ナリナリの好きな仁寺洞

カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:漢字書 ( 100 ) タグの人気記事

リーフ


またまたハルハナさんにかけてある立体フレーム作品のご紹介。水墨画の画材や道具や技法を使ってイラスト風に^ ^ 字と組み合わせることを前提にするとちょっと添える程度の絵か柄や模様程度の装飾的な役割として水墨画を描くことになりますね。そうでなければガッツリと水墨画!を描いて字は画讃として余白に書くことになります。

少しでもインテリア重視の見栄えを…と思うと、あまりゴリゴリな水墨画を描いても重くなるばかりですから、ちょっと余白に動きが出て字の演出になるくらいがいいのかなと思ってこういう提案をしながら通信講座を展開していました^ ^


d0090959_13065070.jpeg

去年の暑い夏に作った教材でテーマはとにかく涼しげに…。縦横に上下に自由に使って課題で練習した字を書き入れてもらう式でした。字を書くことがメインのデザインにしたのでノビノビと書ける回でした。私もハルハナさんに飾るのに真ん中に大きく文字を配置して字も大きめに。

どの向きでもサマになるように字の配置を考えるのも楽しいですよね。

d0090959_13251992.jpeg

絵が描けない〜と皆さんおっしゃるけれど、絵にどんなイメージを持っているのかな?デッサンができないとか、色の組み合わせがわからないとか、画材の使い方がわからないとか…?

色んな表現の絵があるし正解はないし、あまり難しく考えて怖がらなくてもいいと思います。技術の向上はたくさんしないといけないけれど、そこが目的ではない方が大多数(というか私の周りには楽しくやりたいという方が多いから)ですもの。開眼したらしっかりやればいいのであって、その前からある苦手意識をまずなくしていきましょう〜。



by narinya | 2019-04-17 13:17 | 画 painting | Comments(0)

レンギョウ

立体フレームシリーズ、レンギョウのご紹介です。韓国では春の花といえばレンギョウが代表格ですね。日本ではモリモリ咲いているレンギョウを見ることが少ないからか春といえばやはり桜ですが、韓国の春に群生した満開のレンギョウを見るとそれはそれは見事です。これはそんなイメージで教材に描いた作品です。

「ハングルのペン・筆ペン通信講座」は、私が同封する絵に触発されて字の練習だけではなく、水墨の技法でお洒落に用紙も演出してみたいと思う方がいたらいいな・・・と思って開設した講座でした。通信なので遠隔では困難があるものの、受講費内で国立の教室でスクーリングができることにしていたので気長にお待ちしていたのですが、なかなか絵まで皆さま手が回らないみたいでした。字の練習だけでも時間と体力が要りますしね、それはそうですよね〜。

でも近くだから何かが可能だとか遠くだから不可能だとか、そういうことはあるようで実はないのです。全てが個人差なのであって、何をしたいかどこまでしたいか、どんな環境であれ可能にする気持ちと行動があるかないかだけだと思っています。優劣でもないし競争でもないし私が評価をつけることでもありません。それぞれが自分に合ったものをすることと、それが共有できるなら共にすること、それだけですね。だから私も私に合ったものをしていきます^^


d0090959_07451951.jpeg
d0090959_07452845.jpeg

とにかく春ですし^^ 新しい気持ちで清々しく過ごすことと自分がしたいことをしよう!と思って選んだ言葉です。いつもフレッシュな心でいきましょう〜。



d0090959_09001403.jpeg

これら一連の作品を飾ってくれているハルハナカフェ&ホテル。建設して初めは看板にゲストハウスと書いていたのですが、公式にもホテルとして登録されている宿泊施設なのでそれに合わせて看板表記を修正しました。

たった五文字の修正なのに何回も行っちゃって。そのたびに美味しいランチを食べてくるという確信犯的な動きをしました。先月はカレーライスランチの提供でしたが、今月からルーロンビビンバランチが始まりました。それが美味しい。超わたし好み。カフェがもっと住まいの近くだったら良かったと思う反面、そうでなくて良かったとも思う複雑な関係です。笑 パクチーとか香辛料とかピリ辛がお好きな方なら絶対にハマると思います。是非お出かけしてみてください。

4月25日(木)、5月4日(土)に開催予定の「福をよぶポクチュモニ」を描く会はまだ少し席があります。問合せや申込みは、ハルハナカフェ 090−1058−3662 または、渡邊美奈子 2insaneko@gmail.com まで。春ですし(しつこい?)新年度からまたいい一年にしていく気持ちで描きましょう〜。





by narinya | 2019-04-15 11:38 | 画 painting | Comments(0)

4月に入ってお世話になっているハルハナカフェさんで店内に新しい作品を展示してほしいとの要請を受けまして(^^) これまで通信講座の教材として描いた水墨画に新たに字を添えてフレームに入れてみました。

花粉症で外にあまり出たくないので桜がとっても綺麗な所に住んでいるのに家に閉じこもっています。お花見気分を妄想しながら一人で桜の絵を描いて過ごしていますが、それなりにいい感じの桜の楽しみ方だと思います(^^)


絵を習った描いた、字を習った書いた、額を買ってきた入れた……。それでは物足りないワタシ( ^ω^ ) あくまで使いたいから何かを習うのです。 特に他人に見せる場合、あるものをより魅力的に見せることが大事ですね。一生懸命やりました!だけでは見せられた人もふーんという程度です。笑

今回は二層にできるタイプのフレームにしたので少し立体感のある見た目に仕上がっています。この桜の作品の他にあと4点ほど飾ってあります。しばらくあると思うのでカフェにランチやお茶と合わせて作品鑑賞に来てください♡


d0090959_00152487.jpeg

こんな感じでちょっと水墨画とちょっと字を書いて作品作っていく講座に参加してくださるお仲間お待ちしてます。12月には韓国ソウル仁寺洞で開催される「水墨カリグラフィー韓日交流展」に出品して訪韓もしましょう〜。

クラスは国立(火曜日、月に2回)と、ハルハナカフェ(木曜日、月に2回)で開講したいと思っています。少人数制で月謝制です。

詳細はこちらから確認してください



d0090959_00123549.jpeg

先日、お名前はんこの納品をしまして、その時に添えた桜のコースターです。丸い画面てそれだけで絵になりますね。


d0090959_00122789.jpeg




by narinya | 2019-04-08 00:13 | 画 painting | Comments(2)

サムルノリ公演に行きました

少し前にブログにも載せましたが、友人の香村さんが主催するサークル(調布サムルノリ)の公演に行って来ました。数年前に知り合って以来、いつも応援してくださることと同時に私もいつも応援する気持ちでした。そんな彼女が舞台での公演を企画、進めていることを知ってますます応援していたのでした。

香村さんはもちろんのこと、出演者の皆様が素晴らしかったです!楽器の演奏にパンソリに司会も心がこもっていて、舞台全体から暖かなものが流れてくるようでした♡

そして私の拙い文字がこのようにチラシやパンフレット、ポスターに素敵にデザインされ、会場でパンフレットを頂いた時にはドキドキしました。本当にありがたいし、お手伝いできたことが何より嬉しかったです。

私はなかなか言葉で上手く公演のリポートはできないのですが、香村さんと皆様のこの功績が韓国のインターネット新聞で記事となり配信されています。韓国語ですが是非読んでみてください!


d0090959_21575178.jpeg


風は自由に
空をかけめぐる
国境もなく
民族もなく
薫る風のように
自由な音を
多摩の地に運ぶ



主宰の香村かをりさんは上の詩のような方です。ネット配信された記事の頭のみキャプチャして載せてみます。全貌は是非この先の記事を読んでください。

d0090959_21561274.jpeg


by narinya | 2019-02-25 22:33 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

クラウドファンディングの色紙作品リターン

千歳烏山にオープンしたカフェ&ホテルの看板壁画を制作するにあたってクラウドファンディングという形で皆様からご支援をいただきました。

クラウドファンディングには従来までの寄付やカンパという概念に加え、支援者自身も企画段階から関与して達成を見届けるという参加型イベントとしての側面がありますね。そういった参加型支援に対するものとして企画側から「お返し」を受け取れる場合があります。それは「リターン」といって、飲食店なら食事提供、教室ならレッスン、物販なら雑貨、公演ならチケットなどが支援のお礼として還元されるのです。

今回、千歳烏山のカフェでは看板壁画の制作費に当てるためにクラウドファンディングを進めていました。飲食店オープンのための支援なのに絵を描くことに対して支援をお願い…、大丈夫かな?と思いましたが蓋を開けてみたら「どんな看板が完成するのか見てみたい」というお声も多く、そんな皆さまのおかげで無事に目標金額を達成、制作、設置まですることが出来たのでした。


d0090959_20505209.jpeg


ハルハナカフェからのリターンは、お礼のお手紙、ロースイーツのレッスン、ロースイーツキット、お菓子、トートバッグ、色紙作品(渡邊による)などで、どのリターンを選んで支援するかは応援してくださる方々が選ぶことができました。

私は関係者ではありましたが、カフェオープンを応援する一人でもあります。ロースイーツレッスンとトートバッグを選んだので、少ししたらそのリターンをいただけると思うと楽しみ^ - ^

リターンの中から色紙作品リターンを選んでくださった方々も数名いらっしゃいました。とある会社からと音楽活動をするユニットからのご支援で、色紙作品を3点ほど制作しました。写真はそのうちの一枚です。カフェの方で立派な額に入れていただいて無事に旅立ったそうです(^^)


by narinya | 2019-02-21 09:54 | 書道 calligraphy | Comments(0)

サムルノリ公演の題字を書きました〜

調布でサムルノリの活動をする友人に依頼されて公演の題字を書きました。以下、その公演の詳細と同時にクラウドファンディングのお知らせもします。

ご興味のある方は是非、公演に足を運び会場で演奏を楽しんでください。応援だけでも!という方は是非クラウドファンディングにご協力ください!もちろん両方でも^_^ よろしくお願いします♡


クリックしてサイトに飛んでください
↓↓↓

香風(ひゃんぱらむ/향바람)-民族を超えて吹けー

コリア伝統音楽の風 in 調布


クラウドファンディング



d0090959_01042206.jpeg


d0090959_01053249.png




d0090959_10163643.jpeg
d0090959_10165076.jpeg
デザイナーさんに素敵なポスターにしていただきました!ありがとうございました!



by narinya | 2019-02-16 17:31 | 書道 calligraphy | Comments(0)

郵送用の年賀状デザイン

数年前から少し考えを変えて年賀状を出す数を減らしました。手書きの年賀状にこだわってどなたにも広く差し上げることを続けた結果…… 疲労感ばかりが残る時代なのだと悟ったからです。

残念だけど私が一人で頑張ることに意味を感じられないほど時代はデジタル全盛期(・・;)数を減らして細々と続ける選択をしました^_^

SNSでも新年のご挨拶はしますが、郵送の年賀状と同じデザインでは何とも味気ないですから毎年二つ以上の年賀状デザインをすることにしています。先日ブログに上げたのはSNS用。今日のこのデザインは手書き用です。

年が明けていただいた年賀状に一枚一枚書いてお送りすることにしたので遅い到着ですが……。それでも毎年楽しみにしてくださる方々がいるのでそれは嬉しいです。


d0090959_11561646.jpeg

亥の字を隷書で大きく、金色で行書の迎春を書いて、仮名で(漢字を使わず)全体を優しくまとめる感じにしました。

筆で書くのは皆さんが思うより実はずっと速く書けるし手が疲れません。ペンで書いたら数行で手が疲れます。紙と筆記具の間の摩擦と抵抗は手に結構な負担……。

その点、筆は毛なので余計な力は筆が吸収してくれていつまでもしなやかな動きで書くことができます。筆の筆記具としての性能の高さが生かされない時代って本当にもったいない。

生活の中に文字を書くことや筆を使うこと、書道や書写の愉しみを戻してあげたいと思ってずっとしてきていますが、どんどん特殊技能として捉えられていく現実とのギャップに私がついていけなくて空回りすることが多いです。でもぼちぼち今年もやっていくしかないですね〜。

少しずつ自分がいるべき場所で過ごす時間を長くしていくことも大事。欲を出さずにサヨナラするものとはサヨナラして、大事なものはさらに大切にしてすべき事を深めていくようにしようと思う年の始まりです〜。

今年もよろしくお願いします。ってもう1月も終わるけど(o^^o)



by narinya | 2019-01-29 12:14 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2019年明けました〜

d0090959_22541454.jpeg

by narinya | 2019-01-01 22:56 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2018韓中日国際書画交流展リポート その1

2018年10月20日〜27日の日程で忠清南道洪城郡にある開館したばかり忠南図書館を会場にして、「2018年韓中日国際書画交流展」が開催されました。この交流展の趣旨や参加のお知らせは以前の投稿をご覧ください。

私の生徒さん、知り合いの書家、画家で構成した日本チームで、仮名や漢字の作品を多めに出してもらいました。おかげで日本をよくアピールすることができて良かったです。ご協力くださった皆さま、本当にありがとうございました。

中国と日本からはどちらも20点前後の作品が出品され、他は韓国の作家たちによるもので、全体として200点近くの作品が一堂に会しました。その様子がネットニュースにも出ました。このニュースの中で触れている尹東柱の序詩を書いた作品とは、実は私のこの作品^ ^


d0090959_20395736.jpeg


「せっかく韓国でお披露目するのだから、2点出すうちの1枚はハングルで書いた作品にしなさい」とのお師匠さまからの御達し。

私は人の言いなりになって作品を作るなんて死んでも嫌ですが、一方で誰かを師と仰ぎ勉強するということは、指導する先生に教え甲斐を感じてもらって、さらには先生を輝かせる事をすることが弟子の役割であるとも考えて実践しています。

まず、そう思えるくらいの人物を師匠に選ぶことと、その師匠に可愛がられるようになること、そしていつの日か独り立ちできるようになるのだという意気込みが必要だと思います。師弟関係はちょっと独特な関係ですが、私は私の理念をずっと持ち続けて、その上で自分だけの最高のパフォーマンスができるようになりたい!

ブログの更新がのんびりですが最近はますます熱い私です〜。頑張るよ〜。

*****

2点出したうちのもう1点はまた次の投稿に回すとして、ここから下は交流展の様子です。私の他に6名がソウルに集結!そして忠南書道協会で用意してくれた大型バスがお迎えに来てくれました。中国からの作家さん達も一緒に乗り込んで現地に出発です。

d0090959_11503291.jpeg

会場となった図書館には大きな横断幕がかけられてました。



d0090959_11535868.jpeg
d0090959_11533477.jpeg
みんなで花輪の前で記念撮影。



d0090959_11514069.jpeg
d0090959_11515621.jpeg

私は生まれて初めて式典でテープカットをしました。白い手袋にピカピカのハサミ♡ 緊張するかと思ったけれど平気でした〜。

会場内で行われた開会式では錚々たる顔ぶれの方々の挨拶が続く中、日本チームを一人一人紹介する場面もありました。用意していった挨拶文は別にYouTubeに載せたのでよかったら聴いてください。

現地での写真をたくさん載せたくて尺が長くなり、無理矢理合わせて読んだので超ゆっくりですが心を込めてナレーションしました♡


d0090959_12021445.jpeg


d0090959_11524424.jpeg

d0090959_11505734.jpeg
d0090959_11544631.jpeg

室内では本物の作品がズラーっと並んでかけられていましたが、野外ではこんな形に印刷されたものが展示されていました。室内に入らなくても散歩のついでに作品鑑賞ができていいアイデアです。

お師匠さまも皆が遠くまで訪ねて来てくれてご満悦でした^_^


d0090959_11575470.jpeg
d0090959_11571486.jpeg

図書館の中で過ごす時間もありました。大きな階段に大きなクッションがあって、そこが閲覧室だなんて〜。一角にはカフェもありました。図書館のスタッフのお姉さん達にも優しくしていただきました。



d0090959_11491760.jpeg

そしてこれは生徒さんのお一人が撮った写真を拝借。図書館の裏にはこんな池があったらしく、私は知りませんでした。水面に映る建物と空が綺麗なお写真。

出品された作品もお披露目していきますね。

帰国して、バタバタと12月の水墨カリグラフィー(ソウル仁寺洞で開催)の作品づくりと指導に追われて、秋の交流展の報告が思うようにできませんでした。ですが、そちらの方もひと段落つくのでやっとこ^ - ^

ブログの更新スピードよりも載せることが日々多くて追いつきません。ブログ更新スタッフが必要かも。笑


by narinya | 2018-11-29 18:17 | 書道 calligraphy | Comments(0)

「2018韓・中・日 国際書画交流展」に参加!

「2018韓・中・日 国際書画交流展」

2018年10月20日〜27日


忠清南道洪城郡にその昔、洪州という名前がついてから1000年だそうです。その記念として今年は記念行事がたくさん開催されているとのことです。この書道展も記念事業の一環として忠清南道書道家協会からの招待という形で参加の運びとなりました。


日本からは美奈子選抜チームとして18名が参加します。


メンバーはハングル書道を習っている私の生徒さんたち、その中には書道の先生としてご活躍の方も二人います。そのほか知り合いの書家が数名、水墨画家であり工筆画家の先生、トルコマーブリングの先生、英文アルファベットで作品を作ってくれた方などで構成されました。なんともバラエティに富んでいて、いかにも私が知り合いを集めました!という感じ^ ^


作品は忠清南道洪城郡の新都市に新しくオープンした図書館室内と野外の公園で展示されます。写真は韓国のニュース番組からキャプチャしたものです。


展示会場になる図書館に関するニュース映像がYouTubeからご覧になれます

d0090959_10093229.jpeg

d0090959_10094279.jpeg

d0090959_10095435.jpeg

d0090959_10100504.jpeg


参加メンバーのうち数名は開幕日に合わせて現地まで行く予定です。皆さま今回、本当にご参加ありがとうございます。現地リポートはまた10月にしますので楽しみにしていてください。

出品する皆様は続々と作品を仕上げて郵送してくださっています。私がまだ完成させておらず少し焦りますが、めでたい図案でコンセプトは決まっているので、あとは気持ちが盛り上がって制作時間を確保するのみ。間違ってもここで風邪などひくわけにはいきません。まずは健康管理に励みます^ - ^

兎にも角にも通信のハングル書道の生徒さんたちがいつも以上にすごい頑張りを見せてくれて♡ 作品制作過程で私は本当にたくさんの感動をもらいました。この感動はまだ10月まで続きます。引き続きブログでも随時ご報告しながら進めたいと思います。



by narinya | 2018-08-24 00:15 | 2018 作品展示 | Comments(0)


最新のコメント
★nikkaさん お返..
by narinya at 11:25
★Housuiさま コ..
by narinya at 12:44
こんにちは! 浮かし額..
by Housui at 14:26
ゲーム…やりますよ^^ ..
by nikka at 12:18
★nikkaさま お久..
by narinya at 15:40
ご無沙汰しています! ..
by nikka at 12:28
管理人からおねがい
フォロー中のブログ