ナリナリの好きな仁寺洞

カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:篆刻 ( 135 ) タグの人気記事

小淵沢個展 聲

d0090959_10172968.jpeg

A5パネル仕立て
20000円




どこまでが本紙(字や絵を書く部分)か、どこからが表装(本紙をおさめる枠。軸の裂や額のフレーム部分)か、そこの境界がなくなるように構成しました。またこれを額に入れると、より手が込んだ体裁になります。もしこの作品を再度展示する際には、ここからどんどんバージョンアップさせます!

書道や水墨画において完成した作品に後日、加筆することはまず無いと思います。が、絵画の世界ではあり得ますよね!私はいくつかテーマがあって勉強と創作活動をしているのですが、そのテーマの一つに「時間をかけて書く書画」があります。

大学の卒業制作から変わらないテーマですが、なかなかコレ!という境地に辿り着きません。間に色々と勉強しちゃってるからなんですけどね、語学とか。笑

本紙と表装の境が気になると同時に、その表具と空間の境もまた気になるので、どんどん広がっていきます。それで額まで作れるというテンペラ画を習うところまで来たのが今いるところ(≧∀≦)

中国工筆画を知った時以来の衝撃だった黄金背景テンペラ画。工筆画の酒井先生も、テンペラ画の森先生も本当に大切。自分の原点を思い出させてくれるし、フリーで活動する勇気も見せてくれます。

頑張っていつかテンペラ画の先生からプチ卒業ができるようにならないと。まだ進級もできてない私…。そんなテンペラ画の技法も果敢に活用して実験作を作りますよ!小淵沢の個展を経てやっとそこまで自分を持って来ることができました。万年発展途上。それが生きてる意味かなと思って楽しくやります。

来週はテンペラ画お教室で初の遠足♡ 楽しみすぎます。あ、今お教室で私はせっせと自分が使う瑪瑙棒を制作しています。瑪瑙棒で磨くはずの絵ができていないのはご愛嬌〜。ふふふ。

d0090959_16493690.jpeg

お道具から自分の手で作ることを教えてくれるお教室なんてなかなかないです。金箔を切るスエードの箔台制作、台から作品に金箔を運ぶ刷毛も手作り。それに続く道具の制作が瑪瑙棒でした。真鍮の筒をノコギリで切って、持ち手も角材を切ってカンナかけて…。

持ち手が木製ということから持ち手そのものをテンペラ画の作品にしたらいいかも!と思いつきまして。膠を塗り塗り、石膏を何度も何度も重ね塗りをして、最後にヤスリをかけてならしたところ。今後、調度品のような道具が出来上がる予定なのですがどうなるかな。


**********


次回の投稿では同じシリーズの「帰」作品をご紹介します。



by narinya | 2019-09-20 16:44 | 2019 作品展示 | Comments(0)

小淵沢個展 無

d0090959_10171989.jpeg

A5パネル仕立て
20000円



私の作品の大きなテーマとして何を書きたいかということとは別に、本紙と表具の境界がないものを作りたいということがあります。これは文字と絵や柄や文様が融合するように画面に配置していることとも少し共通します。

本紙とは、字や絵が書いてある作品部分のことで、それに対して作品を囲むものを表装部分と捉え、額装なら作品の周囲にあるマットや縁になりますし、軸装なら布の部分などを意味します。

平面作品には作品と空間の間に必ず境界が生じますが、その境界線に何の意味があるのだろうという疑問がずっとあります。創作や作品とはいったい何なのだろう?それを行う自分とはいったい何なのだろう?作品と空間の境界線にこそ答えがあるような気がして10代の頃からのテーマなのです。

テーマでもあり疑問でもあるこれは続ければ続けるほど謎が深まって、だからこの道を続けているのですよね〜。これからも実験と挑戦を繰り返しながら気長にやっていきます。その一環としての書道だし、絵だし、漢字だしハングル書道だし…。全てテーマを解決するための手がかり足がかりとしてしているわけで…。というと何言ってるのかわからないと言われますが、とにかく私の中では長年、色々と壮大なことになっているのです〜( ^ω^ )

この作品は私が今回の個展で書きたいと思った4文字でシリーズにしました。4文字で熟語ということではなくて一文字ずつ独立していますが、心境は表しています。


**********


次の投稿では「聲」の字をご紹介します。



by narinya | 2019-09-19 10:49 | 2019 作品展示 | Comments(0)

9/16 小淵沢個展最終日 篆刻作品いろいろご紹介

9/16(月)に無事、今回の個展会期が終了して搬出作業もスムーズにできました。

最終日には東京から書道のお友達、赤塚さんがご友人と一緒に来てくれました。神奈川からは水墨画、中国工筆画の酒井先生、東京から小さなお嬢ちゃんを連れて黄金背景テンペラ画の森先生も来てくださって…。山梨のHさんは会期中2回目の来館〜。

最後の最後に一層色濃いメンバーで、話をしていてとても楽しい(^^) その知り合い同士がまた知り合いになって、美術の輪が広がるのもとても嬉しいです。

ギャラリー近くのお宿に泊まって、朝は馬術競技場の森の中をお散歩。その後、準備して最後の出勤。楽しい出勤(^^)


d0090959_00034171.jpeg

d0090959_00181738.jpeg

さて、今日の作品紹介ですが、展示会場の中央にはハンコやハンコ印影作品、飾り彫り(鈕ちゅう)を施した印材たちを並べました。フレームに入れた印影作品はそれぞれ新しいお家へと旅立ちます。

d0090959_23420340.jpeg

d0090959_21262886.jpeg
d0090959_21243704.jpeg
d0090959_21245107.jpeg
d0090959_21250362.jpeg

d0090959_21265421.jpeg

d0090959_23513714.jpeg

ハンコだから押せば幾つでも売れる!というのも何だかんだ嫌で、同じハンコを用いた印影作品でもそんなにたくさんは作りません。一つ一つ押し方で風合いも少しずつ変わりますし、やはり一点物なのです。だから作る数も含めて丁寧に扱っていきたいと思っています。



今日のお客様と、そして最後にギャラリーオーナーの難波さんと建物の前で記念撮影。

d0090959_00214161.jpeg

d0090959_00131409.jpeg
準備期間から会期中3週間、本当にお世話になりました。またプライベートで遊びに行きますね♡


by narinya | 2019-09-17 00:16 | 2019 作品展示 | Comments(2)

10月に宮崎へ行きます

2019年10月13日に宮崎でワークショップをする運びとなりました。私のお弟子さんが主宰する書道教室が11月に25周年を迎えるそうです。おめでとうございます!

節目の年を記念した行事の一環で「大人の消しゴムはんこで自分だけの素敵な一筆箋を作りましょう!」と題してワークショップを企画してくださいました。

下のように告知もこんなに綺麗にポスターを作ってしていただきありがたいことです。少し画像が見づらいですが石原書画・パステル教室のホームページに飛んで詳細や問合せ、申込み方法などご確認ください。



d0090959_13543945.jpeg



消しゴムはんこを彫る指導をするのは初めてです。実はこれまでもそのような依頼はとっても多かったのですが全て丁重にお断りしていました(あ、指導できないからではないですのでご心配なくです!彫り方をバッチリ伝授しますので安心していらしてね)。ですが!今回は大切なお弟子さんの記念行事ですから!何でもさせていただきます!お祝いにもならないけれど私にできることなら何でも^^

参加者の皆さまには、大人可愛いけれど比較的簡単な図案で使い勝手のいい消しゴムはんこを一つ制作していただきます。そのほか、私のさまざま消しゴムはんこもお貸ししつつオリジナルの一筆箋を作っていただくという流れです。

私もいくつか試作品として一筆箋におしてみてサンプルとして持参しよう。まずは今月末からの個展を無事に終えて・・・。下半期が毎年目まぐるしいですが、できることがあって求められることに感謝して頑張ります〜。



下の写真はこれまで私が作ったり使ったりした消しゴムはんこです。文様のハンコではこんな風に展開できますよという例として載せます。

d0090959_21575525.jpeg


by narinya | 2019-08-11 21:18 | ワークショップなどの募集 | Comments(0)

ハルハナカフェで展示のほかワークショップも

「渡邊美奈子 うとわと扇子展」と題して展示販売とワークショップを開催しています。6月30日までの予定です。展示販売中のうちわと扇子については、先日からご紹介していますが、今日は週末のワークショップに関して(^^)

展示販売会中の週末で6月22日、23日、29日、30日にカフェ営業時間内で終日開催しています。申し込みなどは特に必要ありませんが、一度に2名ほどの定員でお願いします。所要時間は1時間以内です。時間の都合がある方は事前にカフェの方に来店時間を伝えてください。
ハルハナカフェ 090 1058 3662



d0090959_19060475.jpeg

d0090959_19061462.jpeg
d0090959_19064302.jpeg
d0090959_19055028.jpeg

この写真のサンプルのように丸い形の色紙を好きな位置に配置してうちわに貼ります。筆文字も書き入れて最後にハンコを押して完成です。

1枚目の写真でもわかるようにすでにキットにしてあります。好きな色味の組み合わせは先着順です。とはいえ、選んだ色の組み合わせに差し色として1〜2色は別に選べますので配置と差し色で個性を出してください。
※キットがなくなり次第ワークショップは終了します


d0090959_19065609.jpeg
字を書く部分の紙は相当に薄いので貼り方などは指導に従ってくださるようお願いします m(_ _)m



d0090959_19070731.jpeg
書き入れる筆文字に関しては数種類のお手本を用意しましたのでその中から選んで練習した後に書いてください。好きな字を書きたいという方には添削指導はしますが手本を書いてお渡ししながらのワークショップ提供はできない点ご了承ください。



d0090959_19071625.jpeg
使用する道具は墨液タイプの筆ペンです。



d0090959_19072541.jpeg
こんな感じに仕上げた方がおられます(^^) 余白を綺麗に残して色紙を貼り込んでいい感じに完成されてますね。



d0090959_19075418.jpeg
何か説明をしている私です( ^ω^ ) よくお話を聞いてくださってありがとうございます。


d0090959_19080476.jpeg
こちらの方は好きな言葉を書きたいとのご希望でしたので、まずはご自身で書いてもらいそれを添削指導した形です。字はうちわに紙を貼ってから書くので丸い円から出て文字を書くことも可能です。決まりはありませんので自由にして世界で一枚だけのうちわを制作してください♡


by narinya | 2019-06-28 10:45 | ワークショップなどの募集 | Comments(0)

国立うちわ市に参加

ありがたいことに今年も「国立うちわ市」にお誘いいただき参加しています。ギャラリービブリオにて6/13〜6/25(水曜定休) 今年は奈良うちわからちょこっとインスピレーションを得て、ギャラリーから事前に支給されたうちわに松竹梅の絵と字を入れました。

持ち手のところに色紙で装飾を施しましたが、ここが奈良うちわから得たインスピレーションの片鱗が見られる部分です。下書き無しで色がみをカッターで直に切り出しました。気の向くままカットするのは楽しい(^^)


d0090959_19233452.jpeg

d0090959_11355010.jpeg


d0090959_19242609.jpeg


会場に展示していただいた様子です(^^) どのうちわも一律4500円で購入可能です。展示会が終わってギャラリーから郵送で受け取ることができます。

おかげさまで2点が旅立つことになりました。まだ香りを放つ可愛いモチーフ「梅」うちわがどなたかのお迎えを待っております。ふふふ

d0090959_11311223.jpeg


こちらがギャラリーから支給されたうちわ。そのまま絵を描く作家さんもいれば立体的な表現をする作家さんも!私は描きやすさと装飾加工がしやすいように両面に和紙を貼りました。
d0090959_19231631.jpeg

使った和紙は奈良で購入したものです。木の皮もたくさん入っていてシブい感じが気に入って購入しました。
d0090959_19315119.jpeg



奈良うちわからインスピレーションだとか奈良で買った和紙だとか言ってますが、そうです〜、先日奈良に遊びに行って来ました〜。鹿さんがあんなにたくさんいるなんて改めてびっくりしましたが、鹿せんべいもあげてたくさん戯れてきて癒されるひとときでした。

d0090959_19285363.jpeg


一緒に行った生徒さんYさん、奈良在住の生徒さんYさん、九州から合流してくれた書友Hさん、お世話になりました。毎食のご飯に合間のおやつまで全て美味しく、大変貴重な文化財もたくさん見学することができてすごく贅沢な時間でした。


【お知らせ】

千歳烏山のハルハナカフェでも17日〜30日「渡邊美奈子 うちわと扇子の展示販売会」(火曜・水曜は定休)を開催しています。会期中の週末には簡単なワークショップも用意しています(写真はサンプル)。

d0090959_12041375.jpeg
ワークショップ日程は以下の通りです。
22日(土)、23日(日)
29日(土)、30日(日)

カフェ開店時間内であれば予約不要で参加できます。参加費用2500円、所要時間1時間程度。参加するお時間を事前にお知らせしていただければ優先的に受け付けます。

申し込み・問い合わせ
ハルハナカフェ 090-1058-3662



by narinya | 2019-06-19 12:10 | 2019 作品展示 | Comments(0)

「ポクチュモニを描く」ワークショップします

昨年に引き続きポクチュモニのワークショップ。開催があればぜひ参加したいと待っていてくださった方々にやっと!お応えできます〜。春ですし(^^) 新年度も始まりましたし(^^) 沢山の福を詰め込んでいけるように巾着を描きましょう〜。


d0090959_21452951.jpeg


この春から出張の教室を新設する記念に開催するワークショップです。新設の教室場所がそのままワークショップの会場になります(1月に看板壁画を完成させたところ)。

haruhana Cafe & Hotel
〒157-0063
東京都世田谷区粕谷3-32-12
京王線「千歳烏山駅」徒歩10分

d0090959_12122737.jpeg


以下の日程で4回ほど時間を設けてみました。すでにカフェの方に参加申し込みが入って来ているそうなので、関心のある方はこの機会にぜひ申し込みよろしくお願いいたします(^^)

① 4/25(木) 10:30〜12:00
② 4/25(木) 15:00〜16:30
③ 5/4(土)10:30〜12:00
④ 5/4(土)15:00〜16:30

参加費は5500円
各回とも定員は5名

申し込み↓

ハルハナカフェ 090-1058-3662
または
渡邊美奈子 2insaneko@gmail.com


カフェではランチとスイーツも楽しめます。お時間に余裕があればワークショップ以外のお時間も一緒に過ごしましょう〜。


***********


d0090959_21454857.jpeg


by narinya | 2019-04-05 21:48 | ワークショップなどの募集 | Comments(0)

ハングルの小作品

3/3の桃の節句には愛知県半田市におりました。通信の生徒さんとそのご友人たちと一緒に半田赤レンガ建物手づくりマルシェひとはこ市に参加をするためです。

エブル(トルコのマーブリング)をメインにして参加しましたが、物販ではハングルで書いた小作品と小物も少々。写真は四点持って行ったハングル小作品のうちの一点です。フレームが12×16センチ。

気楽に気楽に…を念頭に作ったので価格も気楽。 私自身も楽しんで作るものは観る人達も楽しいのですよね。そういうものを提供する事も私の一つの役割であると思っています。

とはいえ、活動のすべてがそうなってしまうことは望んでいないので、そのためにはこれまで以上に自分への挑戦を強化していく必要があります。楽しいことの一方で、やはり人間には自己実現のために苦悩することも大切なのではないかと思うからです。


d0090959_16511968.jpeg


人が喜んでくれることはとても嬉しいし、やり甲斐を感じることだけれど、人さまを喜ばすことだけに私の人生を使っていては「私自身」がいなくなってしまいます。その辺りのバランスをとるのが本当に難しいのですが、一つの方法として人々と接する時間で無駄に多忙にならないようにすることかなと思います。

誤解を招くとよくないので無駄に多忙になる要因は何があるかというと、たとえばヘンテコな連絡に丁寧に答えたりとか〜、SNSに割く時間とか〜、後に繋がらない営業とか〜、そういう諸々です。私がはじめにはっきりと態度に示せば回避できることばかりなので自分次第ということですね。

油断するとすぐにほだされちゃう性格だから(・・;) 今年はしっかりと気をつけて流されないようにやっていかないと。それで、これまでいただいていた有難いオファーなどに関しても今年からは丁重にお断りしています。今後は自前の教室としての学習時間や作品などを通して皆さまとお会いできるようにしたいと思っています。

8/30〜9/16は小淵沢で個展します。その前、6/17〜6/30は千歳烏山のハルハナカフェにて「うちわと扇子の展示販売(仮)」を予定しています。カフェでの週末にはワークショップや実演もしようと思います。ぜひ来てください。詳細はまた改めて(^^)



by narinya | 2019-03-09 16:13 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングルの小作品

半田赤レンガ建物での「手づくりマルシェ ひとはこ市」に出したハングルを用いた小作品その3です。フレームが12×16センチ。

本当なら、というか本来なら?もともと?日本語でこういうものが作れるようになって、それを海外も含めて発信していきたいと思っていたのですが…。その一貫でハングルの造形とデザイン性にヒントがあると思って勉強していたのでした。



d0090959_14331757.jpeg


それがなぜか今は巡り巡って日本でハングルを書いているという現実〜。それはとても有難いことではありますが、本来の気持ちも全うすべく少しずつ初心も思い出していきたい^ ^ できるような気がする春です^ ^


by narinya | 2019-03-08 14:27 | 書道 calligraphy | Comments(0)

ハングルの小作品

半田に連れて行ったハングルの小作品(フレームが12×16センチ)は4点。これはその2です^ ^ 今回すべて画仙紙に書きました。模様をつけたりするのは洋紙でもどんな紙でもあまり選ばずできるのですが、筆と墨で字を書くとなるとやはり画仙紙の方が滲みカスレがあって見た目にも深みが出ます。

画仙紙だと印も綺麗におせます。印泥の乗りがいいといいますか、余分な油分を紙が吸い取ってくれるし紙の繊維と印泥の繊維が密着する事で色も濃く出ますしね。書いてあればいい、おしてあればいい、ということではなく、何でもきっとそうなのだと思いますが、ベストな状態でしてこそ魅力が最大限に引き出されるということだと思います。


d0090959_11092719.jpeg



学習の段階で道具に関して手持ちのもの(人から譲り受けた古い筆とか放置してあった紙とか…)や、100円ショップなどにある安価なもので代用してもいいかと訊かれることが多いのですが。。。

一足飛びに高価なものを一式揃えたりすることは無駄になる可能性もあるので勧めませんが、効率のいい学習をする為に必要なものは指導者に言われた以外のもので代用すべきではないと思います。工夫と節約は別のもっと本質的なところですべきなのであって、材料や道具にお金を渋ることではありませんよね。

知識と技がない時点で自己流にすると上達を妨げますし、結局は無駄金を使うことになります。なぜなら良くないものを使うと後に不足を感じることになって必ず買い換えることになるからです。お金も無駄だし道具のせいで上手くできなかった時間も無駄です。その間に士気も下がっていいことなんて一つもありません。

一方でなぜそこにお金をかけるのか?という現象も世の中には多く見られて……。もう価値観と感覚は個々の生きている背景と関係していることなのでいくら伝えても通じないこともあります。それはもう割り切って受け止めてそれ以上の教育は私の役割ではないと思っています。

優しいけど厳しいワタシ。いや、冷たいと言うべきかしら。とにかくこんな私に共感してくださる方はぜひ一緒にお勉強しましょう。春ですし新年度も始まりますしね、私もお教室や通信のことを少し改編して進めていくつもりです。今後ともよろしくです〜。


by narinya | 2019-03-07 11:03 | 書道 calligraphy | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ