ナリナリの好きな仁寺洞

カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:墨絵 ( 176 ) タグの人気記事

2018水墨カリグラフィー韓日交流展 作品2


2018水墨カリグラフィー韓日交流展に出したもう1点。


型は習って出来るようになると基礎体力がつくのでいいのですが、では、習ったそのままを書いてそれが創作かといえばそれはちょっと違うかな〜。


だから四君子を型でキチンと習ったとしても、作品制作(創作)する時にはデザイン的に再構成して使うのです。勉強はそのためにするのであって、決して勉強が目的ではないからですね〜。



d0090959_10231548.jpeg
d0090959_23590486.jpeg


この作品は約70×138を軸にしたので全体としては結構な大きさです。タイトルは「Calligraphy Garden 」。可愛らしさを円と色と文様などで表現しました^ ^


この作品も販売可能です。

お問い合わせなどはメールで渡邊宛にください。

2insaneko@gmail.com



by narinya | 2018-12-20 10:48 | 2018 作品展示 | Comments(0)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展 作品1

2018水墨カリグラフィー韓日交流展に出した作品です。「恋しくて」というタイトルをつけました。韓国語をメインにした作品で、日本語は韓国の詩の訳を絵に溶け込むよう配しました。


ヨンヘウォン詩人の「期待」という詩を選んで書きましたが、今回の展示会には詩人ご本人も来てくださり、直接ご挨拶を差し上げることができました。



d0090959_18193048.jpeg


この作品は、戻って来たらまた額装を新しくして来年夏に予定している個展に出すかもしれません。個展は2019年8月30日〜9月16日。小淵沢のギャルリーアビアントにて。

この先の人生のために自分に挑戦していかないとね。よく人との差別化を言うけれど、人がしないことをしようと考えるよりも「自分にしかできないことをしよう」と考える方がいいと思っています。

人と違うことをするだけでは自分の世界は深まらないからです。それは結局のところ実力もつかないということなのです。そこに気づけば自分がいるべき場所、自分がすべきこと、自分がしたいことがはっきりしますよね。


そこに対するとりあえずの挑戦はあと3年続く予定。計画通りに進めたいと思います^ ^ 今回のソウル仁寺洞での展示会はいい景気づけになりました。

共に過ごした生徒さんたち、友人たちにも心から感謝しています。展示会リポは地味に続きます〜。しばらくお付き合いください♡



※ 作品は販売可能

(手ぬぐい額にぴったり入る大きさ)

問い合わせはメールでお願いします。

2insaneko@gmail.com

渡邊美奈子



by narinya | 2018-12-19 18:25 | 2018 作品展示 | Comments(0)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展がネットニュースに^ ^

「2018水墨カリグラフィー韓日交流展」に参加してます。会期の初日に合わせてソウル入りしました。

15日土曜日は2時からオープニングイベントがあります。日本の出品者たちもそこに合わせて訪韓します。皆さま〜ギャラリーで会いましょう〜。

さて、初日にはこんな記事が配信されました。よかったら読んでください♡


d0090959_18273794.jpeg

記事の続きはサイトに飛んでご確認ください^ ^


by narinya | 2018-12-14 18:33 | 書道 calligraphy | Comments(0)

12月9日 コラボイベント終わりました

告知していたお友達とのコラボイベントは無事に終了しました!

12月9日、日曜日。場所は国立駅からまっすぐ伸びる並木道を15分ほど行ったTama Cafe。私のお気に入りのカフェです。2015年には店内の一画をお借りして個展を開催した場所でもあります。


d0090959_09521436.jpeg
中野葉子さんの新刊本「요코와 함께한 일본사찰 순례」と、以前に出された「不思議がいっぱい韓国」をディスプレイ。今回は新刊本の発売を記念してのトークイベントでしたが、もう一冊の方に興味がある方々がいたので準備していただきました。



d0090959_09505318.jpeg
私はコラボというからには作品を展示して販売しないと〜。コラボで責任半分(笑)ですしね、作品も気軽な感じがいいと思って小物中心のラインナップで準備しました。皆さまが楽しくお買い物もしてくださって感謝感激でした!



d0090959_09514611.jpeg
会が始まる前に中野さんをご紹介する私の図^ ^ 当初の目標人数もクリアして、お約束してなかった方々も数人ほど顔を見に寄ってくださったりして♡ 本当に愛され美奈子です!ありがとうございます!



d0090959_09515805.jpeg
d0090959_09530103.jpeg
d0090959_09524713.jpeg
d0090959_09533774.jpeg
ランチまでの時間は和気藹々とお話が進みました。中野さんも楽しそうにお話をしてくださったので私もホッとしました。

あっという間の1時間が過ぎて、ランチをいただきながらのおしゃべりタイムに突入〜。そして、ご飯の後にも残れる方々は残って作家との濃い時間を過ごされました。

長い時間、場所を提供してくださったTama Cafeのオーナー、奥様、看板娘ちゃんには感謝してもしきれせん。またご恩を返せる日まで見守ってください♡



d0090959_09502570.jpeg
このコラボイベントには美奈子からのタンブラーが付いていました。韓国が好きだったり韓国語を勉強されている方が多いからデザインもハングルで^ ^

そして他には小作品を中心に制作、販売しました。


d0090959_23414942.jpeg

d0090959_09513015.jpeg
d0090959_09513843.jpeg

d0090959_09511325.jpeg

d0090959_09510559.jpeg


少し大きめの額に入れた作品も3点、養子に貰われて行きました。嬉しいわぁ。


d0090959_09504538.jpeg
d0090959_09503509.jpeg

コースターも作ってみたり^ ^

この流れで翌日にはもっとたくさんのコースターを加工する事になったのですが、それはまた別の投稿で( ^ω^ )

何度も相談しながら進めたこのコラボイベント。最後の打ち上げまでずっと意気投合でした。頻繁でなくてもいいので、また良いものを皆さまと共有できたら嬉しいです。

中野葉子さん、Tama Cafeのオーナー、来てくださった多くの方々……。おかげさまで今年もいい年になりました!また会いましょう♡




by narinya | 2018-12-12 09:58 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展

담묵 최날길先生とその会員展に今年も日本から美奈子チームで参加します。写真はポスターです。会期、日時などは以下の通りです。


2018水墨カリグラフィー韓日交流展

会期: 2018年12月12日〜17日
時間: 10:00〜18:00
場所: 美術世界ギャラリー(鍾路区仁寺洞24)
オープニングイベント: 15日 14:00〜


今年は私を含めて13名の参加です。新潟、東京、神奈川、愛知、京都、長崎、宮崎の人々で構成されました。15日のオープニングイベントに合わせて渡韓する人も多くて賑やかになりそうです。


d0090959_23452980.jpeg

今回の作品は画仙紙に絵や字を書いたもののほかに、布(韓国のモシ)、染め花、ビーズフラワー、タイル、針金、ニードルフェルト、消しゴムハンコなどと融合させた個性あふれる作品が特徴的です。

画材も、水彩画のものを使ったり、筆記具も筆以外にガラスペンとインクを使うなど多様です。色んなアイテムを使いこなしてオリジナリティあるものを作ることは作品制作の目的の一つではないかと思います。

今回つかった画材や技法などを自分の中に入れておいて、そこからまた応用させて次回以降の作品を作ってください。その場だけで終わらせないことが結局は上達するということですよね。自分の力でできるようになることに直接繋がります。

私は2点出しました。展示前なのでチラ見せだけ^ ^


d0090959_00160466.jpeg
全紙(約70×138㎝)の縦で軸装にしました。



d0090959_00185671.jpeg
こちらは手ぬぐい額を横に使った作品の一部です。ここにヨンへウォンさんの詩を書きました。オープニングイベントにはヨンへウォンさんも来てくださるそうです。作品観てもらえるから嬉しいな。


全体像がどんな風に仕上がっているか、会場でどう見えるかはあちらに行って見てからのお楽しみです。二つともひとまずはよくできたのでお披露目が楽しみです(o^^o)


**********



来年からはもう少し体系的にこの展示会に向けて勉強と準備、制作のための指導をする方向で考えています。

書く文字はハングルに限定するつもりもありません。ハングルが入り口でもいいですが、漢字や平仮名もちゃんと書ける日本人が韓国で発表することを目指しましょう。

そうして広い視野で自己表現ができるチームとして参加していきたいです。初春には動き出しますよ。

お仲間募集♡

やる気のある方!行動に移せる方!続けられる方。!

お待ちしてるわ〜。



by narinya | 2018-12-05 00:23 | 書道 calligraphy | Comments(0)

コラボイベントお知らせ & お誘い

【イベントのお知らせ&お誘い】


紀行作家 中野葉子 トークイベント

×

書画家 渡邊美奈子 小作品展示販売会


日時 12月9日(日)11:00〜

場所「Tama Cafe」(国立駅南口)



●紀行作家の中野 葉子 さんとカフェでコラボイベントをします。

今年、韓国で出版された日本の寺院巡りに関する新刊本(韓国語)を携えて、トークイベントをするために関西から来てくださいます。


●わたくし美奈子は、カフェ店内にて小作品展示および販売会を一日限定で開催します(展示作品の観覧と購入にはイベント参加費は必要ありません)。


●参加には2パターン

①本付き→6000円 15名(満席)

②本なし→4000円 5名 (残席2)


●問合せ・申込み

2insaneko@gmail.com (渡邊)



d0090959_03432187.jpeg


① ② ともにTama Cafeのランチ付き、美奈子からオリジナルデザインのタンブラー付きです!



d0090959_03430193.jpeg
d0090959_17532619.jpeg
d0090959_17505377.jpeg





著者、著書、SNS、作家、作品、カフェに関する詳細は下記のリンクからご参照ください。



【中野葉子著書】
『不思議がいっぱい韓国』(12/9に著者から購入可能)


【中野葉子ブログ】


【中野葉子Facebook】




【Tama Cafe】



by narinya | 2018-12-01 20:52 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

ハロウィンなのでかぼちゃの絵を載せてみます

韓国で開催された国際書画交流展のご報告があるのですが、ハロウィンのかぼちゃにちなんで先にこちらの投稿を^ - ^

すこし前に納品したハングルで彫った名前ハンコですが、季節も秋になってきたしな〜ということで、かぼちゃのモチーフで絵を添えて送りました。

d0090959_20181311.jpeg

絶対にいつも絵を添えて送ると決めているわけではありませんが、余裕があればしています。やはり受け取った時に気持ちがパァっと明るくなるのではないかな…と思って。

でも生活に心の余裕がないときはできないの、ごめんなさい。これは不定期、不特定のサービスということで。でも、いつもそんな余裕を持ってお届けできる日常を送るよう努力します^ - ^

ハングルのお名前ハンコは、まだお待ちいただいている方々がいるので、夜な夜な彫りますよ〜。

下の写真は彫り終わった直後。

d0090959_20292445.jpeg



by narinya | 2018-10-31 20:22 | 刻 seal carving | Comments(0)

ハングルの名前印

ハングルのお名前ハンコ。納品する時の押印と用紙のデザインも含めてオリジナル作品としてお渡ししています。毎回ちがうデザインをするのも楽しいものです。しばらく飾って楽しんでもらえたら嬉しい^ ^


d0090959_21251159.jpeg

4マスに分けた中に板本体で彫りますが、お名前が短い方にはこのように1マス、簡単なモチーフを加えることになります。基本的に文字のみで受けているシリーズですが、お名前によってはこういう場合もあります。


この方は空いたマスの中のデザインはお任せだったので梅の花のつもりでお花を一つ彫りましたよ。ざっくりした感じの線が石の風合いをさらに際立てます。


ハングル板本体でお名前4文字。2㎝角の青田石(せいでんせき)で郵送の場合4700円です。お会いする予定があって手渡しできる方は4500円です。郵便はプチプチに包んで普通の封筒で行きます〜。


そして、専用の朱肉(印泥いんでい)を用いると写真のように濃く捺せて見た目にもバシッと決まります。石のはんこは是非、専用の印泥でおしてみてください。印泥も一緒に購入したい方は注文時にご相談ください。


連絡はメールでお願いします。

2insaneko@gmail.com(渡邊)


by narinya | 2018-10-01 21:33 | 刻 seal carving | Comments(0)

通信の皆さまに心を込めて接する生活を取り戻すぞ!

お教室という空間でクラス作って直接指導をするよりも、主に郵便での通信教育の数が遥かに多い現実^ ^ ペースも手間も今どきにしてはすごくアナログな形でしています。


でも私は通信て好きなんですよね。ひっそりとチマチマやっていたいという希望もあるからですね。EメールやLINEとかのSNSも使用してやり取りをするので、それはとても便利ですが、やはり実際の物質を通すことで得られるものはまだまだ多いことを日々、実感します。


書道の正規課程で勉強する方々に郵便をする時や、クールで分けた講座で添削に送ってくれた方にお返しする時には、できるだけ心のこもった返信にするようにしています。



d0090959_22061989.jpeg


写真はコピー用紙にいつも使っている筆記具で描いたもの。返信に添える手紙の用紙、便箋代わりです。心に余裕がなくなるとポストイットでメモを貼るしかできなくなるので、そこが一つ生活リズムのバロメータだったりします。


この夏は、私生活を取り戻すことをテーマに色んな改善をしたり計画をしたりしました。今後はさらに家のことや自分のことを優先して生きます( ^ω^ ) 私、作業や制作は寝るのも忘れてできるけれど、イコール仕事人間というわけでは決してないので、ここ数年はなんだかとってもとっても疲れました……。


肩が片側ずつ四十肩になり2年を通してつらく(T . T)、右肘も疲れるといつも痛いし、料理する元気もなくて三食全てコンビニや外食だった結果10キロ以上太りました(T . T) 24時間ぐったりで膀胱炎になったり胃腸炎になったり胸や喉が苦しかったり、挙句は顔面がしびれてきたり(T . T)


これらの現象は全て私自身が作り出してしまったことです。ストレスになる物事も人間関係も、結局は取捨選択をする時に間違えたものが積み重なって時間をかけて表に出てきただけのことです。それらを解決するのも改善するのも生み出してしまった私にしかできないことですから〜。


発想の転換と自分を大切にすること、そう決めたらそのように行動すること、それが一番いいパフォーマンスをする条件ですね〜。その中では何かを否定しなければならない場面もありますが、自分の為、ひいては皆様の為と信じてサクサク淡々とやるのみです〜。


ありがたいことに多くの心の優しい誠実な方々にも囲まれて幸せ者だと実感することもた〜くさんあります。そんな大切にしたい人たちのためにも、まずは私自身がいい気持ちで暮らさないとね^ ^


心配だったお顔の痺れは治りました。苦しかった胸も治りました。やはりストレスだったみたいです。そして7月からの減量も順調順調。

来春には3年間、着ることのできなかった洋服を全て着られるようになるぞ٩( 'ω' )و まだデザイン的に大丈夫ですよねぇ。



d0090959_22062790.jpeg


愚痴からの決意表明な投稿でした。笑 とにかく、私からの郵便物に絵が描いてあったり、ハンコがおしてあったり、シールが貼られている時は元気にしてる証拠ですから♡ ポストイットだけになってたら…ありゃりゃと思って見守りお願いします♡



by narinya | 2018-09-11 22:09 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

ハングル板本体で名前のハン

篆刻はもともと篆書を彫ることなのですが、篆書には簡単に「大篆だいてん」「小篆しょうてん」「印篆いんてん」と種類がありまして、その中でも最後にあげた印篆は、ハンコにしやすく構成された書体です。


彫りたい字を篆刻字典で引いて印篆の列からそのまま引っ張って並べて彫るだけで立派な印になります。


篆刻と聞くと自分でデザインができておせるスタンプのイメージが強くワークショップなどもいつも人気がありますが、篆刻の基本はまず字典を引くことです。そこを土台にして色々アレンジすると品格のある作品になりますよね^ ^


この「印篆いんてん」一文字のシルエットは正方形。ハングルにもシルエットが正方形の書体「板本体」があります。だからハングルでの印章(ハンコは印章ともいいます)はとても作りやすい〜。それに尽きます!


色んな表現があって、もちろんどれも創意工夫がされていていいのだけど、美はやはり古典の中にヒントがあるものなのです^ ^


写真↓は頼まれていた名前ハンコ。



d0090959_10135368.jpeg



オーソドックスな板本体で彫る名前ハンコの注文は随時、受け付けています。石の大きさや文字数によって金額は異なります。


ちなみにこの写真のタイプは2センチ×2センチ、4文字で4500円です。郵送でお届けする場合は4700円です。※ 字が赤く残るタイプは2000円増し(2018年8月現在での金額)


デザイン性の強いハンコは作品制作として受けることになるので、別途デザイン料や相談料などかかります。依頼者の使用用途によっても金額が変わりますので、それは個別にご相談させてください。


いまどきは仁寺洞に行けば可愛らしいハンコもあっという間の時間で彫ってもらえます。でも書画作品に捺すには可愛すぎてちょっと使いにくい場合もあります。


流行っているのは篆刻というよりも可愛らしいスタンプといった感じで、どのようなものか試しに1つハングルの雅号を彫ってもらったことがあります。彫ってもらったものを受け取って、そういうハンコが流行る理由は私の頭ではあまりよくわからなかったけど一種の勉強代ということで…。



写真のような少し昔風なデザインの印もいいものですよ^ ^注文お待ちしてます。下記のメールから連絡ください。


2insaneko@gmail.com(渡邊)



**********


簡単に注文していただけるフォームをなかなか作らずすみません。

m(_ _)m




by narinya | 2018-08-30 10:23 | 刻 seal carving | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ