ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:韓国語 ( 62 ) タグの人気記事

短作文

第1週 追記しました(2009/12/22)

d0090959_134358.jpg

~私はこんな風にやってます~

① 韓訳同様、知らないものを辞書を引いてまで解答しようとは思わないので、本番の会話と思って簡単な単語にしてでも韓国語にしてしまいます。それが功を奏することも多々あります。それでも出てこないのは知らないんだから仕方ありません。空白にしておいて、あっさりと解答を見ますよ、私は。

② 解答見て、はじめてお目にかかる用言も多く、気になるものは韓韓辞典で引いて解答の紙に韓国語で書き込み。チェックするものがあれば問題文と解答文の両方にします。

③ 韓訳の時と同じで、自分の訳でもいい部分はそのままいかします。その判断は、やっぱりネイティブにお願いします。そうやってると解答でもいまいちですね~、ということもあります。どの情報を取り入れるかは自分の判断。私は基本、本よりも目の前の信頼する先生の言葉を信じます。

④ あとは・・・繰り返ししかないのかな、これは。読んでみたり、身の回りのことで例文作ってみたりしてますが、身についたという感じが全くしない分野です。もう繰り返し見る、読む、使ってみるしかないと思われます。

******************************

ここまででお気づきかもしれませんね・・・。私は問題で出されても、辞書を引いたり、考えたりということはしないのです。すぐに答えを見ます。韓国語能力試験の過去問も全くやらなかったのはこういうことです。無駄に考えるよりも、すぐに解答を見て、ふむふむそうなんだ~と。作文も模範作文を写し書きすることで勉強したことにしました。でもね、結構、効果あるのよ!ぐだぐだできない自分レベルをうろつくよりも答えに触れる機会を増やす方がいいみたい~。

More 各週の追記記事はこちらから
by narinya | 2009-12-15 13:04 | 韓国関連 Korea | Comments(2)

韓訳(日本語⇒韓国語)

第1週 追記しました(2009/12/22)

d0090959_1332397.jpg

~私はこんな風にやってます~

① 韓訳も全文に挑戦です、もちろん。まずは、直訳でいけそうなところと、そうではなさそうなところを考えながら日本語を読む(まぁ、的外れなことが多いです)。

② もちろんわからない単語、慣用句、語尾のオンパレードなのですが、辞書は引かずに本番の会話だと思って自分の持ってるものだけで訳してみる⇒当然、空白も多くなります(辞書を引いて書いても結局は自分の中に残らないことが多いので潔く空白のままです、私)。

③ 本文日本語と解答の韓国語をつき合わせつつ、わからなかった単語と表現を日本語、韓国語両方にチェック(当然チェックだらけよ)。そのチェックしながら自分の訳のそばに解答の訳を書く。日本語と韓国語で違いが顕著な箇所は、日本語の解答の方に韓国語でちょこっとメモしておく。

 ③の答えを見てチェックは、一段落ごとにやった方がいいと思います。無理して最後までやって答え合わせするよりも、時に繰り返し出てくる単語がある場合、そこからすぐに応用できるからです。1分でも早い段階で正解を知って、さっさと使い始めた方が絶対に身につくと私は思います。

④ 自分の訳と解答の訳を比べて、自分の訳を、使えそうな部分と明らかにおかしい部分とに分けて考えたあと、自分の訳と解答を見ながら2度目の韓訳をしてみます。

⑤ 2度目の訳はネイティブにチェックしてもらいます。相変わらずおかしな自分の訳の訂正や、解答よりもいい訳などを教えてもらえます。さまざまな微妙なニュアンスについてもここで質問します。

⑥ そして集大成の3度目の翻訳です。もういい加減飽きてきます。これでこの音読もやればいいのでしょうが、そこまではやってません。

 ③の段階で答えを見たときに、日本語と韓国語の違いが多すぎてメモ程度ではおさまらない課題もあります。そんなときには韓訳された解答文を思いっきり直訳して、もとの日本語と比べてみたりもします。何が韓国語の特徴で、何が日本語らしさなのかを知るためです。一番面倒なことが一番勉強になる・・・。つらすぎるわ~。

******************************

韓訳をするということは多くを読んでいないとできないのだなぁ、慣用句を知らなくては、単語を・・・と痛感することが多くてかなり憂鬱になるジャンルです。。。でも会話はいつでも韓訳なわけで~。避けては通れませんね・・・。

More 各週の追記記事はこちらから
by narinya | 2009-12-15 13:03 | 韓国関連 Korea | Comments(0)

読解(韓国語⇒日本語)

第1週 追記しました(2009/12/22)

d0090959_1323868.jpg

~私はこんな風にやってます~

① 指定された部分だけではなく全文やる。まず一度、目を通します(チェックは一切しない)。

② 単語の位置も改行も本文と同じになるように日本語訳を書いていきます。わからない箇所があっても辞書は引かずに空白にしたまま(進める中で文脈からわかる単語もあるので。特に漢字語)。

③ わからなかった箇所や間違ったところなど、本文韓国語と解答の日本語訳をつき合わせて両方にチェック。この作業で辞書を引かなきゃいけないものはほとんどなくなるはず。自分の訳の空白部分はそのままほったらかし。

④ 本文韓国語と解答の日本語訳で表現の差が顕著な部分があれば日本語訳の方に韓国語を書き込んで。

⑤ 単語の意味などメモが必要なら本文韓国語の方へ韓国語で書く。

⑥ あとはひたすら音読!音読!音読!時にCDで各種発音の変化とイントネーションを確認しつつまたまた音読!音読!音読!ちなみに私はつっかえたら頭に戻ります。

⑦ ある程度自信がついたら携帯のボイスレコーダーでタイムをはかりつつ録音して自分で聞く。

※ 私が心がけているのはこの①~⑦の作業を一気にやらないということ。他のページやるとか日をあけるとかする方が結局は効率的です。あと、⑥と⑦の音読に関しては、この課の勉強が終わっても続けます。

⑧ ネイティブ先生の前で音読発表!私のクセや弱い箇所を集中的、徹底的に発音矯正。

⑨ 解答の日本語を見ながら韓国語で読めるようになってるかチェック。もしくはディクテーション。⑥と⑦をこなしたあとには、そこそこできるはず。この段階までやると会話の中で口から韓国語が自然に出てくる可能性が高くなります。

⑩ ネイティブ先生に、本文内から覚えておくと良さそうな表現を5個くらいピックアップしてもらって例文作ったりもします。

******************************

この手順での勉強は教材の差こそあれ、2年目からやってました。音読と録音は高校一年の英語の先生にすすめられて以来の勉強法で、これがいちばん自分に合っていることもあり、この演習ノートも読解は苦にならなくてありがたいです。

More 各週の追記記事はこちらから
by narinya | 2009-12-15 13:02 | 韓国関連 Korea | Comments(2)

「継紙」3 (長崎コクラヤギャラリー090710-14)

破り継ぎ(継ぎ目がギザギザの)と、切り継ぎ(スパッと切ってある)をまぜてます。差し色に濃いめの紫を小さく配してみましたが、もうちょっと大きくてもよかったのかな・・・?

この継紙って決まりもないし、下準備もいらないし、超簡単です。のりしろをとって紙を貼り合わせるだけ。皆さんも作ってみて^^

d0090959_12581069.jpg


下部にある波文様は自分でつけました。ゴム版でも消しゴムでもハンコがあると、パーツに切ってからでも模様をつけられて便利。どうしたって本当の職人さんが作る正統仮名料紙にはかなわないけどね~。でも、平安の美をそのまま持ってこれるほど優雅な主婦さんじゃないから、こんなアイデアでカバーしなくちゃ。

あ!こういう時にこの前、本でやったこの諺かも!'꿩 대신 닭' ちがう?諺とか四字熟語とか苦手で全然ダメ。。。それでも、やってると少~しずつですが興味もわいてきた?ような・・・。気のせいかな^^; 

今、「上級演習ノート」っていう書き込み式の本やってるんですけど、ネイティブ先生の命令に従って基本、韓韓辞典でがんばってます~。ことわざや四字熟語は韓韓で調べる方がいいです。それに救われてちょっと興味がわいてきたみたい^^


by narinya | 2009-12-11 16:39 | 展示会 exhibition2 | Comments(8)

열공!

関東しか知らなかった私が長崎に引っ越してきて5年とちょっと。韓国語の勉強歴といつも同い年です。遠い九州に行けば人生がリセットできるような気がして引っ越しを決めました。韓国語の勉強が思いの外ちゃんと続いたのもこのおかげです。

時間ができたから語学に集中できたとも言えますが、やっぱりそこには様々な思い入れもあり・・・。別に韓国やハングル書道にこだわったつもりはないけれど「縁」というものは感じますね。

まだサッカーワールドカップ共同開催前。韓流なんて言葉もないころに遊びに行ったソウルは本当に楽しかった。親のこと、夫婦のこと、体のこと、書道のこと・・・いろいろ悩んじゃって超ウルトラマイナス思考が絶頂の時期でしたわ。それでも頑張る性格なのでさらに追い詰められてつらいという。。。

そんな時に偶然行った仁寺洞がなんかキラキラして見えたんですよね。「あぁ、夢って追いかけても許されるのかもしれない。頑張れば希望ってあるのかもしれない」って思えたんですよね。そんな気持ちをあたためつつ2年後に長崎行きの話が持ち上がって。神様がくれたチャンスだと思いました。

それまでみたいな頑張り方はせずに暮らそうと決めて来た長崎。夫婦二人、知り合いもなく親兄弟からも離れて、ひと言でいうと開放感かな。なんと私、白髪も全然なくなりました!笑^^


d0090959_161505.jpg独学の一年が過ぎてからの2年間はネイティブとの個人レッスンをしてました。12歳も年下の学生さんにどこまで求めていいものか?と考える必要もないくらい一生懸命教えてくれる留学生先生♪ 私の長崎生活とは切っても切れない存在です。

でも来春には帰っちゃうんですよね。ずーっと待ってる彼氏にそろそろ返してあげなくちゃいけないんだけど。能力試験の合格も報告できたし、目標だったハングル書道も習い始めて個展する姿も見せられたから、少しは恩返しができたと思うけど・・・。

最後、思い出作ろうっていって、帰国までの半年はまた頻繁に会ってお勉強会することにしました。いつも思うことだけど、語学も書道も自分のためだけにはこんなに頑張れません、私。誠心誠意教えてくれる先生のためにも熱心にやりたい!という気持ちがそのままエネルギーなの。

"미나코 씨! 그 동안 한국어 정말 열심히 하고 계시잖아요? 그걸로 다음에 뭘 하실 생각이세요?" "미나코 씨한텐 많이 가르쳐 드려도 뭔가 부족한 느낌이 들어요. 더 많은 것을 알려 드리고 싶어요." "이렇게 보람을 느껴 본 적 없어요. 제가 갖고 있는 거 모두 가져 가시면 좋겠어요."

いつもこんなこと言ってくれる彼女。5年も異国の地で頑張る彼女に直接してあげられることなんて何もないんですよね。ご飯食べて愚痴きいて・・・そのくらい。「韓国人の書道の先生に会えて救われた。本当によかった」と言うと、「それじゃ、私は美奈子シにとってどんな存在ですか?」って訊いてくるの可愛いよね。

私が認める人、それで頼る人ってすごく少ないんだけど、彼女はそのうちの一人。年下だけど尊敬してるんです。一緒に道を開拓しくれる特別な存在だよって言うと嬉しそうにします。彼女には本当に幸せになってもらいたいな。
 
by narinya | 2009-11-21 21:53 | 韓国関連 Korea | Comments(10)

筆の味

d0090959_1756697.jpgゴールデンウィークの韓国旅行は何だかすごく盛りだくさんでした。ただの家族旅行のつもりが思わぬ嬉しい展開!会いたかった方々と共に過ごす旅にもなりました。

釜山に泊まると聞いて遠くから駆けつけてくださった書道の先生と奥様。感謝ということばではあらわせません。もっと一緒にいたかったけど、また次の機会に期待します。それまでは日々、精進精進!恥ずかしくない姿でお目にかかれるようにね。

釜山~済州、それから日本への道のり。釜山で差し上げるものを差し上げて荷物が減った!と思ったら反対にその場で増えた(笑)。

d0090959_17563277.jpg道中、もう何も買うまいと思ったのに済州で本を買い、カルチャーセンターでの講座用にと行く先々で資料も集め・・・。帰りは福岡でまた本を数冊購入して大変重い荷物を抱えて帰ってきました。でも、これって「幸せの重さ」だよなぁと(そう思っても重いんだけど)実感しました。

釜山では墨液までいただきました。旅行中だし、さすがに断ろうかと思ったのですが、日本でよく見る商品の韓国語版。気になってもらうことに。墨運堂の墨液で、「書き味アップ」 → '붓의 맛 UP' になってます。ふむふむ・・・書き味って筆の味と表現するんですねぇ。
by narinya | 2009-05-10 13:24 | 書道 calligraphy | Comments(8)

「希望」はんこ '희망' 도장

NHK文化センターでの韓国語教室。はじめての3ヶ月、1タームが終わって3人が皆勤賞に輝きました。すばらしい! その3人にはnarinya特製の栞を^^ ラミネート加工もしたので、そこそこもつでしょう。ハンコの文字を辞書で調べさせたりと、あくまで教材です。

この「希望」はんこは、この印材に彫ったものです。印面の大きさは、18×9mmです。この栞をもらった方々は、来期も継続して受講するとのこと。毎回毎回、試されていると感じますが、こうしてよい結果につながると本当に嬉しい。

NHK문화센터에서의 첫 한 텀인 3개월이 무사히 지나고 5명 중 3명이 개근했습니다. '희망' 글자를 판 도장을 이용해서 만든 책갈피를 개근상으로 줬습니다. 이것도 물론 교재니까 단어 의미를 사전에서 찾게 시키기도 했지요.

이 도장은 예전에 리본 모양으로 유를 만든 인재(18×9mm)에다 새긴 것입니다. 개근상 받은 분들이 계속해서 수강 신청을 해 줬답니다. 강의를 할 때마다 나란 사람이 시험 당하는 듯하지만 이렇게 좋은 결과가 나오니까 정말 기쁘네요.

d0090959_20282660.jpg

皆勤して継続する人と、来期に継続しない人。その差は途中から肌で感じるものがありました。継続しない方もモチロン楽しく通って下さったようですが、韓国語を続けたいとまでは思わなかったようです。それぞれ時期や先生との相性もあるだろうし、私が一生懸命やるだけではどうにもならないものがあるのでしょう。彼らが、またいつかどこかで韓国語を再開させる日が来たらいいし、ま、来なくてもいいし・・・ そんなところです。

개근해서 계속 수강하는 사람들. 다음에 수강을 안 하기로 한 사람들. 그 차이는 기간의 도중부터 피부로 느끼는 무엇인가가 이미 있었던 것 같습니다. 무엇을 배우는데 적절한 시기라든가 맞는 선생님이라든가 그게 사람마다 달라집니다. 내가 얼마나 열심히 해 주더라도 어쩔 수 없는 것이 있다는 거지요. 이번에 그만둔 사람들이 나중에 다시 시작할지도 모르겠고, 뭐 시작하지 않아도 되고...

d0090959_20235963.jpg

同じはんこをこんな風にも使ってみました。今日は韓国語フリートーキングの日でした。フリートーキングにふさわしく楽しくしゃべり倒してストレスも解消!懐かしい雰囲気のする喫茶店で一昔前の味のするスパゲティナポリタンを食べ、楽しいひとときでした。お給料を包んだ半紙に、こうしてはんこをちょこっとおすだけでチョットいい感じでしょう?そこからまた話もふくらんで会話の練習にもなります^^

先日、釜山で仕入れたクリスピークリームドーナツのメニューで、外来語の発音練習をしました。案外難しいんですよね~、英語がハングルで表記されているものを通じるように、早く言うのって。

같은 도장을 이런 식으로도 써 봤습니다. 오늘은 한국어 프리토킹 날이었는데 금료를 싼 종이를 이렇게 꾸미면 조금 특별한 느낌이 들지요? 오늘 프리토킹에서는 한글의 영어표기 발음 연습을 했습니다. 영어를 한국어 발음으로 하는 게 의외로 어렵습니다...
by narinya | 2009-03-27 20:07 | 刻 seal carving | Comments(6)

笑っちゃうほど多い 너무 많아 웃을 수밖에...

とある先生の研究をお手伝いしてます。韓国語から日本語に訳すお仕事なのですが、その量といったら!笑えるほど多い!まぁ、量は量として根気よくやればいいので問題ないのですが。

ただ、その悪筆ぶりたるや、読めなくて点になった目がしばらく戻らずに、眉間に寄ったシワが深く深く刻まれても依然として解読不可能なほどなのです。アンケート調査なんて丁寧に書かれているわけがないので文句は言えないのですが、いかんせん外国語の手書き、それも相当な分量で悪筆って・・・。かなりキツイです。

でもね、やりながら面白いなーと思うような、国民性の違いからくるであろう回答を見ることができるので楽しくもあります。またきちんと調査結果が出たら、そのあたりをご紹介できるとおもいます。

d0090959_2224999.jpg


어떤 대학교 교수님이 저에게 부탁한 일이 있었거든요. 한국 대학생을 대상으로 한 설문조사인데 제가 일본어로 번역해 드리는 거예요. 참 보람있는 걸 하게 된다 해도 한 인간이 할 수 있는 분량이랄까요, 그런 거 있는 것 같아요...

한 단어에서 연상될 말을 일정의 시간 내에 되도록 많이 써 달라면 평균 10말 정도가 돼요. 그게 14항목으로 된 거라서 한 사람당 140개 가량의 말을 대답하게 되는 거지요. 그게 150인분이라서... 계산해 보세요.

사실 그것 뿐이 아니라 다른 조사도 있어요. 그것도 똑같이 150인분! 이게 응답이 다 문장이자 아주 추상적인 주제에 관한 의식조사이기 때문에 번역하기가 정말로 어려워요. 게다가 모두 빨리 쓰려고 한 바람에 도저히 못 읽을 정도의 악필. 저 해야 하는 것도 하고 싶은 것도 하지 않으면 안 되는 것도 많이 있는데 이 번역 일을 먼저 해 내야 한다는 현실로... 마음만 급하다.

그래도 재미는 있어요. 한국인의 사고방식이라든가 상식에 대해 또한 이상과 속마음까지 엿보일 수가 있는 흔히 없는 기회라서. 이번 조사결과가 공식으로 나오게 되면 더 자세히 소개할 수 있을 것 같아요.
by narinya | 2008-10-07 22:02 | 韓国関連 Korea | Comments(2)

長崎で

先日、カルチャーセンター韓国語講座で受講生の方が 「先生~。こんなの新聞に載ってましたよ!」 と、わざわざ記事を切り抜いてきてくださいました。我が家で購読している新聞ではなかったのでありがたく頂戴しました。以下、その新聞記事を韓国語に要約してみました。名前は一部省略。(2008/9/14長崎新聞文化面より)

 
「日韓の書作家共演」  20日から 長崎で初の交流展
'일한 서예작가가 공연' 20일부터 나가사키에서 첫 교류전

日韓両国の書作家による「第1回日韓親善交流書展」が20-25日、長崎市茂里町の長崎新聞文化ホール一階画廊、展示ホールで開かれる。
일한 양국의 서예작가들이 공동으로 개최하는 '제1회 일한친선교류서예전'이 20-25일까지 나가사키신문 문화홀에서 열린다.

長崎県美術協会書部と韓国の社団法人、釜山書芸BIENNALE主催。
이것은 나가사키현 미술협회 서예부와 부산서예BIENNALE(사단법인)가 공동으로 개최하는 것이다.

同協会書部による第17回代表作家展と合わせ開く。長崎新聞社など後援。
나가사키 미술협회가 여는 '제17회 대표작가전'과 아울러 하게 된 것이며 나가사키 신문사 등이 후원을 한다.

同交流展は、書道文化を共有する両国の親善を図る目的で開く。今後、毎年一回、両国相互に開催する予定。
이번 교류전은 서예문화를 공유하는 양국간의 친목을 더욱 도모하는 것을 목적으로 한 것이다. 앞으로 1년에 한 번씩 상호로 개최할 계획이라고 한다.

釜山書芸BIENNALEは韓国最大の書道団体で、朴理事長ら計30人が漢字や篆刻、刻字などを出品。
부산서예BIENNALE는 한국내 최대한 서예단체이며 이번 전시회에서는 박이사장을 비롯한 30 여 명이 한문, 전각, 서각 등의 작품을 선보인다.

県美協書部は大浦同協会名誉会長をはじめ、県展書部審査会員137人のうち、100人が参加する。
일본 측에서는 미술협회 영예회장을 비롯해 나가사키현전의 서예부 심사회원 100 명이 참여한다.

20日午後3時からは、両国の出品者が集い、テープカットで開場を祝う。
20일 오후 3시부터는 양국의 작가들이 모여 테이프 컷으로 개막식을 진행할 예정이다.

本県出品者の一人、立野さんは「文字文化を国際的な視野でとらえ、かつ次世代に伝える意義ある展覧会だと思う」と話している。
한 일본인 작가는 '글씨 문화를 국제적인 시야로 보고 다음 세대에 전달하는 데 뜻이 있는 전람회일 것이다'라고 말한다.


県美術協会といったら、長崎南画のカルチャーで何度も何度も加入を勧めていただいたところじゃないの。でも地域密着型で既存の大きな団体に所属しない決心なので、これまた何度も何度も丁重にお断りしました。

そういう意味から考えても、この交流展で私に刺激になるものがあるとはあまり思わないのですが、近いしちょっと覗くだけ覗いてみようと思います。韓国の書道事情にさぐり入れてきます。韓国語の練習にもなるかもしれないし。

上の訳では、文の構造をガラッと変えたところもあります。日本語をそのまま訳すと変になりそうなので思い切ったのですが、「これはおかしいよー。narinyaさん!」っていうところがあったら教えてください。春に向けて皆いっしょにがんばろー。にゃー。
by narinya | 2008-09-23 13:30 | 書道 calligraphy | Comments(2)

こんなの披露しつつ・・・

d0090959_23503032.jpg
期間限定ではあるのですが、生意気にも韓国語を教える立場になりまして・・・。長崎N〇K文化センターで休暇中の先生の代理です。まぁ、私はこうやって韓国語を学んでます、という話に毛が生えたようなものです。でも、本来の先生よりキツイ授業かもね。。。私なりに頑張ってます。

とは言っても、私は語学の専門家ではないわけですよ。こんなことでは便利にお呼びがかかるばかりで、結局あなたナニモノ?の感は否めないので・・・・ 授業ごとに作品を持って行って、お披露目することにしました。自慢げに見せる相手がいる機会をいかさないとね~。

基本、ハングル書道の先生からちゃんと習ったものを、自分で作品らしくしていく路線でやろうと思います。先週持って行って見せたのは、半切1/2を横にして自作の印もついたこれです。紙の縦、横、字の配置や大きさなどいろいろ変えて書いてみたけど、結局はこれに落ち着きました。

上部はそろえて書くオーソドックスなものです。仮名の散らしでは、こんなスタイルを 「藤棚散らし」 なんていうけど、韓国書道にも独特な呼び方があるのかしら?気になるところです。

8月~9月限定、韓国語(中級)+ハングル美術鑑賞クラス。途中参加でも興味ある人いないかなぁ。
by narinya | 2008-08-12 01:01 | 書道 calligraphy | Comments(16)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ