ナリナリの好きな仁寺洞

カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:料紙 ( 112 ) タグの人気記事

宮崎で消しはんワークショップ〜準備編〜

10月13日(日)は宮崎で消しゴムはんこのワークショップをしていました。台風で大変なとき、皆さま心配して連絡など下さってありがとうございました。そしていろいろな所で被害が出ていることを見るとブログに載せてる場合でもないかな…と感じまして、暫くご報告にお時間をいただきました。

さて、このワークショップについてですが、宮崎の石原書道教室の企画で呼んでいただき実現したものでした。石原書道教室の開設25周年という節目の年に記念イベントとして(^^)

これまで消しゴムはんこは、何かの作業途中で装飾することを目的に利用することはあっても、消しゴムはんこ自体を彫ることを指導することはありませんでした。石で彫る篆刻と差別化する事も大切なので、すると必然、私はゴムより石を選ぶことになるからですね。

とは言ってもめでたい25周年!お祝いですから私にできることなら何でもさせていただきます!本当にすごいことです。石原先生のお人柄ももちろんですが、書道に対する情熱と理想があってこその偉業だと思います。これからも30周年、40周年、50周年と頑張ってください!

d0090959_15152843.jpeg

消しゴムを職人のように切る切る切る!



d0090959_15174613.jpeg

セットにして袋詰め。こういう作業が大好き(^^)



d0090959_15172977.jpeg

ちょっと小物でも、ハンコだけでは味気ないし、文字だけでもさびしい。両方あって素敵なのだということをお伝えするオマケも入れて…。




d0090959_15160681.jpeg
d0090959_15161956.jpeg

参加者の皆様には時間内に一つしか彫る時間がないので、押して楽しむ時間には私のハンコも参戦。押し方にも色んなパターンがあることをお見せしました。筆文字にも共通することですが、デザイン感覚は何をするにしても養われていていいことだと思います。世の中でデザインされていないものを探すことの方が大変なくらい、我々はデザインに囲まれて暮らしています。

デザイン感覚をバランス感覚と捉えてもいいかもしれません。大人になってそれらを教えてくれる場所ってなかなかないのですよね〜。日常生活を送るにも必要な感覚だと思うし、ストレスを回避したりするバランスにも繋がることではないかな…なんて、漠然とですが思うことが多いです。



d0090959_15165964.jpeg
参加者の皆さまは「この台風の中、美奈子センセは宮崎に来れるのかしら?」とご心配をいただきました。が、事前に九州入りしておりまして、ワークショップ前日にはすでに都城に移動済み。

その土地その土地の列車に乗るのも楽しみの一つです。乗り物好きなんですよね、乗り物酔いするけど。笑



d0090959_15171821.jpeg

都城で石原先生に迎えていただいて、お洒落なカフェにて美味しい手打ちパスタをご馳走になりました。

カフェの隣にはギャラリーが併設されていて日本画の展示会が開催されていました。ギャラリーオーナーは版画家とお聞きして、こうして書や美術の界隈にいられる幸せを改めて感じた昼下がりでした。

ワークショップの様子はまた次の投稿に分けて載せます。では〜(^^)/


by narinya | 2019-10-22 15:20 | 消しゴム eraser | Comments(0)

小淵沢個展 然

d0090959_09362959.jpeg

A5パネル仕立て
20000円


然るべき… ということは自然だということですよね(^^)

「然」の字を草書まで崩して、その中でも画数が本当に少ないこのタイプは、ややもすると「龍」の字かな?という微妙なところなのですが〜。字典で雰囲気のあるいい形を調べチャレンジしました。




by narinya | 2019-10-06 09:37 | 2019 作品展示 | Comments(0)

小淵沢個展 帰

d0090959_15052406.jpeg


A5パネル仕立て
20000円



「無」「聲」「帰」と続く漢字4つシリーズ。あと一つは「然」なのですが、それは次の投稿でご紹介します。

「帰」という文字は書道をしていて漢詩などを書くとよく出てくる字で、自然と多くかくことになります。形(字面と言ったりもします)もカッコいい文字でもあるので、こうして一文字だけで作品になる事もあります。

最近の心境としては、知らず知らずに増えてしまった色んな物事をスッキリさせて初めに帰ってまた頑張ってやりたいなぁとよく思います。そういう節目として個展が位置していたこともあります。

よくよく考えてみると本当に大切なものは大して多くないというね(^^) 自分に帰ってまた少しずつ、目標たてて、ふふ。

その為についつい一人ブラック企業のようになってしまいがちな生活習慣も改めているところです。今年いっぱいでそのリズムを身につけたい〜^ ^


by narinya | 2019-09-28 15:03 | 2019 作品展示 | Comments(0)

小淵沢個展 聲

d0090959_10172968.jpeg

A5パネル仕立て
20000円




どこまでが本紙(字や絵を書く部分)か、どこからが表装(本紙をおさめる枠。軸の裂や額のフレーム部分)か、そこの境界がなくなるように構成しました。またこれを額に入れると、より手が込んだ体裁になります。もしこの作品を再度展示する際には、ここからどんどんバージョンアップさせます!

書道や水墨画において完成した作品に後日、加筆することはまず無いと思います。が、絵画の世界ではあり得ますよね!私はいくつかテーマがあって勉強と創作活動をしているのですが、そのテーマの一つに「時間をかけて書く書画」があります。

大学の卒業制作から変わらないテーマですが、なかなかコレ!という境地に辿り着きません。間に色々と勉強しちゃってるからなんですけどね、語学とか。笑

本紙と表装の境が気になると同時に、その表具と空間の境もまた気になるので、どんどん広がっていきます。それで額まで作れるというテンペラ画を習うところまで来たのが今いるところ(≧∀≦)

中国工筆画を知った時以来の衝撃だった黄金背景テンペラ画。工筆画の酒井先生も、テンペラ画の森先生も本当に大切。自分の原点を思い出させてくれるし、フリーで活動する勇気も見せてくれます。

頑張っていつかテンペラ画の先生からプチ卒業ができるようにならないと。まだ進級もできてない私…。そんなテンペラ画の技法も果敢に活用して実験作を作りますよ!小淵沢の個展を経てやっとそこまで自分を持って来ることができました。万年発展途上。それが生きてる意味かなと思って楽しくやります。

来週はテンペラ画お教室で初の遠足♡ 楽しみすぎます。あ、今お教室で私はせっせと自分が使う瑪瑙棒を制作しています。瑪瑙棒で磨くはずの絵ができていないのはご愛嬌〜。ふふふ。

d0090959_16493690.jpeg

お道具から自分の手で作ることを教えてくれるお教室なんてなかなかないです。金箔を切るスエードの箔台制作、台から作品に金箔を運ぶ刷毛も手作り。それに続く道具の制作が瑪瑙棒でした。真鍮の筒をノコギリで切って、持ち手も角材を切ってカンナかけて…。

持ち手が木製ということから持ち手そのものをテンペラ画の作品にしたらいいかも!と思いつきまして。膠を塗り塗り、石膏を何度も何度も重ね塗りをして、最後にヤスリをかけてならしたところ。今後、調度品のような道具が出来上がる予定なのですがどうなるかな。


**********


次回の投稿では同じシリーズの「帰」作品をご紹介します。



by narinya | 2019-09-20 16:44 | 2019 作品展示 | Comments(0)

小淵沢個展 無

d0090959_10171989.jpeg

A5パネル仕立て
20000円



私の作品の大きなテーマとして何を書きたいかということとは別に、本紙と表具の境界がないものを作りたいということがあります。これは文字と絵や柄や文様が融合するように画面に配置していることとも少し共通します。

本紙とは、字や絵が書いてある作品部分のことで、それに対して作品を囲むものを表装部分と捉え、額装なら作品の周囲にあるマットや縁になりますし、軸装なら布の部分などを意味します。

平面作品には作品と空間の間に必ず境界が生じますが、その境界線に何の意味があるのだろうという疑問がずっとあります。創作や作品とはいったい何なのだろう?それを行う自分とはいったい何なのだろう?作品と空間の境界線にこそ答えがあるような気がして10代の頃からのテーマなのです。

テーマでもあり疑問でもあるこれは続ければ続けるほど謎が深まって、だからこの道を続けているのですよね〜。これからも実験と挑戦を繰り返しながら気長にやっていきます。その一環としての書道だし、絵だし、漢字だしハングル書道だし…。全てテーマを解決するための手がかり足がかりとしてしているわけで…。というと何言ってるのかわからないと言われますが、とにかく私の中では長年、色々と壮大なことになっているのです〜( ^ω^ )

この作品は私が今回の個展で書きたいと思った4文字でシリーズにしました。4文字で熟語ということではなくて一文字ずつ独立していますが、心境は表しています。


**********


次の投稿では「聲」の字をご紹介します。



by narinya | 2019-09-19 10:49 | 2019 作品展示 | Comments(0)

曼珠沙華を描きました

個展の準備はもうすでに完璧に終えていないとおかしい日程ですが、まだできることはしつこくしています。いつものことです。そういうところを少しずつ直していかないと…と思いますが、なかなか……。性分という習慣というか、まぁクセですね。

好きなお花は何歳になっても変わらず、その花が咲く季節が巡って来るたびに「いつか描きたいと思ってまた一年が過ぎたのか〜」と思うものですが、最近は機会があればそういうストックしてあるモチーフを描くようにしています。

2年前に曼珠沙華の群生を友人と一緒に見に行きました。それはそれは見事でまるで天国。その感動をそのまま表す技量にはまだ遠いのですが、今回の個展は自分自身のお試しの為に開催するので色々好きにやってみています。

描く様子を動画にしてみました。エキサイトブログも投稿に画像が綺麗に貼り込めるようになり(知らないうちに…笑)、便利なので時々YouTubeにあげた動画をこうしてリンクしています。





描いている途中のビフォーアフターもチラ見せ(^^)

d0090959_16564374.jpeg
d0090959_16565407.jpeg


最後に絵の中に字を書きます。頑張りまーす。
と思ったらクロアゲハが飛んできました〜(^^)


d0090959_20382584.jpeg

**********


個展会場は小淵沢のギャルリーアビアントです。

2019年8月30日(金)〜9月16日(月)

ギャラリーの開館は金、土、日、月

11:00〜17:00


d0090959_08000664.jpeg
d0090959_08050142.jpeg



by narinya | 2019-08-23 17:00 | 2019 作品展示 | Comments(0)

10月に宮崎へ行きます

2019年10月13日に宮崎でワークショップをする運びとなりました。私のお弟子さんが主宰する書道教室が11月に25周年を迎えるそうです。おめでとうございます!

節目の年を記念した行事の一環で「大人の消しゴムはんこで自分だけの素敵な一筆箋を作りましょう!」と題してワークショップを企画してくださいました。

下のように告知もこんなに綺麗にポスターを作ってしていただきありがたいことです。少し画像が見づらいですが石原書画・パステル教室のホームページに飛んで詳細や問合せ、申込み方法などご確認ください。



d0090959_13543945.jpeg



消しゴムはんこを彫る指導をするのは初めてです。実はこれまでもそのような依頼はとっても多かったのですが全て丁重にお断りしていました(あ、指導できないからではないですのでご心配なくです!彫り方をバッチリ伝授しますので安心していらしてね)。ですが!今回は大切なお弟子さんの記念行事ですから!何でもさせていただきます!お祝いにもならないけれど私にできることなら何でも^^

参加者の皆さまには、大人可愛いけれど比較的簡単な図案で使い勝手のいい消しゴムはんこを一つ制作していただきます。そのほか、私のさまざま消しゴムはんこもお貸ししつつオリジナルの一筆箋を作っていただくという流れです。

私もいくつか試作品として一筆箋におしてみてサンプルとして持参しよう。まずは今月末からの個展を無事に終えて・・・。下半期が毎年目まぐるしいですが、できることがあって求められることに感謝して頑張ります〜。



下の写真はこれまで私が作ったり使ったりした消しゴムはんこです。文様のハンコではこんな風に展開できますよという例として載せます。

d0090959_21575525.jpeg


by narinya | 2019-08-11 21:18 | ワークショップなどの募集 | Comments(0)

書中お見舞い書きました

なんだか今年は梅雨明けからあっという間に8月上旬…。書中お見舞い申し上げる間もなかった。ギリギリというか若干遅いけど書中お見舞い書きました〜。爽やかなブルーで風の字を背景に(^^)


d0090959_22173853.jpeg


興に乗って風以外にもいくつか書いて今日のレッスンで生徒さん達にお渡ししました〜。読めるけどあえて読もうとも感じない文字が装飾にはいいのです。


d0090959_22222618.jpeg

5回連続の気軽な内容ながらも少し学習の香りもするこの講座(^^) 第1火曜日の午前中に開講してメンバーもいい方々で固定されて…。とりとめのない講座にも関わらず信頼して継続してくださる皆さまに感謝です。

今日は韓詩を漢字とハングルで書きました。量的に少なくはない課題でしたが、初見でビシッと書き上げる皆さま。月替りでレッスン内容が変わるから散漫になって力まではつかないかもしれないと思ってスタートしたのに腕がじんわりと上がっているのを最近よく感じます。
d0090959_08480156.jpeg
d0090959_22384322.jpeg



やはり継続してそこに触れていること、知識が増えること、手を動かすこと、ストレスなく取り組むこと…。そうすれば物事は続くし、続けばジンワリでも上手くなる^ ^ 私のところは段や級を得るなどのご褒美はないし、人との競争という刺激もないし、無理に頑張ろうとすると注意されるし(笑)。指導といってもそんな調子なのですが、それで大丈夫なんだと感じさせてくれる皆さまなので私もチカラが湧きます。

秋にはまた新規開講できたらと思っています。少人数制なのですが、もし興味がある方がいたら問い合わせてください。お休みしても振替でレッスンできます。そして秋に開講したら野外授業も計画中(^^) 楽しみだな〜。




by narinya | 2019-08-06 22:43 | レッスン風景いろいろ | Comments(2)

紙漉き

昨年の夏にもう限界だわ(^^;; 自分のことを優先して日々生活すべし!と決めてから食事、睡眠、お仕事、制作、自由時間の配分を改善しているのですが、なかなか思ったように定着しないです。長年の習慣て手強い…。

前はブログだけダラダラと管理していたのに今はSNSも増えて、東京に戻って数年経つことで知り合いも増えて、それに伴って人々と連絡をとることも増え、するとそこから派生する用事も増え……。落ち着いて観察してみると散漫になっている部分も少なくありません。

散らかってしまった机の上を整理するのと同じで、生活や人間関係もその都度、整理整頓していくことが大事。というか、そもそも長い時間ずっと一人で過ごすことが大好きな私なのに、ここ数年はその時間がなくなっていることが一番のストレス…。その時間が確保できなければ、たとえSNS上でどう「ご活躍」に見えようとも、そこに私自身は居ないのです。そんな人間が観る人を魅了する作品を制作するなど到底あり得ないことなのですよね…。

あまり自己管理が得意ではないのですぐにバランスを崩してしまうのですが、なんでもこうして正直にお話して(^^) もう周りに理解してもらって許してもらうのがいいなと。そのかわり美しいもの頑張って作ります!それを提供していくことで色んなこと、色んな人と繋がれるとありがたいと思ってます♡


*********


さて、そんなこんなで1年前(2018年1月)のことなのですが、その頃は疲れてブログ更新ができなかった紙漉き体験について載せてみます。今後も情報を遡って更新することが多くあると思いますがゆる〜く見てください(^^)

紙漉き体験は立川駅南口から5分ほどの「紙匠 雅」さんで開催されました。講師は田村先生。紙に関する資料などもたくさん見せて一日かけて教えてくださるのですが、とても優しく接していただきました。ただ、1月だったので朝から夕方まで外で冷たい水を触って体が芯から冷えました。


d0090959_03134169.jpeg
出来上がった和紙たち。上手くできたのもあれば、愛嬌のあるものも^ ^



d0090959_03143665.jpeg
楮を紙にするまでいくつも工程がありますが、その時々の姿をわかりやすく並べて説明してくださいました。



d0090959_03255147.jpeg
ふやかした楮の皮をどれだけ綺麗に取り除くことができるかで和紙の出来が変わります。体験として一部この作業をさせていただいて実際に漉くときには先生の方で既に綺麗に処理してあるものを使いました。



d0090959_03194527.jpeg
繊維がこんな風になっているとは〜。




d0090959_03201488.jpeg
それをとにかく叩く叩く叩く!このときに歌う歌があるそうで土地によって異なるとか。紙匠 雅の店頭で紙漉きしているだけでも道行く人の目を引くのに、田村先生が大きな声で歌を歌いながら木の棒で楮を叩く図(^^)



d0090959_03203837.jpeg
叩いた繊維を水の中に入れて櫛のような部分で混ぜ混ぜ。



d0090959_03210959.jpeg
そのあと上澄みを何度かすくって漉き漉き。



d0090959_03213229.jpeg
漉いたそばから重ねていきます。全て漉き終わったら圧をかけて水を切るのですが、その時に紙同士がくっついてしまわないのが少し不思議。後でちゃんと一枚一枚きれいに剥がれます。



d0090959_03214768.jpeg
剥がしたものを板にピッタリと貼り付けてよく乾燥させます。裏打ちの作業に似ていたので難しくありませんでした。この後は乾燥させるのに数日ほど必要なので雅さんに預けて体験講座は終了。後日、乾燥したものを取りに行った完成品が1枚目の写真のものです。

何か作品に使おうと思うけれど、まだ出番がなくて保管してあります。お披露目できる日が来るといいな。貴重な体験をさせてもらい、本格的な作業工程も惜しみなく見せてくださり本当にありがとうございました。


by narinya | 2019-02-26 11:05 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

クラウドファンディングの色紙作品リターン

千歳烏山にオープンしたカフェ&ホテルの看板壁画を制作するにあたってクラウドファンディングという形で皆様からご支援をいただきました。

クラウドファンディングには従来までの寄付やカンパという概念に加え、支援者自身も企画段階から関与して達成を見届けるという参加型イベントとしての側面がありますね。そういった参加型支援に対するものとして企画側から「お返し」を受け取れる場合があります。それは「リターン」といって、飲食店なら食事提供、教室ならレッスン、物販なら雑貨、公演ならチケットなどが支援のお礼として還元されるのです。

今回、千歳烏山のカフェでは看板壁画の制作費に当てるためにクラウドファンディングを進めていました。飲食店オープンのための支援なのに絵を描くことに対して支援をお願い…、大丈夫かな?と思いましたが蓋を開けてみたら「どんな看板が完成するのか見てみたい」というお声も多く、そんな皆さまのおかげで無事に目標金額を達成、制作、設置まですることが出来たのでした。


d0090959_20505209.jpeg


ハルハナカフェからのリターンは、お礼のお手紙、ロースイーツのレッスン、ロースイーツキット、お菓子、トートバッグ、色紙作品(渡邊による)などで、どのリターンを選んで支援するかは応援してくださる方々が選ぶことができました。

私は関係者ではありましたが、カフェオープンを応援する一人でもあります。ロースイーツレッスンとトートバッグを選んだので、少ししたらそのリターンをいただけると思うと楽しみ^ - ^

リターンの中から色紙作品リターンを選んでくださった方々も数名いらっしゃいました。とある会社からと音楽活動をするユニットからのご支援で、色紙作品を3点ほど制作しました。写真はそのうちの一枚です。カフェの方で立派な額に入れていただいて無事に旅立ったそうです(^^)


by narinya | 2019-02-21 09:54 | 書道 calligraphy | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ