ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

延年ハンコ

通信でハングル書道を続ける生徒さんが、今回のソウルでの展示会に出品しました。作品が仕上がってパネルに表装しても、やはり右上にあいた余白に遊印をした方がいいな…と気になって生徒さんに提案(^^)

押すも押さないも最終的には生徒さんの判断です。印はお持ちではない中での私からのアドバイスでしたから、ここで印の新調は無理には勧めずに、私が彫って貸すという形で進めました。

こういう作品制作の機会に、名前印や遊印、引首印など、色んな印を増やしていくものですが…。書道会でじゃんじゃんお金を使わせるタイプの活動を奨励していない私としては、むやみにお金を出させることもしたくなく…です。

印でも道具でも参考書でも、本当に必要性を感じて手に入れた方がいいからです。必要性を感じるくらいまで興味と勉強が進まない限り、お金を出して手に入れても意味がないもの。お弟子さんを金ヅルみたいに思って君臨している先生も世の中にはいますけど、そういうのすごく嫌。

そんなあからさまではなくても、先生が書けば作品は弟子が買ってくれるみたいなのもどうなのか…。もちろんファンだから欲しいのかもしれないけど、社中以外に向けて勝負しなくなった人の作品なんて欲しいですか?笑 私なんかにはわからない人間の心理ってあるのかもしれないけど、私は嫌。

d0090959_22490653.jpeg

てなことと関係があるのかないのか、今回は生徒さんの作品にハンコが押されることになりました!押した方がいいと言ってもらえて、提案した私も嬉しいです。

鳥が飛んでいる昔からあるデザインです。瓦當印のモチーフですが、古びた雰囲気を出すために印面をわざと傷つけます。東洋画で紙をわざと茶色に染めて描いたりすることに似ていますね。あ、デニムにわざとダメージ加工するのと同じです。これの方がわかりやすい例でした^ ^

作品を作るなんて自分にはまだまだ^^; という方には、練習より楽しく豊かで成長が感じられるものだということを知ってもらいたいです。指導者との間に信頼も深まります。人に自慢するものが作品じゃないし、勉強の成果を見せることとも違うと思います。今現在、自分が生きている証ですよね(^^)

そして、何かすればそれにに伴って必ず何か起きるのです。そしたらまたそこに対してできることをする。生きてるってその繰り返しなんですもんね〜。自分が主役なのに遠慮して生きたらつまらないです!

なぜ作品?と思う方がいるみたいなので、ちょっと書いてみました^ ^ 来年、挑戦する方は今から募集します〜。一緒にやりましょうp(^_^)q


by narinya | 2017-11-30 23:24 | 刻 seal carving | Comments(0)
<< 花の寄せ描き 名前入りポスターと作品の進展具合 >>


最新のコメント
★Housuiさま そ..
by narinya at 00:47
なかなか無いご縁ですよね..
by Housui at 20:51
★鍵コメさま コメント..
by narinya at 17:22
★ハーちゃんさま コメ..
by narinya at 13:41
えへへ。素晴らしいカレン..
by hachan7609 at 18:13
★Housuiさま そ..
by narinya at 20:11
管理人からおねがい
フォロー中のブログ