ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:花 ( 109 ) タグの人気記事

あじさい文字と墨彩画

仮名文字とお花シリーズ。コスモスに続いて作ってみました。ちょっと硬い感じの仕上がり…。もう少しモダンに爽やかな感じにしたいところです。また改善してみよう(^^)

d0090959_13482527.jpeg

by narinya | 2017-12-07 13:51 | 書道 calligraphy | Comments(0)

花の寄せ描き

ソウル仁寺洞でのカリグラフィー展示会に向けて準備に忙しい日々でした。あとは本番を迎えて後の処理をして…というところでしょうか(^^)

作品15点、大きな箱をEMSで送りましたが、2日後にはギャラリーに到着したそうです!速い!外国に物を送るのにこんな時代が来るなんて驚きますね。


d0090959_23145091.jpeg

さてさて、ソウルの展示会は会期途中でオープニングイベントが催されます。あちらの方はパフォーマンスがお好き。普段なら先生が床に敷いた大きな紙に大きな筆で書くようなパフォーマンスが多いのですが、今回は少し変わっています。

7メートルほどの画仙紙を壁に貼って、そこに主催の先生が地面の線を描いてくれるそうです。そこに出品作家がこぞってお花の絵を描く…。自分だけの花を咲かせよう!という企画です。花の寄せ書きですね。素敵〜♡

普段、特に絵を描いているわけではない私の生徒さんたちは「文字 + 描けたら絵」というスタンスで挑んでもらうことになりました。絵だけ描きたい方はもちろん絵だけでOKですが、文字路線でいく方にリクエストがあれば見本を渡しています。

当日見ながら描いてもいいですからね〜。そういうところでかっこつけなくていいので、だいじなのは丁寧に確実にすること。これを目標に楽しくお祭り騒ぎをすればいいのです^^


d0090959_04413088.jpeg

これはコスモスの花と平仮名の見本をご希望の方に…。こんな字と絵を組み合わせる作品が描きたくて15年くらい前に横浜で初めて水墨画を習いに行ったのでした。当時も試作品を作ったりしましたけど、やはり15年経つとあの時よりも数段いい出来です。

続けなければ実感することもなかったのだから、やはり継続しなければダメなんですね。継続してもできるようになるとは限らないけれど、できるようになるためには必ず継続が必要という。うまい話はない。世の中ちゃんとつじつま合うようにできてると感心します^^

こんな季節のお花シリーズで平仮名の綺麗さ、キュートさを表現できたらいいなぁ。進んで変体仮名とも使えたらなおいいけど。もっと色んなお花を描いてみようと思います!展示会の余興のおかげでこんなキッカケをもらって、本当にありがたいこと(*^^*)


by narinya | 2017-12-01 23:08 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ミニ和傘絵付け教室「花を咲かせましょ」


アート和傘の展示会で素晴らしい展示作品を鑑賞しましたが、会期中はミニ和傘に絵付けをするワークショップも開催されていました。

もちろん参加しまして、約1時間半のレッスンを受けて来ました。

d0090959_14424028.jpg
この写真はワークショップの参考作品として紹介されたものです。




d0090959_03225033.jpg
ミニ和傘といっても本格的な作りで、大きさは直径が約30センチもあります。1時間半で絵を描こうと思ったらけっこう大きなサイズです。


d0090959_03230520.jpg
絵付け作業がしやすいように傘を固定させる道具も用意されて至れり尽くせり^ ^


d0090959_03231857.jpg
サンプルの図柄を参考にちょっとアレンジをするつもりで描き始めました。


d0090959_03341169.jpg
サンプルはもっと密集した花びらのデザインでしたが、短い時間内で、しかも表面はガタガタで…。お世辞にも描きやすいといえず、サンプルのようにはできません。でもそこは文字で応戦!


d0090959_03342424.jpg
骨組み数えて配置を考えて「いろは唄」を書きました〜。この日に限っていつもは持っている筆ペンを忘れて、黒い絵の具と色を塗る筆でしました。もともと表面もガタガタしてるし、あまり道具の環境は関係なかったみたい。それなりにうまくできました(^^)



d0090959_03264190.jpg

皆さんそれぞれ違う作品に仕上げて、こういう楽しく絵を描ける時間を大切にしたいな〜と改めて思いました。

しばらくは自分の勉強と作品制作のことにも集中したいと思います。そのためには気分良くいられるように楽しい時間を過ごして、お仕事もメリハリつけてできる範囲ですることにしました。皆さまのご理解とご協力をお願いします♡



d0090959_03270099.jpg
デザイナーの太田さんと一緒に参加した生徒さん。展示会場の入り口にて。とても楽しい一日でした!どうもありがとうございました〜


by narinya | 2017-03-12 02:16 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

新しい技法の絵を…


宮崎から定期的にお勉強しに来てくださる熱心な生徒さん^ ^
すでに書家としてご活躍ですが、探究心は尽きず勉強を続ける姿には頭が下がります。

今回、作品にいかしたいということで新しい試みの絵の描き方を一緒に開発? 私が長年にわたって構想していたことを少し盛り込んで指導をしてみました。

d0090959_01375893.jpg

思いのほかうまくいったかな。改善点はありますが可能性を感じました。

ここに漢字や仮名、ハングルも含めて字も書いて魅力いっぱいの
作品世界ができたら…いいな^ - ^

d0090959_01381896.jpg

今後もう少し研究してみよう!



by narinya | 2017-02-04 09:44 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

中国工筆画のマンツーマンレッスン

月に一度のレッスン×5回で完成度のとても高い作品に仕上げたAさん!Kim's教室のウニョン先生がご縁で知り合った素敵な方〜。春からこの山茶花の色塗りをされていました。

私と二人だけで進めるレッスンなので…、いいのか悪いのか私のおしゃべりも漏れなく付いてくるの〜。それによく耐えてここまで仕上げてくれました(笑)

Aさんもブログで報告してくださいました^^ 


d0090959_18434358.jpg

もうここまで塗れば手を加えるところはそれほどありません。とはいっても塗ろうと思えばどれだけでも描き込めるのが絵の罠。引き際はこのあたりと判断して完成と相成りました。



d0090959_18495516.jpg

丁寧な方、細かな作業でイライラしない方なら工筆画向きだと思います。下絵の本もあるので実物を見てデッサンができなくても始めることができます。

筆で細く輪郭線を描いた後、限りなく薄く溶いた絵の具で幾重にも塗り重ねていきます。失敗とかもほぼありません。画材もリーズナブルだし小さなスペースでもできるし、いい趣味になると思って皆さんにオススメしてます。



d0090959_18441943.jpg

最後の仕上げに花芯の部分を塗るところ。丁寧ですね〜。



d0090959_18443754.jpg

アップではこんな感じです。白でつけたハイライトの絵の具のきわを水の筆でぼかしています。もう超小さな世界なので、こんな工程に意味があるの?チャチャッと塗ったらダメなのか?と思ったら、この工筆画は向きません〜。

せっかく塗ったのにまた上から塗っての繰り返しです。でもそれが全て生きて完成に至るので無駄なことなんて一つもないです♡

このAさんの山茶花、塗り始め初期の頃の様子はこちらの投稿から。


***************


初めての人には簡単な図案からこの塗り方に慣れていってもらえるようにお手本用意しています。しばらくそういう課題をした後ににだんだんと複雑な絵に取り組んでいけるようになりますね^^

お稽古はクラスや時間で分けてはいません。教室開放日に来てください。月謝制ですから、その分の勉強時間を自分で組んで消化してください。どんなお稽古が出来るのかは「レッスン案内」のカテゴリで確認してくださいませ。

教室を開けている日については、このブログ内のカテゴリ「国立教室スケジュール」を参照してください。できるだけ予約の連絡を入れてください。一度に少人数しか入れないアットームな空間なので^^ よろしくお願いします〜。



by narinya | 2016-09-07 23:30 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

画仙紙にピンクの薔薇

レッスンで出した絵の具を捨てるのもったいなくて余った紙に練習。薔薇っぽくなる時とならない時とあって習得はなかなか難しい…。

d0090959_2523498.jpg


イメージを描く水墨画や墨絵と呼ばれるものは、元の形や特徴をよくよく知ってポイントを表現できなければならないのだけど、精密にスケッチができる力とイメージに変換できる力はまた別物ですね。変換する訓練しないとできません。

BができるようになるためにはAができなくてはならないけれど、AができるようになったからといってBが自動的にできるようになることはないという(^◇^;)

コツコツ続けて一つできるようになれば次が自然にできるようになる…みたいによく聞くけどそんなのウソよね(笑)多少の成長はもちろんあるけど期待したほどではないことばっかりじゃないですか?

経験上、絵でも篆刻でも運動も語学にしても、コレできたらアレもできてる!なんて、そんなうまい話には出会ったことありません〜。

d0090959_2525647.jpg


先生に従うことは大事ですが、教わると同時に自分の頭でどれだけ考え復習し次への道を作るろうとするかだなぁと、余った絵の具で花を描いてて改めて思った午後。

学ぶということはとても崇高なものだと思うのです。互いに許しあって高め合うのが先生と生徒の関係ではないかな〜。そんな先生になりたいけど難しい…。

こんなことばっかり言ってるから、お教室しても商売にならないのよね〜、わたし(笑) でも自分が作った空間で自分の意にそぐわない事をすることほど馬鹿馬鹿しいことはないし今さら変われないし。

そんな調子で秋からはスタイルをもとに戻して道場風のお教室していきます。また詳細載せますので皆さま今後ともよろしくお願いいたしますm(._.)m
by narinya | 2016-09-06 14:22 | 画 painting | Comments(4)

扇子ワークショップ第四回目&通信スクーリング

楽しい名古屋での時間が過ぎて大阪に行きました〜。大阪では福島区民センターの会議室借りて、第四回目の扇子のワークショップと、その後は夜まで通信講座の生徒さんを対象にスクーリングしました。


d0090959_322753.jpg

d0090959_3252144.jpg

生徒さんが上手に蓮の葉にかげをつけるところ。ガタガタの紙面に紙の質も特徴があるのに、水の筆で綺麗にぼかしています。


d0090959_325163.jpg

d0090959_3244449.jpg

d0090959_3272585.jpg

d0090959_3275095.jpg

d0090959_3282428.jpg

回を重ねるにつれ色んな扇子が出来上がって私が楽しいです。紫陽花のパターンにはおしゃれなイメージのアナベルという種類に似せて彩色した方がいました。自分の好きな色を塗っていいってワクワクしますよね〜♪

扇子のワークショップが終わって夜の時間に突入。扇子から続けて書道のスクーリングに参加される方、スクーリングだけ参加する生徒さん、生徒さんではないけれどこういう機会があると毎回参加してくださる方(^-^)

書道や絵を通じて日本各地に生徒さんや知り合いが増えるのは嬉しいことです。個人の活動なので規模が大きくありませんが、こんなことに意味があると思ってます。これからも皆さま仲良くやりましょうね(*^^*)



by narinya | 2016-08-18 08:11 | レッスン風景いろいろ | Comments(2)

扇子ワークショップ第三回目

普段、通信で勉強する方々に会うという理由もあって名古屋と大阪に出張(*^^*)

名古屋ではワークショップの様子を朝日新聞社に取材していただきました。名古屋版の紙面に載りました。


d0090959_3203151.jpg
拡大して見てみてください。山本記者、ありがとうございます。


d0090959_301234.jpg

d0090959_304594.jpg

d0090959_3241154.jpg
名古屋での会場は韓国観光公社で行いました。名古屋の生徒さんたちの協力で借りることができました。感謝していますm(._.)m 名古屋支店にはチェジュ支店も併設されているからだと思いますが、窓辺にチェジュオルレのマスコット、ガンセのモビールがありました。実はガンセ好きですワタシ♡


d0090959_322220.jpg

皆さんの作品!色ぬりに慣れた方もいたからか、自由な色づかいをされた方もいました。紫色の蓮の花がとってもキレイ。

名古屋では自分で字を書く方がほとんどでした。チャレンジ精神と出来の良さに拍手を送ります!



d0090959_373651.jpg

皆さまと記念撮影〜。韓国観光公社名古屋支店は広々としていました。展示物も多いし、いろんな文化講座も開かれています。お近くの方はぜひ行ってみてくださいね( ´ ▽ ` )



by narinya | 2016-08-18 01:23 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

扇子ワークショップ第二回目

ずいぶんご無沙汰してしまいましたが、7月に行った扇子のワークショップその後です(^^)

国立の教室での平日の回は少ない人数でこぢんまり…。篆刻の生徒さんが参加してくれたので皆さんハンコまで自分で作って扇子におしました。なんていうこだわり〜♪

そのあと直ぐに週末バージョンがありました。場所の関係で一回の人数は多くありませんが、一人で複数個しあげた方々がいたりと、活気あふれるワークショップin国立でした。

以下その様子です〜。

d0090959_23183332.jpg

d0090959_23194922.jpg

d0090959_23202322.jpg

皆さんなれない扇子の上に色を塗ります。絵の具の筆のほかに水の筆も使いながらぼかしを入れたりと、初めての技法でも直ぐに慣れてどんどん描き進めます。



d0090959_23212767.jpg

d0090959_2322455.jpg

d0090959_23222484.jpg

d0090959_23224943.jpg
塗り終わって余白に筆文字を入れる場面では、皆さま自身で書くのは緊張するということで私が代筆…(^-^)

代筆ですが、ご本人の希望する言葉をイメージする字の感じで代筆ですから、お手伝いをしただけでやはりあくまでも本人の作品だということですね。



d0090959_23231137.jpg

d0090959_23234370.jpg
皆さまと記念撮影。扇子はこうした写真撮影の時にはえます。華がありますよね。

キットの扇子袋は皆さまご自宅で仕上げました。かがり縫いで簡単に仕上がるようにキットを作ってもらったので家で一人でもできるのです。


d0090959_23245153.jpg

後日、皆さま袋ができたと写真を送ってきてくださいました。そのうちのひとつがとっても演出も素晴らしく〜。

袋にはご自身がお持ちだった刺繍のアップリケまで縫い付けてあります! そして蓮の葉の上で記念撮影!風雅ですね〜。

また何かワークショップをするときは告知しますので、ぜひご参加ください。

この扇子ワークショップは、つぎは名古屋、そのあとは大阪へと続きました。


by narinya | 2016-08-17 23:26 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

CHEKCCORIで看板担当しまーす

神保町のブックカフェCHEKCCORIには昨年からお世話になってます。今年に入ってブックカフェを始めると聞きつけてメニューや看板書かせてほしい〜♡とアピールしていたら実現しました。

ブックカフェを経営する出版会社クオンはもちろん本を出版しますし、カフェでは月ごとのテーマがあったり、各種イベントなども頻繁に行われています。このたび、そんな情報を盛り込んだ看板制作を担当することになりました。

このお仕事のこだわりとしては、あくまでも消耗品としての看板制作をすることです。たとえば、昨日9月9日は韓国では「猫の日」だそうで、ラジオ講座でもお馴染みの皆の憧れ阪堂千津子先生による猫トークショーが開催されました。ブックカフェでも猫にまつわる本を揃えてお客様をお待ちしてます。

で、看板がどう消耗品かというと、ブックカフェでテーマが変わるごとにそれまでの絵は塗りつぶされるということ。ですから、この猫ちゃんと黄花コスモスの絵も今だけのもので、10月にはこの上に塗料が塗られて別の絵が上描きされるのです〜。


d0090959_21184360.jpg


写真はブックカフェの入り口に飾ってもらったところです。板の大きさは約73×103㎝。ドア半分くらいかな?次のテーマにいってしまう前にぜひ見てください。

そしてお茶にお餅にマッコリも楽しんで本も買って…(*^^*) そろそろ読書の秋ですしね〜。私は秋の遠足計画があって、今はそれが楽しみです。

今日はマイ作業場にて篆刻のお教室しました。お仲間が増えたのでさらに和気あいあい、楽しい時間を過ごしました。第二、第四の木曜日、1時から3時までです。この時間はまだ生徒さんの募集をしてます。篆刻教室の様子はまた今度、載せますね(^-^)
by narinya | 2015-09-10 20:19 | ポップ・看板 POP signboard | Comments(2)


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ