ナリナリの好きな仁寺洞

カテゴリ
タグ
以前の記事
画像一覧
検索
ブログジャンル

タグ:食べ物 ( 16 ) タグの人気記事

2018韓中日国際書画交流展リポート その3 〜おもてなし〜

「2018韓中日国際書画交流展」の開幕式は午後からでした。それまでの時間は、順天郷大学名誉教授であり忠南書道家協会理事でいらっしゃる沈應燮先生のご案内で博物館(先生ご自身の博物館で上の階はアトリエになっていました♡)と美術館とお食事に連れて行ってもらいました。


d0090959_17411170.jpeg
沈先生の博物館の前で中国からの作家さんと通訳さんと。



d0090959_17493298.jpeg
展示室には沈先生の作品がズラリ。紙に書かれたものばかりではなく、刻字作品、硯に刻されたもの、篆刻作品・・・。本当に多様な表現活動をされていて素晴らしいです。



d0090959_17434985.jpeg
先生のアトリエでは揮毫をしてプレゼントしてくださいました。一枚は中国側の代表の名前、もう一枚は日本側の代表である私に・・・という場面で先生が「君には前に書いてあげたよね?」と。

実は私は沈先生にお目にかかるのは2回目。8年前にお師匠さまの李先生に連れられて先生の個展に行ったことがありました。沈先生にはその時にハングルで名前を書いていただいていたのです。私から言う前に先生の方からおっしゃるとは。

日々、大勢の方々と交流するであろう先生が、まさか8年前の一瞬のことを正確に覚えていてくださったことに正直おどろきました。それで日本側で書いてもらったのは私の横にいらしたこの方。素敵に書いてもらえてよかった。私も嬉しいです。



d0090959_17430300.jpeg
建物の外には石に沈先生の字が彫られたものが^^ こんな風にハングルをデザイン的に書く書風で有名な方なのですが、大学の先生でもあったからでしょうか、とても気さくな方で、この後に行った美術館でも私にいろいろとよく説明してくださって今回もとても優しくしていただきました。

ちなみに写真の石に書いてあるハングルはなんと書いてあるでしょう。答えは「웃음」ですね〜。



d0090959_17414572.jpeg
お庭にいたカモたちと戯れるの図。



d0090959_18332701.jpeg
景色もすっかり秋の洪城。写真の赤い文字は「洪州千年」と書いてあります。洪州とは洪城の昔の名前。この名前がついてから2018年が1000年だということで一連の行事があり、その一環としての書画国際交流展だったのです。



d0090959_17404402.jpeg
小川を渡ります〜。朝のお散歩になりました。



d0090959_17441628.jpeg
d0090959_17445937.jpeg
とてもいい美術館にも連れて行ったもらいました。政権ごとに展示できたり出来なかったり、脚光を浴びたり浴びなかったり、そんなお話も聞くと美術の役割をまた考えますね。

趣味として綺麗で楽しくて心豊かになることももちろんあるけれど、思想と深く繋がった行為でもあることまで皆で考えていけたらいいな。


d0090959_17500220.jpeg
私のブログにしては珍しく食べ物の写真が登場。この焼き魚の盛り合わせの量がすごかった!この盛りがいくつもいくつも・・・。これ一盛りを2〜3人でいただく感じです。私は朝いただいたものも消化してなくてお魚は全然食べられなかったのが残念。袋に入れて持って帰りたかった〜。



d0090959_17412719.jpeg
そしてまたまた珍しいことにいただきものを載せてみます。現地まで行った人しかもらいませんでしたが、お土産にと基礎化粧品のセットをくださいました。わざわざ用意してくださった手間を考えると、今回とても大切に迎えていただいたのだと改めてありがたく感じます。



d0090959_17401697.jpeg
お師匠さまの奥様からは訪韓組一人一人にスカーフの贈り物をしていただきました。全て異なる柄を準備してラッピングも可愛らしくしていただきました。奥様には今回お目にかかれなかったのですが、12月の仁寺洞での水墨カリグラフィー展の時にソサンから駆けつけてくださるそうなので改めてご挨拶できそう。秋のお礼をよくお伝えしなくては^^


d0090959_18223615.jpeg
最後、私たちをバス乗り場まで送ってくださったお師匠さま。チケットのちょっとしたハプニングがありましたが、先生が走って訂正に行ってくださって無事わたしたちはソウルに戻ることができました。

普通の観光旅行では出来ない体験や、出会わない人々、そして何かを受けに行くのではなくて発信する立場で行くことの意味。多くの方々のおかげでまた一ついい経験ができました。ありがとうございました〜。


by narinya | 2018-12-02 19:10 | 書道 calligraphy | Comments(0)

キムウニョン先生とのコラボ企画第一回目しました(*^^*)

5月から企画してきたコラボ企画が7月24日に第一回目として開催されました。2時間の中でコラージュ、筆文字の練習と清書をして、キム先生のオミジャファチェの試飲と作り方、さらに韓国のテーブルマナーの講義まで!もりもりだくさんの内容です^^ 

そんなに盛り込んでできる?とも思いましたが、キム先生とスタッフのAさん、私の華麗なる連携プレーで企画した通りのことができました。参加者の皆さまのご協力によるところも大きかったと思います。ありがとうございました。


d0090959_00010651.jpg
   
 人数分、せっせとキット作り。こういう作業は好きです。ただ入れ忘れたものがないかドキドキしますよね。



d0090959_23550267.jpg

皆さんの様子〜。コラージュはやり始めるといろんな配置に悩みます。正解とかないのである程度のところでデザインは決めてもらって糊付けにうつってもらいます。



d0090959_00062385.jpg

コラージュ作業のあとはハングル書道。書道というにはちょっと時間が短すぎますが、体験として一文字でも筆で何か書いてもらいたかったので組み込みました。席をまわって添削して差し上げましたが、もっと練習時間があるといいなぁと思いました。



d0090959_23551580.jpg

この日はキム先生のお嬢さんも夏休みで飛び入り参加。可愛かった^^ 一生懸命にハングルを練習して堂々書き上げました〜。上の写真は参加した皆さまの作品です。同じような材料でも作る人が違えばいろんなものができあがりますね。

d0090959_01250207.jpg
今回のコラージュとハングル筆文字体験ではランチョンマットを作りましたから、何かさっそく乗せたい!そこで暑い夏に体にいいオミジャファチェをキム先生が用意してくださいました。詳しいレシピもいただいて私もラッキー。もちろんお茶もちゃっかりいただいて、キム先生にバトンタッチをしたあとは完全なお休みモードな私〜。

d0090959_01273614.jpg
きれいな色ね〜。私も昨秋に韓国で五味子を買ってきてあったので作って飲んでます。先生のレシピにはオミジャの効能なども載っていて勉強になりました。以前から疑問に思っていたことも尋ねて教えてもらったりして、私も何かと楽しかったです。

コラボで講座をすると受講者の気分も少し味わえるような?心強いし楽しいものだと経験しました。第二回目が7月30日に行われますが、また季節と内容を変えてコラボしたいです。先生、よろしくお願いします^^



d0090959_23552523.jpg

最後、皆さんと記念撮影〜。また会いましょう〜。


キム先生のブログでも紹介されています
スタッフのAさんのブログも見てください



by narinya | 2015-07-27 05:00 | ワークショップなどの募集 | Comments(0)

日本のご飯

今回の展示会にはいろんな方が見に来てくださったし、お花もお土産もすごくたくさん頂きました。本当にありがとうございました。そんな中でもメインゲストは韓国からの先生ご夫婦。5月の韓国旅行のときも、6時間もお車を運転して釜山まで会いに来てくださったの。そして、今回も貴重なお時間を割いて2泊3日で長崎まで来てくださいました!

本当は我が家にご招待して、お食事も私が作りたかった。でも、あの状況じゃ絶対に無理・・・。目を閉じれば、どこでもすぐに寝られるというくらい、春からこっち毎日寝不足でクラクラしてたし。家の中はすごーーーく散らかってるし。展示会だから来てくださったのに、「あぁ、展示会でさえなければ、いろいろして差し上げたものを・・・」と、わけわからないことを思いつつ完璧に不完全燃焼でした。

このブログにしては珍しく食べ物の写真を載せてみました。韓国の食べ物は、みんな同じ色、赤ばっかりだと思っていたけど、こうして日本の食べ物を並べてみると、これはこれでみんな同じような色ね。茶色い。でも美味しそうに見えるわ。外国の方にはどんな風に見えるんだろう。一回でいいから外国人の目で日本のもの見て、日本語を聞いたり話したりしてみたい。


d0090959_13183274.jpg


結局、お食事は全部、外食になりました。到着して早々の夕食は居酒屋という。。。美味しかったのかよくわからないけど、楽しんではもらえた様子でちょっと安心しました。ところで、食事をするときってお国柄がすごく出ますよね。韓国のことに詳しい皆さんは、韓国人と一緒の食事の席でどう振る舞われているのかしら。

韓国ってお酒をいただくときに、目上の人から顔をそむけて飲むマナーがあるでしょう?それとかお料理もあれやこれやと取り分けてあげたりと、ちょっと日本のお食事風景とは異なりますよね。基本、作法の違いをどうするかは、私はその場で誰といるかということよりも、そこがどの国かということで分けて行動してます。

日本では日本式。韓国では頑張って韓国式に合わせるように。アメリカではアメリカ風に、という感じです。だから、今回も先生と奥様を前にしても普通にお酒飲んで、あれこれ直箸でお世話もせずです。ある意味無礼に見えたかもしれないけど、文化の違いなのでまったく気にしてません。

皆さんのお食事の際のハプニングとか、私はこうしてるよーとか、よかったら聞かせてください^^
by narinya | 2009-07-21 13:18 | Comments(2)

ブドウさん

食べ物シリーズです。横浜で習っていた酒井先生の墨彩画教室と、長崎で始めた(今は小休止中~)長崎南画。その両方でブドウを練習する機会がありました。どちらの先生にも共通する点あり、そうでない点もあり。複数の先生に習うことで身につくこともあるようです。

これは、横浜の方で練習したものです。大きさは半紙。ブドウの粒を描くときは一筆でクルッとするのですが、真ん中一点にポチッと空間を残すようにします。それで光があたっていることを表現するのだそうな。

d0090959_14362744.jpg

真っ白に残らず滲みで埋まってしまっても大丈夫です。見た目にはちゃんとポチッと残ります。絵の具が紙に浸透する性質を利用すればこそですね。先の筆跡優先で見えるからです(もちろん濃度によりますケド)。

奥だから陰で暗いとか、薄い色で奥から手前に攻めてくるという感覚ではなく、手前にあるものをより濃く、そして先に描くというのが東洋画とくに南画の楽しいところです。常に逆算。決して写実ではないのですよね。かといって単にイメージを描くわけでもないのです。ブドウの粒のおしりには、それぞれきちんと向きを考えながら点を打ちます。茎から放射状に実がなっているからです^^
by narinya | 2008-04-18 09:49 | 画 painting | Comments(2)

ニンジンさん

d0090959_15222486.jpg
珍しく食べ物なんて載せてみました。ニンジンさん。えらい過去に練習したものです。
by narinya | 2008-04-16 11:25 | 画 painting | Comments(4)

お皿

前回の南画教室でビワを頂きました。初ものです♪ 先生も含めてほぼ皆さん70代の方々がお仲間なのですが、華道の先生をされていたり、演劇の運営委員会でご活躍だったり、ここでも皆さんとても前向きです。さぼる回数はアタシが一番多いし。。。

家庭菜園をされているおばさまは、収穫したものを時々お裾分けして下さいます。いつぞやは大きいキャベツを人数分持って来て下さったり!!! ありがたいことだけど、重いだろうに・・・と思わなくもありません。で、先日はビワなわけです^^
d0090959_22432678.jpg

ビワを下さった方が「小さかとばってん・・・」と仰ると、皆さん「小さかとが甘かとよ~」と。長崎弁かわいい。イントネーションも独特で、真似しようと思ってもなかなかできないのが残念だわ~。

頂いたビワを自作の(絵だけ)お皿に盛ってみました。

More 絵付けの様子スライドショー
by narinya | 2007-06-05 22:46 | 画 painting | Comments(10)

本場てづくりキムチ

先日とっても美味しい♪てづくりキムチをいただきました。
d0090959_9522013.jpg
スーパーで容器に入って売っているのとは全然違って、十分漬かっているのにパリパリとした歯ごたえがあり、辛いけどヒーヒーいうわけでもなくて、何だかとても美味しいのです。キムチ用の白菜があるって聞いたことがあるけど、やっぱりそれを使っているから歯ごたえよく仕上がるのかしら~?

ニンニクが大量に入っているみたいで、においは強烈です。いただいて家に戻るまでの間、一緒に持っていた辞書もにおいがうつり、それがとれるまでに丸一日かかりました。今は冷蔵庫の中がすごいにおい!キムコが必要です。キムコ・・・ なつかしいなー。
by narinya | 2007-03-10 10:08 | 韓国関連 Korea | Comments(4)

リピルな文化

皆さんもご存じだとおもいますが、韓国の食堂ではメイン料理にいろいろと副菜がついてきます。キムチは言うに及ばず、そのほとんどのものはおかわり可能です。お肉を包んで頂く野菜などは、こちらが断るまで追加される勢い!

ごちそうをお腹い~っぱい食べたのにお会計は意外に安かったと感じるのはサービスで出たおかずのせいかな、と思います。お洒落なパスタのお店でも、ピクルスを追加してまわる店員さんが。。。パスタにピクルス?という疑問はさておいて、ここでも리필(リピル=リフィル)文化が炸裂でした。

d0090959_1114223.jpg初めて「リピル」という言葉を聞いたのは写真のおじさんが「お餅どんどんおかわりしな!^^」って言ってくれた時でした。

このおじさん、結構有名らしく雑誌などでも紹介されてます。いつも梨花女子大の正門前にいて、夏に行ったときはランニング姿で営業してました^^
 
そして、利益の一部を梨花女子大に寄付もしているのだとか。場所代って言ってしまえばそれまでですが、まぁ、美しい話として捉えたいと思います。

おっされ~♪な喫茶店でもリピルな文化は全開でした。注文したものを一通り飲み終わっても居座っていたら、紅茶を注文した人がリピルしますか?って聞かれたのでハイって言ったら、ついでに?他の人たちにも紅茶が出てきた!(笑) このアバウトな感じがたまりませんっ! 

昨年末に日本にも上陸したクリスピークリームドーナツでは、客にプレーンドーナツひとつをタダでくれるのだけど、そりゃ、韓国に根付くわけですよね。ソウルのお店で観察してみると、堂々とひとつタダでもらうだけの人が結構いました。でも、あげる方も貰う方もシレ~っとしていて、もらうなら買ってよね!なんていう空気も無く、もう、さわやかな感じさえ漂ってました。

品があるナシは別にしても、この商売に対する韓国人のどん欲さには圧倒されるほどですね。エネルギッシュで好きな人もいるだろうし、韓国のそういう雰囲気がいやだという人もいますよね。アタシは好きな方。呆れながらも楽しんでます^^
by narinya | 2007-03-06 11:46 | 韓国関連 Korea | Comments(5)

コンビニおやつ

d0090959_1638717.jpg最近、えらく美味しいおやつを発見しました。
ファミマで売っている「リンゴのフルーツジュレ」というもの。

お値段は¥230と、ちょっとお高い(アタシには高い)のですが、
美味しいおやつを食べたときにありがちな、「あぁ・・・もうちょっと
食べたいのに」という欲望を満たすに足る量!そして味も上品!

毎日、食べたい。っていうか、ほぼ毎日食べてる。
このブームはしばらく続きそうです。ムフフ^^
by narinya | 2006-12-03 16:38 | Comments(0)

長崎で 「ちくわぶ」 発見

d0090959_22564014.jpg最近、本当にバタバタとしていて、なんだかな~って感じです。

が!そんな中、嬉しいことにスーパーで 「ちくわぶ」 を発見。
長崎ではないと思っていただけに、ウレシさ倍増でした。
今日の夕飯は、ソッコーでおでんに決まりです。ラクちんだし~♪

アタシの、ちくわぶの切り方は、やっぱり斜めです^^
白飯を食べずに 「ちくわぶ」 に集中いたしました。
by narinya | 2006-11-27 22:56 | Comments(0)


最新のコメント
管理人からおねがい
フォロー中のブログ