ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:ハングル ( 103 ) タグの人気記事

新大久保語学院でハンコのワークショップ

9月の連休、皆さまいかがお過ごしですか。ちょっと締め切りのものを取りまとめることと、自分自身も締め切りまでに仕上げるものに追われて生きてるのかなんなのかという状態です…。

そんな中!春から予定していた篆刻のワークショップを週末に開催して来ました。

「できる韓国語」テキストを出している新大久保語学院から韓国文化講座の依頼があり、ハングルで彫るハンコのワークショップを企画したのでした。

下の写真は12名の参加者皆さまが完成させたオリジナリティあるれるハンコたち!12個も勢ぞろいすると見事ですね〜^ ^ 慣れない作業を2時間でされた皆さま。本当にお疲れ様でした。そしてご参加ありがとうございました。


d0090959_15304705.jpeg


今回はしばらくの間でも保管に役立つように袋を用意しました。石のハンコを入れて巻き巻きして紐でクルクルっとしてもらえたらいいです。むき出しでは印面に傷がついたりしますから、こういうもので包むなり、新聞紙で包むなり、何かして保管をするのがいいですよ。


d0090959_15302091.jpeg


小さな사랑ハンコのチャームを付けてみましたよ^ ^ 紐だけとって何か他に利用してもいいかもしれませんね。こういう紐の栞もありますから、いつかそういう風に再利用してくれても嬉しいです。

d0090959_15302939.jpeg


ハンコの保管袋まで全てのワークショップにはつけられませんが、今回は新大久保語学院の方から色々とお気遣いいただいたので、感謝の気持ちも込めて参加者の皆さまに還元しました♡

このお仕事に繋がるよう初めにご紹介してくださった方にもお礼を伝えました。皆さまいつもカムサハムニダ!


d0090959_15303722.jpeg


by narinya | 2018-09-17 15:44 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

2018年10月8日(月)「ハングルと遊ぼう」

何かといつもお世話になっている韓国語教育の「ひろば語学院」(市ヶ谷)。昨年に続いて今年もハングルの日のイベントを開催されるそうです。そして私もまたワークショップ担当で講師に呼んでいただきました。

イベントでは特別講座が4つも用意されています。1つ参加でも全て参加でも参加費が同じだそうです。せっかくなら半日まるまる!ハングルに触れてみませんか?


ひろば語学院主催ハングルの日イベント
「ハングルと遊ぼう」

❶ワークショップ(渡邊美奈子)
「ポジャギ風のハングルとカリグラフィー」

❷会話(ユ ジェユン)
「ちょっと話してみませんか。〜買い物編」

❸講演(桑畑優香)
「スターが生まれる場所 〜南北芸能学校」

❹講演(チェ ジェグク)
「文化庁とB氏の神隠し 〜「訓民正音」物語」


イベントの詳細、お問い合わせ、お申込みは、ひろば語学院のホームページをご覧ください。

d0090959_14484096.jpeg

私の担当は12:45〜です。上の写真の作品を作って持って帰っていただけるように準備します。ちょっとチョガッポのようなステンドグラスのようなデザインです。

好きなハングル3文字は自由に考えてください。色つけはパステルを使うので、どなたにも簡単に着色していただけます。※材料費が別途500円かかります

皆さま是非一緒にハングルと遊びましょう。
下の写真はイベントのポスターです。

d0090959_15083502.jpeg



by narinya | 2018-09-15 15:10 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

ハングル板本体で名前のハン

篆刻はもともと篆書を彫ることなのですが、篆書には簡単に「大篆だいてん」「小篆しょうてん」「印篆いんてん」と種類がありまして、その中でも最後にあげた印篆は、ハンコにしやすく構成された書体です。


彫りたい字を篆刻字典で引いて印篆の列からそのまま引っ張って並べて彫るだけで立派な印になります。


篆刻と聞くと自分でデザインができておせるスタンプのイメージが強くワークショップなどもいつも人気がありますが、篆刻の基本はまず字典を引くことです。そこを土台にして色々アレンジすると品格のある作品になりますよね^ ^


この「印篆いんてん」一文字のシルエットは正方形。ハングルにもシルエットが正方形の書体「板本体」があります。だからハングルでの印章(ハンコは印章ともいいます)はとても作りやすい〜。それに尽きます!


色んな表現があって、もちろんどれも創意工夫がされていていいのだけど、美はやはり古典の中にヒントがあるものなのです^ ^


写真↓は頼まれていた名前ハンコ。



d0090959_10135368.jpeg



オーソドックスな板本体で彫る名前ハンコの注文は随時、受け付けています。石の大きさや文字数によって金額は異なります。


ちなみにこの写真のタイプは2センチ×2センチ、4文字で4500円です。郵送でお届けする場合は4700円です。※ 字が赤く残るタイプは2000円増し(2018年8月現在での金額)


デザイン性の強いハンコは作品制作として受けることになるので、別途デザイン料や相談料などかかります。依頼者の使用用途によっても金額が変わりますので、それは個別にご相談させてください。


いまどきは仁寺洞に行けば可愛らしいハンコもあっという間の時間で彫ってもらえます。でも書画作品に捺すには可愛すぎてちょっと使いにくい場合もあります。


流行っているのは篆刻というよりも可愛らしいスタンプといった感じで、どのようなものか試しに1つハングルの雅号を彫ってもらったことがあります。彫ってもらったものを受け取って、そういうハンコが流行る理由は私の頭ではあまりよくわからなかったけど一種の勉強代ということで…。



写真のような少し昔風なデザインの印もいいものですよ^ ^注文お待ちしてます。下記のメールから連絡ください。


2insaneko@gmail.com(渡邊)



**********


簡単に注文していただけるフォームをなかなか作らずすみません。

m(_ _)m




by narinya | 2018-08-30 10:23 | 刻 seal carving | Comments(0)

ハングルのペン字・筆ペン通信講座。9月にまた開講です。

「ハングルのペン・筆ペン通信講座」2018年5月〜8月の課題、教材はこんな感じでした。4ヶ月で1クール。基本的に継続を前提として入会し、指導を受けながら一緒に字の勉強をしていく内容です。


9月からまた新しいクールが始まります。今回、新しく3人の方々が開始予定です。時間に余裕を持たせた講座なので新規の問い合わせに限り9月の半ばくらいまで受け付け可能です。

(10月になったら来年1月のクールからの受講でお願いします。受け付けは早くできます。補助教材で勉強しながらクール開講を待ちます^ - ^)


詳しくは通信講座募集のページをご覧になって内容をよく理解した上、メールでお問い合わせください。



一定期間の勉強をした方で条件が整えば、12月ソウル仁寺洞でのカリグラフィー展示会にお誘いできます。そこを励みに楽しく取り組む方、連絡がきちんととれる方、練習が好きな方、ハングルが好きな方、一緒に勉強しましょう。


※ 受講=ソウル展示会参加資格ではありません

※ 練習後の応用に手作りをすることもありますが、ハンドクラフトのキットとして提供するものではありません





写真↓ は2018年5月〜8月の教材です。9月からの教材は届いてからのお楽しみです。


d0090959_23235618.jpeg
d0090959_23240558.jpeg
d0090959_23261288.jpeg
d0090959_23232948.jpeg
d0090959_23233771.jpeg


習って反復練習しない文字も見よう見まねで果敢に挑戦してください↓ 手本を見てまずは書いてみよう!それが実践に進む第一歩でもあります。

お行儀よくマスの練習だけしていても発展という意味では手応えを感じることは難しいからです(でも日々の練習で基礎体力がなければ応用も実践もさらにできません〜^ ^ 楽しく反復練習をすることが大事です。私はそのお手伝いをします^ ^)。
d0090959_23234714.jpeg

by narinya | 2018-08-20 23:50 | レッスン内容(手本の例) | Comments(0)

ハングルの名前ハンコ


2018年5月、6月、7月と月に3回連続ハングル書道の短期講座を横浜のコリ文語学堂で開催しました。

その時に練習した課題を最後にお清書しましたが、そこに捺すハングルの名前ハンコの注文を受けていくつか作りました。

2センチ×2センチで4文字、中央に十時線を入れたデザインです。


d0090959_09124362.jpeg
講座が終わった後に注文してくださった方には郵送しました。



d0090959_09123042.jpeg
講座内で手渡しできた方々にはこんなラッピングでお届け^ ^



d0090959_09130070.jpeg
こんなまっさらな石がハンコになるにはそれなりに修練が必要です。私も漢時代の模刻(書道でいう古典臨書)をたくさんしたし、デザインの勉強もしました。

そのおかげで最近は少し早く彫れるようになってきました。が、まだまだ練習も必要です。線の質を上げていくためです。

彫って何かつけておせば複製ができる……。原理はただそれだけなのですが、空間の処理をするバランス感覚、デザイン性、彫りの確かさ、線の質などなど。追求したら終わりのない奥深いものです^ ^

書や絵を会得した後に自己の究極の世界観を表現するのが篆刻というものだと言われたこともあります。そのくらいの気持ちで取り組みたいものですね。ふふふ。楽しく頑張りまーす。


by narinya | 2018-07-26 09:16 | 刻 seal carving | Comments(0)

七夕の日にワークショップします

七夕の日に合わせてワークショップします。国立のお教室で「栞作り+うちわ作り」です。お茶とお菓子いただきながら楽しく制作しましょう。

日にち: 2018年7月7日(土)
時間: 10:30〜12:30
参加費: 4500円(画材、道具すべて貸し出し)
申し込み: 2insaneko@gmail.com(渡邊まで)
支払い: 事前に指定口座に振込



d0090959_15172783.jpeg
栞は好きな枚数を作ってください。


d0090959_15423716.jpeg
d0090959_15441451.jpeg
笹の絵はこちらで描いたものを使います。



笹の絵は手描きのため色合いや構図が全て同じではありません。ですから完成品も少しずつ異なり個性が出る思います。

筆記具はペンや筆ペンを使用します。書道の経験は問いません。



【うちわの追加】
笹の絵を描いたうちわはワークショップ参加者であれば一枚700円で追加可能です。
申し込み時に希望追加枚数を書いて参加費と合わせて振込をしてください。
※ ワークショップ当日の受け付けは不可
※ ワークショップ時間内で使用

d0090959_15193186.jpeg


【キャンセルについて】
キャンセル、振替なし
(欠席した場合は材料を郵送します。ご自身で仕上げてください。ワークショップ内で貸し出したいくつかの画材は材料に含まれません)


by narinya | 2018-06-24 16:45 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

コリ文語学堂でハングル書道の3回連続講座

横浜のコリ文語学堂はキムスノク先生や阪堂千津子でもよく知られている語学学校ですが、そこで春にワークショップをしました。

それがきっかけになり、5月・6月・7月の3ヶ月間、ハングル書道の3回連続講座を担当させていただくことになりました。週末に2回目のお稽古が終わりました!

板本体で一編の詩を書くことが目標です。3回あるなら、ある程度の量がないとつまらないと思ったので、半切に4行書き!(๑>◡<๑)


d0090959_03324775.jpeg
1回目は線の練習から〜。皆さん、漢字の楷書はしたことがあっても、篆書や隷書までしたことはないことが普通です。ですからこのハングル書道の板本体での筆の使い方に慣れないようです。

それも線の練習をしながら少しずつ理解してくれたかな…。本当なら楷書や行書よりも簡単なはずです。抑揚がありませんから、淡々と線を引けばいいし、レタリングでゴシック調のものを書いていると思ってくれたら理解しやすいです。



d0090959_03330822.jpeg
皆さま毎回、黙々と書いております!


d0090959_03325980.jpeg
おお〜。上手です〜。


d0090959_03332855.jpeg
2回目のお稽古が終わってスノク先生の渾身の一枚と撮影(^^) 来月には時間内に2枚くらい書けるでしょう^ ^ 上手な方を選んでハンコもおして練習は終了する予定です!

ワークショップなどで指導する時ももちろん楽しいけれど、やっぱり字を指導している時が一番楽しいな〜と思いました。いい機会をいただき感謝しています♡




by narinya | 2018-06-11 23:32 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

ウニョン先生のところでカリグラフィー講座します


これはお部屋を一緒に借りているキムウニョンにあげようと思って作りました(o^^o) 色合いが地味ですが、大人っぽさを演出したつもりです。

添えた詩は韓国のイヘインさんのもの。
文字の量が多いので全体が重くならないような書体と色で書きましたよ。

d0090959_14562078.jpeg

さて、そんなウニョン先生のKim’s 韓国語・韓国料理教室では、語学と料理のほかに多様な文化講座も開いています。私もハングルのカリグラフィーでちょっとお手伝いしてます。

ハングルのカリグラフィー講座は連続5回の定期講座という形です。
4月から8月まで、月に一度のクラスです。毎回、何か新しいことに挑戦するように構成してます。

来期のカリキュラムは以下の通りです。もし、午後に希望する方はその旨、ウニョン先生の方にお伝えください。人数が集まれば午後にも開講できます。単発をご希望の方は、私が主催するAtelier MINAKOのワークショップをチェックしてください。


ハングルカリグラフィー
定期講座のお知らせ

【日程】
2018年4月〜8月(全5回)満席になりました
第1火曜日 ※5月は第2火曜日
10時〜12時30分(入室から退室まで)

【内容】
① 4月3日「ハングルの消しゴムはんこでコースター作り
② 5月8日「水墨画技法の蘭とカリグラフィーでランチョンマット作り」
③ 6月5日「うちわと扇子作り」
④ 7月3日「色のついた紙に色んな筆記具で書いてみよう」
⑤ 8月7日「フレームに入れて飾れる作品作り」

【受講料】
23000円一括(休んだ場合の振替レッスンは講師に相談)

【備考】
・基本の道具貸し出し
・練習用紙や基本の材料込み
・特殊な道具や追加の材料などは料金が別途かかる場合があります

【特典1】
Kim’s教室から高級マスクシートのセット!

【特典2】
担当講師からハングルの消しゴムはんこ2個!
(受講者のイニシャル)

お問い合わせ&お申込み
ウニョン先生のホームページから


d0090959_15242147.jpeg
(写真はイメージです)


以上お知らせでした。
よろしくお願いします。


by narinya | 2018-02-16 15:27 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

キムウニョン先生お教室の新年会

カレンダーの季節です。ちょっと遅いか…^^; 2017年のカレンダーは通信(正規)の方に渡したほか、国立の教室で受け渡しできる方にお分けしました。

11月には2018年の同じタイプのカレンダーを仕入れてありました。このサイズがあまり売っていないので、いつも少し遠くまで買いに行っています。

今年の使い道はキムウニョン先生お教室新年会での抽選会景品として!昨年12月にソウルのカリグラフィー展示会で、최先生が抽選会でトートバッグをプレゼントしていて楽しそうだなーと思ったからです( ^ω^ )


d0090959_10320533.jpeg

d0090959_10345908.jpeg

手書きなのであまり凝ったことはできない……というか、手が込んでると皆さん引くので(笑) デザイン決めてこの路線で一気に枚数そろえました。

新年会は明日です〜。去年は韓国語音読のススメとして市販の教材使って音読する実演をしました。一学習者として韓国語教室の皆さんとシェアできるものがあればと思っての出し物でした。


d0090959_10580104.jpeg

d0090959_11055412.jpeg

去年はTama Cafeでした。参加の先生方も豪華でしたね。ちなみに後ろの新年会の題字は美奈子作。デザイン的なこと以外に児童の書写教育もできるし、題字などの実用もできます。依頼は知り合いからしか受けませんが。

ハングル書道やハングルデザイン文字を書くからといって、「わ〜!美奈子先生、漢字も書けるんですね〜!」とよく言われます。いや、書けるから。ハングルだけ書けるとか反対に難しいですよ。笑


一昨年は府中で開催されたキム先生の新年会。その時はハングル書道のパフォーマンスしました。すでに懐かしい。

新年会の様子は当時ブログに書いてました。が、相変わらず長くてオエッとする投稿でした。笑笑 みんな見ない方がいいです。飛んで行ってもいいけどすぐに閉じて!呪われそうな勢いで書いてあるから(・_・;

2年前の私と2年後の今の私^ ^ 20年にわたってこだわってきたことを潔く手放す決心がついたし、やっぱりウニョン先生と一つ大きなこと始めてよかったな〜。

d0090959_11105420.jpeg

明日の新年会は、午後に国立駅近くのホールで開かれます。60人も参加者いるみたいです。準備が大変だろうな(^◇^;) でも先生の周りには手伝ってくれるいい方々がいつもたくさんいるから安心です(^^)

そんなこんな2018年の手書きカレンダーの話ですが、また別の投稿に続きます〜(^^)/


by narinya | 2018-01-26 11:29 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2017水墨カリグラフィー韓日交流展 オープニングイベント①

2017年水墨カリグラフィー韓日交流展のオープニングイベントでは、作品出品者達による花の寄せ描きもひとつメインのパフォーマンスでした。

会場の壁面に7メートルの画仙紙を貼って、そこに順番で花の絵や文字を書いて完成させます。自分だけの花を咲かせよう!というテーマでした。


会場準備のようす。
d0090959_00570141.jpeg



紙の前には道具も用意してもらって……。こんな準備はとても大変なのがわかるだけに、中心になって展示会の準備にあたったソウルのメンバーの方々には心から感謝します。

日本の美奈子チームは遠くから出品するばかりで、オープニングイベントもその時間だけ参加、会場の様子が分からず言葉も不自由で……。なんの戦力にもならずごめんなさいm(_ _)m

招待作家ならいざ知らず、外国からの参加であっても主宰側として他のお客様を迎えることを含め作品発表をするということが本来の姿なはずです。今後もこのような機会を持つなら、そんな自覚を持つチームとして成長しなくては〜。
d0090959_00575528.jpeg



花の寄せ描きが始まりました^ ^
d0090959_01152435.jpeg



牡丹(上)、蓮の花、木蓮など様々ななお花を描いてます。
d0090959_01050353.jpeg


美奈子チームの順番も回ってきました。普段から水墨で花を描いているわけではない私の生徒さん達……。そして、遠く地方にお住まいの方々もおりました。

この日のためにあれこれ駆使しながら絵の指導までしましたが、こんなパフォーマンスでサササッと描くまでにはなかなか道は遠い…。でも!皆さん行くまでに練習した通りに当日も楽しく描けました( ^ω^ )

まぁ、記念ですから難しく考える必要はないですよね〜。心よりおつかれさま、そして参加ありがとう♡
d0090959_00584674.jpeg

d0090959_15043270.jpeg


皆が自分だけのお花を植え終わって、ヘグムの演奏の中、今度は主宰の최先生による揮毫パフォーマンスが始まりました。私たちの寄せ描きは前座(*≧∀≦*)
d0090959_00591638.jpeg



최先生がパフォーマンス前に精神統一!
d0090959_01060902.jpeg


おもむろに筆をとり揮毫スタート。
d0090959_01062496.jpeg



カリグラフィーだからかな、縦書きなのに左から書くことも最近よく見かけますが、この日の최先生のパフォーマンスもそんなスタイルでした。

晴れ舞台のパフォーマンスを否定的に見るつもりは一切ありませんが、私は個人的には左から右に行替えして縦に書くことは、若干、流れに無理があるように思います。

印の位置もおかしくなってくるし…。そのように書くメリットが今ひとつ理解できません。でも何か効果があってみんな書いているのかもしれません。その辺りのこと今度よく聞いてみようと思います。

d0090959_01064152.jpeg


余白に梅の枝も描いて爽やかに仕上げていらっしゃいました^ ^
d0090959_01133969.jpeg


揮毫の後にも様々なイベントが予定されていました。夜は会員の皆さまと会食の席も用意されて楽しい一日でした。その様子はまた次の投稿で!




by narinya | 2017-12-25 15:03 | Comments(0)


最新のコメント
★Housuiさま そ..
by narinya at 00:47
なかなか無いご縁ですよね..
by Housui at 20:51
★鍵コメさま コメント..
by narinya at 17:22
★ハーちゃんさま コメ..
by narinya at 13:41
えへへ。素晴らしいカレン..
by hachan7609 at 18:13
★Housuiさま そ..
by narinya at 20:11
管理人からおねがい
フォロー中のブログ