ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:篆刻 ( 101 ) タグの人気記事

扇子ワークショップ第一回目と平仮名のハンコ「み」

6月28日(火)に篆刻クラスの生徒さんが、扇子のワークショップの戦陣を切って参加してくれました。そもそも、今回の扇子ワークショップは、韓国民画技法で図柄に彩色して、余白に筆文字入れて、それを入れる扇子袋をポジャギで作るという壮大な内容です!

それに加えて、この篆刻の生徒さんたちは、その扇子におすためのハンコの制作からしました〜。朝からハンコを彫り彫りして昼食を挟み、午後に扇子・・・。案の定、扇子袋までは時間が足りずにお持ち帰りとなりました。それを想定して家でもできるキットに友人に仕立ててもらったので全然OK^^


下は生徒さんの扇子作品〜(字は美奈子が代筆しました^^)。
d0090959_06283558.jpeg
d0090959_06285199.jpeg


生徒さんがハンコを彫ってる間に私も一つ作りました。平仮名一文字で「み」。手持ちの本を参考にカリカリっと彫ってすぐにできました。

d0090959_22390504.jpeg
曲線は彫るのも筆で書くのも難しそうだと皆さん思われるようですが、曲線と直線に何の違いもありません。だいたい、最初から線なんて存在してなかったところに道具を使って線を出現させているわけですよね。筆でいえば毛に墨を含ませて植物の繊維を広げて乾かした紙に染み込ませているのですが、その染み込んでいる墨は炭素粒子の集まりに過ぎません。粒子の集合が線なのです。

石を彫るのも同じ感覚で、刀で石の粒子を取り除いていくことで溝が生まれて彫れるのですが、ひと粒子ひと粒子とつながって直線になったり曲線になったりするのです。

だから直線であれ曲線であれ点であれ、太くても細くても、漢字でもひらがなでもハングルでも、要は点の集合で線になっているだけ・・・。曲線が難しいというなら直線も等しく難しいけど〜?そんなことを感じながら線を書いたり石を彫ったりしてると、なんだか瞑想でもしていような気分になります。自分自身も粒子になったみたいな?

とまぁ、細かな話は興味のある方だけ見てくれればいいです。彫ったハンコは美奈子の「み」。こんな感じの持ってなかったのでこれから活用できそうで作って良かったです。


次の扇子ワークショップは国立で7月2日(土)3名様が参加予定です。お一人で二つやりたい!なんて言ってくださる方も・・・。嬉しいですが無理のないようにお願いしますね^^


by narinya | 2016-07-01 06:22 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

扇子とハンコのワークショップします


「扇子に絵付け・文字入れ&ポジャギ扇子袋作り」

【国立】
① 6月28日(火)14:00〜17:00 残席2
② 7月2日(土)10:00〜13:00 満席
場所:国立市中1−7−4−503

【名古屋】
7月6日(水)14:00〜17:00 満席
場所:韓国観光公社名古屋支社 コリアプラザ

【大阪】
7月9日(土)14:00〜17:00 まんせき
場所:福島区民センター306会議室

参加費はどちらの時間も6000円
(材料費など含む)

※【大阪】17時以降 ー 通信の生徒さん対象のスクーリング(参加費1500円)
※【大阪】18時以降 ー ハングル書道の体験・講習希望者は受付ます(参加費3000円)


〜講座内容〜
絵の輪郭線が描いてある扇子に絵の具で色づけします。
練習をして余白に文字を書き入れます(講師代筆可^^)。
ポジャギ作家によるオリジナルデザインの扇子袋キット制作。
※袋は会場で未完成でも自宅で出来るようにデザインしてあります
d0090959_13151642.jpg
着色前の扇子
(柄は2種類ありますが希望に添えない場合もあります)
d0090959_13155545.jpg
縫った袋に入れたようす
d0090959_13163228.jpg
袋は色んな配色でデザインされています。
(好きな色を選びますが希望にそえない場合もあります)
d0090959_13165282.jpg
袋には針と色もセットになっています。
仕上げのかがり縫いをして袋状に仕立てます。


****************


ハンコ(篆刻)のワークショップ
「ハングルで彫っておしてみよう」


【大阪】
7月10日(日)10:00〜13:00 満席
場所:サロンHyang(李美香 ヘグム教室Hyang)
大阪市天王寺区味原町11-5 渡邊ビル3階
(地下鉄鶴橋駅下車 1番出口 徒歩1分。JR・近鉄鶴橋駅下車 徒歩2分)


参加費4000円
(材料費など含む)


緊急追加!
7月9日(土)
10:00〜12:30
参加費4500円
(材料費など含む・簡単なお茶付き)
場所:café樂
大阪市生野区桃谷2−21−26
まだ席に余裕あります^^
作業終了後すこし歓談しましょう

〜講座内容〜
ハングルで石に字を彫ってみます。
専用の朱肉や蝋で色んなものにおしてみましょう。
d0090959_13194857.jpg
ハングルでハンコらしくデザインして彫ります
d0090959_13204762.jpg
こんなタグにおしてみても・・・^^
d0090959_13213981.jpg
蝋を溶かしておしつけると字が浮かび上がります
d0090959_1322274.jpg
封筒のシーリングワックスとして活用したようす


★詳細 ★問い合わせ ★申し込み
2insaneko@gmail.com 渡邊美奈子まで


by narinya | 2016-06-20 16:06 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(1)

篆刻教室も順調 & 募集中

のんびりペースで篆刻教室しています。苦労して石に字を彫って何になるの?と思ったら成り立たない世界のことなのですが、勉強するだけなら比較的お金もかからないし、自分のコレクションが増えていくのも楽しいし、石はきれいだし・・・。手作業しながらいろんなおしゃべりして^^ そんな感じのお稽古がいいなと思います。

展覧会とか、師弟関係とか、協会とかはあまりね^^; 得るものももちろんありますが、まず私自身のスタイルではないので、そういう活動を求める方にはよその教室をおすすめしてます。で、必然、私のところには、気のいい好奇心旺盛な楽しい方々が集まるのですよね。だからのんびりペースなのです。それでいいのです^^
d0090959_17482970.jpeg
お茶付きのお稽古ではありません!でもお茶くらい出します。ダラダラとお茶会しながらお勉強するのがいいんですよ〜。ですから差し入れも常時歓迎します(笑)。写真は韓国旅行の直後のお稽古だったので、お土産のお菓子を振る舞った図です。





d0090959_12413240.jpg
昨年末には2016年の干支にちなんだハンコを作りました。練習も兼ねているのであまり複雑なものではなく。いくつかある書籍から干支に関するデザインを集めて資料としました。

さてハンコをデザインして彫りましょう!といっても、何もないところから創造的なものが生まれるわけがありません。ものを作ることをすごくクリエイティブで新しいものを続々生み出すことだというイメージがあるかと思いますが、それは全くそうではありません。日頃からいろんな資料を集めたり、疑問は調べたり、他の人の作品を見て参考になることや刺激になることはないかリサーチしたり・・・。

語学やスポーツと同じで、入れたものを応用したり再構成したりしながら、自分の個性はスパイスのように少し振りかけるだけのことです。特に伝統的なことをするのであれば、型と技術の訓練はまた別にするつもりで取り組むのがいいですね〜。




d0090959_12415852.jpg
のんびりペースとはいえ、そんな真面目な考えでしているので、生徒さんたちも正統な手順でお勉強します。近道やナンチャッテは基本的にせず、細く長く、たとえ私がいなくなってもできるように・・・。ですから自立心のある方は大歓迎♥




d0090959_12425624.jpg
転写方式、それも超カンタンな方法もあるんですけど結局のところ腕が上がらないので、ちゃんと筆で完成図を書いて鏡で反転させて・・・という面倒な手順でしてもらってます。

やっぱりそれが一番いいのです。うわぁ、なんて素敵!という作品を作り出す人たちの中に近道をしたり修行をしなかった人たちはいませんから。その点、世の中はとてもシンプルだし、まっとうだな〜とよく思います。まぁ、何を素敵!と思うかは見る目にもよりますけどね〜。



d0090959_2319186.jpg
そうこうしていたら、生徒さんたちは年末までに干支のハンコを仕上げてました〜。家で宿題もしてくれるからスムーズです^^ 一連の篆刻作業の手順で仕上げたので、きっと勉強になったはず。そして、干支のハンコなので実用的〜。

2016年の最初の授業では、このハンコをおすために(笑)書き初めを強制された生徒さんたち!ハンコを彫ることを習いに来たのに知らないうちに筆を持たされて字を書かされます。どの勉強をするか選んで入っても、そのほかのことはもれなくさせられる教室ですから覚悟して入ってね〜。ふふふ〜。




d0090959_2342011.jpg
これは年明けの書き初め用のお手本です。書く文字も本から自身で選んでもらいました。書道をする人のための漢詩の本を見ることもないでしょう?お見せできて経験してもらってよかったです^^

お稽古に通うことは決して「お買い物」ではありませんから。指導者がこれまで培った技と資料と精神力を分けてもらうことだと思ってくださいね〜。何がいくらとか、時間でいくらとか、そういう現代の消費社会の感覚は捨てて!信頼関係という名のどんぶり勘定でいこう!



d0090959_2325251.jpg
お手本はランチョンマットに書いて渡したのでその場で使用しました(笑)。なんとこの日は頂き物の四角いロールケーキがあったのです。宮崎の生徒さんがお歳暮に贈ってくださったものです。東京の篆刻の生徒さんたちと、こんな演出をしながら美味しくいただきましたよ。いつも本当にありがとうございます。幸せが日本全国をめぐりめぐってます。



じゃーん♪ 
年が明けて予告通りに書き初めをさせられる生徒さんたち。

d0090959_236060.jpg
ヒョロリと髭のような飾りがついた隷書体に生まれて初めて挑戦しましたよ。できるかなぁ?なんておっしゃっていましたが、もともと篆刻の稽古に通おうと思うような方々ですから、少しお教えしたらとっても上手にされるのです。



d0090959_2365638.jpg
本番の細長い画仙紙でできた高級葉書にお清書〜。これ生徒さんがサラサラと書いたものですよ。ほれぼれしますねぇ。



d0090959_238717.jpg
こちらを書いた方の横画の力強さ♥ 

なんでしょうね、やっぱり普段の人となりとか人間性って筆に出るな〜と思う瞬間でした。果敢に挑む姿勢は線に出ますよね。




d0090959_23844100.jpg
「申」ハンコをおして完成。



d0090959_2391614.jpg
「さる」ハンコをおして完成。



落款印だけが印ではないので、印をおすために筆で小作品を作ったという例です。できることが増えると表現もアイデアもさらに増えます。すると作品も徐々に見るからに立派になります。

せっかく何かをするなら、自分の中で発展があることをしたらいいと思います。自分が主役だからね〜。そういうことの助けになるお稽古場だったらいいなと思います。それでそれぞれが職場で、家庭ですべき役割が気持ちよくできたなら、それが一番いいと思います。



国立にお教室ができてから篆刻のクラスには仲間がまた一人増えました\(^O^)/ その方も交えたお稽古の様子はまたお伝えしますね。このクラスは、第2・第4の火曜日 13時〜15時です。なんと私のお教室では異例の都度払い制!笑 理由は、篆刻はお手本書きなどの準備がまずないからですね〜。


カリキュラムはないけど篆刻にまつわる色んなことをします。もう少ししたら印面を保護するためのカバーである「袴」を作ります。手先の細かなことが好きな方は篆刻たのしいですよ。書道の中でも唯一クラフトっぽい要素があります。よかったら一緒にしましょう^^
 


by narinya | 2016-04-11 23:09 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

書道用品屋をめぐる遠足(^^)

書道の生徒さんたちを誘って書道用品店を見て歩く遠足に行きました。スタート大久保のキョー和から。

d0090959_13365338.jpg

いろんなめでたい柄がこれまたいろんな色の紙に擦ってある紙を買いました。量が少し多かったので半分に切って生徒さんと分けました。


d0090959_13371251.jpg

それから硯を新しく購入する生徒さんに砥石をお勧め。これも一人では使い切れない量なので3人で分け分け( ^ω^ )

キョー和(新宿)
http://www.kywa.jp/shop-info/shop-sinjyuku.htm


d0090959_1339052.jpg

メインの道具屋さんのつもりで予定に入れた日本橋の小津和紙。なんと!入店しようとしたら… 年に一度の棚卸しの日ということが判明して泣く泣く諦めました。

小津和紙(日本橋)
http://www.ozuwashi.net


d0090959_073354.jpg

d0090959_13511621.jpg

d0090959_13523851.jpg

銀座に向かう途中で有便堂に寄ってお買い物(^^) 小さなお店ですが、品揃えの質が良くて満足度の高いお店です。

日本画の岩絵の具も豊富です。他ではあまり見ない顔彩の色も取り揃えていたりして、たまに寄るといいお買い物ができます。


d0090959_13433086.jpg

そして私は衝動買いでこんな可愛らしいものに手を伸ばしてしまいました(*^^*)


d0090959_13435888.jpg

これは墨をする時に水をすくって硯に落としたり、絵皿の絵の具を溶くときなどに使います。水滴のと同じ事ですが一滴だけ欲しいような繊細な作業の時には、この匙タイプが適しているかと思います。

文化大革命の頃によく製造されていたものらしく、今ではなかなか手に入らないという背景もきいてしまったら買いたくなりますよね。

有便堂(日本橋)
http://www.yubendo.co.jp/index.html


d0090959_13562355.jpg

東京駅と京橋の間にある仮名の紙や筆の専門店。以前と違う場所に移ったので探すのに少しモタつきました。


d0090959_1353437.jpg

仮名はなんといっても紙(料紙)が美しい!きらびやかでゴテゴテキラキラの装飾美も魅力のひとつです。

仮名文字を書くための紙ですが、装飾性の高さから料紙の技術だけでもひとつ立派な伝統工芸です。平安時代にすでに絶頂期を迎えて、王朝や仏教などの場面で発展したわけですが、今となっては仮名書道をしなければ、日本人でさえ料紙の存在さえ知る人は少ないです。

仮名文字のこともその周辺のことも興味を引かないのかしら…。あんなに綺麗で繊細で日本にしかないものなのに、すごく残念です。

新しいものや外国のものはワクワクして楽しいけれど、実は自分のすぐそばにあるものがすごく価値のあるものだった…と、きっといつか皆が気づくのではないかと期待しつつ(^^) まずは自分の生徒さんから普及活動しています。

こきん(八重洲)ー仮名専門
http://www.kokinkana.jp


d0090959_13464972.jpg

最後は銀座につきました。クリスマスに合わせて街中がきらびやかです。


d0090959_13593391.jpg

最後は銀座の慶花堂へ。そこで印の朱肉、すなわち印泥(いんでい)の中身だけ見つけたので買ってみました。

手持ちの印泥がどうしてもゆるくて…。この固めの中身だけ練りこんで混ぜてみようと思って買ってみました〜。

慶花堂(銀座)
http://keikadou.com/sp/index.html


この界隈の遠足は第二弾、三弾と続く予感。まず、小津和紙からリベンジ遠足をしなくては!


by narinya | 2015-12-26 13:54 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

ハングルで判子を彫るワークショップ〜番外編 しました

ハングルの日にちなんで10月に二度ほど開催したハングルで彫る判子ワークショップ。神保町のチェッコリのイベントとして一回、書道教室のワークショップとして家の近所で一回。

今回の番外編は、そのどちらにも参加できなかった方々で、時間さえあれば参加したかったという熱いメッセージをくださっていた方々♡ ならば!皆が参加可能日に開催すればいいんじゃない?ということで、約束して集まった5名様でした。

時間は夜間にして、場所は、皆さんが来やすい都心で開催しました。スペースを貸してくださったのは、人形町にあるKEC日本橋外語塾の金玄玉先生。本当に助かりました。どうもありがとうございました。


d0090959_0313287.jpg
この巾着の中には、篆刻用の小さな朱肉と印材の石が入っています。篆刻の歴史やハンコの種類などを説明した資料もお渡しして、普段、とりたてて触れることのない篆刻のことをお伝えしました。

言っても篆刻だって、何かに溝をつけて押し付けて跡がつくというだけの、原始的なことです。手のひらに絵の具をつけて紙にペタッとするとか…。ハンコの原理はそんなことであって、あまり高尚なものとして考えなくてもいいのではないかなぁとも思います。

「篆刻」とキチンと分野分けをしようとすれば、それなりに修行チックなこともあります。でも、それも何故そうするかといえば……何?笑 展覧会で賞を獲るためでは、まずないですよね。実用といっても、もう公的な書類につく印鑑はみんな持っているでしょう?だから結局は愉しみのためにするのだと思います。



d0090959_032116.jpg
石のハンコならでは。こうして熱いものにも遜色なく(損傷なく?)使えます。



d0090959_0323265.jpg
ムギュッとして離せば、ちょっとオシャレな封蝋も♡ こういうアイデアと道具を提供するのも私の役割だと思ってしています。よくある街の書道教室だと、段級取得の競争と展覧会に出品することばかりに忙しくて、こういう楽しむことを見せてくれません。競争心があって伸びることももちろんあるのですが、それって他人との競争じゃないよね。私がそういうのそもそも無理なので^^; 

で、行き着いたのがこんなデザインや美術、語学との融合。というか、もとからそれがしたかったのでした^^ 私のやり方は、手間といえば手間なのだけど、どうせ一人でできることの量はたかが知れてるので、これからもこんな感じで出来る範囲でやっていこうと思います。

来年からは、国立で教室用の部屋を借りるので、そこでは篆刻の時間たくさん設けます。もし、生徒さんが来なくても私の作業時間〜♪ 篆刻する時間を必ず確保することで、教えることはもちろん、注文制作もできるし、模刻の勉強もできるし、いいことです^^

d0090959_2184229.jpg
また何か考えてハンコのワークショップしたいと思います。今回参加してくださった5名様♡ 遅くまでお疲れ様とありがとうございました。


by narinya | 2015-12-21 16:09 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

外国人さんお習字しに来るの巻

ちょっとした書道の一日講座を依頼されまして先週、開催しました(o^^o) 外国の方と日本の方が習われるとのことで、練習もして最後なにか形にもしたいということでした。人数が少ないので狭いけど私のお部屋でしましたよ。道具や資料の移動をしなくていいのはやっぱり楽だし、互いにいいですね。本当、いつか道場がほしい…♡


d0090959_12163435.jpg
その場でご希望を伺ってお手本いろいろ書いて差し上げました。ロシアからの綺麗なMさん(^^) もともと水彩画などプロ級の腕前をお持ちの方なので、筆づかいを見せて説明したら一発でできる方でした〜。

縦線、横線、左右それぞれのはらい、転折の練習をして創作の時間に突入〜。


d0090959_314294.jpg
お題は「山」の字で、パネルに仕立てるミッションです。山の字なんて簡単と思うなかれ。書体だけみても何種類もあるし、象形文字でもあるから絵のような展開も可能です。紙面の配置、墨の濃淡、線の太さなどなど…。変化をつけ始めたら何日あっても足りません(≧∇≦)

こちらの草書体をいかした作品はMさんのものです。落款印も即席で作っておしました。おし方も和紙を使って一手間かけた表現になりました。漢字の「真」の字を当てましたよ。


d0090959_322292.jpg
パネルに張り付ける繊細な作業も上手です。記念撮影もモデルさんみたい!と言ったら、実際にモデルさんもされてるとか!


d0090959_324763.jpg
こちらは日本の方、Nさん。お写真見たら、あ!あのNさんだ〜!と思う韓国語学習者も多いかも(^^) 韓国語多読の会を運営していて韓国語の絵本をたくさん日本に紹介している素敵な方です。ご興味のある方は是非、参加してみてくださいね〜。


d0090959_332026.jpg
日本語教師でもあるNさん。私も学生の頃から外国と外国語にすごく興味があって、異文化交流とか大好きです。で、その中で私ができることって書道の紹介とかなので活用して何かしたいという希望は常時あります。そのために外国語を勉強するわけですし、いつか外国に移住したいという希望もあります。

そんな私に楽しくいい機会をくださったNさん♡ ありがとうございます。参加してくれたMさんも、また会いましょう。残念ながら欠席されたCさん、また第二弾で是非ご一緒したいわ。

この日はお二人の協力もあり思った以上にいい作品ができました。お部屋に飾ってください。ありがとうございました(o^^o)
by narinya | 2015-10-30 13:14 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(2)

国立でハングル判子のワークショップ

ブログ、真面目に更新中! ハングルの日にちなんだ判子のワークショップは神保町のチェッコリ以外に10月12日(月) 私の書道教室の番外編としても開催しました。


d0090959_20564232.jpg
ありがたいことに、ハングルで彫るということも魅力の一つになったのか、夏にコラボ講座をしたキム先生の韓国語の生徒さんたちも多く参加してくださいました。いつも書道の稽古に通う生徒さんを含めて総勢14人が参加してくださいました〜。数が多いとキットのセッティングも大変だけど楽しい♡


d0090959_2057841.jpg
明るいスタジオで和気あいあい(^^) 手作りの会ではありますが、やっぱり書道の授業ですからね。簡単な篆刻の歴史や印の種類などに関する資料もお渡ししてサラリと解説もしました。そのあとはデザインをする時間に進みます〜。


d0090959_20573754.jpg
デザインがそれぞれほぼ決まってきたあたりで、今度は彫りの時間に進みます。篆刻が小さくてクラフト的な要素もありスタンプとしての実用性も備えているので、篆刻は皆さん本当に興味があるようです。

ただ、彫るという行為は練習なしにできるものではなく…。その点はご理解いただかないといけないのですが、でもちょっと難しいからこそ楽しいと言ってくださる方もいるので、そう聞くと私も少し救われます。


d0090959_20575458.jpg
コラボイベントでお世話になったキムウニョン先生がお嬢さんと参加してくださいました♡ お嬢さんのハンコはとっても素敵な仕上がり! でも写真とり忘れ…。お見せできなくて残念!


d0090959_1334454.jpg
こんなに可愛らしいデザインが出来上がりました!全ての方の印を一つずつ写真に収めることはできなかったのが心残り〜。最後、会場でみなさんで自分の印をおしての交換会が繰り広げられました。その皆さんのお姿が微笑ましくて私もキュンとしました♡

石が硬いので思った通りの太さやなめらかな曲線がデザイン通りには出なかった方もいたようです。でも、もともとそんな道具の制約と素材の性質の中で生まれるものですから、できたものがその時の自分の全て(^^) 思い通りにするために無機質になるよりも、ちょっと本意ではないかもしれないけど精一杯取り組んだものを結果として受け入れましょう^^ そして次へつなげることの方が人間的でいいと思うんです。


d0090959_20581346.jpg
この日は夏に短期の講座をさせてもらった、ひろば語学院の裕美先生も遊びに来てくれました〜。ひろばさんとのご縁でこの日のワークショップを知った方も数名いらっしゃって、なんでも身近ないい方々とのご縁で成り立っているなぁとしみじみ思いました。

皆で最後に記念写真を撮っておしまいです。また皆さんどこかでお会いしましょうね〜。

*********************

★ちなみに次回の番外編授業は「年賀状とクリスマスカード」。11月23日(月) 10:00〜13:00 国立のギャラリービブリオです。

漢字や仮名に加えてハングルでもカード制作に挑戦! 書道教室ですから、ちゃんとお習字もします!和室で座椅子に座ってアットホームに開催予定(^^)

この日は、場所の関係で外部からの募集人数は5名ほど。参加費は3500円です。
※月謝で稽古に通う生徒さんたちは申し込み不要です。参加費は月謝に含んでいます。自動的に強制的にワークショップには参加してもらいます♡ このシステム理解してくださいね〜。欠席する場合のみ事前にお知らせください^^

★そして、年明けて1月11日(月)も番外授業あります。「書き初め大会」です!普段、書道していない方もお正月ですし、気分も新たに一年の抱負やおめでたい言葉を書きませんか? 気持ちいいですよ!親子での参加も検討しています。またお知らせしますね。

by narinya | 2015-10-28 23:32 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

神保町チェッコリで判子ワークショップ

ブログの更新ができておりませんでした^^; えっと理由は…なぜかわからないのですがアップロードすると写真の画質が下がるようになって、ついでに私の気分も下がる。。。 エキサイトにアドバンス会員としてお金払ってるのになんなのでしょうか。

でも!気を取り直して楽しかったチェッコリでの判子ワークショップのご報告します♡ ハングルの日に合わせてハングルで彫ることが参加条件でした。


d0090959_2013033.jpg
こんな感じにセッティング。小さな印泥(篆刻の判子専用の朱肉)と韓国で買ってきた石を巾着に入れて…。試しおしのミニカードなどもそえてみましたよ。


d0090959_20241917.jpg
普段はお茶を飲んだり本を読むチェッコリのテーブルがこの日ばかりは作業台に〜。参加は女子率100%!


d0090959_2025269.jpg
皆さま真剣だけど楽しまれている様子。私もどさくさに紛れてブイ (^_^)v


d0090959_20253066.jpg
10名のそれぞれのハングルで彫った判子が出来上がりました。これこそ十人十色(^-^) いろんなデザインが溢れていました。 彫りに関しては最後、私が修正のお手伝いをしましたが、デザインは皆さんのアイデアが盛り込まれたものです。お見本を用意することもできるし、無難なデザインをお勧めすることもできるけど、オリジナルをお持ち帰りいただきたいので出来るだけデザインはご自身でしていただいています。

デザインをする機会はあまりないかもしれませんが、してみると案外楽しいんですよ。そしてその後いくつも挑戦したくなります。いいデザインというものはもちろんありますけど、正解のデザインはないですよね。自分なりの理屈で表現することが大切です。小さな四角に一文字ですが、たくさんの思いが込められているはず〜。

お手紙の最後に、お年賀状に、封印に、日々の生活で是非ご活用ください。また第二弾、ぜひしましょう(^^) ご参加くださった皆さま、貴重な経験をさせてくださったチェッコリの皆さま、遅れましたがお礼申し上げます♡
by narinya | 2015-10-27 20:27 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(2)

ハングルのハンコを彫るワークショップ


満員御礼!

〜ハングルの日にちなんで〜

d0090959_1424469.jpg



「ハングルのハンコを彫ってみよう!おしてみよう!」国立編

【日にち】2015年10月12日(月)
【時間】10:00〜13:00(受付から退室)
【場所】国立駅すぐ。大学通り沿いケーキ屋白十字の2階。
【参加費】3500円(材料、道具レンタル含む)
【対象】成人
【定員】10名(先着順)
【持ち物】筆記用具
【内容】1.5㎝×1.5㎝の篆刻(てんこく)用の石に専用の刀でハングル(一文字)を彫ります。参加者のデザインを生かしたオリジナルの印に仕上げて、おして楽しむ提案もいたします。
【注意】刀を使いますから怪我のないように気をつけてください
【特典①】篆刻用の朱肉(小)付き
【特典②】印を入れるカバー付き
【特典③】当日は講師の私物印も準備いたします。お手持ちのノート、手帳、カードなどを持参ください。自由におすことができます。
【問合せ・申込み】講師までメールまたは電話で。申し込みの際は氏名・連絡先をお伝えください。


【講師プロフィール】渡邊美奈子
書道、絵画、篆刻のフリーランス作家、Minako's 書画教室主宰、篆刻教室、書道通信講座
ブログ「ナリナリの好きな仁寺洞」http://insaneko.exblog.jp
メール 2insaneko@gmail.com
電話 090-8729-9623


d0090959_1452711.jpg
こんな風にタグにおしておしゃれラッピングに使用したり、栞や名刺におしてもいいですね。無地のタグやミニカードなどを用意しますので、皆さん好きにおしてみましょう(^^)

d0090959_1443690.jpg
そして封蝋の提案もいたします。封筒のとじ目にするのはもちろんですが、紐を固定したり、単なるシールのようにも使えます。印泥でおすことと合わせてハンコの色んな活用法を紹介いたします(^^)



************************************



以下の写真は応用編。今回は筆文字の練習まではしませんが、カードやポチ袋に字を書いてハンコと組み合わせるのもいいですね〜。でも字はまた別に練習が必要ですよ〜。

このワークショップと同じ場所で月に2回書道教室を開講しています(第2・第4 月曜日 10:00〜13:00)。

漢字、ハングル、ペン字、小筆…。まんべんなく学べるようにお手本を用意しています。通常のお稽古にも興味を持っていただけたら幸いです♡

d0090959_5432422.jpg

d0090959_665743.jpg



************************************


「ハングルのハンコを彫ってみよう!おしてみよう!」神保町編

国立でのイベントに先がけて、10月10日(土)には、神保町にある韓国系書籍を扱うブックカフェ「CHEKCCORI チェッコリ」でもイベントを行います。こちらの回への問い合わせや申し込みは、チェッコリホームページのイベント案内からお願いいたします。国立と神保町の内容には多少の違いがあります。開催場所ごとの説明をよく確認してください。よろしくお願いいたします。

by narinya | 2015-09-24 01:48 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(2)

ひろば語学院で8〜9月の文化講座を担当してます

お友達、厳密にいうとブロ友さんの紹介で春にご挨拶に伺ったひろば語学院。市ヶ谷のお教室に伺いました(^^) 何かあってというよりは本当にご挨拶…の気持ちで遊びに行ったのですが、話がトントン進んでこのような短期講座まで開くことに!紹介してくれたお友達にはもちろんですが、語学院の先生方や実際に受講してくださる皆さまには心から感謝していますm(._.)m

5月に個展を開催したことで色んな方に積極的にご挨拶することができました。直接、作品を見ていただいて仕事のオファーに繋がること、これは一つ正しい展示会のあり方ですよね。いくら名刺を配ってもサイトをみてくれと言ってもポートフォリオを見せても、やはり展示会を見てもらう以上の力はありませんからね〜。


さて!8月の3週間に渡る講座が無事に終了しました(^^) ハングル書道入門とハングルで彫る篆刻の講座を準備しましたが、まだ暑い気候の中、皆さん皆勤賞で参加してくださいました(o^^o) お疲れさまでした!

d0090959_02264080.jpg
コンパクトなお部屋で生徒さんと近づいてできると私も安心します。


d0090959_02264949.jpg
一回目は専門用語と表現の確認して、課題の詩の発表。文法は難しくないものを選んだのでさらりと終えて宿題を出しました。写真は板本体の基本練習しているところです。


d0090959_02270378.jpg
二回目のクラスの様子。紙の折り方を覚えること、行の幅と字の幅の関係をよく理解すること、漢字書道の感覚で字を配置させることはしませんから要注意です。これが簡単そうでなかなか難しいのです^^; でも二回目なのに長い紙に二回も練習しました!できなかったところの練習は宿題でできるように筆の貸し出しをしました。


d0090959_02271503.jpg
三回目。最後の授業です。書道で初めての文字を書いて三回目で何かに仕上げるなんて…。もちろん満足するほどのものは無理ですが、生徒さんたちの協力と積極性のおかげで最終形にすることができました!


d0090959_02272534.jpg
私がお題で出した詩の部分は皆さん共通して書きますが、自分のお清書ですからね〜記念になるように自分だけの言葉を考えてもらって書きました(^^) この写真の方は나의 마음と書きました。字のデザインもほぼご自身でされました!素敵♡


d0090959_02273644.jpg
書体とはフォームですから、フォームにそって筆の動かし方にもルールがあります。私はこう書きたいのに何で決まっているの?などということは通じません〜。笑 素直に己を捨て何かに近づこうと模倣することで自分自身が見えてくる…。ふふふ^^ そんな世界が好きです、私は(^^)

楽しみにも色んな形がありますよね。書道などはフォームがあることである種の制約がついて回ります。でもそれは決して堅苦しくはないんですよ^^


d0090959_02274814.jpg
篆刻の時間まで参加された方々は自分のお清書作品に自分で彫った印までおしました!短い時間で作り方は全て伝統的なやり方を紹介しました。2〜3時間のワークショップではできないことです。

今回、私が理想とする一連の流れで講座を開くことができました。自由に講座の内容決めさせてくれたひろば語学院には私自身が貴重な体験をさせていただいて本当にありがとうございます。


9月も書道をしたいという方々が来てくださって嬉しい♡ もともと字を書くことが好きでされている方、正しいハングルを書きたいという希望をお持ちの方…。お一人はハングル講座テキストの広告を見て来てくださったとのこと!

最後までお手伝いしますから何でも訊いてくださいね。いいものを仕上げましょう!


by narinya | 2015-09-03 18:01 | レッスン風景いろいろ | Comments(2)


最新のコメント
★えびぞうさま  あちら..
by narinya at 22:09
★mint-lavend..
by narinya at 22:07
こんにちは、お久しぶりで..
by mint-lavender at 11:51
★橋田葉子さま  こちら..
by narinya at 00:14
装飾写経を教えて頂けない..
by 橋田葉子 at 13:45
★ハーちゃんさま いつも..
by narinya at 05:36
管理人からおねがい
フォロー中のブログ