ナリナリの好きな仁寺洞

カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:墨絵 ( 183 ) タグの人気記事

リーフ


またまたハルハナさんにかけてある立体フレーム作品のご紹介。水墨画の画材や道具や技法を使ってイラスト風に^ ^ 字と組み合わせることを前提にするとちょっと添える程度の絵か柄や模様程度の装飾的な役割として水墨画を描くことになりますね。そうでなければガッツリと水墨画!を描いて字は画讃として余白に書くことになります。

少しでもインテリア重視の見栄えを…と思うと、あまりゴリゴリな水墨画を描いても重くなるばかりですから、ちょっと余白に動きが出て字の演出になるくらいがいいのかなと思ってこういう提案をしながら通信講座を展開していました^ ^


d0090959_13065070.jpeg

去年の暑い夏に作った教材でテーマはとにかく涼しげに…。縦横に上下に自由に使って課題で練習した字を書き入れてもらう式でした。字を書くことがメインのデザインにしたのでノビノビと書ける回でした。私もハルハナさんに飾るのに真ん中に大きく文字を配置して字も大きめに。

どの向きでもサマになるように字の配置を考えるのも楽しいですよね。

d0090959_13251992.jpeg

絵が描けない〜と皆さんおっしゃるけれど、絵にどんなイメージを持っているのかな?デッサンができないとか、色の組み合わせがわからないとか、画材の使い方がわからないとか…?

色んな表現の絵があるし正解はないし、あまり難しく考えて怖がらなくてもいいと思います。技術の向上はたくさんしないといけないけれど、そこが目的ではない方が大多数(というか私の周りには楽しくやりたいという方が多いから)ですもの。開眼したらしっかりやればいいのであって、その前からある苦手意識をまずなくしていきましょう〜。



by narinya | 2019-04-17 13:17 | 画 painting | Comments(0)

レンギョウ

立体フレームシリーズ、レンギョウのご紹介です。韓国では春の花といえばレンギョウが代表格ですね。日本ではモリモリ咲いているレンギョウを見ることが少ないからか春といえばやはり桜ですが、韓国の春に群生した満開のレンギョウを見るとそれはそれは見事です。これはそんなイメージで教材に描いた作品です。

「ハングルのペン・筆ペン通信講座」は、私が同封する絵に触発されて字の練習だけではなく、水墨の技法でお洒落に用紙も演出してみたいと思う方がいたらいいな・・・と思って開設した講座でした。通信なので遠隔では困難があるものの、受講費内で国立の教室でスクーリングができることにしていたので気長にお待ちしていたのですが、なかなか絵まで皆さま手が回らないみたいでした。字の練習だけでも時間と体力が要りますしね、それはそうですよね〜。

でも近くだから何かが可能だとか遠くだから不可能だとか、そういうことはあるようで実はないのです。全てが個人差なのであって、何をしたいかどこまでしたいか、どんな環境であれ可能にする気持ちと行動があるかないかだけだと思っています。優劣でもないし競争でもないし私が評価をつけることでもありません。それぞれが自分に合ったものをすることと、それが共有できるなら共にすること、それだけですね。だから私も私に合ったものをしていきます^^


d0090959_07451951.jpeg
d0090959_07452845.jpeg

とにかく春ですし^^ 新しい気持ちで清々しく過ごすことと自分がしたいことをしよう!と思って選んだ言葉です。いつもフレッシュな心でいきましょう〜。



d0090959_09001403.jpeg

これら一連の作品を飾ってくれているハルハナカフェ&ホテル。建設して初めは看板にゲストハウスと書いていたのですが、公式にもホテルとして登録されている宿泊施設なのでそれに合わせて看板表記を修正しました。

たった五文字の修正なのに何回も行っちゃって。そのたびに美味しいランチを食べてくるという確信犯的な動きをしました。先月はカレーライスランチの提供でしたが、今月からルーロンビビンバランチが始まりました。それが美味しい。超わたし好み。カフェがもっと住まいの近くだったら良かったと思う反面、そうでなくて良かったとも思う複雑な関係です。笑 パクチーとか香辛料とかピリ辛がお好きな方なら絶対にハマると思います。是非お出かけしてみてください。

4月25日(木)、5月4日(土)に開催予定の「福をよぶポクチュモニ」を描く会はまだ少し席があります。問合せや申込みは、ハルハナカフェ 090−1058−3662 または、渡邊美奈子 2insaneko@gmail.com まで。春ですし(しつこい?)新年度からまたいい一年にしていく気持ちで描きましょう〜。





by narinya | 2019-04-15 11:38 | 画 painting | Comments(0)

薔薇

桜の作品に続いてハルハナカフェに飾ってある薔薇の作品。5点飾ってありますがフレームは統一しました。背景の絵と手前の文字との間に空間を持たせることができるタイプの額です。

この薔薇の絵も「ハングルのペン・筆ペン通信講座」で教材として描いたもので、受講生の皆さまにはいい紙でカラー複製してお清書用紙として配布しました。このフレームに入っているのはその原画です。※この通信講座は現在は新規受付していません

色々と構成の選択肢がありましたが、縦長に空間が空いている絵なので思い切って縦長の紙を使って短冊風に(^^) そこにスッキリ一行でハングルを書きました。

韓国で最近やたらと流行っている「カリグラフィー(デザイン文字の総称と考えていいかと…)」の出現で、この作品に書いてあるような字も私が感覚的にサラサラと書いた手書きデザイン文字だと思っている方が多いみたいです。

確かにカッチリとした字ではないので型がある「書体」には見えにくいかもしれませんね。でもこれも書体として確立されているものがベースにあります。この薔薇の絵に書いた字などは、ほぼその書体に忠実に書いてあるんですよ^_^



d0090959_11375125.jpeg


「勉強しなきゃダメ」とか上から目線の話がしたいわけではなく(笑)、「カッコよく書きたいのに」「頑張ってそう書こうとしてるのに」「でも何かが変」「そしてどこをどうしたらいいのかわからない」「うーんやっぱりカッコ悪くなっちゃう」そんな悩みが字を書いていると(特に見栄えよく変化をつけて書こうとすればするほどね)起こるわけですが、それは型をきちんと体にインプットしていないから起こることだと思います。

正しく美しく確実にインプットしてあればカッコよく崩せて安定感も保てるもので、そして、そこにそこはかとなく流れる品位というかですね、そういうものも隠し味に振りかけられるわけですね、ふふふ。

韓国の「カリグラフィー」に皆さまが何を求めるかは私が決めることではないのですが、私としては書道から派生したやり方しかできないからこんな話をすることになっちゃう。そしてこれはハングルに限ったものでもなく。たとえば日本人が日本語を書く時にも急にかっこよくアウトプットしようとしても簡単にできるわけがありませんね。

アウトプットが初めの目的でいいと思います。でもそこを目的に少しずつでいいから型の理解と学習をしましょう。センスや感覚と言ってしまう前に知識と慣れにトライしてみるのがいいですよね。そうしていると他の人の書いたあんな文字こんな文字の舞台裏もちょっとわかるようになります。

字としてあまりにもひどい崩し方だとか、誤字になっているとか、雰囲気と勢いだけで書いちゃってるなとか、反対に、ぱっと見は軽く見えるけどすっごく充実した字!とか、単純に見えてなんと深みのある線なのかしらとかね。審美眼とまではいかなくても自分がすべきことをしていると手と同時に目も少しずつ肥えるものです。

相変わらず理想を語るの大好き美奈子。自分自身への喝入れ作業としてのブログ更新です。ははは(^^) 前向きに夢を持ってできるところまでやろう〜 がんばろ〜。改めてそう思えた昨日の晩ご飯のお時間、共にしてくださった方に感謝感謝♡ 気分良くお仕事して夢を追える生活リズムを一日でも早く作る〜。花粉とにかく早く終わって欲しい〜。ではまた次の作品紹介で〜(^^)/



by narinya | 2019-04-09 12:40 | 画 painting | Comments(0)

4月に入ってお世話になっているハルハナカフェさんで店内に新しい作品を展示してほしいとの要請を受けまして(^^) これまで通信講座の教材として描いた水墨画に新たに字を添えてフレームに入れてみました。

花粉症で外にあまり出たくないので桜がとっても綺麗な所に住んでいるのに家に閉じこもっています。お花見気分を妄想しながら一人で桜の絵を描いて過ごしていますが、それなりにいい感じの桜の楽しみ方だと思います(^^)


絵を習った描いた、字を習った書いた、額を買ってきた入れた……。それでは物足りないワタシ( ^ω^ ) あくまで使いたいから何かを習うのです。 特に他人に見せる場合、あるものをより魅力的に見せることが大事ですね。一生懸命やりました!だけでは見せられた人もふーんという程度です。笑

今回は二層にできるタイプのフレームにしたので少し立体感のある見た目に仕上がっています。この桜の作品の他にあと4点ほど飾ってあります。しばらくあると思うのでカフェにランチやお茶と合わせて作品鑑賞に来てください♡


d0090959_00152487.jpeg

こんな感じでちょっと水墨画とちょっと字を書いて作品作っていく講座に参加してくださるお仲間お待ちしてます。12月には韓国ソウル仁寺洞で開催される「水墨カリグラフィー韓日交流展」に出品して訪韓もしましょう〜。

クラスは国立(火曜日、月に2回)と、ハルハナカフェ(木曜日、月に2回)で開講したいと思っています。少人数制で月謝制です。

詳細はこちらから確認してください



d0090959_00123549.jpeg

先日、お名前はんこの納品をしまして、その時に添えた桜のコースターです。丸い画面てそれだけで絵になりますね。


d0090959_00122789.jpeg




by narinya | 2019-04-08 00:13 | 画 painting | Comments(1)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展に書道お師匠さまご夫妻が(^^)

12月に仁寺洞で行われた「2018水墨カリグラフィー韓日交流展」ですが、オープニングイベントがあった土曜日を無事に終え、翌日曜日には朝から書道のお師匠さまイミョンファン先生が奥様と一緒に会場に来てくださいました♡

お師匠さまとは関係ない活動で作品を出品したり、生徒を連れて行くことについてはよくお話ししてお許しをいただいていることです。とはいえ、弟子のこういう状況に合わせて応援してくださる姿勢には本当に感謝します。

本来ならお師匠さまの方でもっと大々的に活動をしてご恩返ししたいのですが、なかなか伝統の書道の枠内で恩返しといえるまでの後進の指導が形になっておらず実現していません(^^;; お師匠さま、ごめんなさい。長い目で見ていただけるとありがたいです。

d0090959_00031536.jpeg
お師匠さまの孫弟子にあたる皆さんと。向かって左端は奥さま(^^)



d0090959_00033475.jpeg
お師匠さま(右)とチェ先生(左)。



d0090959_00041559.jpeg
行ってみたかったお店で昼食会♡



d0090959_00050679.jpeg
記念撮影。



d0090959_00044447.jpeg
このブログでは珍しい食べ物の写真。


d0090959_00051921.jpeg
奥様からのプレゼントをもらうチーム美奈子の面々(^^) お師匠さまとも何度も会っている皆さまなので再会して楽しい時間を過ごしました。



d0090959_00091923.jpeg
お食事の後にはお茶をいただきに伝統茶のお店に行きました。ここで生徒さん達はそれぞれ帰国の途に着くのにサヨナラして。

そのあとはお師匠さまと奥さまと私の3人で書道関係のギャラリーをたくさん巡って、またお茶して…。ご夫妻にお世話になってから10年以上が経ちました〜。これからもお師匠さまを一番に考えて、何でも相談してしていけたらと思います。

私は派手なことをしないお師匠さまが好きです。そして優しいけれどとても厳しい。私の先生という立場の人に対する期待度はすご〜く高いのですが、10年以上、がっかりしたことはありません。

先生のような品のある字は私は死ぬまで書けないと思うし、まずその正確さがすごい。なのに共に高みを目指してくれる謙虚で優しいところと、余計なことは絶対に言わないし見せないところも尊敬します。私のことは「仕方ないな」という感じで可愛いがってくださっているのだろうと思います(*´꒳`*) ふふふ。



d0090959_09112943.jpeg
仁寺洞散策をしながら、写真撮るの大好きな先生の餌食(笑)になりたくさんポーズとらされるワタシ。私も帰国直前でその間の疲れが見えますが構わず撮られる…笑

秋のホンソンで行われた韓中日国際書画交流展の時は、先生がお忙しくてゆっくりお話ができなかったので、12月にたくさんお話できてよかった(^^) 書道とカリグラフィーの関係なども談義したり……。

カリグラフィーと書道は違うのか、では書道の創作とは何か、その辺りのことは書道の勉強が足りないとずっとわからないことなのですよね。

どこまでできるかわからないけれど、書道だカリグラフィーだデザインだと変にカテゴライズせずに、たくさん教えてくれた先生のためにも私が誰かに何かをお教えするときも決して遊びだけにならないように気をつけていきたいです〜 p(^_^)q



by narinya | 2019-02-15 00:13 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展 オープニングイベントの様子

前回の投稿に続いて2018水墨カリグラフィー韓日交流展の様子。会期中にあったオープニングイベントの模様を載せてみます。

d0090959_02220613.jpeg
チェ先生が指導する水墨カリグラフィーの今後は「(仮称)社団法人 韓国水墨カリグラフィー協会」としてさらに公的に活動を目指していて、昨年のオープニングイベントはその創立総会としての意味もありました。

チーム美奈子は賛助的な立場から今後もしばらく関わっていく予定です。書画が好きで異文化交流や国際交流が好きな方はぜひチーム美奈子のメンバーとして一緒にしていきましょう^ ^

参加に際しては、普段から私の生徒なり弟子なりそういった形で勉強をしてくださる方であれば実力問わずお誘いできます。信頼関係が築けてはじめてお誘いできることだと理解してください。よろしくです。



d0090959_02461857.jpeg
チェ先生との縁は私が偶然ネットで先生の作品を目にして連絡したことが始まりです。中には私のハングル書道のお師匠様と混同している方々もいるようなのですが、お師匠さまとの流れとは全く別でいわゆる作家仲間という関係です^ ^




d0090959_02520950.jpeg
チェ先生は水墨カリグラフィーの普及のための指導活動と、このようやパフォーマンスなどを多くされています。こういう大勢が集まるオープニングイベントをするにはパフォーマンスは欠かせませんね、やはり。

私は自分の活動で人前でのパフォーマンスや揮毫は極力少なくしたい派……。揮毫は書道の学習時間に手本を書いて見せて差し上げることはしますが、自己表現は出来るだけ作品を作ってそれを通して伝わることがあることを目標にしています。




d0090959_02523236.jpeg
このイベントには特別ゲストがお祝いに駆けつけてくださいました。チェ先生の揮毫作品の前で力強いメッセージを送ってくださった詩人のヨン へウォン氏です。



d0090959_02231523.jpeg
ちゃっかり記念撮影もしていただきました。今回、出品した作品のうち一つはこのヨン へウォン詩人の作品を題材に書いたものです。



d0090959_11534089.jpeg

기대

그리워하다가
꼭 감았던 눈을 떴을 때
그대 내 앞에 서 있다면
얼마나 좋을까




続いてオープニング式ではチーム美奈子の訪韓者たちを紹介する場面がありました。大切に扱っていただき感謝します。

d0090959_02522542.jpeg

d0090959_02533112.jpeg

一人一人マイクを持ち自己紹介と感想などを大勢のお客様にお伝えしました。韓国語を勉強してできる方は韓国語と日本語を混ぜたり^ ^ 補助は日本語を専門に学んだ韓国のドンファ先生が通訳してくださいました。

言葉は自分に合った場面で使うことでしか身につきません。机に向かう勉強を正しくして初級が終わったらどんどん使っていかないと。ていうか使っていくつもりで初級をやるべきなのでしょうね。

そして不足を感じるたびに机に戻ってそこをクリアにしていく、また実践する、そうして失敗しながら体験しながらを繰り返しをしていたら外国語を使って何かをすることができるようになるはず…^ ^




d0090959_02233214.jpeg
主宰のチェ先生からチーム美奈子で2名の優秀賞を授与してくださいました。普段からの頑張りに敬意を表して私が推薦したお二人です。いい思い出になりましたね^ ^




d0090959_02553650.jpeg
演奏をする方々も来てくださいました!




d0090959_02444882.jpeg
出品作家たちによる合同パフォーマンスは昨年と同じように寄せ書き的な〜。大きな画仙紙!




d0090959_02281917.jpeg
d0090959_02283468.jpeg
最後はお茶とお菓子をお配りしてオープニングイベントは終了です。



d0090959_02254344.jpeg
韓国側の先生方。チェ先生のスタイルでは若い方々が集まりやすいみたいですね。水墨画と言っても現代的な爽やかな画風で、添える文字も漢字ではないから書道というよりもやはり流行りの「カリグラフィー」になるし。

水墨画に画賛を添えて作品にする事は何百年も前からずっとして来たことで珍しくも新しくもありません。でも正統的なそれは下火なのに水墨カリグラフィーになると流行るナゾ。。。これはどういうことなのかチェ先生を見て私なりに分析しているところです。ふふふ。




d0090959_02400077.jpeg
韓国のボナ先生。私が日本で仲良くしているお姉さんと韓国でお友達だったことが後々わかり^_^ 世界はやはり狭いね〜となりました。




d0090959_02271460.jpeg

d0090959_02275507.jpeg
そしてソウルでプリザーブドフラワーのお仕事をしているお友達がこの作品をプレゼントしてくれました!私が今回、書いた作品に合わせて作ってくれました。カラフルで蝶々が飛んで^_^ 相手のことを想って何かができる人、尊敬します。ありがとうございました!




d0090959_02222375.jpeg
韓国側で作った横断幕をお借りしてチーム美奈子だけで記念撮影しました^_^ 出品だけでも素晴らしいことですが、訪韓までできるとさらに楽しいですし総合的に参加の意義が感じられてベストです。



d0090959_23214495.jpeg

展示会場でのオープニングイベントを終えたら懇親会としてのお食事会。美味しいお料理とお酒をいただきました〜。

自分の生き方と理想に悶々とした時代か長すぎて、後にこういう時間が来ると知っていたら若い時にあんなに悩んで戦って苦しくなかったのにな…。そんな気持ちになるいい時間でした。

心から感謝して今後は自分がいるべき場所をもっときちんと確保して、さらにいい活動ができるようにしたいです。そしてちゃんと理解して望んでくれる方々に何かを還元できたらいいな。今年はもっと整理して頑張る〜 ٩( ᐛ )و



by narinya | 2019-02-14 10:09 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展 会場の様子

年末年始や依頼されたことなどをこなしているうちに時間ばかりがピュ〜っと過ぎてしまいます。

忙しいのは誰しもがそうだと思いますが、何かを頑張ってキャパシティが大きくなるわけでもないし、今あるものは私に必要なものなのでそこを無くして容量を増やすこともできません。悩ましい。

という感じで随分と報告が遅れましたが、12月に仁寺洞のギャラリーで開催された「2018水墨カリグラフィー韓日交流展」の様子をお伝えします^ ^



d0090959_16541449.jpeg

会場となったギャラリーは仁寺洞サゴリの角、美術世界ギャラリーです。



d0090959_16553629.jpeg
主宰のチェ先生の作品たち^ ^ 空間と墨、顔彩の滲みがとても綺麗です。




d0090959_16580756.jpeg
この2点は私の作品です。作品の詳細はすでにそれぞれ別に記事にしてあります。表装をまた整えて今年9月の小淵沢での個展にも出すかもしれません。よかったらそちらに実物を観に来てください。




d0090959_16560933.jpeg
会期初日。チェ先生とギャラリースタッフのキムさん。




d0090959_16582206.jpeg
ここからはチーム美奈子の作品をお見せします。
右から京都のHさん、新潟のHさん、宮崎のIさん。



d0090959_16584469.jpeg
神奈川のTさん、東京のSさんとMさん。



d0090959_16591189.jpeg
長崎のMさん、東京のKさん、Gさん、Kさん、Aさん。

d0090959_16592791.jpeg
こちらは愛知のKさん。


個性あふれる作品が並びました。チーム美奈子といっても私のスタイルを伝授して広めたい訳ではないので個々に主体性を持って制作してもらった結果、なんとも楽しいフリーダム盛り盛りの作品群になりました。

私のやり方が右に倣えではない分、正直いうとすごく大変なのですが。笑 ただこういう事を通して得られる信頼関係は強固ですし、それが意味を持たない場合には意識確認の明確なバロメータにもなるので、過程は大変ですがやる価値のあることだと思っています。




d0090959_19353654.jpeg
いつもよくしてくださる主宰のチェ先生と私の作品の前で記念撮影。



d0090959_17065195.jpeg
この軸は韓国で表装しました。とてもリーズナブルです。今後、軸装がたくさんある時には仁寺洞に発注するのも有りだと思いました。送料などを考えても多分お得。そして結構お洒落な仕上がり。


**********


書道お師匠さまの要請で秋に参加させてもらった韓中日国際書画交流展を終えて、そこからラストスパートで準備した12月の水墨カリグラフィー韓日交流展でした。それで本当に去年は自分が消えていなくなっちゃうような忙しさでした(思い返すと一昨年はもっと辛かった記憶が…笑)。

そんな多忙なときにどう自分を保つか?すべきことは何か?それはやはり自分に必要なさそうなものをいかに早く見極め遠ざけるか。そういうものが近づいて来ないよう普段の言動をいかに気をつけるか、活動の水準をいかに上げていくか。そこだな!と学んだここ数年です〜。

そうはいっても誰かが正解を教えてくれることでもないので情にほだされて頻繁に失敗してしまいます。でも間違わずに行動できた時に返ってくる物事のなんと美しいこと♡

今後はそこを共通の認識とする関係や環境で日々を固める努力をしよう。そのためにもブレずに進む信念と作品に向かう技術と気持ちが大事。やっぱり忙しくてはいけないのです。今年は好循環になるシステムづくりが目標 p(^_^)q

皆さまも2019年、さらなるいい年になりますように!




by narinya | 2019-02-06 10:57 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展 作品2


2018水墨カリグラフィー韓日交流展に出したもう1点。


型は習って出来るようになると基礎体力がつくのでいいのですが、では、習ったそのままを書いてそれが創作かといえばそれはちょっと違うかな〜。


だから四君子を型でキチンと習ったとしても、作品制作(創作)する時にはデザイン的に再構成して使うのです。勉強はそのためにするのであって、決して勉強が目的ではないからですね〜。



d0090959_10231548.jpeg
d0090959_23590486.jpeg


この作品は約70×138を軸にしたので全体としては結構な大きさです。タイトルは「Calligraphy Garden 」。可愛らしさを円と色と文様などで表現しました^ ^


この作品も販売可能です。

お問い合わせなどはメールで渡邊宛にください。

2insaneko@gmail.com



by narinya | 2018-12-20 10:48 | 2018 作品展示 | Comments(0)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展 作品1

2018水墨カリグラフィー韓日交流展に出した作品です。「恋しくて」というタイトルをつけました。韓国語をメインにした作品で、日本語は韓国の詩の訳を絵に溶け込むよう配しました。


ヨンヘウォン詩人の「期待」という詩を選んで書きましたが、今回の展示会には詩人ご本人も来てくださり、直接ご挨拶を差し上げることができました。



d0090959_18193048.jpeg


この作品は、戻って来たらまた額装を新しくして来年夏に予定している個展に出すかもしれません。個展は2019年8月30日〜9月16日。小淵沢のギャルリーアビアントにて。

この先の人生のために自分に挑戦していかないとね。よく人との差別化を言うけれど、人がしないことをしようと考えるよりも「自分にしかできないことをしよう」と考える方がいいと思っています。

人と違うことをするだけでは自分の世界は深まらないからです。それは結局のところ実力もつかないということなのです。そこに気づけば自分がいるべき場所、自分がすべきこと、自分がしたいことがはっきりしますよね。


そこに対するとりあえずの挑戦はあと3年続く予定。計画通りに進めたいと思います^ ^ 今回のソウル仁寺洞での展示会はいい景気づけになりました。

共に過ごした生徒さんたち、友人たちにも心から感謝しています。展示会リポは地味に続きます〜。しばらくお付き合いください♡



※ 作品は販売可能

(手ぬぐい額にぴったり入る大きさ)

問い合わせはメールでお願いします。

2insaneko@gmail.com

渡邊美奈子



by narinya | 2018-12-19 18:25 | 2018 作品展示 | Comments(0)

2018水墨カリグラフィー韓日交流展がネットニュースに^ ^

「2018水墨カリグラフィー韓日交流展」に参加してます。会期の初日に合わせてソウル入りしました。

15日土曜日は2時からオープニングイベントがあります。日本の出品者たちもそこに合わせて訪韓します。皆さま〜ギャラリーで会いましょう〜。

さて、初日にはこんな記事が配信されました。よかったら読んでください♡


d0090959_18273794.jpeg

記事の続きはサイトに飛んでご確認ください^ ^


by narinya | 2018-12-14 18:33 | 書道 calligraphy | Comments(0)


最新のコメント
こんにちは! 浮かし額..
by Housui at 14:26
ゲーム…やりますよ^^ ..
by nikka at 12:18
★nikkaさま お久..
by narinya at 15:40
ご無沙汰しています! ..
by nikka at 12:28
★Housuiさま そ..
by narinya at 00:47
なかなか無いご縁ですよね..
by Housui at 20:51
管理人からおねがい
フォロー中のブログ