ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:篆刻 ( 113 ) タグの人気記事

コリ文語学堂でワークショップ

今度、横浜でワークショップすることになりました!それも、韓国語を勉強する方なら皆さまご存知のキムスノク先生の学校でです(^^)

これもひとえに色んな方々の力添えがあってのことで、何かこう、筆持って書けれ自然と機会が巡ってくるとかそういうことではなく。だからよくしてくださる皆様に本当に感謝してます。

ワークショップの内容は、伝統書道とデザイン文字を書くカリグラフィーの二つを書いて色紙にコラージュ、ハンコも押して飾れる作品を作ります(写真はサンプル)。

d0090959_18113353.jpeg


コリ文語学堂でチラシを作ってくださいました!詳細や申し込みはコリ文語学堂の申し込みフォームからお願いします。



d0090959_23011012.jpeg





by narinya | 2018-03-24 18:20 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

趙善玉料理研究院のカフェパラムで講演終わりました

先日から宣伝していた趙善玉料理研究院のカフェパラムでの講演会は無事に終了しました。生徒さんや知り合い、初めて会う方々に見守られて40分くらいお話をして、15分くらいでデモンストレーションをしました。

カフェパラムでは「勉強会」と呼んで様々な分野の講師が交代で登壇する催しを毎月開催して3年が経つそうです。人と人が交流して有益な情報を交換しながら互いに発展することはワクワクしますね^^ 今回の会をきっかけにまた何か広がる予感〜。

デモンストレーションまで終わって皆で集合写真を撮りました。

皆様、平日の夜にお集まりくださって本当にありがとうございました。趙善玉先生、星野先生、シェフ、何から何まで大変お世話になりました。またご飯やお茶をしに遊びに行きますね!
d0090959_11444778.jpeg



カフェの会場で少し作品を飾りました。
d0090959_11361669.jpeg



講演といってもこれまでの活動のことや、日本人として外国の文字で書道をする際に視覚的にどう感じるか、それをもって表現につなげていくということはどういう気持ちが大切か。

漠然とした内容でしたが、普段、書道の話を聴くこともあまりないと思うので、とにかく楽しいことなんだよ!ということが伝わったらいいなと思って話しました。
d0090959_11365602.jpeg


作品も飾りながら、文字ごとの様式の特徴と違いなどを説明したり〜。
d0090959_11371450.jpeg



以前のものですが、師匠とのやりとりがどのようなものか伝わると思って雑誌取材ページ(韓国語ジャーナル42号)をお渡しして^^
d0090959_11354415.jpeg



パワーポイントなどの準備がないかわり?皆様の前で簡単にではありますが一枚の作品ができるところをお見せしました。普段はもっと緻密に計算をして、下書きも何枚もしますし、あんなにすぐハンコまで押しませんよ。

それでもこの手のことは手早くしようと思えばできるのでパフォーマンスには向いているともいえますね。
d0090959_11433135.jpeg



お花の部分から書き始めて蔓のような茎と葉っぱを描いて・・・。何を描いているのかな?と皆さんが不思議に思う頃に巾着(ポクチュモニ)の形に描いて、あぁ〜そうなるんですね〜!とプチなるほど感を醸し出し(笑)、漢字とハングルで字を添えてハンコもついて完成させました。

描きながらだととても気が楽です〜。作業せずにただ話す時間は所在なくなります。。。

d0090959_11434383.jpeg



最終的にはこんな画面に仕上がりました。構成は可愛らしいので、時間があればちゃんと作品としてまた描いてもいいなと思います。
d0090959_11440489.jpeg



善玉先生の瓶詰めたち。私はこういう保存食が大好き!なので、みるだけでたまりません。去年、引っ越してやっと漬物も復活できます。今年の春は仕込みをたくさんするぞ〜^^
d0090959_11452113.jpeg



お話とパフォーマンスのあとは和気藹々と食事会です。メニューはチーズタッカルビを出していただきました。巷ではこんなに流行っているのに、私はこの日はじめてチーズタッカルビをいただきました。ご飯に合いますね〜。美味しかったです。流行るのがわかります^^
d0090959_11445890.jpeg



今回の勉強会を企画してくださったイテムン先生と。いつも優しくしてくださってありがとうございます。
d0090959_11453533.jpeg



そんなイテムン先生の興味深い特別講義が3月25日に横浜のコリ文語学堂であるそうです!韓国人についてのお話を韓国語でしてくださいます。是非ご参加してみてはいかがでしょう^^ 詳細は下の写真を参照してください。

d0090959_20191100.jpg



by narinya | 2018-02-28 11:51 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)

私もお気に入りデザインで作品制作

d0090959_02263273.jpeg

長崎の方に養子として迎えていただきました^ - ^
前に描いたものよりも画面が大きかったので蘭の花もあしらって、またアクセントになったかなと思います。

類似のデザインでもいい、気に入った、そのような方には肉筆の作品でもリーズナブルにお分けできます。

私がこれは♡というデザインの作品はどんどん上げていきますから、ぜひ気軽に作品をお求めいただけたら嬉しいです!

詳細やご相談はメールでお願いします。
2insaneko@gmail.com
渡邊美奈子


by narinya | 2018-02-17 17:51 | 書道 calligraphy | Comments(0)

大阪でワークショップします


ポクチュモニ の絵にハンコで柄をつけて余白に字を書くワークショップします。今回、書く字は気楽にできるハングルのカリグラフィーです。

今年初めてのワークショップは、熱烈なラブコールをいただいていた大阪の「よしかわ語学院 韓国語教室」の主催で3月7日(水)に開催です〜。

すでに申し込みをしてくださった皆様、本当にありがとうございます!

・2018年3月7日(水)
・午前・午後の2回予定
・参加費 5500円
※フレーム代は別途1000円程度かかります

詳細とお申し込みはこちらから
よしかわ先生のブログ「ハングルぽんぐる」

d0090959_20075339.jpeg

ひとまず大阪でのワークショップを終えて、その後は関東でもできたらいいなと思っています。

春に合うモチーフなので4月、5月くらいまで皆さんと楽しめたらと考えてます〜。また別立てで告知&募集していきます。チェックしてね。よろしくお願いします♡


by narinya | 2018-02-15 20:23 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

オーダーの色紙作品

d0090959_00265605.jpeg
久しぶりに会う方へ贈りたいというご希望でオーダーを受けた色紙作品です。差し上げた方も気に入って、受け取られた方も喜んでくださったと後日談を聞きました。嬉しい(≧∀≦)


こんな風に気軽に作品を購入して季節ごとに家に飾ったり、大切な方へ手土産にしたり、記念の贈り物にしたり…。そんな依頼があれば是非ご用命ください♡

頑張って春にホームページをオープンするつもりなので、そうしたら作品の大きさと金額も合わせて表記していきます。きっとこれまでより気楽にオーダーしていただけると思います!

昨年から色々と整理していまして、これからは出来るだけ制作に力を入れていくようにするつもりです。今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m



by narinya | 2018-02-13 00:32 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2月26日(月) 講演会します

皆さまこんにちは。突然ですが、料理研究家の趙善玉(チョソノク)先生はご存知ですか?料理の本も出されているし、神保町のブックカフェCHEKCCORIにお茶やお餅を提供している先生でもあります。

私が初めて先生のことを知ったのは、まだ長崎に住んでいた頃、韓国語ジャーナル33号のインタビューを通してでした。当時、毎号は購読していませんでしたが、たまたま手にとった号に先生と恵比寿のお店が紹介されていたのです。

韓国餅でカフェなんて当時はまだ珍しくて、一度行ってみたいと記憶に残っていました。その後、私は東京に戻って時は流れて……。ところがなんと!そのチョソノク先生の料理研究院で毎月開催される勉強会があるのですが、その2月の講師として招かれることになりました!


d0090959_14225839.jpeg
ソノク先生のカフェパラムにちなんでドジョンファン詩人の「風吹けば」を漢字と花とハングルデザイン文字で書いてみました。当日に持って行きます。ぜひ見に来てください〜。


1時間ほど講演をする予定です。可能なら少し書画のデモンストレーションもしたいと考えています。詳細は以下の通りです。ぜひぜひいらしてください!美味しいご飯もたくさん食べられます^ ^


2018年2月26日(月)
19時〜
¥3000
趙善玉料理研究院
(〒160-0021 新宿区歌舞伎町2-42-16 第二大瀧ビル3階)




勉強会といっても、約1時間ほど私がお話をして、その後は楽しい会食に移るという、楽しい企画です。ぜひ気軽にご参加ください♡

最後に、この機会を作ってくださったイテムン先生、ありがとうございます。心から感謝しています。


by narinya | 2018-02-10 14:29 | 一日・短期レッスンの募集 | Comments(0)

2018年の年賀状デザイン

d0090959_11081730.jpeg


郵送用の今年の年賀状です。

筆は本当に手が疲れない!
筆記具として最高だと思います〜。

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m


by narinya | 2018-01-18 20:15 | 書道 calligraphy | Comments(0)

2018年もよろしくお願いいたします

d0090959_23462428.jpeg

今年もよろしくお願いいたします。
無理せずやっていくことが目標!
皆さまもいい一年をお過ごしください。



by narinya | 2018-01-01 23:48 | 書道 calligraphy | Comments(2)

お師匠さまを訪ねて瑞山へ

数日間、韓国に行っていました。ソウルは仁寺洞で開催の「2017水墨カリグラフィー韓日交流展」に参加していたためです。展示会の詳細はこちらのポストをご覧ください(^^)

カリグラフィーの展示会のための訪韓といっても、そもそもはハングルは伝統書道の先生に弟子入りをしている私です。まずは師匠にご挨拶を差し上げるのが礼儀ですから、仁寺洞よりも先に忠清道まで行って来ましたよ^ ^

もう来年は絶対に徹夜して作業はしないぞ!と心に誓いつつ、荷づくりしながら寝ずに書き上げた宿題5個を携え、高速バスターミナルからバスに乗ってレッツラゴー。


d0090959_00551776.jpeg

今回の瑞山訪問は、なんと!なんと!なんと!はじめて私の生徒さん達と一緒!今回、仁寺洞のカリグラフィー展示会のため訪韓した生徒さんは7名ほど。その中で都合のついたお二人が大先生に会う瑞山旅のお供をしてくれました♡

師匠にとっては孫弟子ということになります。こういうことなんですよね〜。私が先生の弟子になって、真面目に勉強するだけでも先生にとっては喜びでしょう。でも師弟関係というのはその先なのだと思うのです。

要するに私を弟子においたことで先生は何か恩恵を受けるべきで、それが弟子の師への恩返しというか…、義理というか…。孫弟子まで書の輪を広げるとか、先生をご招待したり、私の活躍で先生に自慢になったり^ ^ これは単に私個人のポリシーに過ぎませんけどね〜。それでも心意気って大事です。それが原動力になって自分自身を信じられるし押し上げますからp(^_^)q


d0090959_01230925.jpeg

平日に訪ねたので瑞山に到着した時間には先生は出稽古に行かれてました。バスターミナルでは師匠の奥様が迎えてくださって、そのままランチをご馳走になりました。湖の近くにあるお店でパスタとピザとお肉♡ ご馳走さまでした。女が4人寄ればお喋りして時間があっという間に過ぎます。

午後、お仕事を終えて急いで戻って来てくださった先生。先生のアトリエで少しお話しした後、百済の微笑として知られる国宝「瑞山磨崖三尊仏像」を見学しに連れて行ってくださいました。私はここは2回目ですが、とても素晴らしいものなのでぜひ生徒さん達にも見てもらいたかったのです。

日が暮れる前に連れて行って欲しいの♡ と事前に先生におねだりをしておきました(^^) 義理を立てて恩を返しますが、その分、可愛がってもらわないとね。だから堂々とおねだりしますよ〜。ふふふ^ ^

d0090959_01045596.jpeg

夕方だし寒いしで貸切状態。でも日が暮れていく中の仏像さま達は雰囲気があってとても素敵でした。陽の光によってお顔が変わると言われるとても美しい仏像です。何よりその保存状態の良さが驚異的です。


d0090959_00561494.jpeg

共通の話題もある3人なので、道中ずっと楽しく仲良く過ごせました〜。幸せ〜。


d0090959_01200937.jpeg


ランチを終えてテクテク、先生のアトリエまでは湖の横を通って行きます。


d0090959_01003012.jpeg

先生、初夏に書道教室として構えていたお部屋から、先生のアトリエとしてこちらにお引越しされました。もちろん生徒指導も依然されていますが、大人数を指導するスタイルよりも、作家活動を中心にする拠点として作られたようです。

筆のほか篆刻もよくされる先生。アトリエがちょっとハンコ屋さんみたいな雰囲気になってますね〜。


d0090959_00594894.jpeg


今回、道中を共にしたお二人に先生からハンコのプレゼントがありました。その場でカリカリカリカリ〜と彫って一瞬で二個出来上がりました。

先生が修行した頃の本をいただいて同じように学習している私は、先生のこの姿が一日にしてなったわけではないことを知っています。だからなおさら有難いですね。見習って私もちゃんと勉強しよう〜。


d0090959_00581258.jpeg

ちっこいお軸に書いた作品もくださいました〜。いいな〜 。私は先生にとってもうそういう対象ではなくなって随分たつのでプレゼントちょっと羨ましい(^^) でももっと大きなプレゼントをもらってるんだから我慢我慢ですね。ひひひ


d0090959_01144299.jpeg

瑞山に行くたびにご飯が美味しくていつも満腹で帰ります。5月に行った時はタコ鍋を食べ、その後に鴨鍋をいただきました。今回はカンジャンケジャンに太刀魚のお鍋に沢山のおかずと美味しいご飯。

そしてこの海苔。何ですかこれは〜。この時期にこの辺りで食べられる貴重なものだそうです。名前忘れちゃったけど、天使の髪の毛と別名をつけてそう呼んでます。レースのように繊細で上品な香りと絶妙な塩加減でした。マートでは買えないとのことです。きっと量がとれないのでしょうね〜。また食べたい。

瑞山旅はこうして短時間に盛りだくさんで終わりました。翌日のカリグラフィーオープニング式のため、夜にソウルに戻りました。行きも帰りもプレミアムシートでゆったりと爆睡。

先生、また行きますね〜。その後話した例の企画も進めましょう〜。楽しみ。




by narinya | 2017-12-13 13:23 | お出かけ・手作業 | Comments(0)

「ハングルカリグラフィー」5回連続講座の開講初日


国立のKim’s韓国語・韓国料理教室の文化講座に私も講師してお手伝いしてます。ハングルカリグラフィーの5回連続講座。11月に開講して来年3月まで、ひと月に一回のレッスンです。

ワークショップのような一回で終わるものは体験ならいいけれど、体系的に道具のことを知ったり、多様な字の書き方に触れたりするにはあまりにも時間が足りません。

5回講座でも何かをできるようにするところまではできませんが、それでも1日講座よりは深く取り組むことができます。この講座は、もう11月に1回目が終わっていてます。

今回、受講された方々には、特典としてキム先生の2000円割引券と、担当講師である私からそれぞれの方にハングルの名前ハンコを差し上げました。ハンコは1センチ角で講座内ですぐに使うことができます。

d0090959_16581259.jpg


夜な夜な彫る…。
d0090959_16575453.jpg


講座のチラシです。ワークショップではなかなかできない画仙紙に墨と筆を使う講座内容です。墨彩画は絵心とかデッサンとか、そういうものとはあまり関係なく、視覚的なデザインを重視してどなたでも楽しめる形で進めます。

d0090959_17000180.jpg

ハングルカリグラフィーを書きたいのに墨や絵の具でデザインまですると思わなかったと思うかもしれませんね。でも字だけで紙面を完成するのはもっと難しいです。そもそも韓国では書道をるす人たちが紙を絵の具で染めて作品制作したりと、伝統の中でもデザイン性が豊かな表現がよく見られます。書芸というだけあると感じることも^ ^

ハングル自体が持つ造形のモダンさというか、グラフィックデザインに通じる軽やかさがあるから、そのような作品表現をするようになったのではないかと思っています。

11月7日の第1回目では、小さな降り色紙に一様に좋은 날(よき日)と書くお題を出しました。最後、さっそくハンコも押して完成しました。皆で批評会もしましたよ(^^)

d0090959_16582456.jpg


カリグラフィーをするということは、要するにデザイン文字を書くということ。ロゴデザインをするようなものです。書道で学ぶ伝統的な型や様式とは直接の関係はありません。できたに越したことはないけれど、順番として必ず書道ができないといけないわけではなく…ということです。

そういう観点からデザインして字を書くということは、変化をつけて演出した字を書くということにほかなりません。ところが我々は日常で字を書く際、変化をつけて演出などして書かず固定観念で文字を見て書いています。

おしゃれな字を書く前に、その固定観念の存在に気づかないと、そこから出て自由に書くことはできませんね。まずはその作業として「変化をつけること」に挑戦してもらいました。

d0090959_01142342.jpeg


線の長さ角度のほかに、筆を使っていることで太い細いといった変化も可能です。筆に圧力を加える加減と書く速度、墨の潤滑も加わって複雑な表現に繋がります。

皆さん普段の殻を破って果敢にトライ。変化をつけて、それが美しいかどうかはまた別の話…。こんなことであっという間に一回のレッスンが終わり。5回連続講座にしてよかった。まだあと4回あるので少し余裕があります。

d0090959_01144151.jpeg

さて、明日は2回目のレッスン日です。デザインの絵も描いて、ハングルももう少し長い言葉を書きます。破った殻を保つことも難しいことです。芸術活動は締めたり緩めたり… スリリングでエキサイティングなものなのです(^^)

大事なことはのびのびと素直にすること。出来ることとがあれば、一方で必ず出来ないこともあります。それぞれの方に感性がありますから、出来ることを伸ばしつつ、できなかったことにも少しずつ挑戦しましょうね。それには素直な心が一番(≧∀≦)

筆がこわい〜とか、美奈子先生って厳しいのかな?とか、そんな要らぬ心配がすでに邪魔なのです。自己表現と学ぶ場ですからね^ ^ 化学反応するように受講生の皆様の協力も必要です。あと4回!楽しくやりましょう〜。



by narinya | 2017-12-04 21:32 | レッスン・イベント風景いろいろ | Comments(0)


最新のコメント
★鍵コメさま コメント..
by narinya at 17:22
★ハーちゃんさま コメ..
by narinya at 13:41
えへへ。素晴らしいカレン..
by hachan7609 at 18:13
★Housuiさま そ..
by narinya at 20:11
これいいですね! 字の..
by Housui at 00:17
★ハーちゃんさま 明け..
by narinya at 16:24
管理人からおねがい
フォロー中のブログ