かな?仕上がりが楽しみな作品です。
by narinya | 2009-06-07 22:08 | 書道 calligraphy | Comments(10)

「開かれたこころ」 (長崎 カロムカフェ 090410-0510)

カフェ展示会はこんな感じのものしか出せませんでした。もちろん楽しく作りはしましたが作品っていうにはちょっと気楽で遊び感覚が色濃い印象ですね。何の気負いもなく鑑賞していただけて、カフェという空間にはちょうどよかったのですが、この手のものばかりでは本来の「書」を普及させるにはちょっと弱いのにゃ・・・。

d0090959_1943223.jpg

今日は、この間お世話になっている方とお会いしました。この作品を私が手元に持っていてもあまり意味がないのでサックリと差し上げてきました。こうして欲しいとも言われてもいないのに作ったものをあちらこちらに配っているんですね。でもよろこんで下さった(ように見えた)のでよかったです。これは葉書大に黄色の部分を継いだものです。印のところはくり抜いて裏から貼った後に全体を簡単裏打ちをしました。

字は「開かれたこころ 明るいせかい」
印は「開かれたこころ」

てな感じの訳になるでしょうか^^
by narinya | 2009-05-17 01:13 | 展示会 exhibition1 | Comments(6)

カフェ展示終了 (長崎 カロムカフェ 090410-0510)

浜の町アーケード 「カロムカフェ」 の一角をお借りしていた展示会は無事に終了いたしました。慌ただしい中での制作で、作品といっても小さなものばかりでしたが、気楽にみていただきたいということが第一でしたのでひとまずは成功ではないかと思います。

d0090959_19275390.jpg


大きく書けないと小さくも書けないのはもちろんですが、小さいものばかり作っていると、これまたバランス感覚がおかしくなるもので・・・。ということで、夏にはまた発表を予定しております。今度はみんな大きめで作品っていう感じになると思います。またあらためて告知いたしますのでしばしお待ちを~。

このカフェ展示会の作品もちょこちょことアップしていきますので、気が向いたら当ブログまで見に来てくださいませ。最後にカロムカフェのオーナーにこの場をかりて感謝申し上げたいと思います。それからこの機会を作ってくださったIさん、そばで応援してくださったKさん、Hさん。1人ではできませんでした。どうもありがとう!!!
by narinya | 2009-05-12 19:39 | 展示会 exhibition1 | Comments(10)

鶴さん紋様

d0090959_2231869.jpg

ひとつのはんこで、鶴さんたちが自然に飛び立っているように見せるのってむずかしいですね。それでも何となく希望に向かって飛んでいく感が出たかな?バックの一部斜めになっちゃってます。これって亀甲模様の親戚?以前、亀甲模様に上下があるって知ったときは、なるほどというより衝撃的だった・・・。だってそれまでは間違って使ってたかもしれないってことでしょう?^^;;

先日のハングル書道は無事に提出完了です。やっぱり最初は何でも大変ですね。宮体の基本的な筆遣いに慣れるまで、それはもう・・・。正直、こんな風にやってたら、私、早死にするんじゃないかって思った~。それにしても、やっぱり外国語。たとえ、字形とか筆遣いとかがよくできたとしても、違う次元で足りないものを感じます。それって超えられない壁?超える必要もないものなのかしら・・・。
by narinya | 2009-04-03 23:31 | 消しゴム eraser | Comments(4)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ