ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

<   2017年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2017水墨カリグラフィー韓日交流展 オープニングイベント②

2017年水墨カリグラフィー韓日交流展では、会期中の土曜日にオープニングイベントがありました。主宰の최先生による揮毫パフォーマンスと、出品作家たちの花の寄せ描き、ヘグム演奏にナンタ公演、そして抽選会にケーキカット……。

盛りだくさんのイベント内容にお客様もきっと楽しかったことと思います。広いギャラリーでしたが、100人は超えたと思われる来客があり、会場はごった返していました。



ヘグム演奏の中、최先生が揮毫しました。

d0090959_01215850.jpeg



ナンタ公演は賑やかでした。
d0090959_01221879.jpeg



打ち合わせが無かったから油断していましたが、やはりマイクを持って挨拶する場面がやってきました(≧∀≦)

反省点はあるものの、大勢の前で外国語でお話ができただけでも私には大進歩!私の昔の姿を知る人は顎が外れるほどビックリするに違いありません(笑)

なりふり構わずもうこれ以上無理〜!というくらいやれば、人間、吹っ切れるものだとこの15年で学びました。迷いや心配、後悔する時はまだ余力があるからだ、と人に言われたことがありました。今ではなるほどそうなのかもしれないと感じます。

それにしてもカラオケに見える私。笑
d0090959_01210275.jpeg


笑ってごまかすのは得意です。てへへ
d0090959_01211957.jpeg



挨拶の後は抽選会がありました。최先生の絵がプリントされたトートバッグプレゼントの時間です。私もちょっと欲しかったな〜。抽選会では私が番号を引く役を仰せつかり光栄でした。


その後は최先生とソグム先生と私でケーキカット、そして최先生の音頭で乾杯して軽食の時間。
d0090959_01255160.jpeg



会場でのオープニングイベントが終了して、この日は内輪で会食の席が設けられていました。美味しいお料理をたくさんいただきました。

d0090959_01294267.jpeg
d0090959_01300008.jpeg
d0090959_01291402.jpeg


そして!최先生から日本の美奈子チーム全員に作品プレゼント!!!ソウルに行った方々は現地で受け取って、日本で待っていた生徒さん達には私がお届けしました。

一つ一つ異なる絵柄を贈ってくださったので、誰がどの作品を受け取るかはわかりません。軸を広げてみてのお楽しみ。せっかく日本から参加するのだからと用意してくだったサプライズでした。

新婚さんのお二人には一輪の薔薇♡
d0090959_01312025.jpeg


春には日本のカリグラフィー特別講義をしにソウルに行ったのですが、その時にもお会いした方々との再会はまた嬉しいもので、こうして友情が深まっていくのだと思います。
d0090959_02184785.jpeg


食事会の後には伝統茶のお店へ。
d0090959_01322032.jpeg



韓国の최先生のお弟子さんたちと私の生徒さんたちが交流する様子はなんだか心温まる場面でした。一人で家で本買って始めた韓国語が〜、突撃で弟子入りお願いしたハングル書道が〜、時を経て私以外の人々が交流することに繋がったなんて感動です
・:*+.\(( °ω° ))/.:+
d0090959_01325129.jpeg


政治や情勢は混沌としてるし、国内外問わず思想も様々だけど、国境と言語を超えて友達を作ることが平和に繋がると思うのです。これからも美術を通して異文化理解に貢献できたらいいな。


by narinya | 2017-12-26 15:02 | Comments(0)

2017水墨カリグラフィー韓日交流展 オープニングイベント①

2017年水墨カリグラフィー韓日交流展のオープニングイベントでは、作品出品者達による花の寄せ描きもひとつメインのパフォーマンスでした。

会場の壁面に7メートルの画仙紙を貼って、そこに順番で花の絵や文字を書いて完成させます。自分だけの花を咲かせよう!というテーマでした。


会場準備のようす。
d0090959_00570141.jpeg



紙の前には道具も用意してもらって……。こんな準備はとても大変なのがわかるだけに、中心になって展示会の準備にあたったソウルのメンバーの方々には心から感謝します。

日本の美奈子チームは遠くから出品するばかりで、オープニングイベントもその時間だけ参加、会場の様子が分からず言葉も不自由で……。なんの戦力にもならずごめんなさいm(_ _)m

招待作家ならいざ知らず、外国からの参加であっても主宰側として他のお客様を迎えることを含め作品発表をするということが本来の姿なはずです。今後もこのような機会を持つなら、そんな自覚を持つチームとして成長しなくては〜。
d0090959_00575528.jpeg



花の寄せ描きが始まりました^ ^
d0090959_01152435.jpeg



牡丹(上)、蓮の花、木蓮など様々ななお花を描いてます。
d0090959_01050353.jpeg


美奈子チームの順番も回ってきました。普段から水墨で花を描いているわけではない私の生徒さん達……。そして、遠く地方にお住まいの方々もおりました。

この日のためにあれこれ駆使しながら絵の指導までしましたが、こんなパフォーマンスでサササッと描くまでにはなかなか道は遠い…。でも!皆さん行くまでに練習した通りに当日も楽しく描けました( ^ω^ )

まぁ、記念ですから難しく考える必要はないですよね〜。心よりおつかれさま、そして参加ありがとう♡
d0090959_00584674.jpeg

d0090959_15043270.jpeg


皆が自分だけのお花を植え終わって、ヘグムの演奏の中、今度は主宰の최先生による揮毫パフォーマンスが始まりました。私たちの寄せ描きは前座(*≧∀≦*)
d0090959_00591638.jpeg



최先生がパフォーマンス前に精神統一!
d0090959_01060902.jpeg


おもむろに筆をとり揮毫スタート。
d0090959_01062496.jpeg



カリグラフィーだからかな、縦書きなのに左から書くことも最近よく見かけますが、この日の최先生のパフォーマンスもそんなスタイルでした。

晴れ舞台のパフォーマンスを否定的に見るつもりは一切ありませんが、私は個人的には左から右に行替えして縦に書くことは、若干、流れに無理があるように思います。

印の位置もおかしくなってくるし…。そのように書くメリットが今ひとつ理解できません。でも何か効果があってみんな書いているのかもしれません。その辺りのこと今度よく聞いてみようと思います。

d0090959_01064152.jpeg


余白に梅の枝も描いて爽やかに仕上げていらっしゃいました^ ^
d0090959_01133969.jpeg


揮毫の後にも様々なイベントが予定されていました。夜は会員の皆さまと会食の席も用意されて楽しい一日でした。その様子はまた次の投稿で!




by narinya | 2017-12-25 15:03 | Comments(0)

水墨カリグラフィー韓日交流展 作品2

3点出したうちの1点ですが、パネルよりもマットを作って額装した方がいい感じです。海外に運搬するのにパネル仕立てにしましたが、戻ってきたので後日フレームに入れてみようと思います。

作った本人の作品に対する印象と、観る人の印象がすごく異なることがあります。これはそんな例でした。最後まで何となくまとまらないな…と感じた部分があった作品でしたが、フタを開けてみると、この作品が好き!と言ってくださる方が思いのほか多かったのです。

書道の師匠もブルーの濃淡がよく出てるし、字の結構もいいし、構図も安定してると…。そういう他からの客観的な評価を受けてはじめてわかることがあります。だから作品を鑑賞する時に是非、作家に感想を話してください^ ^


d0090959_22510776.jpeg


細い線はキラキラが入ってるブルーのペンを使いました。柿本人麻呂の和歌を書いて、それを自分で韓国語に訳して左側に…。

通じるのかな〜?と思いながら書いたけど、読んでくれた韓国の方々は詩の内容が綺麗で画面とも合ってて幻想的な感じが好きだと言ってくれました。ひとまず通じたのでホッとして、好きと言ってもらえて嬉しかったです。



by narinya | 2017-12-17 23:05 | Comments(0)

2017水墨カリグラフィー韓日交流展 会場のようす

ソウル入りしてすぐに瑞山に遊びに行きましたが、今回の渡韓メイン理由は「2017水墨カリグラフィー韓日交流展」のオープニング式に出るためでした。

作品を出したお弟子さんの半数以上が日本各地からソウルに入りまして9日午後にギャラリーに集合^ ^ 個人旅行に用事をくっつけるスタイルにしたので、オープニング式以外は皆さん完全フリーです。ソウルなら今後もこういう感じで企画したいと思います。


仁寺洞ギルに面したこのビルにギャラリーがあります。一年前から押さえないと取れない仁寺洞のギャラリーで書作を発表するのは、銀座のギャラリーで展示会に参加するようなものですね。

d0090959_12545669.jpeg

エレベーターのところにはこんな風に表示してありました。

d0090959_00073679.jpeg


お祝いの花もゴージャス。


d0090959_23473465.jpeg

水墨カリグラフィーの담묵 최날길先生と私の生徒さんたちと。최先生はパフォーマンスの直前でお洒落な装いです。

d0090959_23584481.jpeg


최先生の作品2点。余白美の構成とみずみずしい色合いが水墨画をモダンにしていますね。デザイナーだったといいますから納得です。

墨絵に字を書くのは中国、朝鮮、日本でずっと昔からしている事で、この水墨カリグラフィーが特段に新しいものではありません。ですが、旧来の水墨画の画面では印象がやはり重いのですよね。軽くすると風格がなくなるし、難しいのです。

そこに偶然ネットで최先生のスタイルを見て、私自身すごく参考になったのですよね。それで連絡してやり取りしてたら… 数年してこんな韓日交流展に発展してました♡


d0090959_23535169.jpeg
d0090959_23541219.jpeg

展示会場のようすです。会場に入って一番いいところに美奈子チームの作品を集めて飾ってくれました。ありがとうございます!

でもなんだろう…。 テーブルと椅子があって動線が悪い…笑 そして、そのテーブルと椅子がお客様のためのものでもない、なんというか日本の展示会ではあり得ない休憩スポットというか…。アウェーなので私は何も言えませんが〜。そんなことも異文化交流の面白さですね!ははは

美奈子チームの作品はまた一つ一つブログで紹介します!

d0090959_23460596.jpeg


このアロマキャンドルがいい香りでした。瓶に今回の展示会ポスターと同じデザインが施されていました。会員の一人が作ったらしいです。


d0090959_12523345.jpeg

会場は広くていい間取りです。自然なセクションに分けることもできて、こんなところで個展ができる日が来たらいいな〜。


d0090959_23481521.jpeg


洋服に書いたカリグラフィーや、焼き物に書いたもの、刺繍でさしたもの…多種多様でした。


d0090959_23490173.jpeg


日本でも鉢植えやフラワーアレンジメントなどなら作品の下に飾りますが、もらったプレゼントは何でも全て置くことも日本との違いです。セロテープで作品周囲の壁面にカードや小さなプレゼントを貼ったりもします。

日本人の感覚では作品の見た目が悪くなると思うけど、韓国ではきっと、こんなにお祝いしてもらった、してくれた人にありがとう、その表現が優先されるのだと理解してます。

会場内での飲食もするし、観覧するお客様に紙コップでお茶類を出したりします。飲みながら観覧OKなのですね。他の展示会に行っても何度もそうだったので、それは韓国での常識みたいです。

日本ではお茶は応接コーナーにお通しして出します。ですからそこに通してもらえる人とそうではない人とでお客様に格差がよく見えます。お客様でさえ誰でも座れない日本では、主催側の人間が会場で腰掛けたり飲食をする姿なんてあり得ません。が、こちら韓国では気楽に食べて飲んでお喋りしてます。アットホームで悪くないです(^-^)


d0090959_23483570.jpeg


そしてドラマでもいつも不思議な上着を脱がない韓国の人々。ギャラリーでも脱ぎません!笑 私が脱いで倉庫に入れたら何で脱ぐの、寒いよ、と心配されました。でも迎える人もお客様もみんな上着を着たままで… なんか道端で話してるみたいな〜。

異文化交流ですから、そんな違いを見ること自体に意味があるのでしょうね。楽しいです。

d0090959_23482715.jpeg

オープニング式のようすはまた後日の投稿で(^-^)



by narinya | 2017-12-15 16:40 | Comments(0)

水墨カリグラフィー韓日交流展 作品1

色んな技法が混ざってます。またここから次の作品に繋げていきたいと思います。

作品(サイズA1 パネル張り)は販売可能です。
ご希望の方は連絡ください。
2insaneko@gmail.com


d0090959_00152419.jpeg

小野小町の和歌です。

おもひつつぬればやひとのみえつらむ
ゆめとしりせばさめざらましを


d0090959_18444991.jpeg

d0090959_18342676.jpeg

d0090959_20173205.jpeg


会場では小さく感じました。もう少し大きくないと存在感ないですね。外国での展示は運搬の問題があって、なかなか思う通りにいきません(T . T)


消しゴムハンコで装飾した水張りテープはこんな感じになりました。

d0090959_18454967.jpeg



by narinya | 2017-12-14 18:29 | 展示会 exhibition1 | Comments(0)

ハングル書道の練習からの応用


瑞山に行くのに手ぶらで行くことはできません(^◇^;) 指摘はいつも変わらず。もっと自分の頭で考えてやりなさいということです。難しいね書道って…。

これはなんとか一つだけアレンジしたものを見せることができました。が、本当なら縦横を変えたり、比率を変えたりしてもっと果敢にするように言われてるのに…。

言い訳だけど、やっぱり展示会の準備で疲れちゃったのですよね。自分の練習時間と体力は残すように活動のシステムを変えなきゃ…。ということで、来年で色々と整理つけますよ〜( ^ω^ ) ぬははは

d0090959_01501089.jpeg

by narinya | 2017-12-14 12:15 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングル書道の練習

瑞山に行くのに手ぶらで行くことはできません(^◇^;) 指摘はいつも変わらず。もっと自分の頭で考えてやりなさいということです。難しいね書道って…。


d0090959_01521916.jpeg

by narinya | 2017-12-14 12:11 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングル書道の練習

瑞山に行くのに手ぶらで行くことはできません(^◇^;) 指摘はいつも変わらず。もっと自分の頭で考えてやりなさいということです。難しいね書道って…。

落款部分が大きすぎました〜。
d0090959_01511732.jpeg

by narinya | 2017-12-14 12:10 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングル書道の練習

瑞山に行くのに手ぶらで行くことはできません(^◇^;) 指摘はいつも変わらず。もっと自分の頭で考えてやりなさいということです。難しいね書道って…。

d0090959_01483815.jpeg

by narinya | 2017-12-14 12:09 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングル書道の練習

瑞山に行くのに手ぶらで行くことはできません(^◇^;) 指摘はいつも変わらず。もっと自分の頭で考えてやりなさいということです。難しいね書道って…。


d0090959_01470895.jpeg

by narinya | 2017-12-14 12:07 | 書道 calligraphy | Comments(0)


最新のコメント
★鍵コメさま コメント..
by narinya at 17:22
★ハーちゃんさま コメ..
by narinya at 13:41
えへへ。素晴らしいカレン..
by hachan7609 at 18:13
★Housuiさま そ..
by narinya at 20:11
これいいですね! 字の..
by Housui at 00:17
★ハーちゃんさま 明け..
by narinya at 16:24
管理人からおねがい
フォロー中のブログ