ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:墨絵 ( 170 ) タグの人気記事

ハロウィンなのでかぼちゃの絵を載せてみます

韓国で開催された国際書画交流展のご報告があるのですが、ハロウィンのかぼちゃにちなんで先にこちらの投稿を^ - ^

すこし前に納品したハングルで彫った名前ハンコですが、季節も秋になってきたしな〜ということで、かぼちゃのモチーフで絵を添えて送りました。

d0090959_20181311.jpeg

絶対にいつも絵を添えて送ると決めているわけではありませんが、余裕があればしています。やはり受け取った時に気持ちがパァっと明るくなるのではないかな…と思って。

でも生活に心の余裕がないときはできないの、ごめんなさい。これは不定期、不特定のサービスということで。でも、いつもそんな余裕を持ってお届けできる日常を送るよう努力します^ - ^

ハングルのお名前ハンコは、まだお待ちいただいている方々がいるので、夜な夜な彫りますよ〜。

下の写真は彫り終わった直後。

d0090959_20292445.jpeg



by narinya | 2018-10-31 20:22 | 刻 seal carving | Comments(0)

ハングルの名前印

ハングルのお名前ハンコ。納品する時の押印と用紙のデザインも含めてオリジナル作品としてお渡ししています。毎回ちがうデザインをするのも楽しいものです。しばらく飾って楽しんでもらえたら嬉しい^ ^


d0090959_21251159.jpeg

4マスに分けた中に板本体で彫りますが、お名前が短い方にはこのように1マス、簡単なモチーフを加えることになります。基本的に文字のみで受けているシリーズですが、お名前によってはこういう場合もあります。


この方は空いたマスの中のデザインはお任せだったので梅の花のつもりでお花を一つ彫りましたよ。ざっくりした感じの線が石の風合いをさらに際立てます。


ハングル板本体でお名前4文字。2㎝角の青田石(せいでんせき)で郵送の場合4700円です。お会いする予定があって手渡しできる方は4500円です。郵便はプチプチに包んで普通の封筒で行きます〜。


そして、専用の朱肉(印泥いんでい)を用いると写真のように濃く捺せて見た目にもバシッと決まります。石のはんこは是非、専用の印泥でおしてみてください。印泥も一緒に購入したい方は注文時にご相談ください。


連絡はメールでお願いします。

2insaneko@gmail.com(渡邊)


by narinya | 2018-10-01 21:33 | 刻 seal carving | Comments(0)

通信の皆さまに心を込めて接する生活を取り戻すぞ!

お教室という空間でクラス作って直接指導をするよりも、主に郵便での通信教育の数が遥かに多い現実^ ^ ペースも手間も今どきにしてはすごくアナログな形でしています。


でも私は通信て好きなんですよね。ひっそりとチマチマやっていたいという希望もあるからですね。EメールやLINEとかのSNSも使用してやり取りをするので、それはとても便利ですが、やはり実際の物質を通すことで得られるものはまだまだ多いことを日々、実感します。


書道の正規課程で勉強する方々に郵便をする時や、クールで分けた講座で添削に送ってくれた方にお返しする時には、できるだけ心のこもった返信にするようにしています。



d0090959_22061989.jpeg


写真はコピー用紙にいつも使っている筆記具で描いたもの。返信に添える手紙の用紙、便箋代わりです。心に余裕がなくなるとポストイットでメモを貼るしかできなくなるので、そこが一つ生活リズムのバロメータだったりします。


この夏は、私生活を取り戻すことをテーマに色んな改善をしたり計画をしたりしました。今後はさらに家のことや自分のことを優先して生きます( ^ω^ ) 私、作業や制作は寝るのも忘れてできるけれど、イコール仕事人間というわけでは決してないので、ここ数年はなんだかとってもとっても疲れました……。


肩が片側ずつ四十肩になり2年を通してつらく(T . T)、右肘も疲れるといつも痛いし、料理する元気もなくて三食全てコンビニや外食だった結果10キロ以上太りました(T . T) 24時間ぐったりで膀胱炎になったり胃腸炎になったり胸や喉が苦しかったり、挙句は顔面がしびれてきたり(T . T)


これらの現象は全て私自身が作り出してしまったことです。ストレスになる物事も人間関係も、結局は取捨選択をする時に間違えたものが積み重なって時間をかけて表に出てきただけのことです。それらを解決するのも改善するのも生み出してしまった私にしかできないことですから〜。


発想の転換と自分を大切にすること、そう決めたらそのように行動すること、それが一番いいパフォーマンスをする条件ですね〜。その中では何かを否定しなければならない場面もありますが、自分の為、ひいては皆様の為と信じてサクサク淡々とやるのみです〜。


ありがたいことに多くの心の優しい誠実な方々にも囲まれて幸せ者だと実感することもた〜くさんあります。そんな大切にしたい人たちのためにも、まずは私自身がいい気持ちで暮らさないとね^ ^


心配だったお顔の痺れは治りました。苦しかった胸も治りました。やはりストレスだったみたいです。そして7月からの減量も順調順調。

来春には3年間、着ることのできなかった洋服を全て着られるようになるぞ٩( 'ω' )و まだデザイン的に大丈夫ですよねぇ。



d0090959_22062790.jpeg


愚痴からの決意表明な投稿でした。笑 とにかく、私からの郵便物に絵が描いてあったり、ハンコがおしてあったり、シールが貼られている時は元気にしてる証拠ですから♡ ポストイットだけになってたら…ありゃりゃと思って見守りお願いします♡



by narinya | 2018-09-11 22:09 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

ハングル板本体で名前のハン

篆刻はもともと篆書を彫ることなのですが、篆書には簡単に「大篆だいてん」「小篆しょうてん」「印篆いんてん」と種類がありまして、その中でも最後にあげた印篆は、ハンコにしやすく構成された書体です。


彫りたい字を篆刻字典で引いて印篆の列からそのまま引っ張って並べて彫るだけで立派な印になります。


篆刻と聞くと自分でデザインができておせるスタンプのイメージが強くワークショップなどもいつも人気がありますが、篆刻の基本はまず字典を引くことです。そこを土台にして色々アレンジすると品格のある作品になりますよね^ ^


この「印篆いんてん」一文字のシルエットは正方形。ハングルにもシルエットが正方形の書体「板本体」があります。だからハングルでの印章(ハンコは印章ともいいます)はとても作りやすい〜。それに尽きます!


色んな表現があって、もちろんどれも創意工夫がされていていいのだけど、美はやはり古典の中にヒントがあるものなのです^ ^


写真↓は頼まれていた名前ハンコ。



d0090959_10135368.jpeg



オーソドックスな板本体で彫る名前ハンコの注文は随時、受け付けています。石の大きさや文字数によって金額は異なります。


ちなみにこの写真のタイプは2センチ×2センチ、4文字で4500円です。郵送でお届けする場合は4700円です。※ 字が赤く残るタイプは2000円増し(2018年8月現在での金額)


デザイン性の強いハンコは作品制作として受けることになるので、別途デザイン料や相談料などかかります。依頼者の使用用途によっても金額が変わりますので、それは個別にご相談させてください。


いまどきは仁寺洞に行けば可愛らしいハンコもあっという間の時間で彫ってもらえます。でも書画作品に捺すには可愛すぎてちょっと使いにくい場合もあります。


流行っているのは篆刻というよりも可愛らしいスタンプといった感じで、どのようなものか試しに1つハングルの雅号を彫ってもらったことがあります。彫ってもらったものを受け取って、そういうハンコが流行る理由は私の頭ではあまりよくわからなかったけど一種の勉強代ということで…。



写真のような少し昔風なデザインの印もいいものですよ^ ^注文お待ちしてます。下記のメールから連絡ください。


2insaneko@gmail.com(渡邊)



**********


簡単に注文していただけるフォームをなかなか作らずすみません。

m(_ _)m




by narinya | 2018-08-30 10:23 | 刻 seal carving | Comments(0)

残暑見舞い

d0090959_13052528.jpeg

夏から秋に爽やかにバトンタッチ!のはずが、まだ暑くて真夏みたい(^^;)

初春からゴールデンウィークまで花粉でつらく、夏はこんなに暑く、秋は瞬きしたら終わって待望の冬が来た♡と思ったらすぐに目が痒くなって花粉開始…。

そんな一年が積み重なって人生が終わるの嫌だな〜。やはりどこかへ移住するか、もしくは二重生活か?こう暑いとそんなことをますます真剣に考えたくなります(o^^o)

いつも思うことは「5年後に自分はどこに住んでるかな〜?」です。どこか遠くに行きたいな〜。



by narinya | 2018-08-28 13:13 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングルの名前ハンコ


2018年5月、6月、7月と月に3回連続ハングル書道の短期講座を横浜のコリ文語学堂で開催しました。

その時に練習した課題を最後にお清書しましたが、そこに捺すハングルの名前ハンコの注文を受けていくつか作りました。

2センチ×2センチで4文字、中央に十時線を入れたデザインです。


d0090959_09124362.jpeg
講座が終わった後に注文してくださった方には郵送しました。



d0090959_09123042.jpeg
講座内で手渡しできた方々にはこんなラッピングでお届け^ ^



d0090959_09130070.jpeg
こんなまっさらな石がハンコになるにはそれなりに修練が必要です。私も漢時代の模刻(書道でいう古典臨書)をたくさんしたし、デザインの勉強もしました。

そのおかげで最近は少し早く彫れるようになってきました。が、まだまだ練習も必要です。線の質を上げていくためです。

彫って何かつけておせば複製ができる……。原理はただそれだけなのですが、空間の処理をするバランス感覚、デザイン性、彫りの確かさ、線の質などなど。追求したら終わりのない奥深いものです^ ^

書や絵を会得した後に自己の究極の世界観を表現するのが篆刻というものだと言われたこともあります。そのくらいの気持ちで取り組みたいものですね。ふふふ。楽しく頑張りまーす。


by narinya | 2018-07-26 09:16 | 刻 seal carving | Comments(0)

七夕の笹うちわワークショップの様子

少し前にブログでも募集した七夕だけの「笹うちわワークショップ」。私が描いた笹、というか竹林の絵に参加者の皆さまがハングルで短冊を書いて貼るというもの。同時に栞の制作もする企画でした^ ^


d0090959_09361565.jpeg
お手本と緑色の竹の絵を描いたうちわ、無地の栞などが参加費に含まれていました。



d0090959_09354156.jpeg
有料でしたがうちわを追加できるようにしたところ、皆さまもう一枚ずつ希望してくれたので、その場でお望みの色合いにして描いてお渡ししました。

青い竹も爽やかでいいし、赤い竹も朱竹といってめでたいものだといいます。


d0090959_09375674.jpeg
普段、絵は描かないとおっしゃっても、ちょっとしたコツや流れ、道具の有効な使い方を教えて差し上げると楽しくできるものです。まずはやってみることですね、何でも。

やり方がわからないからできないのではなく、まずはやってみて助けてもらいながらわかっていくという類のことだと思います。普段しないこともやってみると自分でも意外な発見があったりしますよ^ ^


d0090959_09383754.jpeg
筆ペンで小さな字も上手!


d0090959_09404736.jpeg
出来上がったうちわを並べて。



d0090959_09363928.jpeg
こんなメンバーで楽しくやりました。


d0090959_09400353.jpeg
この日は、生徒さんのお一人がロースイーツを3種類も振舞ってくれました♡ 桃が乗ったティラミス(少しレアチーズっぽいお味しました)


d0090959_09393932.jpeg
甘酒ミルクとチョコアイスも〜。ロースイーツは酵素が生きているスイーツで、材料自体も調理の段階でも加熱しないことが特徴です。

来年、年明けに千歳烏山にこの生徒さんがロースイーツカフェ[ロースイーツ以外にもあるそうです)をオープンします。

お店の顔になるような大きな絵を担当することになっているので、その制作過程も作業を進むと同時に紹介していけたらと思っています。



d0090959_09391363.jpeg
この七夕のワークショップに直接いらっしゃれない方も作ってみたいということでしたので、キットにしてお渡ししました^_^ サンプルの栞を同封して…。




by narinya | 2018-07-24 18:36 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

カフェパラムの棚 〜うちわ〜

d0090959_10225820.jpeg

前の投稿に続いてカフェパラムの棚ご紹介です。夏なのでうちわや扇子を置かせてもらってます。

このうちわはちょっと手が込んでいます。仮名料紙では「破り継ぎ」という技法があるのですが、そこからヒントを得て韓紙でしてみました。

破り継ぎは目打ちでミシン目のような穴をあけてそれに沿ってちぎったり、カッターでギザギザになるように切ったりします。

今回、うちわに貼った紙は自然とと破れるままにして、破り目も繊維が綺麗に見えるように糊付けしてあります。


d0090959_03403924.jpeg


貼った紙をさながら崖や岩、地面のように考えて、そこに蘭を生やしました。


d0090959_04195613.jpeg


ただ水墨画の蘭をそのまま描いたのではデザインにはちょっとならないので、色合いや配置は貼った紙に調和するように、蘭そのものを書くのではなく素材として画面を構成しています。


d0090959_04181185.jpeg


何かを習ってそのまま使うのでは粋ではないですよね。勉強の成果など人に見せても仕方ないし、値段をつけて対価を得ようとするならひねりがいくつかあって当然だと思います。

その上で「わぁ素敵!」と思ってもらうには色んな工夫や挑戦を常にしないとね〜。このうちわのコンセプトは一年がかりです。去年の試作に比べてだいぶ落ち着きました。


d0090959_04212949.jpeg


うちわは暑い間はまだ作りますが、同じものはないので、いつもこの写真の3種類をお分けできるわけではありません。ひとまず^ ^ カフェパラムの棚では展示販売してますので、よかったらお茶をしがてら寄ってください〜。

裏面はこんな感じになっています。ハングルで一言書いてあります。

d0090959_04223116.jpeg

by narinya | 2018-07-10 10:38 | 作品の販売・注文 | Comments(0)

カフェパラムで小作品の販売

新宿のカフェパラムで毎月一回開催される勉強会で今年2月にゲスト講師に呼んでいただきました。そのご縁でカフェパラムでお教室の開設をすることができ、それに加えてこのたび物販の為の棚も一段いただくことができました。

趙善玉先生、星野先生、シェフ、お客様、皆さま今後お世話になります。


d0090959_19192417.jpeg

ハングルを使った小物を中心に、親しみやすい小作品や、季節の雑貨などを置いていこうと思います。

写真は約10センチ四方のハングルカリグラフィーの小物^ ^ 色違いで用意しました。今後、他の子音でも作ろうと思います。


d0090959_19193704.jpeg

棚にはアロハベアのMaki先生の段もあります。お食事やお茶を楽しむ時に、是非こちらの棚もご覧ください♡

今は季節柄、涼を運ぶ扇子やうちわも置いてあります。先日、早速に扇子が贈答用に養子に行ったそうです。手書きの良さを直接ご確認ください。

d0090959_19195089.jpeg



by narinya | 2018-07-05 19:32 | 作品の販売・注文 | Comments(0)

七夕の日にワークショップします

七夕の日に合わせてワークショップします。国立のお教室で「栞作り+うちわ作り」です。お茶とお菓子いただきながら楽しく制作しましょう。

日にち: 2018年7月7日(土)
時間: 10:30〜12:30
参加費: 4500円(画材、道具すべて貸し出し)
申し込み: 2insaneko@gmail.com(渡邊まで)
支払い: 事前に指定口座に振込



d0090959_15172783.jpeg
栞は好きな枚数を作ってください。


d0090959_15423716.jpeg
d0090959_15441451.jpeg
笹の絵はこちらで描いたものを使います。



笹の絵は手描きのため色合いや構図が全て同じではありません。ですから完成品も少しずつ異なり個性が出る思います。

筆記具はペンや筆ペンを使用します。書道の経験は問いません。



【うちわの追加】
笹の絵を描いたうちわはワークショップ参加者であれば一枚700円で追加可能です。
申し込み時に希望追加枚数を書いて参加費と合わせて振込をしてください。
※ ワークショップ当日の受け付けは不可
※ ワークショップ時間内で使用

d0090959_15193186.jpeg


【キャンセルについて】
キャンセル、振替なし
(欠席した場合は材料を郵送します。ご自身で仕上げてください。ワークショップ内で貸し出したいくつかの画材は材料に含まれません)


by narinya | 2018-06-24 16:45 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)


最新のコメント
★Housuiさま そ..
by narinya at 00:47
なかなか無いご縁ですよね..
by Housui at 20:51
★鍵コメさま コメント..
by narinya at 17:22
★ハーちゃんさま コメ..
by narinya at 13:41
えへへ。素晴らしいカレン..
by hachan7609 at 18:13
★Housuiさま そ..
by narinya at 20:11
管理人からおねがい
フォロー中のブログ