ナリナリの好きな仁寺洞

カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:カリグラフィー ( 32 ) タグの人気記事

小淵沢個展 추억

d0090959_02255542.jpeg
영영 잊혀지기 싫어 헛돌다
떠나는 세상살이지만
사랑 하나쯤 남겨 놓고 싶다

용혜원님의 추억


ここ数年、ハングルで書いて作品作ることも多かったのですが、なかなか周りに私の方向性が伝わらないこともあり…。今回の個展ではハングルの作品は少なめにしました。

その中でハングルで書いた作品(^^) 30㎝×30㎝のパネル仕立てシリーズの一つです。

ワタシ、細かく描きたがりな傾向が強いのですが、余白を生かして書くことを意識して構成しました。普段あまり使わない色合いでもあり、どうかな?と思ったら皆さま褒めてくださって。作者と観客の好みの差って必ずあるのですが、これもそんな感じ。

気楽に書いてあるハングルを見て、皆さま最近はハングルの「カリグラフィー」なるジャンルをご存知なので、その枠組みの中で書いた字だと思うみたい。でもこういうラフな筆記体もハングル伝統書で書体の一つとしてあります。そこを一定、勉強して技術を身につけたので私もこうしてサラサラな感じに書けるのですよ〜。ふふふ。

宮体正字→フルリム体の順で終えたらこのラフな書体に取り組んだらいいですね。勉強しないと書いたらいけないとか、そういうことではありません。でもここから上手くやろうと思っても、ネイティブさん達でも難しいことだと思う。面倒なようであり、そこが伝統モノの醍醐味を感じるところです^ - ^

今後、創作に徐々に集中したいこともありまして、書道の指導に関しては本当に習いたい方、課題をこなせる方など、弟子として長くできる方のみ受け入れています。真剣にジャンジャン書いていきたい方、生涯学習として長く続けたい方は連絡ください。



by narinya | 2019-09-14 09:11 | 2019 作品展示 | Comments(0)

ハルハナカフェでイミョンファン先生特別講習会

8月29日、小淵沢での個展開幕前日に無事に搬入と陳列を終えて、翌日の開幕日にギャラリーはお留守にしたワタシ( ^ω^ ) 遠方でギャラリーオーナーさんがいてくださるから問題はないのですが、開幕日に自分がいないなんて初めて〜。

何をしていたかというと、お知らせしていた通り韓国のお師匠さまによる特別講習会を企画開催しておりました。こんな情勢の時にも変わらない心で来日してくださって、ともに迎えてくださる皆さま。ありがとうございます。

政治と文化は関係ないとかよく言うけど関係あります。美術や芸術はそのものが思想で政治です。だから楽しいだけとか綺麗だけとかは本来ないし、交流に使うなら普段からマイナス点も含めて互いに関係を作っておくことがいいですよね。何があっても変わらないよね、という普段からの信頼と確認が大切だと思います。


d0090959_10050075.jpeg

講習会は実技と発表、そこに先生がお名前書いてプレゼントしてくださる時間で構成しました。参加者それぞれのお名前をハングルで書いて、余白には希望のメッセージを書き入れてくださいました(^^) 8名の講習会参加者に加えて忙しい中わざわざ先生に会いに来てくれた2名さまにお渡しすることができました。フレームに入れて記念撮影。




d0090959_11283174.jpeg
遠隔にお住まいの方々、お時間の都合がつかなかった方々にはこのお名前プロジェクトのみの参加も歓迎していました。結局、先生は短い時間で16人に字を書いて、ハンコは50個近く捺してくださったのね…。終えてみて申し訳ないくらい働かせてしまいました。てへへ。


d0090959_11081982.jpeg
d0090959_10064762.jpeg


d0090959_09390436.jpeg

講習会でお渡し出来なかった方々にはまた後日、手渡しまたは郵送で。楽しみにしていてください。先生の講習会に合わせて奈良から手作りのプレゼントを送ってくださったYさん♡ 先生は大切に箱に入れて韓国に持って帰られました。いつもありがとうございます♡


**********


講習会の半分は実技と発表というドキドキワクワクの時間にしましたが、これは先生が韓国の大学の授業で講義している内容とほぼ同じです。考えて書くこと、それを自分の口で周りに伝達すること。書道や習字の時間に見落としがちなことにフォーカスしていてたいへん意義のある講義となりました。

先生から出されたお題は「夢」でした。何かについて連想して考えをまとめて構成して目に見えるようにする、それを人と共有する。これ視覚伝達デザイン。まさに私が大学で専攻したことそのものでした。当時はデザインと書道は別のものだと思っていて専攻にすごく疑問がありましたが、今の活動を見てみると結局はおさまるところにおさまったということのようです。

d0090959_10035128.jpeg

それぞれ何を書く?どう書く?と悩みながら練習したりして楽しい。そして発表の時間。発表といっても講評会なわけではないので気楽でいいのです。自分を相手に伝えることが目的であって人との競争なわけではないですから(^^)


d0090959_11122084.jpeg

皆さま素晴らしい〜。そして学生に戻ったみたいで楽しかったというお声もいただきました。こういう機会を作ってくださった先生、場所提供をしてくださったハルハナカフェさん、ありがとうございます。


d0090959_11353442.jpeg
ハルハナカフェには9月いっぱい先生の作品が展示、販売されています。ハングルの作品と漢字の作品、篆刻の作品、刻字作品など、前向きなメッセージが込められたものばかり。この展示会のテーマが「夢・希望」で制作してくださったとのことです。先生の計らいでいつもの半分の金額設定にしてくださっています。おうちのインテリアに是非〜。

ハルハナカフェではふわふわのかき氷もいただくことができます。ぜひぜひ展示期間にお出かけください。よろしくお願いしまーす!


d0090959_11423138.jpeg



by narinya | 2019-09-07 09:30 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

お師匠さま特別講習会と作品展示会

 2008年の春に弟子入りして以来、書のことや芸術のこと、日常や人生のことまで色々と教えていただいているお師匠様。入門当初、先生のホームページにもあるように、通信で習える書体には韓国国内外問わず一定の制限がありました。でも勉強が進むにつれて私にはそういう枠をどんどん取り払って習える書体や事柄を増やしてくださいました。

行き着くところ、漢字の臨書と篆刻の模刻も指導対象にしてくださって現在にいたります。私が日本で書の師についていないことを心配してくださってのことのようで有り難いご配慮です^^

弟子入りから10年以上が経過し、その間、私は活動の場を広げたくて当時住んでいた九州から東京に戻ってきました。数年前に国立で教室を構えてから徐々にお師匠さまにご恩返しができるようにもなってきました。今回は私のお弟子さんが経営するカフェとホテルの協力のもと、お師匠様をお迎えできることになり、そこで先生の作品展示会と特別講習会を開く運びとなりましたのでお知らせいたします!


ナルイミョンファン先生
特別講習会

日時:2019年8月30日(金)15:00〜17:00
場所・問合せ:ハルハナカフェ&ホテル
☎090ー1058ー3662
✉️haruhanacafe18@gmail.com


参加費7000円です。講義は先生が韓国の大学で行っている授業と同様の内容で進めてくださいます。伝統書道のことはもちろんですがカリグラフィー(文字デザイン)の要素も含んだもので興味深いと思います。少人数制。渡邊がサポートしますが特に通訳はおきません。韓国語の実力を発揮する実践の場としてもいいですね。残席わずかです。交流会には食事代が別途かかります。講習会のみの参加も可能。


d0090959_13094298.jpeg

ナルイミョンファン先生
作品展示会も同時開催
(書・篆刻・水墨画・刻字など。販売可)


第1会場 ハルハナカフェ8月30日(金)〜9月30日(月)
第2会場 山梨県北杜市小淵沢ギャルリーアビアント
(渡邊美奈子個展〜創作書画展の会場内)
8月30日(金)〜9月16日(月)
   ※第2会場は金・土・日・月のみ開館



展示作品例
d0090959_16485226.jpeg

今回、カフェの展示のために新作も用意していただきました。9月いっぱいと長く展示されていますから是非、作品鑑賞とカフェ自慢のパッピンスを楽しみにいらしてください。カフェのかき氷は韓国直輸入の機械で作ってフワッフワです。色んなフレーバーがありますが日によって変わることもあります。残暑にぜひ何度もお出かけされても・・・^^





 ★作家略歴★ 
・大韓民国美術大展書芸部門審査委員歴任および招待作家
・Arirang TV出演 (外国人書画オーディション番組「Kカルチャーエリート」オープニング大字パフォーマンスおよび審査委員)
・IMFOCIA外国人研修生および外国人大学生対象の書芸文化体験特講多数
・『ハングル板本体の書き方』『ハングル宮体の書き方』『般若心経篆刻作品集』出版
・招待展、グループ展300回以上
・書芸個展7回
・順天郷大学教授(書芸ベストティーチャー賞受賞)
・大韓民国忠清南道瑞山市徳地川路3(書芸・篆刻研究室)



**********


8月15日光復74周年記念揮毫パフォーマンス

d0090959_11532148.jpeg
d0090959_11532904.jpeg


d0090959_11483865.jpeg


역경을 이기고 핀 꽃은 아름답다
逆境に勝ち咲いた花は美しい






by narinya | 2019-08-12 11:26 | ワークショップなどの募集 | Comments(0)

うちわのキットと国立での扇子制作

私生活の充実を…と思い日常の単なる暮らしを重視していたらブログがひと月ぶり〜。まぁ、それもまた良しということで(^^) 更新をお休みしていたわけでもなく、単にのんびりとやっているだけです〜。

生徒さんのお一人が経営するハルハナカフェでの「うちわと扇子展示販売会」と、それに合わせて企画したうちわのワークショップも無事に終わり、次への動きに向けて深く静かに過ごしていたとも言えます(^^)

主に週末ですが国立のお教室を開ければ、長時間の勉強場所、いわば「道場」を安定して活用してくれる生徒さん達がいて嬉しく思います。そしてもちろん通信で学ぶ方々も、たとえ季節が巡っても時が流れても環境が変わっても、いつも変わらぬ心で継続してくれて…。本当に頼もしく感謝の念しかありません。

遠方から国立にスクーリングを受けに来てくださる方々もいらっしゃるし、最近、お若い方が通信に入会したのですが、その方の学ぶ姿勢を見るにつけ「私も皆さまにきちんとお応えしていかないと!」と改めて感じました。



d0090959_21592003.jpeg

夏の風物詩の意味もあり、今年も生徒さん達にはうちわを作ってもらおうとキットを送りました。通いの方はその場その場でお誘いして制作してもらいました(^^)

普段の通信のお稽古といえば、私が手本を渡して生徒さんが自己管理で反復練習をする。その後に添削を受ける意味で提出をする。どうしてもそういう流れを避けることはできません。だからこそたまには楽しく実践もしないといけないのですよね。それでキットを送りましたが、お手元に届いて皆さまとても喜んでくださいました。

「美奈子せんせ、こんな感じにうちわが出来上がりました〜」と完成したうちわの写真を送って来てくださる方々(^^) 楽しい気持ちを分かち合おうとしてくださるお気持ちがそのまま私の幸せです。だから課題をちゃんと消化できなくてすみませんとか、うまく書けなくてごめんなさいとか、他の方はもっとできるんですよね?とか。そういうことを思ったり口にしたりすると負のループにはまるから避けてほしいと切に願います。

できるならもちろん課題はした方がいいし、上手くなった方がレベルアップしてやり甲斐があるし、出来ることが増えると本当の意味で楽しくなっていくのはその通りです。でも状況がついてこないこともあるし、それはそれで現実ですから。その中で出来ることをしたらいいのです^ ^

変えられることなら変えたらいいけれど、それはなかなか難しいですよね。そんな中で私に申し訳ないと感じる必要はありません。理由は簡単。「主役」は私ではないからです。さらに他の方々と実力を比べようとする事で良いことなんて何も生まれません。主役は皆それぞれ自分自身、一人しかいないのですから♡ ひたすらに自分に向き合ってください。私もずっとそうしてやってきました(^^) 何かあればいつでも相談してくださいね。

答えの出ないことや思い込みで優劣をつける考えは本当にしないに限ります。もし遠くで、近くで、そんな気持ちになっている生徒さんがいたら、先ずうちわでも作って気分転換して切り替えてくださいね♡ そしてできる範囲でベストを尽くしましょう〜。私もそうします〜(^^)


***************


国立のお教室で月に一度開講している講座と、道場にいらっしゃる生徒さんで希望者には扇子制作の時間も提供しました。以下、この夏に誕生した皆様のお扇子と制作風景です(^^) こうして完成したものを見ると皆さま本当に腕を上げられたわぁ。

d0090959_22534551.jpeg

d0090959_22532120.jpeg
d0090959_22533463.jpeg
d0090959_22530540.jpeg
d0090959_22522352.jpeg
d0090959_22523656.jpeg
d0090959_22524892.jpeg

d0090959_22574124.jpeg

d0090959_22504203.jpeg
d0090959_22444033.jpeg

d0090959_22505324.jpeg

私と一緒にお勉強をするまでは筆でささっと絵を描くなんてしたことなかったし、できるとも思っていなかったとおっしゃる多くの皆さま。でもそんな気負うことないので、それにしているとこうして上手くなっていきます。明らかに一年前よりもこなれている!その変化に気づくためにも継続をしないとならないのですよね(^^)

私も皆さまと一緒に一つ制作しました。差し入れで沢山いただいたサクランボが美味しすぎて♡ いつもこんなにたくさん食べたいなぁという欲張りを素直に作品にしました。笑


d0090959_22540667.jpeg

d0090959_22542580.jpeg
いつかどんぶりいっぱい食べてみたいな〜。おなか壊すかな〜。笑



by narinya | 2019-07-29 22:31 | レッスン風景いろいろ | Comments(0)

ハルハナカフェで展示のほかワークショップも

「渡邊美奈子 うとわと扇子展」と題して展示販売とワークショップを開催しています。6月30日までの予定です。展示販売中のうちわと扇子については、先日からご紹介していますが、今日は週末のワークショップに関して(^^)

展示販売会中の週末で6月22日、23日、29日、30日にカフェ営業時間内で終日開催しています。申し込みなどは特に必要ありませんが、一度に2名ほどの定員でお願いします。所要時間は1時間以内です。時間の都合がある方は事前にカフェの方に来店時間を伝えてください。
ハルハナカフェ 090 1058 3662



d0090959_19060475.jpeg

d0090959_19061462.jpeg
d0090959_19064302.jpeg
d0090959_19055028.jpeg

この写真のサンプルのように丸い形の色紙を好きな位置に配置してうちわに貼ります。筆文字も書き入れて最後にハンコを押して完成です。

1枚目の写真でもわかるようにすでにキットにしてあります。好きな色味の組み合わせは先着順です。とはいえ、選んだ色の組み合わせに差し色として1〜2色は別に選べますので配置と差し色で個性を出してください。
※キットがなくなり次第ワークショップは終了します


d0090959_19065609.jpeg
字を書く部分の紙は相当に薄いので貼り方などは指導に従ってくださるようお願いします m(_ _)m



d0090959_19070731.jpeg
書き入れる筆文字に関しては数種類のお手本を用意しましたのでその中から選んで練習した後に書いてください。好きな字を書きたいという方には添削指導はしますが手本を書いてお渡ししながらのワークショップ提供はできない点ご了承ください。



d0090959_19071625.jpeg
使用する道具は墨液タイプの筆ペンです。



d0090959_19072541.jpeg
こんな感じに仕上げた方がおられます(^^) 余白を綺麗に残して色紙を貼り込んでいい感じに完成されてますね。



d0090959_19075418.jpeg
何か説明をしている私です( ^ω^ ) よくお話を聞いてくださってありがとうございます。


d0090959_19080476.jpeg
こちらの方は好きな言葉を書きたいとのご希望でしたので、まずはご自身で書いてもらいそれを添削指導した形です。字はうちわに紙を貼ってから書くので丸い円から出て文字を書くことも可能です。決まりはありませんので自由にして世界で一枚だけのうちわを制作してください♡


by narinya | 2019-06-28 10:45 | ワークショップなどの募集 | Comments(0)

「ポクチュモニを描く」ワークショップします

昨年に引き続きポクチュモニのワークショップ。開催があればぜひ参加したいと待っていてくださった方々にやっと!お応えできます〜。春ですし(^^) 新年度も始まりましたし(^^) 沢山の福を詰め込んでいけるように巾着を描きましょう〜。


d0090959_21452951.jpeg


この春から出張の教室を新設する記念に開催するワークショップです。新設の教室場所がそのままワークショップの会場になります(1月に看板壁画を完成させたところ)。

haruhana Cafe & Hotel
〒157-0063
東京都世田谷区粕谷3-32-12
京王線「千歳烏山駅」徒歩10分

d0090959_12122737.jpeg


以下の日程で4回ほど時間を設けてみました。すでにカフェの方に参加申し込みが入って来ているそうなので、関心のある方はこの機会にぜひ申し込みよろしくお願いいたします(^^)

① 4/25(木) 10:30〜12:00
② 4/25(木) 15:00〜16:30
③ 5/4(土)10:30〜12:00
④ 5/4(土)15:00〜16:30

参加費は5500円
各回とも定員は5名

申し込み↓

ハルハナカフェ 090-1058-3662
または
渡邊美奈子 2insaneko@gmail.com


カフェではランチとスイーツも楽しめます。お時間に余裕があればワークショップ以外のお時間も一緒に過ごしましょう〜。


***********


d0090959_21454857.jpeg


by narinya | 2019-04-05 21:48 | ワークショップなどの募集 | Comments(0)

ハングルの小作品

3/3の桃の節句には愛知県半田市におりました。通信の生徒さんとそのご友人たちと一緒に半田赤レンガ建物手づくりマルシェひとはこ市に参加をするためです。

エブル(トルコのマーブリング)をメインにして参加しましたが、物販ではハングルで書いた小作品と小物も少々。写真は四点持って行ったハングル小作品のうちの一点です。フレームが12×16センチ。

気楽に気楽に…を念頭に作ったので価格も気楽。 私自身も楽しんで作るものは観る人達も楽しいのですよね。そういうものを提供する事も私の一つの役割であると思っています。

とはいえ、活動のすべてがそうなってしまうことは望んでいないので、そのためにはこれまで以上に自分への挑戦を強化していく必要があります。楽しいことの一方で、やはり人間には自己実現のために苦悩することも大切なのではないかと思うからです。


d0090959_16511968.jpeg


人が喜んでくれることはとても嬉しいし、やり甲斐を感じることだけれど、人さまを喜ばすことだけに私の人生を使っていては「私自身」がいなくなってしまいます。その辺りのバランスをとるのが本当に難しいのですが、一つの方法として人々と接する時間で無駄に多忙にならないようにすることかなと思います。

誤解を招くとよくないので無駄に多忙になる要因は何があるかというと、たとえばヘンテコな連絡に丁寧に答えたりとか〜、SNSに割く時間とか〜、後に繋がらない営業とか〜、そういう諸々です。私がはじめにはっきりと態度に示せば回避できることばかりなので自分次第ということですね。

油断するとすぐにほだされちゃう性格だから(・・;) 今年はしっかりと気をつけて流されないようにやっていかないと。それで、これまでいただいていた有難いオファーなどに関しても今年からは丁重にお断りしています。今後は自前の教室としての学習時間や作品などを通して皆さまとお会いできるようにしたいと思っています。

8/30〜9/16は小淵沢で個展します。その前、6/17〜6/30は千歳烏山のハルハナカフェにて「うちわと扇子の展示販売(仮)」を予定しています。カフェでの週末にはワークショップや実演もしようと思います。ぜひ来てください。詳細はまた改めて(^^)



by narinya | 2019-03-09 16:13 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングルの小作品

半田赤レンガ建物での「手づくりマルシェ ひとはこ市」に出したハングルを用いた小作品その3です。フレームが12×16センチ。

本当なら、というか本来なら?もともと?日本語でこういうものが作れるようになって、それを海外も含めて発信していきたいと思っていたのですが…。その一貫でハングルの造形とデザイン性にヒントがあると思って勉強していたのでした。



d0090959_14331757.jpeg


それがなぜか今は巡り巡って日本でハングルを書いているという現実〜。それはとても有難いことではありますが、本来の気持ちも全うすべく少しずつ初心も思い出していきたい^ ^ できるような気がする春です^ ^


by narinya | 2019-03-08 14:27 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングルの小作品

半田に連れて行ったハングルの小作品(フレームが12×16センチ)は4点。これはその2です^ ^ 今回すべて画仙紙に書きました。模様をつけたりするのは洋紙でもどんな紙でもあまり選ばずできるのですが、筆と墨で字を書くとなるとやはり画仙紙の方が滲みカスレがあって見た目にも深みが出ます。

画仙紙だと印も綺麗におせます。印泥の乗りがいいといいますか、余分な油分を紙が吸い取ってくれるし紙の繊維と印泥の繊維が密着する事で色も濃く出ますしね。書いてあればいい、おしてあればいい、ということではなく、何でもきっとそうなのだと思いますが、ベストな状態でしてこそ魅力が最大限に引き出されるということだと思います。


d0090959_11092719.jpeg



学習の段階で道具に関して手持ちのもの(人から譲り受けた古い筆とか放置してあった紙とか…)や、100円ショップなどにある安価なもので代用してもいいかと訊かれることが多いのですが。。。

一足飛びに高価なものを一式揃えたりすることは無駄になる可能性もあるので勧めませんが、効率のいい学習をする為に必要なものは指導者に言われた以外のもので代用すべきではないと思います。工夫と節約は別のもっと本質的なところですべきなのであって、材料や道具にお金を渋ることではありませんよね。

知識と技がない時点で自己流にすると上達を妨げますし、結局は無駄金を使うことになります。なぜなら良くないものを使うと後に不足を感じることになって必ず買い換えることになるからです。お金も無駄だし道具のせいで上手くできなかった時間も無駄です。その間に士気も下がっていいことなんて一つもありません。

一方でなぜそこにお金をかけるのか?という現象も世の中には多く見られて……。もう価値観と感覚は個々の生きている背景と関係していることなのでいくら伝えても通じないこともあります。それはもう割り切って受け止めてそれ以上の教育は私の役割ではないと思っています。

優しいけど厳しいワタシ。いや、冷たいと言うべきかしら。とにかくこんな私に共感してくださる方はぜひ一緒にお勉強しましょう。春ですし新年度も始まりますしね、私もお教室や通信のことを少し改編して進めていくつもりです。今後ともよろしくです〜。


by narinya | 2019-03-07 11:03 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングルの小作品

こんなハングルの小作品も半田の手づくりマルシェに持って行きました(^^)

作品と一口に言っても色々な形がありますが、このくらいの感じも気軽でいいのかもしれないと思える心の余裕が出てきました。前は作ったとしても作品として受け入れるのはとても難しかったので…。理由は色々あったのです、私なりに…。ふふふ

こんな感じの小さなフレーム作品は今後も作ります。ご自身の楽しみとして、何かプレゼント用などにお使いいただけたら嬉しいです。


d0090959_16505300.jpeg
12×16センチ


by narinya | 2019-03-06 16:57 | 書道 calligraphy | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ