ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:長崎 ( 16 ) タグの人気記事

ハングル書道の書体

昨年、韓国で買ったハングル書道の本を解読してみて、すこしですが体系的にわかりました。ただ、私が買った2冊の本を読んでみただけなので、実際にハングル書道を習ったり教えたりしている方が見たら、ん?という部分もあるかもしれませんがお許し下さい。

そうは言っても、ハングル書道って日本の仮名書道ほど教材も多くないようだし、韓国の書道用品専門店で店主にいろいろ聞いてみても、なんか今ひとつの認識っていうか・・・。やっぱり、よく聞くように、韓国では書道と言えば漢字書なのでしょうかねぇ。

❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

板本体-----(木版。古体、正音体ともいう)
 古体書 ①方筆(始筆終筆が角張る) →「月印千江之曲」「龍飛御天歌」
       ②円筆(   〃   丸い) →「訓民正音」(正音体という呼び方はここから)
 女四書

宮体-----(宮女たちが用いた書体)
 正字(楷書的な整った書体)
 古文正字(  〃  ) →小説「玉鴛重會縁」
 (行書のように流れがある書体)
 古文フ(  〃  ) →小説「洛城飛龍」
 半フ(  〃  ) →身分の高い女性が嫁ぐ際、整えた品物の品目記録。各種封書。
 진フ(  〃  진が?ですがフ体の中で連綿が一番多い) →様々な封書など

  フとは「流れ」という意味です。


❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀❀

本を元に書体別に並べてみました。「わーハングル書道って色々あるんだー」というほどでもないです。厳密にいうと↑のようになるけど、見た目で書体ごと大まかに分けたら板本体・正字・フの3種類という感じです。

連綿(線がつながること)がより強いフもあれば、正字でもちょっと柔らかい感じのもあると思ってもらえればいいかしら。だから漢字書のように篆書・隷書・楷書・行書・草書と見た目にハッキリわかる違いは多くないです。

でも仮名を考えてみると・・・こんな風に「書体」として分かれないですよね。高野切れ風とか麗花集風とか、古典ごとの風合いで区別するくらいではないかなぁ。漢字だけをあてて書いたものからどんどん平仮名が洗練されていって、変体仮名もある程度決まってきて・・・。時代ごとにでも見ていったら「書体」として位置づけることもできたのでしょうか?

なーんて、最近は全然、仮名の勉強をしていなので何ともいえません~。諸先輩方、お気づきのことがあれば教えて下さい^^ ハングル書道は乗りかかった船(というか、乗ろうと思って韓国語始めたんだったったけ・・・)なので書体ごとに書いてみます。またご報告できたらと思います~。


d0090959_19112442.gifお盆ですねぇ。暑いですねぇ。長崎は人がいっぱいです。帰省中の人やらお盆休みで旅行に来た人やら。長崎のお盆は激しいから(爆竹!)外には出ません、ワタシ。怖いもん。もうすでにお墓で花火を上げる音がすごいんですケド~。
by narinya | 2007-08-13 19:16 | 書道 calligraphy | Comments(8)

お皿

前回の南画教室でビワを頂きました。初ものです♪ 先生も含めてほぼ皆さん70代の方々がお仲間なのですが、華道の先生をされていたり、演劇の運営委員会でご活躍だったり、ここでも皆さんとても前向きです。さぼる回数はアタシが一番多いし。。。

家庭菜園をされているおばさまは、収穫したものを時々お裾分けして下さいます。いつぞやは大きいキャベツを人数分持って来て下さったり!!! ありがたいことだけど、重いだろうに・・・と思わなくもありません。で、先日はビワなわけです^^
d0090959_22432678.jpg

ビワを下さった方が「小さかとばってん・・・」と仰ると、皆さん「小さかとが甘かとよ~」と。長崎弁かわいい。イントネーションも独特で、真似しようと思ってもなかなかできないのが残念だわ~。

頂いたビワを自作の(絵だけ)お皿に盛ってみました。

More 絵付けの様子スライドショー
by narinya | 2007-06-05 22:46 | 画 picture | Comments(10)

ランタンフェスティバル@長崎

旧正月に合わせてランタン祭りが開催されてます。はじめは中華街で始めた小規模なお祭りだったらしいのですが、どんどんその規模が大きくなってきているんですって。

昨日も平日だというのにアーケード周辺には昼間から人がたくさん!韓国語の個人レッスンに出かけたのだけど場所の確保にひと苦労。(そうでなくても教材広げて長時間居座るつもりなので~)

d0090959_16581653.jpg
お祭りの期間中は、さまざまなイベントが会場ごとに予定されています。積極的に見て回るのもよいですが、町中にランタンが飾り付けてあるので、夜になるとそれを見るだけでも結構満足なアタシ。

写真はアーケード内と中央橋上の飾り付け、それと中央橋から賑橋方面を撮ったものです。

ちょっと手を加えたので現物よりも幻想的な画像になりました。あ、でも本物もモチロンきれいですよ。

秋のおくんちもいいけど、ランタン祭りも観光にオススメです♪
by narinya | 2007-02-20 17:09 | Comments(10)

長崎で 「ちくわぶ」 発見

d0090959_22564014.jpg最近、本当にバタバタとしていて、なんだかな~って感じです。

が!そんな中、嬉しいことにスーパーで 「ちくわぶ」 を発見。
長崎ではないと思っていただけに、ウレシさ倍増でした。
今日の夕飯は、ソッコーでおでんに決まりです。ラクちんだし~♪

アタシの、ちくわぶの切り方は、やっぱり斜めです^^
白飯を食べずに 「ちくわぶ」 に集中いたしました。
by narinya | 2006-11-27 22:56 | Comments(0)

グラバー園の唐紙

長崎の出島では復元工事をして、その中のオランダ商館という建物を復元するときには、オランダの美術館にある、当時の模型をもとにしたそうです。その模型には、唐紙が実際に貼ってあった上、資料として別に保管もされていたんですって。それをもとにして、京都の「唐長」で版木(ちなみに唐長では板木という)からおこして作ったのだと 「京都、唐紙屋長右衛門の手仕事」 に書いてありました。

その本には、グラバー園にも 「唐長」 の唐紙が使われているのだけど、余り知られていないとも書いてありました。当時、普通に洋館の内装するのに発注されて、近年、古くなった部分を同じ版木で刷って補うという、生活の中にある本来の唐紙の姿です。

出島の方は、皆さま、よくご存じのようですので、今回はアタシnarinyaが勝手に代表して、グラバー園まで行って見てきました。わかりづらかったのですが、ありました♪ありました♪

d0090959_18284470.jpg旧グラバー住宅の天井です。

ひとしきり園内を見て回ったのに、唐紙らしきものが全然見あたらず、ないじゃ~ん!と半ば諦めモードでふと頭上をみるとあったんです。

風邪で鼻水出て上を向いたら、おおっ!と。(笑)


d0090959_18294819.jpgたぶん、照明の周りが当時のもので、その周りを修復したのだと思うのですが、これは未確認です。

でも明らかに異なる人の手だし、時代もちがいますね。全部張り替えなかったことがまたニクイ~!



d0090959_1759026.jpgで、家に戻って 「唐長の『京からかみ』文様」 という本で探したところ、載ってました。文様は松菱(大)という名前でした。絶対にこれですよね。

この文様の唐紙は、旧グラバー住宅以外にも、旧リンガー住宅の天井にも使用されていました。そちらは天井自体のいたみがひどく、唐紙ごと破れていて・・・。ちょっとかわいそう。



d0090959_1913211.jpgその旧リンガー住宅の天井には別の唐紙もありました。これは手持ちの本では確認出来なかったのですが、たぶん「唐長」さんのではないかと。

この雲母(きら)の光り具合の絶妙なこと。ほんとうにステキです♪♪♪
by narinya | 2006-11-16 17:59 | 楽しいお出かけ・手作業 | Comments(6)

キンモクセイ

10月初旬、東京に住む姉がキンモクセイは咲き終わって、もう全部散ったと言うじゃないですか。
d0090959_17105287.jpg
長崎では、台風でつぼみが取れちゃったのかな?今年はあの香りが楽しめなかった・・・と残念がっていたら!
今頃、満開です。長崎では、いつもこのくらいの時期に咲くのかな?
昨年、京都では10月中旬に満開でした。でも良かった。キンモクセイだいすき♪
by narinya | 2006-11-15 17:10 | Comments(2)


最新のコメント
★りょーこさま ありがと..
by narinya at 01:29
嬉しいですね! 自分の..
by りょーこ at 22:03
★kazukoさま こち..
by narinya at 20:49
昨日コメントアップしよう..
by kazuko at 19:51
★housuiさま  こ..
by narinya at 02:07
こんばんは〜〜 充実し..
by housui303 at 22:47
管理人からおねがい
フォロー中のブログ