ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

第6回こがねい市民文化祭にエブル出品

昨年に引き続き「エブル」(トルコのマーブリング)の先生に誘われて市民文化祭に作品を出しました。といっても、7月のグループ展で京橋のギャラリーに出したものと同じ作品です。


d0090959_15113774.jpeg
d0090959_15111079.jpeg


でも一年前ぶりに同じ文化祭に出してみて、それなりに成長した自分を感じました。勉強は勝ち負けや優劣ではないから人前に出す必要はないけれど、でも一人でしていては自分でも成果が見えないものです。発表の機会を生かしてこれからも上達を目指して頑張ろう〜。

d0090959_15102249.jpeg
d0090959_15101367.jpeg

中央線沿線の方、お近くの方、是非お出かけください。いろんなジャンルで楽しむ市民の姿にホッとします^ - ^(私は先生が小金井市民なので出せました)

d0090959_15100360.jpeg



# by narinya | 2018-11-01 15:13 | 2018 作品展示 | Comments(0)

ハロウィンなのでかぼちゃの絵を載せてみます

韓国で開催された国際書画交流展のご報告があるのですが、ハロウィンのかぼちゃにちなんで先にこちらの投稿を^ - ^

すこし前に納品したハングルで彫った名前ハンコですが、季節も秋になってきたしな〜ということで、かぼちゃのモチーフで絵を添えて送りました。

d0090959_20181311.jpeg

絶対にいつも絵を添えて送ると決めているわけではありませんが、余裕があればしています。やはり受け取った時に気持ちがパァっと明るくなるのではないかな…と思って。

でも生活に心の余裕がないときはできないの、ごめんなさい。これは不定期、不特定のサービスということで。でも、いつもそんな余裕を持ってお届けできる日常を送るよう努力します^ - ^

ハングルのお名前ハンコは、まだお待ちいただいている方々がいるので、夜な夜な彫りますよ〜。

下の写真は彫り終わった直後。

d0090959_20292445.jpeg



# by narinya | 2018-10-31 20:22 | 刻 seal carving | Comments(0)

ハングルの名前印

ハングルのお名前ハンコ。納品する時の押印と用紙のデザインも含めてオリジナル作品としてお渡ししています。毎回ちがうデザインをするのも楽しいものです。しばらく飾って楽しんでもらえたら嬉しい^ ^


d0090959_21251159.jpeg

4マスに分けた中に板本体で彫りますが、お名前が短い方にはこのように1マス、簡単なモチーフを加えることになります。基本的に文字のみで受けているシリーズですが、お名前によってはこういう場合もあります。


この方は空いたマスの中のデザインはお任せだったので梅の花のつもりでお花を一つ彫りましたよ。ざっくりした感じの線が石の風合いをさらに際立てます。


ハングル板本体でお名前4文字。2㎝角の青田石(せいでんせき)で郵送の場合4700円です。お会いする予定があって手渡しできる方は4500円です。郵便はプチプチに包んで普通の封筒で行きます〜。


そして、専用の朱肉(印泥いんでい)を用いると写真のように濃く捺せて見た目にもバシッと決まります。石のはんこは是非、専用の印泥でおしてみてください。印泥も一緒に購入したい方は注文時にご相談ください。


連絡はメールでお願いします。

2insaneko@gmail.com(渡邊)


# by narinya | 2018-10-01 21:33 | 刻 seal carving | Comments(0)

作品の装飾

先日、ついに「2018韓・中・日 国際書画交流招待展」に出す作品19点をまとめて韓国に送りました。今回の日本からの参加は18名です。私が2点出すので作品数は19点になりました。


私の2点とは、全紙(70×139)1点と半切3/4程度(35×99)1点です。載せた写真は大きな方の作品の端っこで、字を書く前に紙を装飾したものです。


d0090959_19011332.jpeg


紋様は自分で彫ってアクリル系の絵の具で連続押ししました。青の顔彩でボカシを利用した彩色をしてちょっと西アジアのタイル芸術を思わせる雰囲気にしました。美術で日本からシルクロードを西へ。私の普遍的なテーマです。


そこに金色の鶴のシルエットをたくさん。鶴が飛び立つさまを背景にして、その上に仮名を大字で。反省点はやはり字・・・。紙が一枚しかなくてできたものを作品とすることになるので気合が必要です。


字はオリジナルというよりは、以前習っていた仮名の先生の素敵な作品を参考にさせてもらってアレンジをしました。完全オリジナルで字を書くとか、書体や字そのものをデザインしない限り無理なのでは・・・と思うほど字の世界は制限、制約だらけに感じます。まぁ、そんな制約があるからこそ楽しいし深みも感じられるのですけどね~。


作品て自分が作って展示するだけなら何のことはない私が頑張ればいいだけのことだけど、自分以外の皆さまに制作してもらってそれを私が代表となって日本から海外に渡すのは、やはり責任重大だなと感じます。


私とお師匠さまの関係もあるし、開催側でのお師匠さまのお立場もあるでしょうし。そういうことはあえて言葉にしないことだけど、そのあたりを想像して理解してくださる方々で構成した選抜チームで参加できて本当に感謝しかありません。全力で書いてくれた生徒さんや、協力してくれた書道の先生方、絵の先生方、ありがとうございました!


10月20日の開幕式には日本から7名で参加予定です。場所は忠清南道洪城郡に新しく開館した大きな図書館です。図書館の見学も楽しみ。会場に関しては、先日、投稿したこちらの記事を参照してください。


************


さて、ここからは12月ソウル仁寺洞で開催される「2018水墨カリグラフィー韓日交流展」に向けての準備が始まります。こちらも出したい人、出せる人でやりますよ^^ プロアマ問わずアーティスト集団として管理&活動したいので、基本的に主体性=やる気を持った方々が参加してくれることを望みます。制作に関するお手伝いは誠心誠意いたします♡ 


今年も残った時間、全力でいきましょう~。今年をどう過ごしたかで来年が決まる!来年は9月に個展を予定しています。頑張ります~。


# by narinya | 2018-09-28 08:55 | 書道 calligraphy | Comments(0)

新大久保語学院でハンコのワークショップ

9月の連休、皆さまいかがお過ごしですか。ちょっと締め切りのものを取りまとめることと、自分自身も締め切りまでに仕上げるものに追われて生きてるのかなんなのかという状態です…。

そんな中!春から予定していた篆刻のワークショップを週末に開催して来ました。

「できる韓国語」テキストを出している新大久保語学院から韓国文化講座の依頼があり、ハングルで彫るハンコのワークショップを企画したのでした。

下の写真は12名の参加者皆さまが完成させたオリジナリティあるれるハンコたち!12個も勢ぞろいすると見事ですね〜^ ^ 慣れない作業を2時間でされた皆さま。本当にお疲れ様でした。そしてご参加ありがとうございました。


d0090959_15304705.jpeg


今回はしばらくの間でも保管に役立つように袋を用意しました。石のハンコを入れて巻き巻きして紐でクルクルっとしてもらえたらいいです。むき出しでは印面に傷がついたりしますから、こういうもので包むなり、新聞紙で包むなり、何かして保管をするのがいいですよ。


d0090959_15302091.jpeg


小さな사랑ハンコのチャームを付けてみましたよ^ ^ 紐だけとって何か他に利用してもいいかもしれませんね。こういう紐の栞もありますから、いつかそういう風に再利用してくれても嬉しいです。

d0090959_15302939.jpeg


ハンコの保管袋まで全てのワークショップにはつけられませんが、今回は新大久保語学院の方から色々とお気遣いいただいたので、感謝の気持ちも込めて参加者の皆さまに還元しました♡

このお仕事に繋がるよう初めにご紹介してくださった方にもお礼を伝えました。皆さまいつもカムサハムニダ!


d0090959_15303722.jpeg


# by narinya | 2018-09-17 15:44 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)


最新のコメント
★Housuiさま そ..
by narinya at 00:47
なかなか無いご縁ですよね..
by Housui at 20:51
★鍵コメさま コメント..
by narinya at 17:22
★ハーちゃんさま コメ..
by narinya at 13:41
えへへ。素晴らしいカレン..
by hachan7609 at 18:13
★Housuiさま そ..
by narinya at 20:11
管理人からおねがい
フォロー中のブログ