ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:語学堂留学 ( 9 ) タグの人気記事

語学堂  文化体験(料理)

d0090959_958919.jpg
3回目のメニューは、「チャプチェ」(左)と「キムパプ」(右)でした。

回が進むに連れて来なくなる人もいたりして、今までは3人一組だったのが、この回は2人一組。
さすがにチャプチェは大量で食べきれませんでした・・・。
キムパプも酢飯だったらもっと美味しいのにな~というのは、アタシの感想です。
by narinya | 2006-10-04 18:14 | 韓国(語) Korean | Comments(0)

文化体験、新聞記事になる!

d0090959_875912.jpg2回目のお料理には、なぜか取材クルー(中央日報)。

記事は、この料理アカデミー所長を取材したものでした。韓国料理を研究、普及させる一貫で外国人にも、あえて韓国語で教えることに意義があるっていう内容でした。。。
by narinya | 2006-10-04 15:07 | 韓国(語) Korean | Comments(0)

語学堂  文化体験(料理) 

d0090959_103641.jpg
2週目のメニューは「辛いトッポッキ」(左)と「海鮮パジョン」(右)でした。各班に分かれて料理をした後には、こんなディスプレイの台に乗せて写真撮影大会が繰り広げられます。

思い出のために写真は撮りたいけど、13:00に授業が終わって移動して料理して写真撮影までして。。。。。結構な時間になっているんです、これが。アタシは、この撮影時間には「早く食べさせろ~」状態でした。
by narinya | 2006-10-04 08:48 | 韓国(語) Korean | Comments(0)

語学堂  文化体験(料理)

d0090959_1074100.jpg
9:00~13:00の授業のあと、文化体験というものがありました。語学堂への申請時に テコンドー・サムノリ・料理 の3ヶから選びます。アタシは料理を選びました。

一週間に一度、学校からバスに乗って別の場所に移動します。料理教室の他、メディアでもフードプロデューサーとして活躍されている先生に教わることが出来ました。

1回目は「ビビンバ」(左)と「プルコギ」(右)。プルコギは上品な味付けで、とっても美味しかったです。

基本的に、野菜を炒める時には種類ごと、一つずつなんです。最後には結局まぜて炒めるのに面倒くさいな、と思いました。でも丁寧に美味しく作ろうとすればこそ、なんですよね。
by narinya | 2006-10-03 09:56 | 韓国(語) Korean | Comments(2)

新村にミリオレ

ソウルナビのサイトで見たんだけど、どうらや今日9月22日、国鉄新村駅にミリオレがオープンしたみたいね。

8月のプチ語学留学中には、あの工事中の駅舎を通りぬけられたら、語学堂までどんなに近いことか・・・と思いながら、ぐる~っと回り道して通ったっけ。

どんな風にできあがったのかな~。見に行きたいな~。
by narinya | 2006-09-22 12:13 | 韓国(語) Korean | Comments(2)

語学堂4  感想は

d0090959_1258537.jpg週に一度のネイティブとの会話練習以外は、一人で勉強してきた私にとって、他の人と一緒に授業を受けることは貴重な経験でした。期待もあったし、実際始まってみたら不安も感じて、終わってみればチョット達成感もあり、です。

延世で3週間。成果があったかどうかは人それぞれなんだと思います。授業に臨む気持ちも違えば今後の目標だって違うわけですから。

実際、授業の中でどの位のことを学ぶかと言えば、50分の授業でせいぜい構文4~5ヶくらいかな。それも9割は知っているものでしたから、テキストさえ手に入れば自分で出来ると考える人もいると思います。私もそう思って今後のために上の級の教科書を買って帰って来ました。

でも、やっぱり記憶の残り方が違うみたいで、一度で覚えられたり忘れなかったりというメリットは大きいですね。一人で勉強していると、覚えたかどうかの確認が難しかったりするから。あとは「やらなきゃ」という環境も大事。

それから、独学では苦手な部分に挑戦するのは大変ですが、学校に行っちゃえば嫌いな四字熟語もことわざも擬態語もやらされます。今回、自分に喝を入れるには丁度いいコースを受講したと思います。それに周りの人たちを「すごいなぁ~」と思う気持ちも刺激になるし。

私みたいな主婦が短期で行くということなら、語学堂の他に何かもう一つ目的を作ることをオススメします。語学堂だけだとチョットつまらないかも、です。
by narinya | 2006-09-14 11:06 | 韓国(語) Korean | Comments(2)

語学堂3  授業

d0090959_1255377.jpg授業は一日4時間。9:00~13:00で、3週間で計60時間。のはずが、8月15日の光復節には授業がありませんでした。4時間少なくなることの説明もなく、なんかビミョー・・・ではありましたが疲れた体にはありがたかったのは事実。1,2限は文法、3限は読解、4限は教科書以外の色々(四字熟語、ことわざ、発表、復習など)。

授業はもちろん、教科書も4級からは全て韓国語。先生は特に日本語を話せるわけでもなく、でした。宿題は、文法の練習プリントの他、習った表現を使って文を作ってみる等ですが、提出も自主性に任されていました。だから「明日までにここまで」みたいな宿題は一切ありませんでした。

積極的に発言しない責任もありますが、基本的に、しゃべる授業ではなく、文法中心です。それは事前に聞いていたので、私は「あ~本当だ」くらいに受けとめましたが、中にはせっかく来たのに話す機会がなく、期待はずれだと感じた方もいたようです。

最後には、会話・筆記・聞き取り・読解別に試験を受けて、各項目別にA~Fで記された成績表をもらいます。ここには出席時間60時間を終了したと書いてあって、8月15日の-4時間は闇に葬られました。その分お金が返ってきた???でもそんな記憶もないし、やっぱりビミョー。
by narinya | 2006-09-13 11:00 | 韓国(語) Korean | Comments(0)

語学堂2  クラスわけ

いろいろコースがある中で、私が受講したのは、3週間短期課程です。クラス編成テストは筆記と会話があります。パンフレットには、「正規課程の6段階に準じてのクラス分け」とあったのに、実際は4段階までしかありませんでした。

会話はインタビュー形式で一人ずつ。筆記は全員同じ内容のもので、どこまで解けたかによって各級に振り分けられます。問題は、適した助詞を選ぶ簡単なものから韓国語能力試験高級くらいの読解問題まで、というのが私の印象でした。実力をはかるのが目的であって、理解していれば、そこそこスムーズに解ける問題が多かったように思います。

クラスが決まってからも、はじめの1,2日間は流動的で、個人の希望によって他のクラスへ移動も可能です。私のクラスは最終的に14人になりました。僑胞(日、米、独など)の方達が一番多く、ついで日本人、その他の国から数名といったメンバー構成でした。3分の2は日本語ができるという環境だったので、やはり普段の会話は日本語になってしまいました。

クラスの雰囲気はとても良かったです。学生さんが多くて明るい感じでした。でも欲を言えば、もう少し人数が少なめがいいかな~、とは思いました。
by narinya | 2006-09-12 12:48 | 韓国(語) Korean | Comments(0)

語学堂1 

d0090959_12515856.jpg新村にある延世大学の語学堂。正門からは、かなり距離があります。新村と梨大の中間にある下宿だったので、梨大の中を通って裏門(後門)から出て、通りを渡って通っていました。なので延世のキャンパス内を歩くことはほとんど無く、かえって梨大のキャンパスの方が記憶に残りました。そんなこともあり、久しぶりに大学の雰囲気を味わえるかな~と期待していたけど、専門学校に行ったような感覚でした。まぁ、授業が終われば、さっさと仁寺洞に行っていたのも原因の一つなんですけどね。
by narinya | 2006-09-12 11:07 | 韓国(語) Korean | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
お気に入りブログ