ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:ハングル ( 98 ) タグの人気記事

七夕の日にワークショップします

七夕の日に合わせてワークショップします。国立のお教室で「栞作り+うちわ作り」です。お茶とお菓子いただきながら楽しく制作しましょう。

日にち: 2018年7月7日(土)
時間: 10:30〜12:30
参加費: 4500円(画材、道具すべて貸し出し)
申し込み: 2insaneko@gmail.com(渡邊まで)
支払い: 事前に指定口座に振込



d0090959_15172783.jpeg
栞は好きな枚数を作ってください。


d0090959_15423716.jpeg
d0090959_15441451.jpeg
笹の絵はこちらで描いたものを使います。



笹の絵は手描きのため色合いや構図が全て同じではありません。ですから完成品も少しずつ異なり個性が出る思います。

筆記具はペンや筆ペンを使用します。書道の経験は問いません。



【うちわの追加】
笹の絵を描いたうちわはワークショップ参加者であれば一枚700円で追加可能です。
申し込み時に希望追加枚数を書いて参加費と合わせて振込をしてください。
※ ワークショップ当日の受け付けは不可
※ ワークショップ時間内で使用

d0090959_15193186.jpeg


【キャンセルについて】
キャンセル、振替なし
(欠席した場合は材料を郵送します。ご自身で仕上げてください。ワークショップ内で貸し出したいくつかの画材は材料に含まれません)


by narinya | 2018-06-24 16:45 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

コリ文語学堂でハングル書道の3回連続講座

横浜のコリ文語学堂はキムスノク先生や阪堂千津子でもよく知られている語学学校ですが、そこで春にワークショップをしました。

それがきっかけになり、5月・6月・7月の3ヶ月間、ハングル書道の3回連続講座を担当させていただくことになりました。週末に2回目のお稽古が終わりました!

板本体で一編の詩を書くことが目標です。3回あるなら、ある程度の量がないとつまらないと思ったので、半切に4行書き!(๑>◡<๑)


d0090959_03324775.jpeg
1回目は線の練習から〜。皆さん、漢字の楷書はしたことがあっても、篆書や隷書までしたことはないことが普通です。ですからこのハングル書道の板本体での筆の使い方に慣れないようです。

それも線の練習をしながら少しずつ理解してくれたかな…。本当なら楷書や行書よりも簡単なはずです。抑揚がありませんから、淡々と線を引けばいいし、レタリングでゴシック調のものを書いていると思ってくれたら理解しやすいです。



d0090959_03330822.jpeg
皆さま毎回、黙々と書いております!


d0090959_03325980.jpeg
おお〜。上手です〜。


d0090959_03332855.jpeg
2回目のお稽古が終わってスノク先生の渾身の一枚と撮影(^^) 来月には時間内に2枚くらい書けるでしょう^ ^ 上手な方を選んでハンコもおして練習は終了する予定です!

ワークショップなどで指導する時ももちろん楽しいけれど、やっぱり字を指導している時が一番楽しいな〜と思いました。いい機会をいただき感謝しています♡




by narinya | 2018-06-11 23:32 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

ウニョン先生のところでカリグラフィー講座します


これはお部屋を一緒に借りているキムウニョンにあげようと思って作りました(o^^o) 色合いが地味ですが、大人っぽさを演出したつもりです。

添えた詩は韓国のイヘインさんのもの。
文字の量が多いので全体が重くならないような書体と色で書きましたよ。

d0090959_14562078.jpeg

さて、そんなウニョン先生のKim’s 韓国語・韓国料理教室では、語学と料理のほかに多様な文化講座も開いています。私もハングルのカリグラフィーでちょっとお手伝いしてます。

ハングルのカリグラフィー講座は連続5回の定期講座という形です。
4月から8月まで、月に一度のクラスです。毎回、何か新しいことに挑戦するように構成してます。

来期のカリキュラムは以下の通りです。もし、午後に希望する方はその旨、ウニョン先生の方にお伝えください。人数が集まれば午後にも開講できます。単発をご希望の方は、私が主催するAtelier MINAKOのワークショップをチェックしてください。


ハングルカリグラフィー
定期講座のお知らせ

【日程】
2018年4月〜8月(全5回)満席になりました
第1火曜日 ※5月は第2火曜日
10時〜12時30分(入室から退室まで)

【内容】
① 4月3日「ハングルの消しゴムはんこでコースター作り
② 5月8日「水墨画技法の蘭とカリグラフィーでランチョンマット作り」
③ 6月5日「うちわと扇子作り」
④ 7月3日「色のついた紙に色んな筆記具で書いてみよう」
⑤ 8月7日「フレームに入れて飾れる作品作り」

【受講料】
23000円一括(休んだ場合の振替レッスンは講師に相談)

【備考】
・基本の道具貸し出し
・練習用紙や基本の材料込み
・特殊な道具や追加の材料などは料金が別途かかる場合があります

【特典1】
Kim’s教室から高級マスクシートのセット!

【特典2】
担当講師からハングルの消しゴムはんこ2個!
(受講者のイニシャル)

お問い合わせ&お申込み
ウニョン先生のホームページから


d0090959_15242147.jpeg
(写真はイメージです)


以上お知らせでした。
よろしくお願いします。


by narinya | 2018-02-16 15:27 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

キムウニョン先生お教室の新年会

カレンダーの季節です。ちょっと遅いか…^^; 2017年のカレンダーは通信(正規)の方に渡したほか、国立の教室で受け渡しできる方にお分けしました。

11月には2018年の同じタイプのカレンダーを仕入れてありました。このサイズがあまり売っていないので、いつも少し遠くまで買いに行っています。

今年の使い道はキムウニョン先生お教室新年会での抽選会景品として!昨年12月にソウルのカリグラフィー展示会で、최先生が抽選会でトートバッグをプレゼントしていて楽しそうだなーと思ったからです( ^ω^ )


d0090959_10320533.jpeg

d0090959_10345908.jpeg

手書きなのであまり凝ったことはできない……というか、手が込んでると皆さん引くので(笑) デザイン決めてこの路線で一気に枚数そろえました。

新年会は明日です〜。去年は韓国語音読のススメとして市販の教材使って音読する実演をしました。一学習者として韓国語教室の皆さんとシェアできるものがあればと思っての出し物でした。


d0090959_10580104.jpeg

d0090959_11055412.jpeg

去年はTama Cafeでした。参加の先生方も豪華でしたね。ちなみに後ろの新年会の題字は美奈子作。デザイン的なこと以外に児童の書写教育もできるし、題字などの実用もできます。依頼は知り合いからしか受けませんが。

ハングル書道やハングルデザイン文字を書くからといって、「わ〜!美奈子先生、漢字も書けるんですね〜!」とよく言われます。いや、書けるから。ハングルだけ書けるとか反対に難しいですよ。笑


一昨年は府中で開催されたキム先生の新年会。その時はハングル書道のパフォーマンスしました。すでに懐かしい。

新年会の様子は当時ブログに書いてました。が、相変わらず長くてオエッとする投稿でした。笑笑 みんな見ない方がいいです。飛んで行ってもいいけどすぐに閉じて!呪われそうな勢いで書いてあるから(・_・;

2年前の私と2年後の今の私^ ^ 20年にわたってこだわってきたことを潔く手放す決心がついたし、やっぱりウニョン先生と一つ大きなこと始めてよかったな〜。

d0090959_11105420.jpeg

明日の新年会は、午後に国立駅近くのホールで開かれます。60人も参加者いるみたいです。準備が大変だろうな(^◇^;) でも先生の周りには手伝ってくれるいい方々がいつもたくさんいるから安心です(^^)

そんなこんな2018年の手書きカレンダーの話ですが、また別の投稿に続きます〜(^^)/


by narinya | 2018-01-26 11:29 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2017水墨カリグラフィー韓日交流展 オープニングイベント①

2017年水墨カリグラフィー韓日交流展のオープニングイベントでは、作品出品者達による花の寄せ描きもひとつメインのパフォーマンスでした。

会場の壁面に7メートルの画仙紙を貼って、そこに順番で花の絵や文字を書いて完成させます。自分だけの花を咲かせよう!というテーマでした。


会場準備のようす。
d0090959_00570141.jpeg



紙の前には道具も用意してもらって……。こんな準備はとても大変なのがわかるだけに、中心になって展示会の準備にあたったソウルのメンバーの方々には心から感謝します。

日本の美奈子チームは遠くから出品するばかりで、オープニングイベントもその時間だけ参加、会場の様子が分からず言葉も不自由で……。なんの戦力にもならずごめんなさいm(_ _)m

招待作家ならいざ知らず、外国からの参加であっても主宰側として他のお客様を迎えることを含め作品発表をするということが本来の姿なはずです。今後もこのような機会を持つなら、そんな自覚を持つチームとして成長しなくては〜。
d0090959_00575528.jpeg



花の寄せ描きが始まりました^ ^
d0090959_01152435.jpeg



牡丹(上)、蓮の花、木蓮など様々ななお花を描いてます。
d0090959_01050353.jpeg


美奈子チームの順番も回ってきました。普段から水墨で花を描いているわけではない私の生徒さん達……。そして、遠く地方にお住まいの方々もおりました。

この日のためにあれこれ駆使しながら絵の指導までしましたが、こんなパフォーマンスでサササッと描くまでにはなかなか道は遠い…。でも!皆さん行くまでに練習した通りに当日も楽しく描けました( ^ω^ )

まぁ、記念ですから難しく考える必要はないですよね〜。心よりおつかれさま、そして参加ありがとう♡
d0090959_00584674.jpeg

d0090959_15043270.jpeg


皆が自分だけのお花を植え終わって、ヘグムの演奏の中、今度は主宰の최先生による揮毫パフォーマンスが始まりました。私たちの寄せ描きは前座(*≧∀≦*)
d0090959_00591638.jpeg



최先生がパフォーマンス前に精神統一!
d0090959_01060902.jpeg


おもむろに筆をとり揮毫スタート。
d0090959_01062496.jpeg



カリグラフィーだからかな、縦書きなのに左から書くことも最近よく見かけますが、この日の최先生のパフォーマンスもそんなスタイルでした。

晴れ舞台のパフォーマンスを否定的に見るつもりは一切ありませんが、私は個人的には左から右に行替えして縦に書くことは、若干、流れに無理があるように思います。

印の位置もおかしくなってくるし…。そのように書くメリットが今ひとつ理解できません。でも何か効果があってみんな書いているのかもしれません。その辺りのこと今度よく聞いてみようと思います。

d0090959_01064152.jpeg


余白に梅の枝も描いて爽やかに仕上げていらっしゃいました^ ^
d0090959_01133969.jpeg


揮毫の後にも様々なイベントが予定されていました。夜は会員の皆さまと会食の席も用意されて楽しい一日でした。その様子はまた次の投稿で!




by narinya | 2017-12-25 15:03 | Comments(0)

「ハングルカリグラフィー」5回連続講座の開講初日


国立のKim’s韓国語・韓国料理教室の文化講座に私も講師してお手伝いしてます。ハングルカリグラフィーの5回連続講座。11月に開講して来年3月まで、ひと月に一回のレッスンです。

ワークショップのような一回で終わるものは体験ならいいけれど、体系的に道具のことを知ったり、多様な字の書き方に触れたりするにはあまりにも時間が足りません。

5回講座でも何かをできるようにするところまではできませんが、それでも1日講座よりは深く取り組むことができます。この講座は、もう11月に1回目が終わっていてます。

今回、受講された方々には、特典としてキム先生の2000円割引券と、担当講師である私からそれぞれの方にハングルの名前ハンコを差し上げました。ハンコは1センチ角で講座内ですぐに使うことができます。

d0090959_16581259.jpg


夜な夜な彫る…。
d0090959_16575453.jpg


講座のチラシです。ワークショップではなかなかできない画仙紙に墨と筆を使う講座内容です。墨彩画は絵心とかデッサンとか、そういうものとはあまり関係なく、視覚的なデザインを重視してどなたでも楽しめる形で進めます。

d0090959_17000180.jpg

ハングルカリグラフィーを書きたいのに墨や絵の具でデザインまですると思わなかったと思うかもしれませんね。でも字だけで紙面を完成するのはもっと難しいです。そもそも韓国では書道をるす人たちが紙を絵の具で染めて作品制作したりと、伝統の中でもデザイン性が豊かな表現がよく見られます。書芸というだけあると感じることも^ ^

ハングル自体が持つ造形のモダンさというか、グラフィックデザインに通じる軽やかさがあるから、そのような作品表現をするようになったのではないかと思っています。

11月7日の第1回目では、小さな降り色紙に一様に좋은 날(よき日)と書くお題を出しました。最後、さっそくハンコも押して完成しました。皆で批評会もしましたよ(^^)

d0090959_16582456.jpg


カリグラフィーをするということは、要するにデザイン文字を書くということ。ロゴデザインをするようなものです。書道で学ぶ伝統的な型や様式とは直接の関係はありません。できたに越したことはないけれど、順番として必ず書道ができないといけないわけではなく…ということです。

そういう観点からデザインして字を書くということは、変化をつけて演出した字を書くということにほかなりません。ところが我々は日常で字を書く際、変化をつけて演出などして書かず固定観念で文字を見て書いています。

おしゃれな字を書く前に、その固定観念の存在に気づかないと、そこから出て自由に書くことはできませんね。まずはその作業として「変化をつけること」に挑戦してもらいました。

d0090959_01142342.jpeg


線の長さ角度のほかに、筆を使っていることで太い細いといった変化も可能です。筆に圧力を加える加減と書く速度、墨の潤滑も加わって複雑な表現に繋がります。

皆さん普段の殻を破って果敢にトライ。変化をつけて、それが美しいかどうかはまた別の話…。こんなことであっという間に一回のレッスンが終わり。5回連続講座にしてよかった。まだあと4回あるので少し余裕があります。

d0090959_01144151.jpeg

さて、明日は2回目のレッスン日です。デザインの絵も描いて、ハングルももう少し長い言葉を書きます。破った殻を保つことも難しいことです。芸術活動は締めたり緩めたり… スリリングでエキサイティングなものなのです(^^)

大事なことはのびのびと素直にすること。出来ることとがあれば、一方で必ず出来ないこともあります。それぞれの方に感性がありますから、出来ることを伸ばしつつ、できなかったことにも少しずつ挑戦しましょうね。それには素直な心が一番(≧∀≦)

筆がこわい〜とか、美奈子先生って厳しいのかな?とか、そんな要らぬ心配がすでに邪魔なのです。自己表現と学ぶ場ですからね^ ^ 化学反応するように受講生の皆様の協力も必要です。あと4回!楽しくやりましょう〜。



by narinya | 2017-12-04 21:32 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

ハングルのカリグラフィー ペン・筆ペン通信講座

2017年9月〜12月クールの「ハングルのペン・筆ペン通信講座」では、詩人ヨンへウォンの강물という詩を扱いましたよ^ ^

어디서 만나도
한 마음으로 흘러간다
쉼도 없이 머물지 않고
바다로 흘러간다

クール前半2ヶ月ではペン字でコツコツ練習!美文字講座ではないので、ハングルのペン習字とはちょっと違います。デザイン文字の「カリグラフィー」にも展開するのに適したフォントを参考にして教材を作っています。

講座の詳細はこちらからご覧ください。

11月〜12月のクール後半では、同じ詩を筆ペンで書きます。お清書用紙は毎回美奈子オリジナルデザインです。この講座のために毎回新しくデザインしていますよ〜。

今回は、こんなリース風のデザイン。上下左右、どの向きにしても使えるようにしました。毎回、A4サイズに限定しています。フレームがひとつあれば、クール毎に入れ替えて楽しめるということです♪


d0090959_21351842.jpeg

クリスマスもありますしね〜 お部屋を華やかにしていただこうかと思って描きました。



郵便にはこんな感じであれこれ入っています。お手紙とお手本、解説、練習用紙、清書用紙、アレンジのサンプル、ペンの補足教材…。

与えられた事をするだけでも、お忙しい皆さんには大変かと思います。でも、また一歩進んで自らアレンジして書いたものがあれば、どうぞ見せてください。私なりのアドバイスはできますよ^ ^


d0090959_21222380.jpg
2018年1月〜4月のクールでは、レンギョウ(ケナリ)の詩を使います。

次回クールではどんなデザインでどんな教材が届くでしょうか(^^) 全て手元に届いてからのお楽しみなので、見てから選ぶとか、やるかどうか決めるとか、そういうタイプの講座ではないのであしからず( ^ω^ )

今年最後の教材を受け取った方々が気に入ってくれたらいいけど。私自身は気に入っていて、このデザインを利用して小作品を作ることを検討中〜。展開があったらまたお見せしま〜す。



by narinya | 2017-11-19 22:18 | レッスン内容(手本の例) | Comments(0)

ハングルの日イベントの様子

祝日の月曜日、市ヶ谷でハングルの日のイベントをお手伝いして来ました。

d0090959_03402252.png

当日のプログラムは写真のポスターの通り。以前、韓国で身につけたハングルのポップを活用してポスター作りました。


最初の時間はKポップで学ぶ韓国語ですって。講師は、ひろば語学院のユジェユン先生。とっても爽やかな方でした。

私は参加していないので講義の内容はわかりませんが、感想では皆さん楽しかったと。身近なことや好きなことを教材に学ぶと上達につながりますよね!

d0090959_03253278.jpg

会場の様子はこんな感じでお部屋は満員です。

d0090959_03260030.jpg
引き続き二つ目の講義、私の担当はここです。書道は出張ではなかなか難しいので、最近、韓国で流行りのハングルカリグラフィーを紹介してみました。

書き方があるわけではないデザイン文字がカリグラフィーです。ということはスタイルも多様で正解もないという全くのフリースタイルなジャンルですから、これが極意!みたいなものは伝えられません。でも、楽しく字を書く、バランス考えながら書く、オシャレに書く、そういうことって語学の勉強にも通じます。

カリグラフィーが何か皆さんにとって学習の一助になればそんな嬉しい事はありません。

d0090959_03301079.png

そんな中、文字がお好きな方の参加もあり楽しい出会いになりました。その方のブログで詳しくリポてくださいました〜。そして実は↑お写真を…お借りしましたm(_ _)m そのほかの何枚かの写真はひろばさんからも拝借m(_ _)m 事後報告ですみません。


消しゴムハンコで作ったハングルの子音とカリグラフィーと合わせてカードを完成させるのに、その資料として子音の名前を羅列したプリントもお配りしました。

d0090959_18540804.jpg

自分がはじめにハングルを覚えた時、子音の名前と発音が密接に関係していることに感心しました。興味深くて子音の名前も発音もすぐに覚えられた経験から用意してみました^ ^

d0090959_03260916.jpg
カリグラフィーの時間には20名で満員御礼。小さなお友達も家族で参加!

d0090959_03255172.jpg

3時間目はゲーム感覚で楽しむオール韓国語会話の講義でした。担当は日本語全く話すことができないカンソヨン先生。右側の方です。

国立のキムウニョン先生の所と、このひろば語学院で講師をされています。いつ見てもお美しい♡

そして左のこれまたお美しい方は、ひろば語学院の裕美先生です。いつも仲良くしてくれてありがとうございます^ ^


d0090959_03275296.jpg

今からもう7年も前になりますが、ソウルで習ったハングルのポップは簡単なようでこれも反復練習が必要なジャンルです。ポスターカラーを使って筆で書くことが基本なので道具もそれなりに必要です。

36時間の課程を5日間で修了できるようにカリキュラムを組み直してもらって、先生のご自宅で朝から晩まで教えてもらいました。宿泊先に戻っても容赦ない宿題の山をこなす日々〜。またその先を習いに行きたいなぁ。

今思い返しても本当にお世話になりました。連日、終電まで先生のご自宅に入り浸り、ご飯も出していただいて…。先生とは今でも連絡をとって字のことや看板のことなど情報交換をする仲です。

その時の様子はブログ内の「ポップ看板カテゴリ」から見ることができます。ずいぶん昔の話だけど楽しかった思い出。言葉ができることで視野と活動範囲が開かれる体験をまた一つすることになったそんな思い出です^ ^

*****

ちょっと12月に向けて準備する事があって忙しいのですが、それもまたブログで書きます^ - ^ では皆さまご機嫌よう〜。


by narinya | 2017-10-11 22:30 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

ハングルのペン字・筆ペン通信講座」

少し前からハングルの「ペン字・筆ペン通信講座」をしています。筆で書道はしたいけれど、時間やスペース問題が支障になることがあります。その点、ペンならできる!という方も多くて教材を作ることになりました。

季節ごとに韓国語の詩を一編選んで教材を作っています。反復練習もしますが、練習の後には応用ができるように準備してあります。

d0090959_19434005.jpg


手本を見て練習した後には、習った書体(フォントです)をもとにして小作品や小物作りに挑戦します。

最新のクール(2017年9月〜)ではコースター作りをしています。下の写真を参照してください。ハングル子音のハンコはついていませんが、事前におしたものを数枚セットにしてあります。


d0090959_19440612.jpg

悪筆を矯正して、いわゆる美文字といったものを身につける講座ではありません。もちろん練習したら、ノートに書く字などが改善されるかとは思います。

書写教育のペン習字というよりは、デザイン文字も提案して楽しんで書いていただけるような手本も入っています^ ^ 今、韓国でも流行りのカリグラフィーの要素も少しありますね。

d0090959_19435433.jpg

字を書くことが好きな方、反復練習も楽しんでできる方、一緒にお勉強しませんか?9月スタートのクールはまだ受け付けられます。11月になったら次回開講(1月)の受付を早めにしてもスムーズです。

早くに始めるときはペンの基本練習を勉強しながら開講月を待ちます。詳細はこちらの案内から確認してください。


アレンジの例として↓
d0090959_05103367.jpg
ハンコでおしてあるハングルにペンなどで飾りをつけてみました。受講してくださる皆さんも好きにいろいろしてみてくださいね!


by narinya | 2017-09-30 05:13 | レッスン内容(手本の例) | Comments(0)

Kim's 韓国語・韓国料理教室で「ハングルカリグラフィー」の講師します〜

最近、本当にハングルのカリグラフィーって流行ってますよね。私がそう感じるだけ?いやいや、明らかに韓国で、特に若い人達の間でブームですね。数年前の韓国の書店になかったカリグラフィーの本が、今は平積みで次から次へと出ています。

私自身は、漢字、仮名、ハングルのどれも伝統書道として学んできているので、特にデザイン文字だけを取り出して学習したという経験はありません。ですが、一応、大学はデザイン科を出ていますし、伝統だけではつまらないと思っていることも事実です。

もともと字の作りからしてハングルの造形はデザインとして優れていると思っているので、カリグラフィーと言われるジャンルにも興味がありますし、書けるようになりたいと思ってあれこれと研究を重ねてきました。

そしてこの度、一緒に国立の部屋を借りているキムウニョン先生が主宰するKim's韓国語・韓国料理教室の講師として「ハングルカリグラフィー」の講座を担当することになりました。

本格開講は今年の秋、10月です。開講したら4ヶ月コースという形で、年に2回(春と秋)開講する予定です。そこで、秋からの新規開講に向けてワークショップを開催することになりました。カリグラフィーってどんなもの?と思う方はこの機会にご参加ください。そして是非、秋以降も!
(※秋以降の講座に参加される方は、年末にソウルで開催予定の展示会に出品することも可能です)



【ワークショップのお知らせ】

6月・7月・8月の3ヶ月に渡って月代わりのメニューです。3ヶ月間、連続受講の方にはKim's韓国語・韓国料理教室から嬉しい特典があるそうですよ!もちろん1回からの参加も可能です。

ウニョン先生のブログで募集内容をご覧ください。興味があれば、先生のブログ内からホームページの申し込みフォームにお進みください。



6月
(ハガキ大のフレームに入れて完成。消しゴムハンコも使用)
d0090959_22264803.jpg



7月
(ウチワの制作)
d0090959_22270365.jpg



8月
(コースターの制作 角形・丸形)
d0090959_22272600.jpg


※写真は参考作品です
※Atelier MINAKOでは、現在ハングルカリグラフィーのみの指導はしていません



by narinya | 2017-05-11 22:16 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(3)


最新のコメント
★Housuiさま そ..
by narinya at 00:47
なかなか無いご縁ですよね..
by Housui at 20:51
★鍵コメさま コメント..
by narinya at 17:22
★ハーちゃんさま コメ..
by narinya at 13:41
えへへ。素晴らしいカレン..
by hachan7609 at 18:13
★Housuiさま そ..
by narinya at 20:11
管理人からおねがい
フォロー中のブログ