ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:花 ( 109 ) タグの人気記事

下地に色を



d0090959_17113313.jpg
d0090959_17115489.jpg

技法書には、紙と絹に色がついたものが紹介されてます。私の先生も、よく茶色の絹を使っています。

でも、なかなか身の回りで手には入るものでもないので、小さい作品なら私は紙を自分で好きな色に染めてます。

今回の展示で、下地に色をつけた作品3点を隣り合わせで陳列しました。過日にアップした「竹と鳥」、「紫陽花」そして今日アップする「木蓮」です。

d0090959_17165696.jpg

これは、江戸淋派の酒井抱一の蓮の絵(部分)です。花びらを白で塗るのに茶色がかった紙が効果をあげてます。

木蓮の花自体は横浜の先生に習ってました。
d0090959_11512426.jpg
d0090959_11514636.jpg

色と構図を変えて教えてくださってましたね。久しぶりに出してみて改めて丁寧に教えてくださっていたと感動~。

図書館に毎週行ってるんですけど、あ、韓国語の講座のためにね。木蓮が植えられてて今年も綺麗に咲いてたんです。が、次の週には散っていて、もう桜が咲いてました。そのときに、すぐに散っちゃうなぁ…。じゃ、木蓮も描いてカフェ展示会に出そう~♪って思ったんですよね(^^)


by narinya | 2012-04-14 17:32 | 展示会 exhibition5 | Comments(0)

紫陽花(個人蔵)



ピンクの絵も可愛いかな~って思って描きました。

d0090959_0473182.jpg

by narinya | 2012-04-13 00:10 | 展示会 exhibition5 | Comments(0)

墨彩画の紫陽花



紫陽花はいろんな描き方があるのですが、これは簡単だし面白い描き方だと思います。横浜の墨彩画教室で習いました。工筆画の先生です。

d0090959_1274524.jpg


まず、ひとかたまりの紫陽花を色だけで表現します。いくつかの楕円をかさねる感じで。花はその上から胡粉で描いて花心(あ、厳密にはここが花でしたっけ?)を描けばできます。

葉は二筆で描きますが、最後、葉の周りに点々を描きます。これでギザギザをあらわしてるわけですね~。

はがき絵なんかに応用したら素敵な作品になりそうですよ。下地のかたまりをピンクにしたり、ブルーのグラデーションにしたり…。いろいろに試してみてください!

d0090959_1395397.jpg

これは、長崎市カフェ・イベリアの「16世紀のカステラ」というケーキです。素朴だけどすごくおいしい!卵の香りがして、周りはマカロンっぽいかな?フワフワのサクサクです(^^*)


by narinya | 2012-04-13 00:05 | 展示会 exhibition5 | Comments(0)

藤と猫



4月5日(木)~10日(火)
長崎市中園町 カフェ・イベリアにて
中国工筆画の展示会開催中~!


店内、入って正面。最初にお客様を出迎える絵は… にゃんこで~す。

d0090959_193072.jpg


猫カフェに行って遊んでいるだけに見えるでしょう?ちゃんとリサーチもかねてるんだから♡ へへへ。


by narinya | 2012-04-09 22:12 | 展示会 exhibition5 | Comments(4)

チラシ~


4月5日(木)~10日(火)
長崎市中園町 カフェ・イベリアにて
中国工筆画の展示会開催中~!


d0090959_2113854.jpg
お店に入って正面に棚があるので、そこにいろいろと置かせてもらってます。ご挨拶やプロフィール、名刺に今回のDMハガキ…。

d0090959_21523486.jpg
工筆画の生徒さん募集のチラシもパソコンで作って用意しまた。時々もらって行ってくれる人もいますが、なかなかはけません。隙あらば自分から渡しちゃってるけど、お店の営業妨害になってないよね(^^;)

今後も地道に宣伝しつつ、ハングル書道やそのほか字のクラスまで拡大路線で頑張るよ!

d0090959_21531846.jpg
お豆のソース(フリホーレス)でいただくライス。このライスの炊き方も一風かわってます。スペイン料理の素朴な味わいがいい感じのお店でーす。


by narinya | 2012-04-09 22:11 | 展示会 exhibition5 | Comments(6)

水仙



4月5日(木)~10日(火)
長崎市中園町 カフェ・イベリアにて
中国工筆画の展示会開催中~!


墨をいかして分かりやすい作品を~。

d0090959_18353726.jpg



by narinya | 2012-04-08 18:38 | 展示会 exhibition5 | Comments(0)


4月5日(木)~10日(火)
長崎市中園町 カフェ・イベリアにて
中国工筆画の展示会開催中~!


d0090959_12433322.jpg


描き込もうとすれば、もっと描けるんですけど、このくらいにしました。こう、夜桜の日陰にある感じ?

構図が… 横の方が落ち着くんですけど、あえて(笑)縦にしてみました。


by narinya | 2012-04-07 13:21 | 展示会 exhibition5 | Comments(4)

夜桜のつもり


4月5日(木)~10日(火)
長崎市中園町 カフェ・イベリアにて
中国工筆画の展示会開催中~!



途中まで描いてあった桜の絵。今回、仕上げて展示会に出しました。

彩色の順番としては、最後に花粉の部分を描きこみます。が、黄色だけ塗ってもメリハリがつきません。なので、はじめに暗い色を置いて、それが輪郭で残るように明るい黄色を上からのせました。

d0090959_19374764.jpg

黄色を塗った途端にパッと明るくなるのわかりますよね。下に暗い色を置かなかったらこうはなりません。

金泥と墨を混ぜて塗ると、金色の周りに墨で輪郭線が残ります。でも、今回はもっとハッキリさせたかったのでやり方を変えました。それに、この絵に金色もどうかなーと思ったので。

全体の写真はまた後ほど~(o^^o) 桜、長崎はもう終わりです。咲いたと思ったらあっという間に散ってしまいますね…。

展示会二日目。長崎南画の先生が激励に来てくださいました!いつも穏やかで優しい先生。現役でカルチャーセンターの南画講師をされてます(^^)

d0090959_11153845.jpg

今度、お土産持ってお教室に遊びに行きますね~♡


by narinya | 2012-04-07 12:00 | 展示会 exhibition5 | Comments(0)

キク

3月も半ばだというのに肌寒いですねぇ。いまいち気合いも入りません…(^^;)

ちょっと季節はずれではありますが華やかに描けた菊の絵でもどうぞ~。水墨画(南画とも文人画ともいうと思いますが)では四君子を季節を問わず題材にします。菊は四君子の一つですから、いろんな描き方を知ってると変化がついていいものです。

d0090959_11581992.jpg

これは、中国工筆画の先生に教わった描き方です。複雑そうな感じですが超!簡単です。胡粉で花びら部分を先に描いて、後から色をつけます。

先に描いた部分が前面に出るという性質を生かしたものです。紙や墨、筆…。感覚的なイメージですが、理屈や科学的な面から考えることも重要ですね。
by narinya | 2012-03-17 12:34 | 画 painting | Comments(10)

「蓮の花」個人蔵

作品作って展示会して、そこで売れればいいけど現実はなかなか。でも、絵も字(字なんて特に)も「技術を売る」という側面があると思うんです。誰もが自分で制作できる時間と技術があるわけではなく。だから気に入ったものを見つけたら買うとか注文するとか…。美術作品でも気軽にそうしたらいいと思います。


d0090959_2152895.jpg
(天津楊柳青画社画譜参考)


スーツ買うのと似てますよね。売り場で買ったりオーダーメイドで作ったり。他の芸術や作家によって考えは様々でしょうけど、要望にこたえていくことも作る側の役割だと思います。そんな話をある人にしたら、それは工芸的な考えだと言われて納得したのを覚えています。


d0090959_20535230.jpg自分が作ったものを見る相手がいて、さらに使って楽しんでもらうことを望むなら、制作者のこだわりにはあまり意味がないとも。アートと工芸の違いとはそこなのだと。

たとえば、絵は芸術でカゴは工芸とか・・・。そんな単純な話ではないんですよね~。ふむふむ。

高尚なことを言っている場合ではないと思うのです。かといって、いい加減で安っぽいことは絶対にイヤ。理想は高く、親しみやすく、美しく、適正価格で・・・。

主婦だからできるんだけど、っていうか、だから主婦でいるともいえるので。今年も夢見る主婦でいきます^^



d0090959_20542798.jpgこれは納品時に実際に飾ったところを写したものです。絵のモチーフも大きさも飾る場所も最初から決まっていました。それに合わせて作ることの楽しさはまた格別ですヨ。

今回、この絵はプレゼントとして差し上げるために依頼されたのです。ブログをご覧の皆様も、何かご希望がありましたら気軽に注文してください。プレゼントもそうですし、好きな歌詞とか詩とか。思い出の手紙に思い出の花の絵を添えて折帖にとか…。ご相談にのります~。
by narinya | 2012-01-14 23:39 | 画 painting | Comments(8)


最新のコメント
★Housuiさま や..
by narinya at 23:18
テンペラ画の処女作完成し..
by housui at 20:49
★Housuiさま あ..
by narinya at 21:43
いよいよエブルのお披露目..
by Housui at 00:56
★housuiさま こ..
by narinya at 10:13
全く同じことが「ひらがな..
by Housui at 07:10
管理人からおねがい
フォロー中のブログ