ナリナリの好きな仁寺洞

カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:カリグラフィー ( 27 ) タグの人気記事

「ポクチュモニを描く」ワークショップします

昨年に引き続きポクチュモニのワークショップ。開催があればぜひ参加したいと待っていてくださった方々にやっと!お応えできます〜。春ですし(^^) 新年度も始まりましたし(^^) 沢山の福を詰め込んでいけるように巾着を描きましょう〜。


d0090959_21452951.jpeg


この春から出張の教室を新設する記念に開催するワークショップです。新設の教室場所がそのままワークショップの会場になります(1月に看板壁画を完成させたところ)。

haruhana Cafe & Hotel
〒157-0063
東京都世田谷区粕谷3-32-12
京王線「千歳烏山駅」徒歩10分

d0090959_12122737.jpeg


以下の日程で4回ほど時間を設けてみました。すでにカフェの方に参加申し込みが入って来ているそうなので、関心のある方はこの機会にぜひ申し込みよろしくお願いいたします(^^)

① 4/25(木) 10:30〜12:00
② 4/25(木) 15:00〜16:30
③ 5/4(土)10:30〜12:00
④ 5/4(土)15:00〜16:30

参加費は5500円
各回とも定員は5名

申し込み↓

ハルハナカフェ 090-1058-3662
または
渡邊美奈子 2insaneko@gmail.com


カフェではランチとスイーツも楽しめます。お時間に余裕があればワークショップ以外のお時間も一緒に過ごしましょう〜。


***********


d0090959_21454857.jpeg


by narinya | 2019-04-05 21:48 | ワークショップなどの募集 | Comments(0)

ハングルの小作品

3/3の桃の節句には愛知県半田市におりました。通信の生徒さんとそのご友人たちと一緒に半田赤レンガ建物手づくりマルシェひとはこ市に参加をするためです。

エブル(トルコのマーブリング)をメインにして参加しましたが、物販ではハングルで書いた小作品と小物も少々。写真は四点持って行ったハングル小作品のうちの一点です。フレームが12×16センチ。

気楽に気楽に…を念頭に作ったので価格も気楽。 私自身も楽しんで作るものは観る人達も楽しいのですよね。そういうものを提供する事も私の一つの役割であると思っています。

とはいえ、活動のすべてがそうなってしまうことは望んでいないので、そのためにはこれまで以上に自分への挑戦を強化していく必要があります。楽しいことの一方で、やはり人間には自己実現のために苦悩することも大切なのではないかと思うからです。


d0090959_16511968.jpeg


人が喜んでくれることはとても嬉しいし、やり甲斐を感じることだけれど、人さまを喜ばすことだけに私の人生を使っていては「私自身」がいなくなってしまいます。その辺りのバランスをとるのが本当に難しいのですが、一つの方法として人々と接する時間で無駄に多忙にならないようにすることかなと思います。

誤解を招くとよくないので無駄に多忙になる要因は何があるかというと、たとえばヘンテコな連絡に丁寧に答えたりとか〜、SNSに割く時間とか〜、後に繋がらない営業とか〜、そういう諸々です。私がはじめにはっきりと態度に示せば回避できることばかりなので自分次第ということですね。

油断するとすぐにほだされちゃう性格だから(・・;) 今年はしっかりと気をつけて流されないようにやっていかないと。それで、これまでいただいていた有難いオファーなどに関しても今年からは丁重にお断りしています。今後は自前の教室としての学習時間や作品などを通して皆さまとお会いできるようにしたいと思っています。

8/30〜9/16は小淵沢で個展します。その前、6/17〜6/30は千歳烏山のハルハナカフェにて「うちわと扇子の展示販売(仮)」を予定しています。カフェでの週末にはワークショップや実演もしようと思います。ぜひ来てください。詳細はまた改めて(^^)



by narinya | 2019-03-09 16:13 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングルの小作品

半田赤レンガ建物での「手づくりマルシェ ひとはこ市」に出したハングルを用いた小作品その3です。フレームが12×16センチ。

本当なら、というか本来なら?もともと?日本語でこういうものが作れるようになって、それを海外も含めて発信していきたいと思っていたのですが…。その一貫でハングルの造形とデザイン性にヒントがあると思って勉強していたのでした。



d0090959_14331757.jpeg


それがなぜか今は巡り巡って日本でハングルを書いているという現実〜。それはとても有難いことではありますが、本来の気持ちも全うすべく少しずつ初心も思い出していきたい^ ^ できるような気がする春です^ ^


by narinya | 2019-03-08 14:27 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングルの小作品

半田に連れて行ったハングルの小作品(フレームが12×16センチ)は4点。これはその2です^ ^ 今回すべて画仙紙に書きました。模様をつけたりするのは洋紙でもどんな紙でもあまり選ばずできるのですが、筆と墨で字を書くとなるとやはり画仙紙の方が滲みカスレがあって見た目にも深みが出ます。

画仙紙だと印も綺麗におせます。印泥の乗りがいいといいますか、余分な油分を紙が吸い取ってくれるし紙の繊維と印泥の繊維が密着する事で色も濃く出ますしね。書いてあればいい、おしてあればいい、ということではなく、何でもきっとそうなのだと思いますが、ベストな状態でしてこそ魅力が最大限に引き出されるということだと思います。


d0090959_11092719.jpeg



学習の段階で道具に関して手持ちのもの(人から譲り受けた古い筆とか放置してあった紙とか…)や、100円ショップなどにある安価なもので代用してもいいかと訊かれることが多いのですが。。。

一足飛びに高価なものを一式揃えたりすることは無駄になる可能性もあるので勧めませんが、効率のいい学習をする為に必要なものは指導者に言われた以外のもので代用すべきではないと思います。工夫と節約は別のもっと本質的なところですべきなのであって、材料や道具にお金を渋ることではありませんよね。

知識と技がない時点で自己流にすると上達を妨げますし、結局は無駄金を使うことになります。なぜなら良くないものを使うと後に不足を感じることになって必ず買い換えることになるからです。お金も無駄だし道具のせいで上手くできなかった時間も無駄です。その間に士気も下がっていいことなんて一つもありません。

一方でなぜそこにお金をかけるのか?という現象も世の中には多く見られて……。もう価値観と感覚は個々の生きている背景と関係していることなのでいくら伝えても通じないこともあります。それはもう割り切って受け止めてそれ以上の教育は私の役割ではないと思っています。

優しいけど厳しいワタシ。いや、冷たいと言うべきかしら。とにかくこんな私に共感してくださる方はぜひ一緒にお勉強しましょう。春ですし新年度も始まりますしね、私もお教室や通信のことを少し改編して進めていくつもりです。今後ともよろしくです〜。


by narinya | 2019-03-07 11:03 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングルの小作品

こんなハングルの小作品も半田の手づくりマルシェに持って行きました(^^)

作品と一口に言っても色々な形がありますが、このくらいの感じも気軽でいいのかもしれないと思える心の余裕が出てきました。前は作ったとしても作品として受け入れるのはとても難しかったので…。理由は色々あったのです、私なりに…。ふふふ

こんな感じの小さなフレーム作品は今後も作ります。ご自身の楽しみとして、何かプレゼント用などにお使いいただけたら嬉しいです。


d0090959_16505300.jpeg
12×16センチ


by narinya | 2019-03-06 16:57 | 書道 calligraphy | Comments(0)

韓国の会社ロゴ


韓国の映像制作会社から依頼を受けてその会社のロゴをデザインしました。デザインなんて韓国にもたくさんできる人はいるはずです。なのに日本人相手にハングル書いてと依頼してくれることがどれほどの意味を持つか。


私はきっぱりと日本人だし、書道の一環としてハングルの書道に関わっているけれど特にそれほど韓国推しというわけでもないし。それは依頼者も知っていて、さらにその人は別に日本が好きではないとはっきり言っているという。笑


でもそんな関係と距離感がとても心地よくて安心するのですよね。お互い自国にいながらの異文化理解とか異文化交流ってその程度の感覚が程よいと最近ますます思います。



d0090959_07504821.jpeg


期待することもされることもなく、誤解することもされることもなく、何かに応えようと無理に合わせる必要もなく〜。そもそもが別のものとして尊重し合える関係がいいですよね。


互いが自分のすべきことをしていれば、いつか自然と信頼でリンクするでしょ。相手に合わせてまで作った関係ほど脆く無駄なものはないです。40代にして悟りました。笑


とにかく、人間関係や環境に関する早め早めの見極め運動は今年も続行中。さらに強化年間としました( ^ω^ ) 一昨年も去年も決意に反してつい心が揺れたことが数件あったのですが、それらは後に全て破綻しました。結局はそういうことです。


今年はこのまま乗り切って10ヶ月後には清々しい年の瀬を迎える(^^) そして生まれた心の余裕で早めに年賀状も書きたいな〜。



by narinya | 2019-03-03 07:54 | 書道 calligraphy | Comments(0)

愛知で手作りマルシェ

3月3日(ひな祭りですね〜)は愛知に行きます。通信の生徒さんで長くお付き合いのある方がお仲間と参加している半田赤レンガ建物「手づくりマルシェ ひとはこ市」に混ぜてもらうことになりました(^^)

何か手作業ができるからでしょうか…。これまでもこういった催しに出店しないのかと皆さまによく訊かれたのですが……。芸術として純粋に創作活動をしようと思うと気持ちの面と金銭の面から見て手づくりマルシェの雰囲気では難しいと感じています。活動の目標と舞台が異なるということですかね。

でも、もっと気楽(私が気楽に作れて人々が気楽に見れる、そして買える)なアプローチができるものが自分にもあったらいいなぁと思っていましたが、4年近く習っているエブル(トルコマーブリング)がまさにそれかもしれない♪と思って、最近はこれまで作ったエブルをフレームに入れて飾れる状態にしたり、何か小物に加工したり、ゆくゆくは紙そのものを販売できる方向で整理しているところです。

画像は、今回のひとはこ市の広報としてご一緒させてもらうメンバーのお一人が事前に製作してくださったものです。エブルの解説が素晴らしくお許しいただいて今後も使わせていただきたいほどです。私はオマケちゃんで混ぜていただく感じなのに宣伝がエブル推し(≧∀≦) です。ちゃんとできるか少し心配だけど、楽しくお出かけして他の人の手づくりも見学して、今回はそれでいいかなと思ってます(^^)


d0090959_23054553.jpeg
d0090959_23055948.jpeg
d0090959_23055226.jpeg
d0090959_23071271.jpeg



エブルに関しては淡々と4年ほどレッスンを受けて、先生のもとでグループ展に参加したりしてきました。それは今後も続くことですが、でも、ずっとそうしていても発展がないのも事実。そこで先日から千歳烏山にオープンしたハルハナカフェ&ホテルで展示販売をしたり、リクエストをいただけばエブル紙自体を販売したり、少しずつそんなことを始めています。今回その一貫でひとはこ市にもエブルで参加することにしました。

画像でもわかりますが、作品は小さなフレームやエブル紙を使った小物中心に販売しつつ、ブックマーク作りのワークショップもします。紙を選んで貼るだけなので簡単に作れます。でもエブル紙自体がゴージャスで一点ものなので存在感は出ると思います。


d0090959_12573070.jpeg

あと少しデザイン文字を書いたものも用意できそうです^ ^ 何語であれ、何文字であれ、真面目に伝統そのものをお見せしても雑貨や商品にはなりにくいので、そこはデザイン文字でアレンジしてクラフトの要素と組み合わせて見栄えよく気楽で気軽な…というところですね。

ハングルなら流行りのカリグラフィーで、漢字や仮名ならインテリア書道などと言われるものの出番です。字でも絵でもハンコでも「勉強は真面目に。使うときは楽しめるように」がいいのでしょうね。心に余裕を持って色んな形で勉強したものを使っていけるようになったら本当に人生を愉しむことができるような気がします。ある意味、究極の形ですね〜。まずは愛知で、ついでに美味しいものでも食べて来ようと思います(^^)

お時間のある方は是非、半田赤レンガ建物まで遊びに来てください♡



by narinya | 2019-02-26 23:09 | エブル Ebru | Comments(0)

ドキュメンタリー番組の題字

今年のお正月は家族のいる九州へは行かずに東京で過ごしました。そのかわりダンナさんも義理の両親も東京に集結〜。特におもてなしをするオヨメではないので何も準備などはなかったのですが、そんな私だから? 正月なんて関係ないかのようにある依頼が入りました。

韓国のKBSのドキュメンタリー番組「다큐세상」のタバコの回の題字依頼です。すこし前にもタバコの内容でドキュメンタリーの題字を書きましたが、こう続くというのは、いま韓国では禁煙に関することがよく取り上げられているということかもしれませんね。

1枚目の写真は放送の画面をコソッとキャプチャしました。放送の冒頭部分だけですがYouTubeにも上がっています。よかったらチェックしてください。


d0090959_23055989.jpeg


d0090959_23053613.jpeg


これは書いた字で韓国に送ったものです。今はデータで対応するからどこにいてもこういう仕事はできます。とはいえ、書く技術はもちろんですが、それなりにいい機器が家にある環境でないと色々と難しいですよね。

私はいいスキャナを持っているのでできるんですけど(^^) というかスキャナとコピー機、プリンタが二台ある今の環境でなければ、普段から私は何もお仕事できないとよく感じます。実際にしていることは毛筆に墨をつけて書くというとても古風なことですが、それを仕事にしようと思うとそういう機器たちは必要。

また今年は他にも題字を書く依頼がくるかしら^ ^ 韓国語でなくても書くよ!と言っていますが、今のところ韓国からはハングルのものばかり頼まれます。どんなものを頼まれてもできるように、ちゃんと書道の練習をしてニーズと期待に応えられるよう準備しないと(^^)

勉強しなくてもセンスとか勢いで仕事になっている人もね、たくさんいますし、商業デザインて大部分はその方がインパクトがあって好まれるものだったりします。

ただ、それを私ができるかといえば、やっぱりしたくないからできないんですよね……。仕事なら嫌なことでもやるべきとかいう風潮やアドバイス(アドバイスなのか?笑)もすごく嫌。。。 そんな中で私に何か依頼してくれる方々の心意気には本当に有難いし敬意を表したいです。だから頑張れるのですよね〜。

ということで少し後回しにしてしまっていた書道の練習を日々に戻さないと(^^) 2019年、いい年にしたいな(^^)



by narinya | 2019-02-22 23:27 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展 オープニングイベントの様子

前回の投稿に続いて2018水墨カリグラフィー韓日交流展の様子。会期中にあったオープニングイベントの模様を載せてみます。

d0090959_02220613.jpeg
チェ先生が指導する水墨カリグラフィーの今後は「(仮称)社団法人 韓国水墨カリグラフィー協会」としてさらに公的に活動を目指していて、昨年のオープニングイベントはその創立総会としての意味もありました。

チーム美奈子は賛助的な立場から今後もしばらく関わっていく予定です。書画が好きで異文化交流や国際交流が好きな方はぜひチーム美奈子のメンバーとして一緒にしていきましょう^ ^

参加に際しては、普段から私の生徒なり弟子なりそういった形で勉強をしてくださる方であれば実力問わずお誘いできます。信頼関係が築けてはじめてお誘いできることだと理解してください。よろしくです。



d0090959_02461857.jpeg
チェ先生との縁は私が偶然ネットで先生の作品を目にして連絡したことが始まりです。中には私のハングル書道のお師匠様と混同している方々もいるようなのですが、お師匠さまとの流れとは全く別でいわゆる作家仲間という関係です^ ^




d0090959_02520950.jpeg
チェ先生は水墨カリグラフィーの普及のための指導活動と、このようやパフォーマンスなどを多くされています。こういう大勢が集まるオープニングイベントをするにはパフォーマンスは欠かせませんね、やはり。

私は自分の活動で人前でのパフォーマンスや揮毫は極力少なくしたい派……。揮毫は書道の学習時間に手本を書いて見せて差し上げることはしますが、自己表現は出来るだけ作品を作ってそれを通して伝わることがあることを目標にしています。




d0090959_02523236.jpeg
このイベントには特別ゲストがお祝いに駆けつけてくださいました。チェ先生の揮毫作品の前で力強いメッセージを送ってくださった詩人のヨン へウォン氏です。



d0090959_02231523.jpeg
ちゃっかり記念撮影もしていただきました。今回、出品した作品のうち一つはこのヨン へウォン詩人の作品を題材に書いたものです。



d0090959_11534089.jpeg

기대

그리워하다가
꼭 감았던 눈을 떴을 때
그대 내 앞에 서 있다면
얼마나 좋을까




続いてオープニング式ではチーム美奈子の訪韓者たちを紹介する場面がありました。大切に扱っていただき感謝します。

d0090959_02522542.jpeg

d0090959_02533112.jpeg

一人一人マイクを持ち自己紹介と感想などを大勢のお客様にお伝えしました。韓国語を勉強してできる方は韓国語と日本語を混ぜたり^ ^ 補助は日本語を専門に学んだ韓国のドンファ先生が通訳してくださいました。

言葉は自分に合った場面で使うことでしか身につきません。机に向かう勉強を正しくして初級が終わったらどんどん使っていかないと。ていうか使っていくつもりで初級をやるべきなのでしょうね。

そして不足を感じるたびに机に戻ってそこをクリアにしていく、また実践する、そうして失敗しながら体験しながらを繰り返しをしていたら外国語を使って何かをすることができるようになるはず…^ ^




d0090959_02233214.jpeg
主宰のチェ先生からチーム美奈子で2名の優秀賞を授与してくださいました。普段からの頑張りに敬意を表して私が推薦したお二人です。いい思い出になりましたね^ ^




d0090959_02553650.jpeg
演奏をする方々も来てくださいました!




d0090959_02444882.jpeg
出品作家たちによる合同パフォーマンスは昨年と同じように寄せ書き的な〜。大きな画仙紙!




d0090959_02281917.jpeg
d0090959_02283468.jpeg
最後はお茶とお菓子をお配りしてオープニングイベントは終了です。



d0090959_02254344.jpeg
韓国側の先生方。チェ先生のスタイルでは若い方々が集まりやすいみたいですね。水墨画と言っても現代的な爽やかな画風で、添える文字も漢字ではないから書道というよりもやはり流行りの「カリグラフィー」になるし。

水墨画に画賛を添えて作品にする事は何百年も前からずっとして来たことで珍しくも新しくもありません。でも正統的なそれは下火なのに水墨カリグラフィーになると流行るナゾ。。。これはどういうことなのかチェ先生を見て私なりに分析しているところです。ふふふ。




d0090959_02400077.jpeg
韓国のボナ先生。私が日本で仲良くしているお姉さんと韓国でお友達だったことが後々わかり^_^ 世界はやはり狭いね〜となりました。




d0090959_02271460.jpeg

d0090959_02275507.jpeg
そしてソウルでプリザーブドフラワーのお仕事をしているお友達がこの作品をプレゼントしてくれました!私が今回、書いた作品に合わせて作ってくれました。カラフルで蝶々が飛んで^_^ 相手のことを想って何かができる人、尊敬します。ありがとうございました!




d0090959_02222375.jpeg
韓国側で作った横断幕をお借りしてチーム美奈子だけで記念撮影しました^_^ 出品だけでも素晴らしいことですが、訪韓までできるとさらに楽しいですし総合的に参加の意義が感じられてベストです。



d0090959_23214495.jpeg

展示会場でのオープニングイベントを終えたら懇親会としてのお食事会。美味しいお料理とお酒をいただきました〜。

自分の生き方と理想に悶々とした時代か長すぎて、後にこういう時間が来ると知っていたら若い時にあんなに悩んで戦って苦しくなかったのにな…。そんな気持ちになるいい時間でした。

心から感謝して今後は自分がいるべき場所をもっときちんと確保して、さらにいい活動ができるようにしたいです。そしてちゃんと理解して望んでくれる方々に何かを還元できたらいいな。今年はもっと整理して頑張る〜 ٩( ᐛ )و



by narinya | 2019-02-14 10:09 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展 会場の様子

年末年始や依頼されたことなどをこなしているうちに時間ばかりがピュ〜っと過ぎてしまいます。

忙しいのは誰しもがそうだと思いますが、何かを頑張ってキャパシティが大きくなるわけでもないし、今あるものは私に必要なものなのでそこを無くして容量を増やすこともできません。悩ましい。

という感じで随分と報告が遅れましたが、12月に仁寺洞のギャラリーで開催された「2018水墨カリグラフィー韓日交流展」の様子をお伝えします^ ^



d0090959_16541449.jpeg

会場となったギャラリーは仁寺洞サゴリの角、美術世界ギャラリーです。



d0090959_16553629.jpeg
主宰のチェ先生の作品たち^ ^ 空間と墨、顔彩の滲みがとても綺麗です。




d0090959_16580756.jpeg
この2点は私の作品です。作品の詳細はすでにそれぞれ別に記事にしてあります。表装をまた整えて今年9月の小淵沢での個展にも出すかもしれません。よかったらそちらに実物を観に来てください。




d0090959_16560933.jpeg
会期初日。チェ先生とギャラリースタッフのキムさん。




d0090959_16582206.jpeg
ここからはチーム美奈子の作品をお見せします。
右から京都のHさん、新潟のHさん、宮崎のIさん。



d0090959_16584469.jpeg
神奈川のTさん、東京のSさんとMさん。



d0090959_16591189.jpeg
長崎のMさん、東京のKさん、Gさん、Kさん、Aさん。

d0090959_16592791.jpeg
こちらは愛知のKさん。


個性あふれる作品が並びました。チーム美奈子といっても私のスタイルを伝授して広めたい訳ではないので個々に主体性を持って制作してもらった結果、なんとも楽しいフリーダム盛り盛りの作品群になりました。

私のやり方が右に倣えではない分、正直いうとすごく大変なのですが。笑 ただこういう事を通して得られる信頼関係は強固ですし、それが意味を持たない場合には意識確認の明確なバロメータにもなるので、過程は大変ですがやる価値のあることだと思っています。




d0090959_19353654.jpeg
いつもよくしてくださる主宰のチェ先生と私の作品の前で記念撮影。



d0090959_17065195.jpeg
この軸は韓国で表装しました。とてもリーズナブルです。今後、軸装がたくさんある時には仁寺洞に発注するのも有りだと思いました。送料などを考えても多分お得。そして結構お洒落な仕上がり。


**********


書道お師匠さまの要請で秋に参加させてもらった韓中日国際書画交流展を終えて、そこからラストスパートで準備した12月の水墨カリグラフィー韓日交流展でした。それで本当に去年は自分が消えていなくなっちゃうような忙しさでした(思い返すと一昨年はもっと辛かった記憶が…笑)。

そんな多忙なときにどう自分を保つか?すべきことは何か?それはやはり自分に必要なさそうなものをいかに早く見極め遠ざけるか。そういうものが近づいて来ないよう普段の言動をいかに気をつけるか、活動の水準をいかに上げていくか。そこだな!と学んだここ数年です〜。

そうはいっても誰かが正解を教えてくれることでもないので情にほだされて頻繁に失敗してしまいます。でも間違わずに行動できた時に返ってくる物事のなんと美しいこと♡

今後はそこを共通の認識とする関係や環境で日々を固める努力をしよう。そのためにもブレずに進む信念と作品に向かう技術と気持ちが大事。やっぱり忙しくてはいけないのです。今年は好循環になるシステムづくりが目標 p(^_^)q

皆さまも2019年、さらなるいい年になりますように!




by narinya | 2019-02-06 10:57 | 書道 calligraphy | Comments(0)


最新のコメント
こんにちは! 浮かし額..
by Housui at 14:26
ゲーム…やりますよ^^ ..
by nikka at 12:18
★nikkaさま お久..
by narinya at 15:40
ご無沙汰しています! ..
by nikka at 12:28
★Housuiさま そ..
by narinya at 00:47
なかなか無いご縁ですよね..
by Housui at 20:51
管理人からおねがい
フォロー中のブログ