ナリナリの好きな仁寺洞


きらきら40代だ!!!
by narinya
カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:篆刻 ( 111 ) タグの人気記事

オリジナル印箋

d0090959_2247429.jpg以前からオリジナルの印箋が欲しいと思ってました。でも例によって版木に彫るのはちょっと大変そうなので消しゴムはんこで作りました。

これなら大きい印をおすときには、簡単に枠を大きくできます~。耐久性とか版木そのものの芸術性(ってあるのかよくわかりませんけど)には、かなわないかもしれないけど、大きさやデザインをすぐに変えられるのは魅力的だなぁ。

先日載せた「美意延年」の印を、早くこの印箋におすべく仕上げたいところなのですが、3回ほどやり直してみたものの・・・。全然ダメ。えーん。
by narinya | 2007-02-15 22:47 | 刻 seal carving | Comments(2)

篆刻って英語でいうと・・・?

英語のカテゴリ。。。 あったのね(汗)というくらい振りです。はっきり言って何もやってませんの。

でも先日、アメリカの知り合いにブログのアドレスを教えたので、せめてカテゴリだけでも英語を添えておくわ~、と思って設定しなおしました。ただ篆刻って何かな?ま、stampで いいか!と思っていたんですが、やっぱり違うようです・・・。正しくは seal carving でした。ははは。
d0090959_16401535.jpg手元にある 「SHO Japanese Calligraphy」 (Christopher J. Earnshaw) という本にちゃんと出ておりました。これは数年前にカルフォルニアのバークレーで買った本です。旅ごとに本屋に行っているので混乱しますが、たしかバークレー。土地柄か、ちょっといい感じのラインナップの本屋さんでお買いあげ♪

この本が、そんじょそこらの ”書とは~”云々書いてあるものよりも断然よく調べられていて感心します。道具の使い方に始まって、裏打ちの仕方、表装(軸・額・屏風)、印のおし方作り方、刻字まで。まだあります。漢字各書体の臨書に仮名古典に関して、中国・日本・韓国における書の歴史、文房四宝の詳しい話。まだまだあります!(軽く息切れ 笑) 禅と書の関係や大型書展に出品することについて。花押の説明もあれば、平仮名の元になった漢字も。何と実用書までも網羅されているのですー!これでも簡単に紹介しました。

ただねぇ、英語だから全然読み進まないんですよね。。。でも、せっかくカテゴリも作ったことだし、書道周辺のことなら頑張れるかな。今回みたいに単語一つずつでも・・・・・・。
by narinya | 2007-01-21 01:30 | 英語関連 English | Comments(2)

偶然に! 우연히! Coincidentally!

d0090959_22392122.jpg年明け早々、2日から韓国語の個人レッスンに行ってきました。昨年終盤はすっかりダラけていましたが、また気合いを入れてやる気まんまんです。サボっていた新聞記事での勉強も再開しました。ハンギョレ新聞の文化面から、何となく絵に惹かれて選んだ記事です。

記事の内容は、「韓国といえば、まず思い浮かべるものは何か?」を韓国内の韓国人と、韓国を訪問した経験を持つ外国人を対象にしたアンケート調査の結果に関してです。結果はそれぞれ順位こそ異なりますが、どちらも、「太極」 「ハングル」 「先端と伝統」 「キムチ」 などが上位にあがりました。


d0090959_22422598.jpgその結果を受けて、韓国イメージコミュニケーション研究院という機関がロゴを作ったのが右の写真です。記事を読む前から 「これ篆刻っぽい?それに親しみも感じる・・・?」 と思ったのですが、わからない単語を辞書でひきながら読み進めているうちに発見しました。

昨年の夏に仁寺洞でお世話になった先生のお師匠さん(コアム先生)の作品だったのですー。私が篆刻を教えて頂いた先生は、コアム先生の下で一番長く修行をされた方です。ギャラリーには、先生ご自身の作品の他、コアム先生の作品も一緒に陳列されて、おそらく一番弟子という感じなのだと思います。


新年になり、気持ちも新たに選んだ記事がこれでした。折しも先生に差し上げるお礼の手紙をお清書し終えたのも昨日。なんか呼び寄せられてる?という感じもしました。(基本的にそういう方向で物事は考えないですけど。。。)ま、関心があることに目がいくということなのでしょうが、それでも悪い気はしないですね。またやる気が出てきたぞ~~~^^

ちなみに、ロゴのデザインはアンケートの結果で多かった 「太極」 と 「ハングル」 のハン(한)を組み合わせたものだそうです。ㅎ の右にある母音がㅏ ではなくて下に . であらわされているのは、昔のハングルを使っているからです~。
by narinya | 2007-01-03 22:39 | 韓国関連 Korea | Comments(0)

どうでもいいことでしょうが・・・

d0090959_12422565.jpg石を磨いた後、紙ヤスリが汚れるんです。目に粉がつまるのを、今まではブラシなどで取っていたのですが、たいしてきれいにもならず。

ですが、今回、画期的な方法を発見。消しゴムはんこで失敗した面を削っていたら、ヤスリの方もみるみる汚れが落ちた!これまで消しゴムを削るなんていう発想がなかったので、気がつかなったんですねぇ。
この情報、お役に立てば嬉しいです。。。 おわり。
by narinya | 2006-12-13 12:42 | 刻 seal carving | Comments(10)

お気に入りの印材たち

かわいい印材をみると、ついフラフラと買ってしまいます。
d0090959_12212587.jpg真ん中の小さいのは、歴史博物館での出店で見つけたものです。印面が米つぶ2ヶ分くらいの大きさです。

本当はストラップにしたいけど、カケちゃうかな、と思ってあきらめました。
by narinya | 2006-11-28 17:59 | 刻 seal carving | Comments(2)

たったの100円でねぇ…

d0090959_156949.jpg
d0090959_156930.jpg100円ショップで、こんなカワイイ形をした印材を見つけましたー。石の種類は青田石とあります。

一通りの彫り方と、書体サンプル集なるものまで付いて100円なんて安いです。そして↑例によって磨いてみました。練習でも、よい材料を使ってこそ上達するという意見もありますが、この誘惑には勝てなかった(笑)!
by narinya | 2006-11-24 15:06 | 刻 seal carving | Comments(8)

篆刻 (雅号印)

d0090959_164010.jpg今まで色々とやってきたお陰で、忙しくても過去のものを引っ張り出してくることができます。まぁ、それが良いか悪いかは、この際別にして更新も大事ですもん。

これは 「素房」 です。アタシの雅号で、これでたくさん勉強させてもらったので大事ではありますが、号に関しても、もっと柔軟に考えていこうかとも思っています。
by narinya | 2006-11-22 16:04 | 刻 seal carving | Comments(8)

名前印5ヶつくりました

左から 「千」 「保」 「直」 「清」 「亮」  (9mm角)
d0090959_9173217.jpg
実物は、写真よりも、もう少しスッキリとした線が出てます。ちなみにアタシは巴林石よりも青田石が好き。が、まだ一発で、細くても強い線を決められるという域ではなく、これらも、やっとこさ形にしたというレベル。

アタシが朱文(字が赤くでる)を彫るときは、どうやら印面に対して、字が大きすぎる傾向があるようです。何だか、どれも、窮屈な印象ですね。今後の課題にします。でも、依頼を受けていたものが出来上がって、内心ホッとしました。あとは、これに付ける袴を作らないと。

袴も作りました
d0090959_17524560.jpg
小さいので、中の赤い布は省略。袴がつくと、急にそれらしくなるから不思議。気をつけてやっても、なぜか緩くなってしまいます。なにかコツがあるのでしょうか。これまた今後の課題です。
by narinya | 2006-10-30 17:52 | 刻 seal carving | Comments(2)

名前印の布字(字入れ)

d0090959_1933352.jpg半紙の仮名作品に
つく名前印の依頼は
全部で5ヶありました。

左上から時計回りで
「直」「千」「亮」「清」
「保」です。

辞書の字をそのまま
持ってきたデザインで、
ひねりは全然なし。

まずは、9mm角に
ちゃんと彫れるのかが
問題なので・・・。

                                 彫り上がった作品
by narinya | 2006-10-29 19:33 | 刻 seal carving | Comments(0)

石材をみがく

少し前に、お弟子さん達のためにと、S先生から名前印の依頼を受けていました。
そろそろ、形にしなくては。消しゴムはんこを作って楽しむのは、これを仕上げてからでしたね。

実際に彫る前に、少しの手間をかけてあげるだけで、石材の見栄えがすごく良くなります。

d0090959_14381412.jpg


これは、買って来たままの石材です。

まず、目の細かいサンドペーパーで周りをみがきます。

そのあと、ワックスを塗り込んで、布で磨きをかけると・・・





d0090959_14532427.jpg
こんな感じにキラキラするまでになります♪

写真ではちょっとよくわからないかもしれませんが、確実にキレイになりますよ。

石の模様も、磨く前と比べてみると段違いにはっきり見えてきます。


お時間のある方は、ぜひ試してみて下さい。愛着もわくし、何よりキレイ!!! オススメです。

★注意★ 彫ったあとでは作品に影響してしまいますので、あくまでも彫る前に済ませること
by narinya | 2006-10-27 14:41 | 刻 seal carving | Comments(6)


最新のコメント
★鍵コメさま コメント..
by narinya at 17:22
★ハーちゃんさま コメ..
by narinya at 13:41
えへへ。素晴らしいカレン..
by hachan7609 at 18:13
★Housuiさま そ..
by narinya at 20:11
これいいですね! 字の..
by Housui at 00:17
★ハーちゃんさま 明け..
by narinya at 16:24
管理人からおねがい
フォロー中のブログ